2007年07月13日

NHKとプラネット

ドキュメンタリー
2007年7月13日





劇的紀行 深夜特急 /
男なら、同じように旅に出た

男なら、同じように旅に出た
男に産まれていたら、旅に出たな〜と感じました。1人でアメリカへ行った時、大変怖い思いをたくさんしました。もう同じように目に遭いたくないから、1人旅はしないように心がけていますが、この作品を観ると、旅立ちたくなります。

いいな・・・。
深夜特急

深夜特急
深夜特急三部作。
私はこれを見て、海外に飛び出しました。
主人公がバスを乗り継ぎ世界を旅する話。この物語に共感された人は多く、世界のあちこちで出会う日本人のバイブルのようなものでした。
作中で流れる挿入歌が、海外の彼の地でも思わず口ずさんだり知らずに頭の中を流れていたり。
日本に帰ってきてからも何度も見てしまうこの物語。

旅好きな人も旅嫌いな人も、この作品を見て心揺さぶられるのではないでしょうか。
脳内のエンドルフィンが分泌されるのがわかります…

脳内のエンドルフィンが分泌されるのがわかります…
特に一番素敵なのが第1話のアジアめぐりです。
言葉の通じない女性との出会い、そこで交わす書面での会話…
ああ、思い出すだけで「人生」って、「旅」って最高だな!
って感じちゃいます。
こんな僕だって落ち込むときだってありますが、このDVDで何度も元気付けられてきました。
世の中に旅したくない人っているんでしょうか?
落ち込んだとき、このDVDで妄想すれば元気になるのは僕だけでしょうか。
その妄想を基にして、来年の旅行のばねにするんです。
第3巻の沢木さんのインタビューもまた面白いものがありましたし、
大沢たかおも最近離婚してしまいましたけど、良い味出してますよ。
ま・じ・で、買いでしょ!日本国民全員に見てほしい!
ああ、もうなんていえば良いんだろうか…もうとにかく男なら(女性の方すいません)誰でも「冒険心」って持ってると思うんです!んで、明日死ぬかもしれないただの1人の人間が、見るだけで、「ああ、明日も生きていたい、世界を周ってみたい」とか「老後に世界1週したい」って思える作品なんです!絶対損はしません!僕はもう10回は見ました!飽きもせずに!
 ※小説と比較する方がいますが、そうじゃなく、こちらはこちらのストーリーとしてみてほしい!





プラネットアース DVD-BOX 1 /
自然の美しい映像

自然の美しい映像
素晴らしい自然の映像と、なかなかみられない極地の生き物たち。
これだけの映像集はこれまでになかったと思います。自然を知るための教材として、そしてBGVとしても秀逸です。
欲を言えば英語版のナレーションも入っていたら嬉しかったのですが入っていませんでした。
迷っているなら買ってしまう価値があるとお勧めしておきます。
奇跡の惑星

奇跡の惑星
「地球は巨大な生命体である」と言うガイア説ですが、この映像を見てると正にそう思います。様々な偶然が重なって生命が住める惑星が誕生し、今の自分達がいる。
改めて、地球を再認識するには良いDVDだと思います。値段はかなりしますが…。
大自然の驚異の集大成

大自然の驚異の集大成
イギリスのBBCが製作した地球のダイナミックな大自然を映像に収めた貴重なシーンの数々に圧倒されました。

アメリカではディスかバリー・チャンネルでシリーズとして放送され話題を呼び、学校を中心に各教育機関の絶好の教材として売れている。

特に、ホオジロザメがアシカを捕らえるシーンは、あの巨大ザメがあんなに高くジャンプができることに驚きを隠せませんでした。

全体的には過酷な自然の生活に様々な動植物が長い年月をかけて生き抜いているは、自然に逆らわずに賢く生きているからであり、自然との共存が欠かせないことが理解できる。一方で、この映像を通して伝えたいのは、その中に我々人間も含まれているということである。言い換えれば、これまで人類の発展のためにどれだけの自然を破壊してきた我々に対する自然界からのメッセージが刻み込まれている。

ですから、この映像の多くは地球が生み出す美しい自然の姿をふんだんに盛り込んでいますので、多くの子供たちにも観てほしい一品です。少し高価ですが、是非購入することをお薦めします。







プラネットアース DVD-BOX3 /
環境問題も考えさせる秀作だが

環境問題も考えさせる秀作だが
 映像の美しさは言うまでもありませんが、自然の素晴らしさや不思議さ、そしてもろさをみせることで、肩肘張らずに環境保護の強力なメッセージを発している点もこの番組の良くできたところだと思います。
 内容はBBCのオリジナル版で日本語の字幕もありませんが、HD DVDやBlu Rayを再生できるハード(プレーヤーやゲーム機)があれば、ハイビジョンで撮影された映像の真価を十分に堪能できます。さらにどちらのセットもリージョンフリーなので日本のプレーヤーで再生できます。できれば日本語の字幕が入ったHD DVDやBlu Ray版が出れば文句なしに五つ星です。
欲を言えば、もうちょっと安ければ

欲を言えば、もうちょっと安ければ
ほとんどの映像は最高なんですが、NHKで加えた日本人タレントの解説の部分が余計なので星一つマイナスの4つです。

オリジナルから一部映像を削除した上に、余計な映像を付け加えて本国のDVDに比べて3倍以上も高いのはちょっと納得がいきませんね。そりゃ日本語の解説を挿入したのは大変な努力なんでしょうけれど、3倍の価格はないでしょ。おまけに、オリジナルの英語音声は入っていないし、字幕も英語ないし。

映像を楽しむものだし、英語の字幕があれば充分な方は、オリジナルの特典映像もあるUSA版かUK版の方がお勧めかもしれません。自分はレンタルで日本のを1巻だけ見た上で、オリジナルDVDboxをUKから送料込で29.09ユーロで注文しちゃいました(5000円弱)。この位の値段だと、下手すれば、日本で全巻レンタルするよりも安い位なんですよね。

PALでリージョンも違うから大丈夫かって? PAL対応のマルチリージョンのプレイヤーなんて、5千円で買えちゃいますよ。目下の悩みはHD DVD/BDバージョンも欲しくなってしまったことでしょうか。
あまりにも高いです!

あまりにも高いです!
はじめにお断りしておきますが,これはたいへんに優れた作品です.個人で購入する価値もあります.しかし,BOX2のレビューでコメントされている方もおられましたが,あまりにも価格が高すぎます.私はちょっと前にイギリスのアマゾンから,全エピソードのセットを購入しました.円安の相場にも関わらず,価格は約7.00円でした(本体5,830円+配送料1.210円).本体価格の差は実に5.7倍です.もちろん日本語ナレーションはありませんが,他の日本語の吹き替えや字幕の入った映画と比較しても格段に高いです.どうも言葉の壁を利用されて,NHKにいいように儲けられている感じです.私も英語は不自由ですが,BBC版には英語字幕の設定があり,映像を見ながらであれば,アッテンボローのナレーションは大体,理解できますよ.





人体解剖マニュアル ~一目でわかる人体の不思議~ DVD-BOX /
初心者向け

初心者向け
原題はズバリ「初心者のための解剖学」と言う。本物の屍体解剖ではあるが、内容はごく基礎的なものなので、医学生には物足りないであろうが、一般の方々にはさほど難しくなく理解してもらえると思う。ハーゲンス本人の声はかなりしゃがれていてなまりも強く、決して聞きやすいとは言えないが、一緒に登場する病理学者の解説がそれをうまくカバーしている。本物の人体は本の挿絵などで見るより遥かに複雑で、さまざまな組織が絡み合って構成されている。人体の驚異を視覚的に体験したい方には一見の価値がある。
一般の方も医学生も観てみてはどうでしょう

一般の方も医学生も観てみてはどうでしょう
 一見した内容は、医師・医学生には物足りず、一般の方には敷居が高いような印象を受けました。ただし、何度も見返せば解るレベルだと思うので、購入しようと考えるほど興味がある方ならば大丈夫でしょう。また医学生にとっても、新鮮な状態のご遺体を使っての説明など、通常の実習では行わない様子を観ることが出来ますから、損ではありません。
 難点も幾つかあります。カメラのピントがなかなか合わず、観たいものも観れない事があります。また、手技・説明に集中したいのに所々で受講生の顔が映される点もストレスを感じました。中には笑顔の受講生もいるので、「けしからん!」と腹を立てる方もいらっしゃることでしょう。
 最後になりますが、こういった専門的な映像作品が一般の店でも購入できるようになったということは素晴らしいと思います。値段もそう高くはありませんし、知的好奇心をそそられる方は是非どうぞ。
Soft Machine を cut up

Soft Machine を cut up
 「人体の不思議展」の仕掛け人、ハーゲンス博士による解剖学講義。初心者向けだが、解剖学者も見る機会の少ない箇所の解剖をも、含んでいるらしい。至って真面目な内容。
 献体は、状態保存の為に注入した合成樹脂で、所々、濃い赤に染まっている。だが、生体と同じ色の皮下脂肪や、柔軟性を保った臓器など、かなり生前の状態に近い印象。顔だけはマスクで覆われている。献体は勿論、全裸の男女モデルにも、修正はかかっていない(尤も、妙な期待に沿うほどのものは映っていないと思うが)。
 難点は、カメラの切り換え。時々、余計な時に観客の表情や、引きの映像になり、多少、ストレスを覚える。解剖は意外と重労働で、博士が息を切らせたり、てこずる場面も散見される。各回49分という時間的制約もあって、複雑な人体の構造をよく理解するには、何度か観る必要があるだろう。観客とのQ&Aは、回答がややそっけなさ過ぎると感じる時も。
 監修者で、博士の友人という養老孟司氏によるブックレットは、六ページのエッセイ。ハーゲンス博士の紹介や、解剖学の概略の他、解剖学が、現代人の意識から排除されがちな「自然としての人体」を露わにし、「死の壁」の向こう側を覗く窓になる事への期待、といった主旨の文章。実は養老氏自身も、解剖に慣れるのに時間がかかったらしい。その抵抗感と向き合う中で、今の養老氏が人格形成されたのだろうか。
 映像特典は、各巻に収録された、全四巻の予告編で、販売元のサイトにアップされているものと同様。特典というより、バラで買った人向けの宣伝。日本語字幕はオン/オフ切り換え可能。出来れば、吹き替えも入れてほしかった。





プラネットアース dvd box 2 episode 5~episode 7 /
子供に見せたい映像

子供に見せたい映像
BOX-1に引き続き購入しました。
映像は本当に素晴らしく、このシリーズを通して見られる様々な生命の営み・地球の姿は子供に見せてあげたい内容でした。値段は少々キツイですが…。
迫力ある映像に感動

迫力ある映像に感動
地球に生まれてよかったと思わせてくれる作品です。
特にユキヒョウの狩りの様子の映像は見ものです。
映画『雪豹』も併せてみるとよいと思うので、そのDVD化も望みます。
ただ価格が少々高いのが難点ですが、映像が奇麗で買って損はないです。
安ければいうことないけれど

安ければいうことないけれど
5倍はいいすぎかな。イギリス版のおよそ5割高ですね。
これくらいならまあギリギリ許容範囲かなと思いますね。
映像のクオリティはさすがです。
ぜひ大画面で子どもにみせてあげたい作品です。





female /
いたなあ

いたなあ
居たなあ、小学生の頃、クラスに奇麗なお母さん。
そんな他愛もないことを想い出した「女神のかかと」がお気に入りかな。
音楽のセンスも良かった。まるでお洒落じゃないところが。

「夜の舌先」はマリファナでラリった高岡早紀が妄想する、安っぽいSEXシーンが良かった。
ああやって歩いたこと、誰でもあるでしょ?

「玉虫」は梅雨を感じさせる撮影が見事だった。
これだけ配役を再考して80分ぐらいに撮り直したらおもしろいかもしれない。

「桃」「太陽の見える場所まで」には余計な女優がひとりずつ居た。
キャスティングのミスだと思う。

ダンスの兄さん、姐さん達は必要ない。消費者金融のコマーシャルみたいで興醒め。
何故?

何故?
何故?

どうして、長谷川京子主演?

あれはどう見ても、野村恵理主演でしょ?

ぎこちない濡れ場でしたが、まさに体当たり演技。

それに比べて長谷川は何のためにこの映画に出たのか?

高岡早紀や石田えりがドーンと脱いでるのに、長谷キョウはセミヌードにもならないし、キスシーンすらない。

いりません、長谷キョウ。彼女のせいで、星3つ消えました。
舞台劇を思わせるプレゼンテーション。性を解き放った女優達が輝いて見える

舞台劇を思わせるプレゼンテーション。性を解き放った女優達が輝いて見える
舞台劇を思わせる統一感のあるプレゼンテーション。性を解き放った女優達がとても輝いて見える。芸術性を十分に保ちながらもストーリーの面白さ、そしてエンターテイメント性を持っている。





NHKスペシャル 地球大進化 46億年・人類への旅 DVD-BOX 1 /
生きる力が湧き上がってくる。

生きる力が湧き上がってくる。
目を見張るCGの映像、興味深い最新学説など、今の日本で地球そして生命の進化をたどる映像としては間違いなく最高峰の作りです。
それだけでも一見の価値は十分にある。

しかしもう一つ、見終わった後に何とも言えない感動に包まれて、涙さえ出そうになるのは何故か。

それは全編を通して、生命の力強さ、生きようとする根源的な力の凄さに圧倒されるからだと思う。
有り得ないほど過酷な環境の激変。巨大隕石の激突で地殻ごとめくれ上がる地殻津波。
一瞬にして干上がる海、岩石さえ蒸発する灼熱地獄、全球凍結、酸欠地獄などなど。

そんな中でも命を繋いできた生命。
そして、その生きる力は脈々と私たち人間にも受け継がれている。
どんな過酷な環境にも適応し、進化し、そして今の私たちがいる。
私たちにも、その力が備わっている。
そんな気持ちにさせれられます。
番組の内容に感動する気持ちと、自分の中に細胞から刻まれている生きる力に気づかされる感動が味わえます。
シリーズ最新作の面白さに感服

シリーズ最新作の面白さに感服
「地球大紀行」「生命」に続く1年もののNスペ企画ものだが、
回を重ねるごとに新しい学説を紹介してくれるのが嬉しい。
今回は生物の進化の要因を自然環境の変化に求め、その痕跡を探し求める企画で、
スノーボール・アースや2億5000万年前の大量絶滅の原因など、
新たな学説に楽しみながら触れることができる番組だった。

前回の「生命」では毛利衛氏がキャスターを担当していたが、
ちょっとつたない話しぶりが結構おもしろかった。
今回の山崎努氏、正直ちょっとやり過ぎだったと思わなくもないが、
彼のキャラを考えるとあれくらいでも良かったかもしれない。
さすがNHKッ!

さすがNHKッ!
大体、10年単位で最新情報を織り交ぜながら、地球誕生から人類誕生への歴史をひもといていく趣向の最新シリーズ。

今回は語りを山崎努さんにして、地球は母ではなく「偉大なる父」だ。と言う観点から歴史をひもといていく番組内容。

ドキュメンタリーはやはり海外のBBCなどに、軍配が上がるかもしれないが、日本だって負けていない。
学校では教えてくれない痒いところまで紹介する、すばらしい番組です。





NHKスペシャル 映像の世紀 SPECIAL BOX /
廉価にならんもん?

廉価にならんもん?
これだけの映像を集めることが出来 それを編集して一つの番組に仕上げる
これはさすがに天下のNHKじゃないと出来ない偉業でしょうね
近代史の勉強をする上で十分役に立つ教材だと思いますね
映像により若干の時代の前後はあるものの それは許容範囲だし
それによって事実を変えてしまっているわけではないのでね OKでしょう

しかしそれにしても値段が高いなぁ 1枚7000円弱でしょ?
ちょっとやそっとじゃ手が出せない金額だよね
もっと安価な設定にしてもっと世に広めていただきたい
だからこそ、今、買ってほしい。

だからこそ、今、買ってほしい。
内容に関してはもう言い尽くされています。すばらしいの一言です。
確かに安くはないと思います。しかし、制作に関わったスタッフの方に直接伺ったところによると、「二次利用だから安くできる」のではなく「二次利用だからこそ、権利関係が複雑で費用がかかる」とのことで、そのあたりの事情は勘案すべきではないでしょうか。
だからこそ、今が手に入れるチャンスだと思います。また、地域や学校の図書館に買ってもらうという手もあるでしょう。とにかく、一人でも多くの方に見ていただきたい第一級の史料です。
世紀の映像を堪能

世紀の映像を堪能
 この作品は、まず初回放送時にビデオに録画して視聴しました。10時間以上の大作ですがそのように感じないテンポのよさと映像の臨場感に圧倒され一気に見た記憶があります。映像に加え、抑制の効いたナレーションと、度重なる抗争と荒廃の歴史を象徴するようなテーマ曲が繰り返し様々なアレンジで流され当時の緊張感を鮮やかに蘇らせます。
 遠い過去の歴史を知ろうとすれば、書物や映像などで間接的に知るしかありません。私は読書では満たせない歴史への好奇心を充足できるもの、すなわち、人々の目に映った光景が眼の前に再現され、かつその時代を生きた支配者、庶民それぞれの立場、心理が理解できるような説明や資料がちりばめられたものを望んでいました。本作はそうしたニーズを満たす極上の作品といえます。
 撮影、編集、ナレーション、音楽などプロの技が結合しています。価格面以外は多くの方が高い評価を寄せているのは納得です。お盆や年末の視聴しやすい時期に、年1回程度放送することで、この貴重な映像資産が有効活用されることを願っています。





ブルー・プラネット DVD-BOX /
人類のしていること、しなければいけないこと。

人類のしていること、しなければいけないこと。
このDVDは「DEEP BLUE」の詳細版です。深海、弱肉強食、北極・南極などのカテゴリーに分かれて、ディスクが7枚あるのですが、「DEEP BLUE」じゃ物足りない!!って方にはいいと思います。
 これに限らず、野生や自然ものを見ていると、人ってアマちゃんだなぁと思わざるを得ません。さらに海に住む(陸にも住む)野生生物たちの住処、命をいとも簡単に、何食わぬ顔で奪っていることに気づきます。特別ディスクには、環境問題的なコトがあり、人類の愚かさを感じるとともに、食事を食べる前「いただきます」、その言葉の重みを感じることが出来ると思いました。人類の役割は、彼らを守り続けるべき立場であるはずなのに、真逆なことをしてしまっている現実。・・・私はこれを見てから、食べ物を残さないように努めるようになりました。
値段だけがちょいと

値段だけがちょいと
夏にお勧めの映像です。ディープブルーを見て、これを買いたくなりました。各巻どれも良くまとまっています。ディープブルーよりも、派手さがなく落ち着いて良いと思います。値段も4つセットと考えれば、悪くはないのですが、日本語の説明は必要なく、リージョン1のDVDが見れる方は、米国で$39位で売られているので、そちらの方が圧倒的にお勧めです(自分もそれを購入しました)。個人的にはナレーションも音楽もなしで、現場で撮った音だけのパートがあれば、もっと良かったと思います。暗い部分で若干のノイズがありますが、どの映像もクオリティーは最高です。しかし、鮫や鯨にごく近くまで寄ったり、波の強い海にもぐったり、技術もすばらしいと思います。
すばらしいとしか言いようがない

すばらしいとしか言いようがない
 「ディープブルー」は、映像も音もすばらしいんだけれど、あまりの美しさに寝てしまうという問題点があった。だが、本作は一話が50分ほどなのでOK。職場のPCで昼休みにみました。どのディスクも良いのですが、個人的には深海が好きです。
 なお、海のすばらしさを堪能したあとは、特典ディスクもぜひ見ていただきたい。そのすばらしい海がどれだけ瀬戸際に立っているのか、わたしたちは知っておかなければなりません。とくにトロール漁が引き起こす環境や生態系の破壊は深刻です。





エーゲ海・猫たち楽園の島々 /
世界中どこでも、ねこはねこだなぁ。

世界中どこでも、ねこはねこだなぁ。
GyaOでオンエアされていたのを見て、ついつい惚れ込んじゃって「もっといい画質で見たいなー」と思って、買うことにしました。『にゃんこ THE MOVIE』とどっちにしようか迷ったけど、くりかえし何度も見たくなるこっちにして正解でしたね(後で『にゃんこ』も見ました。まぁ、それなりによし、という感じだったかな)。
エキゾチックかつ、不思議な郷愁を誘うエーゲ海の島々の美しい風景、そこに溶け込むように自然に暮らすねこたち。見た目がほとんど日本のねこといっしょなこともあって親近感がわき、見ていくうち、少しづつおだやかな気持ちになって行きます。落ちついたトーンのナレーションに加え、音楽(担当=秋山裕和氏)もハイセンスなアコースティック調で、いい感じ。

DVDを起動させると「ナレーションあり・解説字幕なし・エンドレス」で再生されますが、メニュー画面で「ナレーションなし・解説字幕つき」「1回のみ再生」も選べます(各パートごとの再生も選択可)。もちろんプレーヤーの方で操作して字幕も外し、完全なBGVとして流しておくこともできます。
あわただしい日々の中に、ちょっとしたエアポケットを作ってくれるDVDとして、これはおすすめですよ。

なお、メニュー画面の中のスタッフ紹介によると、撮影・編集の伊藤信幸さん、ナレーターの黒沼弘己さん、共に大のねこ好きだそうです。
猫好きだけでなく観光用にも・・

猫好きだけでなく観光用にも・・
ミコノス島・イドラ島・サントリーニ島・特典BGV(猫と音楽)の4章作。

初めは男性のナレーションと猫だけでなくその島に住む生き物・人達を
クローズアップしていることに少し驚いたが、見ているうちに自然と
引き込まれる。

簡単なその島の紹介・一日の流れと、猫達の日常を合わせてとっている
ので観光の下見としても役に立つ気がした。

なかでもサントリーニ島の朝日と夕日にまどろむ猫達の絵は圧巻。
なんとも言えずほんわかした気持ちになるDVDです。

ナレーションがいらない人には少々うるさいかもしれないが、最後に
BGVも付いているので私は逆に飽きずに見れました。
HDVカメラの良さをうまく活用した作品

HDVカメラの良さをうまく活用した作品
この作品は、SONY ハイビジョンハンディカムのHDR-FX1というハイビジョンカメラで撮影されたものです。大掛かりな機材(1000万のカメラ)を使って撮影したのでは制作予算もかかるので、30数万のやや小型の機材で撮影されています。しかし、作者の腕は勿論の事ですが、とても美しい作品です。(撮影の仕方も含め)また、なかなかFX1を使用して、丸々1本の作品を発表する人は少ないものなので、FX1をお持ちの方には、良い撮影の見本(この撮影での撮影条件は厳しかったはず)になるのではないでしょうか。ただ、残念な事は、この製品はDVDですので、ハイビジョン画質ではありません。ハイビジョンで撮影し、従来のSD画質に落としている(DVDの規格上)画像です。 いつかBD版を出して欲しいので、その期待も込めて星五つです!
amazonを使い倒す
Amazon 売れ筋ランキング
CD・ザ・ベスト10
素敵ワインちゃん
[楽天]水着と浴衣の売れ筋ベスト○○
ようこそ株スクール
[Amazon]あまぞn DVD売れ筋ランキング

コメント:
これはこれで面白いんです。
posted by はやぶさ じろう at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ドキュメンタリー

ハゲタカ登場!

テレビドラマ
2007年7月13日





ダイブ・トゥ・ザ・フューチャー、ダブル(複体)、蹴鞠師 スペシャルDVD BOX /





プリズン・ブレイク シーズンII DVDコレクターズBOX2(「明日に向って撃て!」DVD付) /





花より男子2 (リターンズ) /
井上真央だから許される

井上真央だから許される
今更ですが漫画の実写版は難しいです。
誰もが納得のいくぐらいのイメージと実力のある俳優と女優を出演させなければアンチは多くなる
原作のファンなら尚更…
つくし役の井上真央ちゃんは凄いピッタリです!
彼女意外の女優だったら凄い苦情きてそう(笑)真央ちゃん以外につくしを演じれる人はいません

原作を裏切らなかった!という人も多いのでは?
元祖!?格差カップルはハッピーエンド!?

元祖!?格差カップルはハッピーエンド!?
パート1ですっかりはまり込んでしまい、原作36巻を「大人買い」しました!
勿論、「DVD−BOX」も買いました(ちなみにこちらもお勧め!特典映像満載)
真央ちゃん演じるつくしに、原作以上に感情移入しました!リターンズは「1」よりすこし恋愛モードでしたが、井上真央ちゃんの「泣き」の演技はすばらしいです。何より最終話の「山小屋」シーンは必見ですね。(きれいな映像で見たい)
そして、成長したF4の面々もまた最高です。「類ファン」の私は毎回、小栗・類の王子様オーラに癒されて、毎回、真央ちゃんになりたいと思ったものです。
初回盤には特典がつくみたいなので、絶対にお勧めです。特典映像もたぶんすごく楽しいものになっているはずです。キャストの仲の良さ、撮影の裏側に期待大です!
また、1話と最終話は、未公開映像がプラスされるみたいですので、買って損はないですね。ファンの意見を反映してくれた嬉しい特典です!7月待ってます!
可愛い!

可愛い!
 私は、おっさんですが、井上真央さんの大ファンです。ドラマ放映中は、井上真央見たさに、何とかかんとか時間を作り、このドラマを見ていました。本当に井上真央は可愛いかったです。が、井上真央見たさだけだったので、録画しておりませんでした。そのうち、第3話くらいからドラマ自体も面白くなりましたが、後の祭りとなりました。
 そうしたところ、ついに完全版ともいえるこのDVD発売。買います。絶対。ストーリー全部見たいし、井上真央をじっくり楽しみたいからです。そして、このドラマのDVDなら少しくらいお値段がはっても家のものは反対しないとの事でした。良し!という感じです。
  
 P.S.できれば、井上真央の水着姿が見れるイメージDVDの発売もあれば良いのに...





帰ってきた時効警察 DVD-BOX /
ガッカリです

ガッカリです
前作を繰り返し見ていた時効ファンなので、帰ってくるときいて楽しみにしていたのに全くの期待外れでした。天然でちょっとクールな霧山役のオダギリさんのゆるくて自然な演技が心地良かったのに、今作の霧山はオーバーな表情ばかりでまるで別人のようで、はじけすぎた麻生久美子共々笑いをとろうと必死な感じがして、リラックスして見られませんでした。三日月とのつかず離れずみたいな微妙なやりとりが可笑しくて大好きだったのに、今回はなんだかイチャイチャしている場面ばかりで興ざめでした。話の内容などそっちのけで、くだらないバカふざけをつなげた内輪ウケの笑いと「どうだ、面白いだろう?」という押し付けがましさに終始していて、見ていて疲れました。これはドラマというよりただのコントです。クスッと時々笑える小ネタがあちこちに散りばめられているから思わず何度も見返したくなる良質のコメディミステリーだった前作がますます懐かしくなっただけでした。
確かに前作よりは落ちますが。

確かに前作よりは落ちますが。
ほかのかたのレビューが辛めなので、あえて感想を書きますね。
たった1年で続編がはじまると知ったとき、正直、
「あのスタッフとキャストをこの短期間で押さえる事ができたんだ!」
というのが驚きでした。
わたし自身は前作はすべて録画で保存し、この1年何回も見返していましたので、
とても楽しみではありましたが、前作より時間をかけずに作ったのではないかな?
という思いはありました。
第1話は、さすがに力をこめて作られていた感があり、
さすが三木聡の安定した作品づくりの味というか、とにかく何回も見たくなる
ちいさな笑いが盛りだくさん。
続編ジンクスなど杞憂だったかと思ったのですが……。
第2話以降は、ほかの方も書かれているように、過剰に作りすぎていたり、
キャラ立ちしすぎて筋に悪影響を及ぼしていたりと、
良作は少なかったように思います。
ただ、プロモーションサイドの意向や、続編を望む視聴者の声にこたえ、
短期間で作ってきたことを思えば、がっかりというほどのできではありません。
第1話と最終話を中心に三木聡作品は安定して見ごたえがありますし、
繰り返してみれば、美術さんこん身の小ネタも充実していますよ。
わたしは今作も録画分をしっかり保存します☆
真加出くん役の小出早織さんの存在感も新しい見所です。
個人的には、ケラ作品などちょっと胃もたれ気味のものも好きですが、
時効警察はやはり三木聡作品に限る!といえるのではないかなと思っています。
麻生久美子さんに「ブス!」と言ってのけることができるのは
松尾スズキさんとオダジョくらいだなあ、と思ってしまいました。
最終回のゲスト、前作は鳥肌実、今回は松尾スズキ、よかったですね。
BOX、買う価値はあると思います。


これはこれで・・・

これはこれで・・・
確に前作と比べるとくすっと笑える小ネタは減り、ストレートに笑いを求めてくる描写が増えたとは思います。でもそこはやっぱり時効警察です。時効警察らしさが出た笑いになっていたのではないのでしょうかと・・映像作品としての演出の工夫などは他のドラマにはない楽しさに溢れていたかと思いますよ。





宮1.5 /
きっと楽しいですよ

きっと楽しいですよ
『宮』DVD-BOXの映像特典になればいいのになあと願っていた番組です。
今回DVD化されると知り嬉しく思います。
皇太子役のチュ・ジフン氏の飾らない一面がみれて楽しいです。
しかもこのお値段、お買い得ではないかと思います。





フルハウス(フィフス・シーズン)コレクターズ・ボックス /
5歳の娘が大好き

5歳の娘が大好き
NHKでちょうど今放送しているあたりのお話です。
うちの5歳の娘のお気に入り。
家族みんなで楽しめます。
コメディーなんだけど、家族の大切さがちゃ〜んと出てて、
子どもにも安心して見せられます。
待ちに待った双子ちゃんの誕生ですね!
待ってたよ〜!

待ってたよ〜!
フルハウスファンは待望の5ですね(>。<)♪
私もNHKでずっと観ていましたが…DVDは全部集めるつもり(絶対!!)
何時観ても
面白いんだよねぇ☆

サンフランシスコに
行きたくなります(笑)
今見ても面白い

今見ても面白い
かなり昔の作品ではありますが今見ても十分面白いです。今でもNHKでやっていますね。
アメリカのドラマが好きなので結構いろんなのを見るんですがこれは万人受けするタイプの作品です。誰にでも勧められるし家族で見ても笑えるのではないでしょうか。もちろんアメリカンジョークが全く面白く感じない人が見ても駄目でしょうけども。
これだけ時が経っても親しまれてるってのは純粋に凄いと思いますね。





宮 ‾Love in Palace BOX 2[日本語字幕入り] /
何度も観ちゃいます!

何度も観ちゃいます!
韓流なんて、自分には関係ないと思っていた私が、まさかこんなにハマルとは!クールな皇太子シン君、愛らしい皇太子妃チェギョン、癒し系王子様ユル君、学園のマドンナヒョリン。
素晴らしいセットや衣装が雰囲気を更に盛り上げ、恋の物語が繰り広げられます!とにかく見て欲しい。
女の子なら絶対にハマルこと間違いなし!です。
貴女もチェギョンになってシン君やユル君と恋しちゃおう。
多分あのときだと

多分あのときだと
いつの間に庶民女子と金持ち男子は仲良しグループに?
皇太子を陥れた犯人の処遇は?
陛下は恋心にいつ決別したのか?
冤罪が晴れたシンの立場は?
謎が謎を呼びます。ひとつひとつのシーンはぐっとくるのに細々したところに釈然としないのが残念。
けれど美しい映像やサウンドトラックに軸のしっかりした俳優など総合して(日本だろうと韓国だろうと関係なく)ここ数年かつてないくらいはまりました。
若い主人公たちでしたが皇后様をはじめとしたベテラン俳優たちの競演で作品の質もあがりました。同時にベテランも未熟ながらも真っ向勝負の若手に気合いがはいっていたように感じます。シンがチェギョンにそのひとことがいえたときには嬉しかったし、チェギョン旅立ちの挨拶シーンでは泣きました。
もしも韓国に皇室が続いていたら…というより現代か彼の国に皇室がないことを実感したマカオでのラスト。
しあわせになって欲しかったのでよかったのですが…多分アルフレッドが目を隠しているうちにあんなことになったのは嬉しいエピソードでした…多分あのときだと思うのですが…。
買って損はありません

買って損はありません
韓流ドラマを選ぶ時のポイント!!は、絶対にハッピーエンドな事。まさしく、「宮クン」は全てを兼ね備えてて、何回見なおしても、楽しめて、切なくて、笑えます。段々主人公のシン君が素敵に見えるし、自然体な演技に、引き込まれていきます。見終わると、しばしボッーと余韻に浸ってしまいます。どろどろした関係や涙もの、病気や死という暗い類が好きじゃない人には、お薦めです衣装もシマチョゴリを洋服にアレンジしたものが特に良かった。このDVDを買ったら、原作のマンガも大人買いしてしまったくらい、ハマりましたちなみに他に購入して良かったものは、「パリの恋人」「白雪姫」です。映像がキレイなことと、衣装がグッド!





ハゲタカ DVD-BOX /
本作の作り手に賞賛を贈りたい!

本作の作り手に賞賛を贈りたい!
よくぞここまでNHKも冒険したなという作品(もちろんいい意味で!)

はっきりいって金融・経済について最低限以上の知識が無いと内容を理解するのは無理なのは間違いない
そういう意味でいえば、視聴者に迎合することしかできない現在のドラマの潮流に真向から逆らう作品だと思う

ただ私はそんな本作に最大限の賛辞を贈りたいと思う
というのは現在の多くのドラマは視聴者のニーズを汲み取るという常套文句の下で怠惰な作り手によりありきたりな薄い内容のものが繰り返し作られているに過ぎないといっても過言ではない
それに対して本作は作り手が本当に訴えたいものを作ったというのが感じられるからである
そしてその作りこみ方が半端ではない

現在、就職活動における金融機関の存在感は非常に大きい
それは採用数の膨大さが物語っている
その一方で金融の実態をどれだけの学生が理解しているだろうか
おそらくなんとなく人気があるからとかで決めてしまっている人も少なくないのではないだろうか
そこで金融機関を志望する学生のみなさんには是非一度本作を観ていただきたい!
たしかにドラマであるから、脚色がオーバーな箇所は沢山あるが、それでも重要な部分についてはきちんと事実に基づいて描かれてる

金融の世界が決して外面的な格好良さだけで成り立っているわけではないことが理解できるだろう



たしかに

たしかに
未だ買収の標的にさらされている民放各局には手が出せない題材ですよね。
やっぱり大森南朋の演技が凄まじい(!)ですが、松田龍平演じる西野の存在
もこの短いドラマ全体にピリッとスパイスを効かせていたと思います。
劇中では、鷲津への憎しみと憧れを一緒に抱えながら、手段を選ばない徹底的な合
理主義で時代の寵児へとのし上がっていく過程はあえてカットされてましたが、西
野が裏社会にも手を染めてしまったことを暗示しているような想像をかきたてられ
て良かったです。西野主演のスピンオフ版とかあれば、面白いかもです。
ちなみにテレビドラマのDVDを買おうと思ったのは今回が初めてです(6月の再放送
を録画できるとしても、欲しいと思いました)。毎回エンディングテーマに流れて
いく時点でテレビ画面に向かって拍手をしてしまうくらい出来の良いドラマでした。
渋い役者が揃ってます

渋い役者が揃ってます
株式を買占め、大幅なリストラを断行し、企業価値が上がれば売却と、
かっては散々叩かれたハゲタカファンド

彼らは本当に悪なのか?
この答えの一つがこの作品のテーマだ
大森南朋が演じる鷲津が、苦しい過去を真っ向から受け止め
真の企業再生に挑む姿は、とても「ハゲタカ」とは思えない

ただ、最終回はやや詰め込みすぎた感があり
それが本当に本当に残念!

個人的には、苦悩する柴田恭平、
追い込まれ壊れていく宇崎竜童と
ワルをやらせたら天下一品の中尾彰の演技にただただ感銘







宮 ~Love in Palace BOX 1 [日本語字幕入り] /
何度も観ちゃう!

何度も観ちゃう!
韓流なんて、自分には関係ないと思っていた私が、まさかこんなにハマルとは!クールな皇太子シン君、愛らしい皇太子妃チェギョン、癒し系王子様ユル君、学園のマドンナヒョリン。
素晴らしいセットや衣装が雰囲気を更に盛り上げ、恋の物語が繰り広げられます!とにかく見て欲しい。
女の子なら絶対にハマルこと間違いなし!です。
貴女もチェギョンになってシン君やユル君と恋しちゃおう。
BOX1はコメディーの要素もふんだんですよ。
一見の価値

一見の価値
とにかく映像が美しい。それだけでも一見の価値あり。「大長今」を知っている人は小ネタにニヤリ、設定にも抵抗なく入っていけます。
チェギョンは当初奇怪な言動がばかりが目につきましたが回を重ねるに連れはまりだします。韓国の衣装がとてもよく似合うしお澄まし洋装もかわいらしい、そして何せあの泣き顔。
愛情いっぱいに育ってきたためいつもその裡に答えがあるシンの言動を理解できず怒ったり泣いたり大忙し、そのくせ彼女に好意を寄せるユルにはどこか鈍感で話がどんどん厄介になっていきます。
シンは本来、繊細で思慮深く相当の自制心を持っているのですがその言動はなにかと誤解を招きがち。モデルがいいのかフリフリシャツやリボンタイなどを着ていても皇族ならばと妙に納得の着こなしぶりにも注目。
チェギョン家族のしつこい位のコミカルぶりに時には救われ皇族大人組の緊迫した台詞の応酬やその裡に隠された感情表現に痺れたかと思えば韓国独自のロジックなのか冗長だったり1話見逃したかいうような唐突な展開もありますが(それでも従来より少ない)それでもなお多くの人々を虜にする魅力を持つ作品でもあります。
もう、虜です。

もう、虜です。
はっきりいっておもしろいです。見る価値ありです。

私の見た韓国ドラマは「冬ソナ」「火の鳥」「宮」ですが、必ず四角関係なのは、
これは韓国ドラマの必要エッセンスなんでしょうか?

日本のドラマには(私が見るものがそうだからか?)ない世界がそこにあります。

韓国ドラマでは、いつも気になる変な衣装は(韓国的にはいけてるのかもしれないが。)
チュ・ジフンが着てもそれなりに様になるのは、さすがモデルさんと思いました。








のだめカンタービレ DVD-BOX (6枚組) /
こんなに楽しい作品に出会えたことを感謝したい

こんなに楽しい作品に出会えたことを感謝したい
女房が薦めるので、昨年のオンエア時、真ん中あたりからみた。
で、作品世界にきっちりはめられて、見てないところをみたくて、DVDの発売を待って買った。

原作の漫画は見ていない。しかし、みる必要を特に感じない。
なぜなら本作のなかで音そのものが占めるイメージがあまりに大きくて、これから原作を見てもこの感動は味わえないだろう、そういう気がするからである。漫画ならではの切れのいいギャグと、音そのものの感動。これが本作の全てであると思う。

そういえばアニメ版もあった。アニメ版はあまりにプアで1話で見るのをやめた。それを考えると、本作に欠かせないもうひとつの魅力は、上野樹里, 玉木宏, 瑛太, 水川あさみ, 小出恵介らの若手俳優陣である。キャスティングがこれ以上ないくらい良い。

連ドラ11作分を土日で見切るのは相当しんどいが、その値打ちは十分にある。音と俳優と青春とギャグ。こんなにバランスのとれた楽しい作品に出会えたことを心から感謝したい。
99点

99点
内容の素晴らしさはもう書くまでもないですが、このドラマの唯一にして最大の欠点は
「ラストカットを2ショットにした」ことでしょう。
オーケストラのところであれだけ感動させたのに、最後のマヌケなインサートで
少し興ざめしてしまいました。オーケストラで終わっていれば完璧だったのに…。
“それから...好きです!!”っておもしろすぎ!

“それから...好きです!!”っておもしろすぎ!
とにかくハマリます!最近観たドラマではNo.1の出来ですね。この手のノリって大好きだし、ドラマは見逃してる回が多かったのでもう一度観たいと思い、値段に迷いながらも購入して...正解でした!
最後まで期待を裏切らない演出にとても満足してます。 出演者は本当にマンガの世界から飛び出してきたみたいでみんな憎めないかわいいキャラで最高!だし、とにかく千秋とのだめはハマリ役すぎですね。
観終わったら思わず“のだめ”の独特のセリフをあの口調で話してしまいそうになるので要注意!?ですね。
でも、意外とバカやってるようで、実は真剣に音楽に取り組む一生懸命な音大生の姿がきちんと描かれていて感動するとこも多いです。
とにかく多くの人に観てほしい作品だし、できればその後のストーリーも観たいです!

amazonを使い倒す
Amazon 売れ筋ランキング
CD・ザ・ベスト10
素敵ワインちゃん
[楽天]水着と浴衣の売れ筋ベスト○○
ようこそ株スクール
[Amazon]あまぞn DVD売れ筋ランキング

コメント:
観てました。ハゲタカ。経済わかんなくてもおもしろかったです。
posted by はやぶさ じろう at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ

復活のX

ミュージック
2007年7月13日





滝沢演舞城 /
DVDか待ち望んでました

DVDか待ち望んでました
去年 新橋演舞場で 観劇しましたが 滝沢さんの 殺陣 舞に圧倒されました

何度も観たいと思えるような 舞台でした

DVDになって 本当に嬉しいです

今年の滝沢演舞城2007は 一段と磨きがかかるという事で その前にもう一度 DVDで堪能して 2007に 挑みたいと思います
タッキーの華麗な世界に酔いしれますよ!

タッキーの華麗な世界に酔いしれますよ!
やっとまたあの世界を見ることができるんですね!
義経以来ちょっと気になる存在だったタッキーに、
どっぷりはまり込んでしまうきっかけを作ってくれたのが滝沢演舞城でした。

舞台は三部に分かれています。一部はタッキーがさまざまなことに挑戦しています。
二部はやはりここが見せ場の義経です。TVとは違う世界にどっぷり浸ったら、
最後はタッキーワールド全開です♪
それからジュニアや関ジャニの頑張りも必見です!

この作品でたくさんの年配のファン層を獲得した彼の世界に
また会えるのがとても楽しみです♪

今年の公演も期待を裏切らないと心待ちにしています(^^)


ついに発売!!

ついに発売!!
去年の3〜4月と2ヶ月の長期間に新橋演舞場にて行われた【滝沢演舞城】の舞台のDVDが、ついに発売になりますね♪
日本に生まれて皆が知ってる様で知らない昔話を、初めて見る方にも分かりやすく&知ってる方も、思い出せる様な…内容が濃くなってると思います。
義経の部分では大河ドラマの義経とは、また違った新たな義経が見れますよ!!

滝沢くんを筆頭に、関ジャニ∞の横山くんと大倉くん、Jr.の子達が大勢出ています♪
去年、行った方は再確認として。残念ながら行けなかった方は是非とも、お手元にどうですか??








モーニング娘。コンサートツアー2007春~SEXY 8 ビート~ /
よっすぃ〜卒業でモーニング娘。が終わってしまった

よっすぃ〜卒業でモーニング娘。が終わってしまった
モーニング娘。を真希が国民的アイドルグループに押し上げた時期の、いわゆる娘。黄金時代を知る最後の一人、よっすぃ〜の卒業ライブの模様が収録されています。
卒業セレモニーで、モー娘。加入前からの熱烈モー娘。ファンを自称するガキさんは、
「吉澤さんがいなくなると私の中のモーニング娘。が終わってしまう」旨のコメントを述べました。
このコメントは、多くの一般人が共感できるコメントだと思います。
残ったメンバーを見て、一体どれだけの一般人が、顔と名前を一致させることができるのでしょ〜か?
ソロ歌手として紅白にも出場するなどして、一般人にも知名度があったミキティも結果的にこのライブで脱退しましたので、一層そう思います。

今後の事務所の戦略としては、新リーダー高橋を推すよりも、きらりちゃん人気で唯一知名度のある久住ちゃんを推していく方がいいでしょ〜ね。
感動、悲喜こもごも・・・

感動、悲喜こもごも・・・
名リーダー吉澤ひとみのLastLiveショーを克明に追った傑作ドキュメント!
本来はこのLiveで円満退団し、藤本を中心とした新生モー娘の門出として、記念すべきものであったが・・・・その後の出来事は敢えて書きません。
このLiveが終了して10日も経たないのに驚天動地の出来事が起こるとは、吉澤の心境もさぞや複雑だったろな。矢口のドタキャン脱退で無理やりリーダーを押し付けられながらも7期小春を育て、中国娘と現メンとのコネクションを成功させ、愛してやまない心境をおもいながらこのDVDを見ると感慨もひとしお。

選曲・パフォーマンス・音響・映像共に文句なしの仕上がり。新人光井もリーキー離れした歌・ダンスを披露してます。
また、月島きらり(久住小春)の新曲が初披露されてる。
問題の藤本もケチの付け所がないんだよね〜・・・・・・それだけに今回の脱退劇は残念。
新リーダー高橋と新加入のリンリン・ジュンジュンの活躍に期待したい。
吉澤ひとみと藤本美貴最後のツアー

吉澤ひとみと藤本美貴最後のツアー
よっすぃ〜ことリーダー吉澤ひとみさんの卒業ライブツアーになります。吉澤ひとみさん7年間お疲れさまでした。

ミキティ藤本美貴さんは品庄の庄司との交際の模様をフライデーに撮られてのけじめの脱退…

リーダー期間が短かったものの残念と言い様がありません。

現在のモー娘。のメンバーにはこれ以上の同じ過ちを繰り返したくないものです。





What a beautiful moment /
私も生で見たかった。

私も生で見たかった。
唯一不満なのはカメラのアングルです。
アップの映像もあまりありませんでしたし。
賛否はありますが、パフォーマンスを求めている人にはむかないかと。
クラシックのように?音楽を聴くという意味ではいいかと思います。
個人的には"もっと近くで君の横顔を見ていたい"から"明日を夢見て""瞳閉じて"を短縮で3曲流れるところが気に入っています。
伴奏もアコースティックギター、ピアノ、バイオリンくらい?なのもいい感じでした。
それとこのときは思っていたより力強いボーカル(CDに比べて)だったのがびっくりしました。
(会場のせいかもしれませんが)

あの歌声が胸に残ります。

あの歌声が胸に残ります。
今はもうこの世にいなくなってしまいましたがこのDVDを観てください。あまりマスコミやテレビなどに出演しない方なのでよく知らない人もいると思います。今のアイドルみたく大げさに踊ったりパフォーマンスなどしませんが必要最低限の身振りで観ている方に良い印象を与えてくれます。正直、ZARDのライブってあまりダンスシーンとか無いの?と思って観ていましたがsこれが返って良い結果になっています。あの姿をもう一度のこDVDでゆっくりと感傷に浸ってみてはいかがでしょうか。特に『負けないで』は大きな感動と共に涙が滲む思いでした。
坂井泉水さんの詞の世界を堪能!

坂井泉水さんの詞の世界を堪能!
本人もMCで言ってますが「詞を大切に書いて、音楽で届けたい。」その通りのLIVEです。
改めて、坂井泉水さんの詞の世界を堪能出来る事が最高です。
初めてのツアーなので、ぎこちない所もありますが、本当に温かいLIVEです。
只、バンドは超豪華ですね!(ギターが何人いるの?)
今日初めて観ましたが、中味の濃い最高のLIVEでした。
これからも観続けると思います。
もう二度と彼女のステージは観られないので、このDVDは永久保存盤です。






Le Portfolio 1991-2006 /
今となっては

今となっては
もう、こういうものでしか泉水さんに会えないのかと思うと寂しいですね。
女性アーティストとして、いろんな記録を残しているはずですが、
あまりメディアに出てこない神秘さも、今となっては彼女の魅力のひとつだったのだと感じます。
このDVD観て感じるのは、こういう人と同じ時を過ごせて幸せだったって事。
まだまだ第一線で活躍出来ただろうに、ご本人もさぞや無念でしょう。
私たちファンは彼女のファンであった事を誇りに思って良いでしょうし、
この先、彼女の分まで毎日を大事に過ごしてゆかなければならないでしょう。
ちょっと話がそれましたが、やはりこのDVDは良いです。
こういうのを永久保存版て言うんでしょうね。
世の中、初回限定とか、永久保存版とか乱発しすぎです。
永遠

永遠
見始めてあっと言う間の70分…。ZARDの偉大さや楽曲のクオリティの高さを再認識させられました。でも、もう二度と泉水さんの歌声を聞く事はできないんですよね。(ToT) ラストの曲が『君とのふれあい』というのが何かとても切なくて涙が止まりませんでした。とてもとても素晴らしい作品だけど、二度目を見るのはもう少し後にしようと思います。(ノ_・。)
いろんな意味で残念・・

いろんな意味で残念・・
元々大してファンではなかったのだが、昨年たまたまゲーム屋で見かけ、中古で安かったので購入。
10代だからか、ZARDの歌はア二ソンのイメージが強かったです。
SLAMDUNKの「マイフレンド」、DBGTの「Don'tyousee!」、コナンの「運命のルーレット」など・・曲名間違ってたらすいません。でも一番好きだったのは「永遠」でした。
評価としてはフルPVでなかったのが残念。特にメディアへの露出が極端に少ない方だったので、もっといろいろ見たかった感はあります。中古の安さが+1、フルじゃなかったのと本名のダサさ(そこかw)で−2。
なんかホントに絵に描いたような悲劇のヒロインみたいですね。最初から最後までなぞめいた方でしたが、少なくとも私はテレビに出まくって、自分の偏差値と顔差値の低さを露呈している最近のなんちゃって歌手よりは好感を持てます。
お亡くなりになったこと、最近は酷く太ってらしたこと、DVDのこといろんな意味で残念です。






コブクロ LIVE TOUR `06 “Way Back to Tomorrow" FINAL /
そのまんま★

そのまんま★
待ちに待ったDVD発売です! 実際にこのLIVEに行ってきましたので、自分が映っていないかかなり凝視してました^^; コブクロのLIVEは二人の、涙が出るほど美しい歌声は勿論、トークのおもしろさ!!他のアーティストではなかなかありませんよね??毎回すっごく楽しみ!
それが、そのまんまのDVD★ 興味がある人はもちろん、万人向けですので、ぜひ一家に一枚いかがですか?! 
コメンタリー付き!

コメンタリー付き!
なんと、コブクロのコメンタリーがライブ映像を見ながら聞けます。それが面白すぎて最高でした!こんなに素晴らしいライブが見れて嬉しいです!買って良かった♪文句なしです!
最高のライブDVD

最高のライブDVD
今回のコブクロライブDVD、
過去最高のカメラとスタッフで制作されているとのことです。
それだけあって、このDVDは映像もさることながら音声も最高です。
実際のライブさながらの音です。
オープニングのお客さんの歓声、そして割れんばかりの手拍子、そしてそしてコブクロの歌声。
すべて、ライブのまま。この完成度には脱帽です。





GACKT TRAINING DAYS 2006 DRUG PARTY (Amazon.co.jp限定通常版) /
たぶん最高にいいと思います!!

たぶん最高にいいと思います!!
私は大阪ライブに参加しましたが、
今までのライブでの中で過去2度目の感動を覚えました。
上弦の月から彼のライブを拝見しましたが、
やはり彼はライブ向けのアーティストです。
4星なのはまだDVDとしてはみていないので、あえてそうしました。
ホールよりもライブハウスが最高です!!

前に進むためのライブ

前に進むためのライブ
2006年の地下活動中、2007-2008年の大体的な活動をにおわせていました。
2006年暮れの突然のFC限定ライブ敢行は、2007年6月からの表立った活動の布石だったのです。
このライブではS.K.I.N.の活動を意識し「風林火山」第1話およびプレス用に作り込んだ体をしぼり、
中性的でフェミニン、セクシーな体型に作り込み臨まれました。
その体は見てて非常に魅惑的で妖艶でセクシーでした。
ステージセットはライブハウスとは思えないほど上品で綺麗なセットです。
ZEPPのステージに観覧車をつくるアーティストもいますが、
ライブハウスでGackt様より美しいステージセットを構築したのは私的に見たことがありません。
ZEPPであってZEPPでなかったのです。
ライブ自体は完全にFC限定であったため、初日から一体感がありました。
過去との対峙を余儀なくされ、過去を振り返る痛みと快楽、進むべき道の方向性の確認が
Gackt様、Gackt job、Dears個々で行われたものと思っています。
「Ares」「Cube」と流れたのも、この2つの曲にはGackt様の世界観の根幹、
人のドロドロとした部分を感じさせるため、Gackt's worldに引き込まれるのには十分でした。
全体的にこれまでにない妖艶なライブというのが個人的な感想です。

クオリティは非常に高いのですが、ドラムが元シャムシェイドの淳士となり、
既存のライブDVDと聴き比べると、曲に変化があるものと思われます。





青い夜 白い夜 完全版 DVD-BOX /
Dahlia初演!

Dahlia初演!
青い夜、白い夜・・・この2DaysLiveが1番好きというファンは多いのではないでしょうか。
あの日のLiveがこうしてDVDで見れる日が来るとは思いませんでしたね〜
ありがとうYOSHIKI・・とレビューを書いてる方、文章がオカシイです(笑)
BOXか単品か

BOXか単品か
BOXか単品かどっちを買うか迷う。
特典映像DVDとデモテープ復刻CDと復刻パンフ付きで倍額になる。
この3つに価値があるかどうか疑問?
それにしてもX関係は値段が張るなぁ

単品かって1万円分他のDVDを買った方が賢いかな。
収録されてるのかな?

収録されてるのかな?
1994年ってことはアルバム「LIVE LIVE LIVE」に入っている「Rose of Pain」のアコースティックバージョンが見れるってことですよね?
う〜ん、「破滅に向かって」みたいにカットしないで収録してほしいです。
「破滅に向かって」はDVD、CDともに「Rose of Pain」「Say Anything」がなかったですから・・・そこが心配ですけど、どーせ買うならDVD-BOXかな。
25%offですけどそれでも少し高いかも・・・。
でも、宝物になるでしょうからやっぱりこっちかな。DVD、CD、パンフがついてきますし。
値段が気になるってことで星1つマイナスかな。





ARASHI AROUND ASIA【初回生産限定盤】 /
DISK3はとても良かったです!!

DISK3はとても良かったです!!
DISK1・2は編集されすぎていて、ちょっと悲しかったです;;
DISK3は素晴らしかったです!!全部、初めから最後まであった大満足でしたww
一番楽しみにしていた秘密も見れたしvv
でもその楽しみにしていた秘密もちょっと、アップが少なかったのが不満です・・。。
遠くから写しすぎて、あまり見えない所とかもあったので、少しショックでした;
でも秘密はやっぱり可愛かったです!!にのみぃは何であんなに可愛いんだろう・・。。
DISK3だけで充分買う価値有りだと思いますv

惜しい…。

惜しい…。
このDVD自体は、嵐の素直で可愛い素顔がたっぷりの見応えのある良品です!
でもアジアでの活動をDVD化するならば、今までやったコンサートで映像化されてないのもDVDにして欲しい!
ダイジェストでは消化不良。
うむむ・・・。

うむむ・・・。
いろいろ見るところはあると思いますが、
個人的には、購入前から1番楽しみにしていたARASHICコン部分が、
あまりに編集されていてガックリきてしまいました。

ものすごく素敵な構成の、ものすごく楽しい夏のコンサートだったのに、
あのぶっちぶち切りダイジェストは、ちょっとヒドいです。
しょっぱな2曲目の「Kissからはじめよう」のカットで
テンションがウナギ下がり、それ1度見たきりまだ他のDISCも全部見ていません。

でもどんなカタチであれ、とりあえずはコンサートのDVD化を喜ぶべきかもしれません。
でもでも、どなたかも書いてらっしゃいましたが、
Oneコン、ARASHICコン、凱旋コンの国内コン3枚組だったら、
どんだけ嬉しいだろうなあと思ってしまいます(涙)





THE TOUR OF MISIA 2007 ASCENSION (初回生産限定盤) /





2007 桜満開 Berryz工房ライブ~この感動は二度とない瞬間である!~ /
史上最年少でSSAを満席にした興奮ライブがよみがえる

史上最年少でSSAを満席にした興奮ライブがよみがえる
この作品は、Berryz工房が埼玉スーパーアリーナを史上最年少グループとして満席にした興奮ライブの模様が収録されています。
楽曲の良さとリズム感の良いダンスが相俟って、彼女達はライブを重ねる度に、実に素晴らしいパフォーマンスをみせてくれます。
グループとしての一体感については、メンバーの入れ替わりが激しい先輩のモー娘。すでに凌駕しています。
それぐらい、今回のライブ・パフォーマンスは全体的に素晴らしかったです。
もちろん、舞台裏の様子も収録されていますので、ファン必携の商品であります。

amazonを使い倒す
Amazon 売れ筋ランキング
CD・ザ・ベスト10
素敵ワインちゃん
[楽天]水着と浴衣の売れ筋ベスト○○
ようこそ株スクール
[Amazon]あまぞn DVD売れ筋ランキング

コメント:
X,復活にちなんでBOX発売でしょうか。こりゃまた売れそうですね。 復活に期待。…でも彼はいない。
posted by はやぶさ じろう at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ミュージック

らき☆すた 1 限定版

アニメ
2007年7月13日





ゲド戦記 /
酷評すべきではない

酷評すべきではない
理解力と想像力の無い人には理解できない作品。ただたんに見て楽しむことに重きを置いた人には向いていません。

おしむらくは声優がキャラの感情を表現しきれていないこと。
キャラの心理描写も疑問に思うところも数箇所ありました。


子供が泣いてた

子供が泣いてた
冒頭。廊下で父親をいきなりナイフでグサリ。………え!?なんで?……まぁいいか。逃亡の旅で少女に出会い、少女が歌を歌う。…長い。退屈。いつまで歌ってるんだよ(イライラ)
こんな状態が最後までつづく。試写会で観たが、正直途中で帰りたかった。宮崎駿監督も試写会の途中で席を立った。最後のクライマックスシーンでさえ、わけわかりません。決定的だったのは後ろの席の子供さんが泣いた事。「怖い」「もう見たくない」と最後の魔女との対決シーンでかなり怯えていました。子供泣かしちゃダメだろう。無条件で監督の敗北だよ。
私の中ではとてもよかった。

私の中ではとてもよかった。
ジブリ映画で初めて映画館でみた映画でした。確かに、わかりずらいところもありましたが、私の中ではとてもよかったと思います。声優初挑戦であそこまで役にはまれた岡田さんがとても凄く感じられました。






らき☆すた 2 限定版 /
監督が交代した事でらき☆すたの幅が狭くなった

監督が交代した事でらき☆すたの幅が狭くなった
5話から監督が交代したわけですが…見てみて正直がっかりです。山本寛さんの冒険的で攻めの姿勢が気にいってたのに…。
まぁ確かにらき☆すたの様な作品にはあまり向いてなかったのかもしれませんが、5話からの保守的な作りは如何なものかと。
山本寛さんだからこそらき☆すたの世界観を広げていってくれると思っていたので残念です。
DVDの購入は今後の展開次第で決めようと思います。(このまま守りの姿勢で続く様ならレンタル決定です。)
アニメになって色々感じたこと。

アニメになって色々感じたこと。
発表当初は「ゲームの声優さんじゃないんだ」とがっかりしていましたが、今ではすっかり慣れ親しんでしまっている自分がいます。(^0^)/キャハハ。

閑話休題、今回アニメになって「柊かがみ」ちゃんが可愛い子だったんだなあと感じるようになりました。(ファンの方は怒らないでね)

アニメになって台詞に「感情」が加わって、「原作のあの台詞はそういう意味だったのか」と再発見したりして。

そういう意味でもアニメになって良かった。(原作は元々好きだし)
『真ゲッター』を思わせる展開

『真ゲッター』を思わせる展開
個人的には、二巻目までは『買い』だと思っています。
よもや、監督の交代であそこまで凡庸な内容になるとは、夢にも
思いませんでした。この頃までは、原作に対しての何らかの
『プラスa』があった様に思うのですけれど…。
放送を観られる環境にあって、本当に良かったと心から思って
います。






コードギアス 反逆のルルーシュ volume 07 /
まさに「我は王軍、友は叛軍」のストーリーです

まさに「我は王軍、友は叛軍」のストーリーです
熱烈なファンの多い作品だということはよく分かっていますが、なぜか一番いいところ(と思われる)回だけ見てしまった門外漢としてレビューを書きます。

タイトルロールのピカレスク度が高いとは聞いていましたが、物語のクライマックスへとなだれ込んでいく回であるためか、「うわっ、そこまでやるか!」というダークでクレイジーな濃さは感じませんでした。A.デュマの名作「ダルタニャン物語(鈴木力衛訳)」中に、「我は王軍、友は叛軍」という邦題の巻がありますが、私の中ではまさにその表現しか当てはまらない(どっちがルルーシュ側でどっちがスザク側にあたるのかは状況によると思いますが)イメージです。とてつもなく大それた考えを実行し、あるいは関わってしまったハイティーンの剛毅な部分、その裏にある不安定さみたいなものをうまく絡めて描いています。友人が真の敵(じゃないかもしれないけどこの時点ではそう)という、一番見たくなかった現実が目の前に立ちはだかる回なんだ…と思ってしみじみと見ました。

ほぼ最終章に近いということで「落としどころ」に近づいているのは事実ですが、大人の意見としてはあまりハッピーエンディングを望まないのも事実です。中国文学ではありませんが、大義と権謀術数は背中合わせです。対象年齢が高めの作品でもありますし、主人公2人(ルルーシュだけかなぁと思いましたがやっぱり相方も加えて)は重い十字架を背負いながらひたすらに自分たちが目指した道を進んで欲しいと思います。行き着く先に楽園がなくても、です。

ツッコミどころもあげつらえば多々ありますが、ドライブ感と息苦しさのあるストーリーテリングに対してこの評価とします。
動揺と決意の行方

動揺と決意の行方
「無限のリヴァイアス」「スクライド」「プラネテス」「ガンXソード」の
谷口悟朗監督/CLAMPキャラクター原案のTVアニメ
『コードギアス 反逆のルルーシュ』第17〜19話を収録したDVD7巻です。
超大国ブリタニア帝国の侵攻により名前、規律、秩序、誇りなど
存在意義を奪われ、占領地の一つ『エリア11』と化した日本を舞台に、
相対する理想を持つ二人の男の生き様を描いたのが本作。

STAGE17「騎士」★★★☆☆
 ついに暴かれた過去とルルーシュが目撃する真実は後半戦の動乱を予感させます。
 ランスロットの性能とその癖を看破した分析能力と旧日本軍の残党をも取り込む
 彼のカリスマ性が一層際立ったエピソードです。ルルーシュが望み、
 彼女が決めた騎士の生き様がようやく表舞台にあがってきたように感じられます。
ただ戦闘中に躊躇したり、語りでゴマかしたりとちょっと媚びたような描写が残念です。
 
STAGE18「枢木スザクに命じる」★★★★★
 彼女の騎士となったスザクを巡り、二つの勢力は困惑と動乱の渦へ巻き込まれていきます。
 純血以外は排他的にしか見えないブリタニア人の浅ましい民族性も強調されており見応え充分。
 軍事面、技術開発面、政治面にも強力な駒が出揃い、さらなる黒の騎士団の規模拡大を強調しています。
 スザクの心身をさらに追い詰める葛藤のドラマが混迷の濃度を高めており目が離せません。
 でもあいかわらずルルーシュは詰めが甘いですね。個人的にはディートハルトの確実性に一票投じます。

STAGE19「神の島」★★★☆☆
 アヴァロンの空中砲撃直後、なぜか式根島から離れた神根島で目覚めた四人の物語です。
 かなり露骨なファンサービス描写の中、互いを知り、相容れぬ主義をぶつけ合う
 スザクとカレンの対立、ZEROの居ないピラミッド型の組織の脆さを露呈する
 黒の騎士団の内部分裂が見物です。肝心の謎を置き去りにした展開に疑問が残るのが歯痒いです。
 今回ルルーシュに加えて、カレンの詰めの甘さも露呈されていますね。
伏線とか伏線とか伏線とか・・

伏線とか伏線とか伏線とか・・
やっとスザクが敵だとルル様は分かります。おせぇよ。それは良いとして、微妙に伏線が回収され始めます。そういうところのテンポは速いし、分かりやすかったりするので好きですね〜。でもここにきてさらに伏線を張りました。案の定TVでも回収されずに持ち越し。ここは痛いですね。。
さらに、主人公の相手をさらに増やすべき時期ではないのにまた濃いのが・・・いやシュナイゼル好きですけどね。ここのあたりから話の収拾のつけ方に不安を感じ始めました。
まぁだからといって話の魅力自体が薄れているわけではないですし、佳境に入り始めてテンポも一気に速くなるので見ごたえは有ります。
少なくともカレンのサービスショットは。故に星五つ。





銀魂シーズン其ノ弐01 【完全生産限定版】 /
『テコ入れ』したくなちゃったYO!!

『テコ入れ』したくなちゃったYO!!
この巻は、ただただ50話に尽きます。
「銀魂アニメオリジナル作品最高傑作」と言って過言ではない出来栄えです。
まだ見ていない方には、50話を見る為だけにでも是非ご購入をお勧めします!

今までアニメだけで満足していたのに、
これを見てしまった後、うっかり原作漫画18巻を一気に集めてしまいました。
お陰で「原作の世界観=なんでもあり?」が
このオリジナル作品の精神的土壌になっていると判りました?。
正直、制作スタッフの高杉並みの破壊的『テコ入れ』に幸あれ!と願わずにはいられない
異色作です。

銀魂に興味のないアニメ好きの方も、最近アニメ事情総まくりで楽しめると思います。

個人的には、桂のラップにツボりまくりでした。


銀魂シーズン其ノ弐第一巻

銀魂シーズン其ノ弐第一巻
この巻には、50話「未定は未定であって決定ではない」、51話「ミルクは人肌の温度で」、52話「人に会うときはまずアポを」、53話「ストレスはハゲる原因になるがストレスをためないように気を配るとそこでまたストレスがたまるので結局僕らにできることなんて何もない」の4話が収録されています。

50話がとにかくすごいです。アニメオリジナルの話なんですが、とにかくパロディだらけの話です。お登勢の案と土方の案には吹きました。特に土方の案は、元の性格とのギャップがすごすぎです。
あと、「ドラゴンブリーピース」はやりすぎです。他のもとにかくやりすぎですよ。でもそこが面白いですww
この会社はすごいですね、本当に。ここまでのパロディを見たのは初めてです。さすがにここまでやると苦情とかもくるんでしょうね・・・。でもそんなのを気にしないでやってしまえる監督の姿勢には感服いたします。
最後の「かんと・・・」の登場には驚きました。エリザベスの中の人ってこの方だったんですね。驚きました。

2年目に突入してさらに勢いを増した銀魂。本当に、面白すぎですこのアニメ。





秒速5センチメートル 特別限定生産版 DVD-BOX /
新海監督らしい作品

新海監督らしい作品
ファンタジーやSF的な要素は全く無いが、その代わりに、他のアニメにはない程のリアリティがこの作品にはあると思う。背景はとても綺麗だと思いました。ある意味、実写では表現できないことをアニメで表現していると思う。ストーリーがダメだと言う人もいますが、あえて多くを語らないことによって見た人に考えさせる。考えることで見えてくる何かがあるのではないでしょうかね? 一話と二話は起承転結がしっかりとしているのに対して、三話は起句で終わっているのだと思います。そっから先は見た人の想像でお願いします的な終わり方です。エンディングの演出は新海監督の必殺技的な演出ですね。それを心地良いと感じる人もいれば、ワンパターンだと思う人もいるわけです。どちらにせよ、山崎まさよしさんの曲が無ければこの作品は成立しないと思います。もちろん各所の天門さんの音楽も素晴らしいです。個人的には、期待通りの作品であり、予想通りの作品だった。
自分的には百点!!

自分的には百点!!
映像美はもちろんですが、ストーリーもステキです。

客観的に考えると、誰にでもお薦めできる作品ではないです。
細かい部分が描かれていないストーリー、少ない台詞、時間の短さ。
普段見慣れている映画と比べると、もの足りなさを感じる人がいると思います。

しかし、その足りない部分を各個人がそれぞれの経験や記憶で補完することで
グッと主人公を身近に感じると思います。

ある意味ズルくて卑怯な手法だと思いますが、それが手法だと分かった上でも、
それ以上の感動がありました。

携帯電話が無い時代。
「大人」でない自分を言い訳にした後悔。
「いまさら」と思いつつ「でも、いまなら」と考えてしまう自分。
そして、その想いを強制的に、そして鮮やかに思い出させる「音楽」。

「音楽」を「タイムマシーン」と考えることが、ほぼSF的要素がない今作において、
唯一のSF的トリックだったと思います。

もう一度観たいという思いが強い作品です。
30歳前後の男性には特にオススメします。
ひと恋するはいつも切なきなり

ひと恋するはいつも切なきなり
桜の咲く4月の上旬、平日の最終回、渋谷のシネマライズで単身鑑賞した。
ガラガラの客席で静かに落涙いたしました。滅多にないことだが以後3回劇場に通った。
以後、会う人毎に勧めてまわった。
『騙されたと思って観に行って。傑作だから!』
山崎まさよしの名曲「One more time, One more chance」が効果的にテーマソングとして使われている。
監督が、この楽曲からインスパイアされてストーリーを紡いだことは明かだろう。
さてストーリー。
小学校の卒業と同時に離ればなれになった遠野貴樹と篠原明里。
まだランドセルを背負ってる12歳です、二人は。
特別な想いで文通なんぞするわけです。
男の子の九州転校が決まった中学1年の3月、彼は彼女の住む栃木まで行く決心をする。
その日は、昼過ぎから大雪となる・・・。
貴樹と明里の再会の日を描いた『桜花抄』。ここまでで30分弱。
鹿児島(種子島)で高校生になった貴樹。
彼を懸想する同級生・香苗の視点から描いた『コスモナウト』。これも30分弱。
そして彼らの来し方行く末を無数のフラッシュバックとコラージュで切り取った表題作『秒速5センチメートル』。これが10分弱。
以上、構成上は「a chain of short stories about their distance 連作短篇アニメーション」という形態をとっている。
第一話で一人称で語っていた彼が、第二話では一人称の彼女によって対象として語られ、そして短い第三話では、すっかり成人した彼と彼女を俯瞰し、高らかにテーマソングが流れ、観客の想像力と余韻を刺激して締めくくられる。
ただ待つ人がいる約束の場所へ行くこと、告白できずにいる焦れた日々、そして永遠に巡り逢えない二人。
画面は精巧に再構成され、圧倒的な色彩、そして光と影が登場人物たちの心象とシンクロする。
情感溢れる風景。丹念な日常描写。距離と成長で変質してゆく幼く淡い恋心がリリカルに描かれていた。
しかし、良く考えてみると、視点を変えたようでも、やはりこれは3話とも男性が理想としている人物像なのだ。
1.純真無垢な少年 
2.可愛く健気な少女 
3.翳のあるヒロイックな青年
女性のほうが常に現実的で強靭である。
ラストに賛否あるようであるが、これは甘くノスタルジックな大人のメルヘンだと思う。





らき☆すた 1 限定版 /
おもちゃ箱

おもちゃ箱
作品については人それぞれの感想があるでしょうし、
思い入れの度合いや経緯も違います。
ですので、このレビューではあまり作品内容には触れず、
仕様について述べたいと思います。

ようやくDVD(初回限定版)が届きました。
ハルヒのような限定版だと思っていましたが、届いた物を手にとって驚き。
薄型プラケースが3ケースまとめて紙製スリーブに収まり、シュリンク。
このボリュームで12巻も出るとは…
嬉しくもあり、驚きでもありました。

●1枚目
 2話入った本編+オマケのメインDVD
●2枚目
 劇中挿入BGM+らっきー☆ちゃんねるダイジェスト収録CD
●3枚目
 ミニゲームらき☆すたの森インストールCD−R

どれもなかなか楽しめると思いますし、
オマケとしてはやたら凝っているので、お得感は高いと思います。
おもちゃ箱のような印象を受けました。

さて、あまり述べたくないと言った本編内容ですが、
あらゆる楽しいパロが詰まったユル〜い感じのアニメです。
(同じ角川・京アニ・スタッフ陣ということで引き合いに出しますが)
ハルヒのような魅力があるかというとそれはきっと「違う」と答える方の方が多いでしょうし、
逆にらき☆すたのような魅力がハルヒにあるかというと、きっとそれも「違う」の方が多いでしょう。
楽しいか、心地よいかなどは観た人によって違いますし、
キャラに魅力を感じたり、パロを見つけたりと楽しみ方も様々だと思います。

ただ、賛否両論含め、(特にネット上で)話題性が高いのは事実ですし、
近代のアニメの一つの形というのもまた事実です。

私的にはハルヒもらき☆すたも大好き、☆5つ、出会えてよかったなと思える作品です。
オモシロイっ

オモシロイっ
発売日一日前の今日、メタモハルヒといっしょに届きました。
出してみたら
紙のケースの中にさらに3枚の薄いケースが入っていてそれぞれ1枚ずつディスクが入っていました、
自分としてはハルヒの初回版のような仕様が良かったなぁ
感想は
日常の事柄をネタにゆる〜く、まったりとした感じがオモシロイです
特に記念すべき1話でのチョココロネをどう食べるかなど、いつもあんまり気にしてないせいかけっこう笑えましたぁ
やっぱりDVDは画質と音がスゴク良いですねぇ
特典の「らきすたの森」はキャラクターの操作はCOMがするので、しかもダラダラと遅いのでイライラさせられます、
それでもミニゲームはけっこうオモシロかった、単純なゲームなんですがつい何度もやってしまいます(笑)
ホントに値段は高額だったけど、けっこう満足しています
値段ははるが

値段ははるが
京アニの実力はこの作品でも発揮されている
緩く、そして時にハッとさせる描写もあるのがたまらない。
手抜きが無く、よく作りこんでいる良作
そして声優陣が素晴らしい演技をしていらっしゃる、平野綾さんのハマり役が増えた。






【完全生産限定版】おおきく振りかぶって- 2 /
おおきく振りかぶって DVD第2巻

おおきく振りかぶって DVD第2巻
この巻に収録される4話から、OPの映像が若干変わります。色々なところが少しずつ変わっているので、是非前のOPと見比べてみてください。

田島くんが最高ですね。原作を読んだとき、「バスの中でのあれはアニメじゃ無くなるだろうなぁ」と思っていましたが、アニメでも言ってくれました。
まさか言うと思っていなかったので、吹きました。本当に水島監督はすごいなあ。

そしてこの巻の最大の見所。三橋くんと阿部くんのシーン。
ちょっと泣けました。

そしてこの巻のもうひとつの見所。田島くんの”ステップ”です。
もう、むちゃくちゃかっこいいです。やっぱり田島くん大好きだ。

このアニメを見てると30分があっという間に過ぎてしまいます。試合中は最初から最後まで見てるこっちまで手に汗握ります。
この巻はこのアニメの中での、”起点”とも言うべき話が収録された巻ですので、買っても損は無いと思います。
コンキチ&ナターシャの絵本ナビ

コンキチ&ナターシャの絵本ナビ
夜中の番組なのにこんなにさわやかな野球アニメ、ちょっと
もったいないほど感動をそして野球の魅力を再発見させて
くれます、ハンカチ王子もいいですが、このアニメは野球に
対する尊敬がひしひしと伝わってきます。マンガのファンの
方とは違いこのアニメを通して好きになった親子です。
マンガもいつか読んでみたいです。

絶対買い!な1枚♪

絶対買い!な1枚♪
第3話から第6話までのお話が収録されます。
何と言っても外せないのが第3話。
キャッチャーである阿部君が三橋君と向き合うことで『捕手としての役割』を自覚します。
このシーンは何回観ても心打たれます(*^_^*)
練習試合をする中で、みんなが段々と『仲間』になっていく姿も本当に素敵です♪
1つ1つのお話がとても丁寧に描かれているので、観ている方も目が離せない展開にドキドキします(^-^)
買って絶対損はない作品です(*^_^*)





天元突破グレンラガン1 (完全生産限定版) /
少年はかく成長する・・・

少年はかく成長する・・・
第1話を見損なったので、DVD化を待っていました。
なんだか小賢しいロボットアニメが多い中で、非常に
熱気と突き抜けた勢いを感じさせるのが良いですね。
勿論それだけでなくシモンが成長する過程での、人間関係の
機微がきっちり描かれているのが高く評価出来るでしょう。
確かに初期段階ではあまり出来の良くないエピソードでも
ありましたが、上り調子で改善されていっていると思う。
これも、この作品の勢いの良さですね。
後さりげなく盛り込まれた古今の名作アニメへのオマージュ
も楽しい。
衝撃の第1話冒頭!これに尽きる。

衝撃の第1話冒頭!これに尽きる。
絶句。まさか無量大数という途方もない単位の数がアニメに出てくるとは!
なるほど、こりゃ冗談抜きで「トップをねらえ!」以来の衝撃かも。
しかし第12話までをテレビで見終えた現在の時点でしみじみ思うのは、あの第1話冒頭を最初にしっかり見たかどうかで以後の話すべての満足度が大きく左右されそうだって事。
(あれを見逃した人にとっては現在の展開が早すぎると感じるかも知れないが、私には結構ちょうどいい感じ。それと仮に途中でシモンの醜態を長く見せ付けられたとしても、そこからどのように第1話冒頭のシーンまで雄々しく成長していくか色々想像しやすくなる)

・・・とはいえ、それらを抜きにしてもハッタリの効かせ具合や緩急のつけ方が素晴らしく、ムチャクチャだけど納得してしまう部分がある。
久々に面白い作品だ。この先が楽しみになってきた。
どこか懐かしい

どこか懐かしい
ともかく熱いです。
久しぶりに難しい事なしで熱く楽しいロボットアニメを見た気がします
最近やっていた、エウレカセブン、ファフナー、コードギアスなどただただ難しくして
楽しいものでは決してありませんでした。

こういうロボットもたまにはいいものですね。





鉄コン筋クリート(完全生産限定版) /
かなりクオリティの高い傑作日本アニメ!

かなりクオリティの高い傑作日本アニメ!
原作を全くチェックせず、単なる好奇心から映画館に足を運びました。とにかく、ものすごい複雑なアニメ画には感動しました!細部にわたる全てに、スタッフのこだわりが感じられ、"アニメでしかできないこと"を最大限に生かした、まれに見る傑作だったと思います。最初声優人をざっと聞いた時は、また有名人で売るのか・・・と、正直落胆した部分があったものの、個性豊かな俳優を起用しているので、全く違和感なしに観れました。この部分はかなり大きく、素晴らしいアニメ画のなかに、違和感なしの声優の声がマッチして、感動的なシーンでも純粋に涙が溢れてきました。脚本も、アニメには珍しく、かなり作りこまれていました。クロの暴走や、ヤクザの人情には、とにかく胸が締めつけられるものがあり、単純そうで、実は一筋縄ではいかないストーリーでした。このストーリーは現代に通じる問題も挟まっていると思うので、正直考えさせられた部分もありました。全てを含め、ここまでクオリティの高いアニメは簡単にはできないと思うので、絶対一見の価値ありです。そしてなにより、この映画が日本アニメーションであることが嬉しかったです。

2Dアニメのひとつの到達点

2Dアニメのひとつの到達点
物語冒頭から、舞台となる宝町をそこに飛んでいる一羽のカラスの視点からスピード感溢れるビジュアルで俯瞰していくシーンでまず、アニメとしての完成度の高さが分かります。このアジアンテイストの残る未来でも過去でもない雰囲気の街そのものと、ドライブ感とは、まさに圧巻。手持ちカメラ風映像の斬新さと、まさにカット一つ一つがまるで一枚の完成した絵画のような素晴らしさ。

松本大洋の原作漫画によるストーリーは、二人の内面をかなり特殊な進行により描くものであるから、とっつきにくい部分もあるし、暴力描写も激しいから、子供向きではありません。作品にちりばめられた遊び心とエッジ感を楽める少々ビターな(?)大人向きです。
それでも、テーマはハッキリしています。シロとクロに代表されるように、善と悪、光と影、といった陰陽二元論のような設定。クロはシロがあって初めてクロであり、シロに補完されないと“闇”と化してしまう。「二人一緒じゃないと見つからない」というコピーのとおり、シロとクロがお互いを補ってゆくという部分が強調されていた。誰の中にも強毅と無垢が存在し、そのどちらが欠けても生きてゆけない。シロとクロは人間の強さやもろさを命がけで教えてくれるという感じかな。

前評判どおり声優専門ではないキャストが素晴らしかった。二宮和也も好演なのだけど、蒼井優はホントに凄い。まさに無垢な少年!! 田中泯も渋いし、本木雅弘もまさに怪演でした。伊勢谷友介のヤクザぶりも「嫌われ松子の一生」を髣髴とさせるものでした。

アニメーション、声の演出とともに物語を盛り上げているのがUKテクノデュオPlaid(プラッド)によるBGMも効果的だったことを追記しておきます。 
対極にあるもの

対極にあるもの
光と闇、愛と暴力、疾走感と失速感。
あらゆる対極にあるものが混在する作品です。
ストーリーは疾走感にあふれており、さらりと観る事ができるでしょう。
そして最後には人それぞれに、何かを残してくれる作品です。

原作の雰囲気を無くさず、声優人の力量も◎
劇場でみた後、思わずグッズを買い漁ってしまいました・・・
まだ観てない方は是非。
劇場でご覧になった方も、限定版で補完を。





コードギアス 反逆のルルーシュ volume 06 /
その能力は使い方次第か

その能力は使い方次第か
「無限のリヴァイアス」「スクライド」「プラネテス」「ガンXソード」の
谷口悟朗監督/CLAMPキャラクター原案のTVアニメ
『コードギアス 反逆のルルーシュ』第14〜16話を収録したDVDです。
超大国ブリタニア帝国の侵攻により名前、規律、秩序、誇りなど
存在意義を奪われ、占領地の一つ『エリア11』と化した日本を舞台に、
相対する理想を持つ二人の男の生き様を描いたのが本作。

STAGE14「ギアス対ギアス」★★☆☆☆
 もう一人の力の使い手がルルーシュを動揺と困惑の渦に巻き込みます。
 決して強大な敵ではないものの、互いの罪の意識に苛まれた彼女を
 盾にした巧妙な戦い方は思考能力、戦略能力の高いルルーシュの天敵と言えるでしょう。
 彼女と完全に決別し切れない彼の甘さにややイラつきさえ感じてしまいます。

STAGE15「喝采のマオ」★★★☆☆
 C.Cとマオとの過去が描かれる切なさの残るエピソードです。
 彼の能力を逆手にとって、逆に追い詰めるルルーシュの巧みな戦術が唸ります。
 しかし、ここでも最後の詰めの甘さが目立ち、次回に話を引き伸ばしている感が否めません。

STAGE16「囚われのナナリー」★★★☆☆
 死んだはずの彼の策略により囚われの身となったナナリー。
 事態を偶然知ったスザクとルルーシュの共同救出戦線には向かう所敵無し。
 またもルルーシュのギアス使いの巧さが冴え渡る中、最期の置き土産に彼の過去が暴露されます。

またTV放送版とは異なり、DVDでは画面サイズ16:9の
ノートリミングサイズ(フルサイズ)で収録される点にも要注目です。
ただ元々ハイビジョン製作作品ですので、DVDでは本来の魅力は半減してしまっているのが残念です。
質の高いSFロボット学園アニメ

質の高いSFロボット学園アニメ
「今までありがとう」と言って立ち去るルルーシュがすごくかっこよかったです!

面白くてあっという間に時が過ぎていたのですが、どうしても一つ解せない点があります。
それは第14話でルルーシュがギアスの能力を使ってシャーリーの記憶をなくさせる
直前に、シャーリーが「いやー!!」と叫ぶシーンなのですが、シャーリーはいつルルーシュのギアスのことを知ったのでしょう?
仮に百歩譲ってマオがシャーリーに「ルルーシュには相手を思い通りに操れる能力がある」と言うことをあらかじめ教えていたとしても、放心状態のシャーリーがそれを信じるとは思えないし、またルルーシュが相手の目を直接覗き込むことによって、そしてギアスを使ってシャーリーの記憶を奪うことがどうしてあの瞬間のシャーリーに分かったのでしょうか?
細かいことだとは思いますが、見ていて気になったので。

これからの期待をこめて星5つです
アニメを見て泣いたのは初めてかも

アニメを見て泣いたのは初めてかも
この巻には14話〜16話までが収録されています。ルルーシュとシャーリーの別れ、そしてもう1人のギアス使いマオが登場したり、スザクの過去が明かされたりと、結構重要な話が収録される巻です。ちなみにこの3話は、すべてマオ関係の話です。
14話の、ギアスでシャーリーの自身に関する記憶を失わせたルルーシュの思いに、思わず涙が出てしまいました。ルルーシュの「失くしてから、自分がどれだけ彼女の笑顔に救われてきたかって。もう、あんなふうに口喧嘩することも、笑いあう事もできないんだなって。」というセリフ、そして最後に言った、「今まで、ありがとう」という言葉に、もう涙が止まりませんでした。挿入歌、EDも場面にすごく合っていて、ぐっときました。
シャーリーのことを想いながらも『他人ごっこ』としてシャーリーと接するルルーシュの気持ちは、とても計り知れないものだと思います。いつかまた、笑いあうことができるようになる事を心から願います。

作画が良好ですし、音楽も良い、演出、話の展開もすごく良くて、文句なしの出来です。ルルーシュを始め、キャラクターが皆魅力的で、ストーリーの面白さに拍車を掛けています(私はC,Cが特に好きです)。
結構重要な話が収録された巻ですので、買っても損はないかと思います。
amazonを使い倒す
Amazon 売れ筋ランキング
CD・ザ・ベスト10
素敵ワインちゃん
[楽天]水着と浴衣の売れ筋ベスト○○
ようこそ株スクール
[Amazon]あまぞn DVD売れ筋ランキング

コメント:
面白そうなアニメがゾクゾク登場していますね。
それにしてもジブリ強いなぁ
posted by はやぶさ じろう at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ