2007年07月18日

やっぱりダイエットです。

スポーツ・フィットネス
2007年7月18日





Bootcamp Elite Mission One: Get Started /
汗かきますよ〜・br>
汗かきますよ〜・/strong>
リージョンコードは マークがALLでしたのでDVDプレイヤーやPCで問題なく見ることが出来ました。
リズムと掛け声にあわせてうごいていると40分くらいあっという間。そして汗がぶわ〜懊懊怩チとでます。バンドなしでも ちゃんと映像の中にバンドなしの人、ダンベルを使用している人がいて自分で負荷を考えてやっていいんだなぁってことがわかります。
しばらくはバンドなしでやって 体が慣れたらバンドかチューブを買ってみようかな。

体重がガンガン減るというわけではありませんが確実にしまってきています。
うれしいことに体脂肪も低下中。
近頃身体をうごかしていないなぁ とかセットはちょっと。。。という人にはオススメです。
楽しい!汗びっしょりになります!

楽しい!汗びっしょりになります!
運動しなくちゃ!でも、セットを買っても続けられるか自信がなかったので、まずこの単品で試してみることにしました。プレステ2でも、問題なく再生できました。きのう初めてやってみて、普段、運動をしていない私ですが、リズムに乗り遅れつつも、それでも、最後まで続けられました。ビリー達が同じ動きをしながら、かけ声をかけてくれるので意味はわからなくてもやる気になって、まるでフィットネスクラブで仲間と一緒にエアロビとかのレッスンを受けているような感じで楽しいです。普段汗をかかない私でも、途中から滝のように吹き出してきて、デトックス効果もばっちり。トレーニング終了後8時間くらいたっても、まだ体がぽかぽかしていて基礎代謝もあがってる?筋肉痛覚悟していましたが、今日も多少ふくらはぎが痛いくらいなので、運動初心者にもおすすめです。40分くらいで時間もちょうどいいし、これなら続けられそうです。ビリー、サンキュー!
有酸素運動を始めるにはちょうどいい

有酸素運動を始めるにはちょうどいい
今まで全く運動などしていない人には、ちょっときつい部分もあるかもしれませんが、自分の体力に合わせて調整していけば、最後まで(約40分くらいかな)一気に続けられます。動きが空手やボクシングに似たものがあるので、ストレス発散にもなりますよ。音楽もノリがいいし、一緒にやってる仲間もフレンドリーな感じで、楽しいです。





Billy's Bootcamp Elite Mission Two: Maximum Power /
筋肉痛覚悟

筋肉痛覚悟
まず、だんなと2人で入隊しましたが5分しか続かなかったので、友人4人で再度ブートキャンプに行ってきました!今度こそ、ビリーのしごきに40分間頑張りとげることができました。しかし、その後1週間、全身筋肉痛に。やっぱり、ブートキャンプは厳しいわ・・
TVCMがすごい

TVCMがすごい
ちょっと体が気になる時期になってくているなかで
TVCMが多くかかっているのでぜひほしい商品。

ぜひ家族でチャレンジしてください。
かなりききそう!

かなりききそう!
今までスロートレーニングをしていたのですが少し飽きてきたのでこの
DVDを買ってみました。
やって見ると普通に筋トレをするよりも色んな筋肉を使えていると思います。
動作もキックやパンチなどが取り入れられていて、爽快な感じで結構楽しめます。
個人差はあると思いますが、初めはビリーバンド無しで十分きついです。
またビリーバンドは普通に売ってあるエクササイズ用のチューブで十分代用がききます。

収録内容はビリーバンドを使ったエクササイズが43分くらいとオマケで上級者用に
ダンベルを使ったエクササイズが8分位ついています。
キックが出来るスペースさえあればすぐにエクササイズが出来るのでお手軽で安いと思います。
またDVDと言うことで動きや姿勢が本などをみるよりわかりやすいのもメリットだと思います。
字幕などは当然ついていないのですが、特に問題はありませんでした。
あとリージョンコードはALLでした。

アップテンポな音楽に合わせて楽しくエクササイズできるので普通の筋トレが退屈に
感じている方には特にお勧めです。








Bootcamp Elite Mission Three: Rock Solid Abs /
特典映像のビリーが(^^)

特典映像のビリーが(^^)
Mission1だけひたすらやっていましたが,飽きてきたのと,
Rock Solid Absのタイトルにひかれて追加購入!

本編の後半は床に寝っころがってするエクササイズなので,
お尻が痛くなってついていけませんでした(T_T)

そこで,ビリーとシェリーが登場する特典映像と,本編の
前半部分のみをやっています。

特典映像でビリーがバランスを崩してぴょんぴょんはねて
しまう姿が超かわいいです。シェリーも苦笑^_^;
Bootcamp Elite Mission Three: Rock Solid Abs

Bootcamp Elite Mission Three: Rock Solid Abs
Rock Solidのタイトル通り、腹筋強化プログラムです。
時間はわずか28分(内実際の運動時間は25分ほど)で、構成としてはツイスト等の立った状態での側筋を鍛える運動が約13分、腹部の筋肉に力を入れるパワートレーニングが2分、マット運動が約10分という内容です。
バンドを使うと腹筋と同時に上半身にも負荷がかかりますので、上半身のトレーニングにも効果的です。ただ、エリートのバンドは上腕をかなり圧迫するので慣れないと腕にバンドの痣が残ったり、締め付けられた部分が痛くなったりします。
バンドなしでも十分腹筋に効果があるので、腹筋のみ鍛えたい方はこちらの方が体に負担が無くオススメです。
ちょっとした空き時間でもできる内容で、運動量(負担)に対して効果が大です。Bootcamp(2005年版)の腹筋プログラムよりはるかにこちらの運動内容の方が腹筋に効果があります。
私は1日に最低3回はこのプログラムをこなしています。そのお陰で腹筋がはっきり割れました!他のビリーのエクササイズの中でもかなりオススメのトレーニングプログラムです。

こんなに汗かいたことない!!

こんなに汗かいたことない!!
現在ダイエット中で、何かいいエクササイズDVDはないかと探していたところ、友人から
ブートキャンプという名前を教えていただき、こちらで一番基礎的なこのDVDを買いました。注文してから到着までが早かったので、到着したその日に、行ってこれなら、英語が
とくに理解できなくてもわかりやすくていいなあと思いました。 
私は、チューブの運動器具は持っていないので、チューブを使った運動に入る前までを
したのですが、とにかく汗が腕からも太ももからも出ました(室内運動で)。わりと動きが
激しいので、ヨガマットをひいて、その上でエクササイズをしています。 

このDVDにはボーナストラック(特典映像)が8分間くらいついていて、私のおすすめは
まず、こちらのボーナストラックからして、基本的な型を覚えてから、エクササイズに
入ったほうが、分かりやすいように思いました。 特典映像はビリーとワンオンワンと
表題があり、これは1対1で指導を受けるような形式でつくられています。基本的な
動きのポイントを押さえてから、翌日すると、だいぶ動きについていけるようになりました。

飽きっぽい人にもおすすめ、ビリーの「Good Job!」という言葉を聞くとがんばりたくなります。 





Tae Bo: Get Celebrity Fit Sculpt /
気持ちよく汗をかける。

気持ちよく汗をかける。
腹筋や腕立てなど横になって運動するのはなく立った状態で運動する。
ブートキャンプに比べてちょっと複雑な動きがあるが何とかマネできる内容。

みっちり44分運動したらホント汗びっしょり!

ブートキャンプよりかなり楽なので気軽に汗、流したい方にピッタリだと思います。
これが 続けば やせるはず!

これが 続けば やせるはず!
商品を開けてみると、説明書等は見事に全く付属していませんでした。とりあえず、わたしは、PS2で再生したのですが、英語ONLYでも全く問題はありません。
ただ、運動を始めてみたものの PS2の場合、残り時間などが一切わからないのが、つらかったです。パッケージによるとトータルで90分ほどでしたが、全くの初心者でしたので、10分で脱落しました。まだ、耳の中にはビリーの「working」の声が残っています。
結構、見た目よりハードワークなので続けられればかなり効果はありそうです。
おまけとして、ビリーの苦労話も聞けます。(これも、当然日本語訳は付いてないのですが、なにやら苦労人らしいのは伺えます。)
今までのものと違って、音楽がのりがよく、楽しみながらというのが、売れた理由ではないかと思います。

GJ!

GJ!
ブートキャンプが気になりつつも
続くかどうかが心配で、お試し感覚で購入しました。

正直、20分越えたあたりからついていけていません。
(↑これは私が運動不足だからです)


出来ないところは他の動きでやり過ごしたりしつつも
不思議と最後まで観てしまうのは
やっぱり楽しいからですね。
ビリーのハイテンションっぷりがいいです。

そして出演されてる女性陣の素晴らしい腹筋を見るだけでも
モチベーションあがります。

ダイエットのお供に1本持っているといいかもしれません。







Tae Bo: Billy's Favorite Moves /
これは2006年版です (ビリーバンドは使いません)

これは2006年版です (ビリーバンドは使いません)
TVショッピングで気になり とりあえず「お試し」気分で買いました。
日頃運動しない身で初日は何度も休んでついて行けませんでしたが 3回目には最後まで一気に終了。
動きを憶えてしまえば慣れて気分爽快〜怐B
ハードな部分と腹筋・柔軟が平均に入っているのでバランス良く凄く汗も出ます。(その後 通販版を買いました!)
下のレビューでは「10年前のもの 今さら・・」とコメントありましたが それは勘違いです。(youtubeも この商品とは別物です)
2006年版なのでいつものメンバー多数出演しています

通販モノに興味のある人には丁度良い入門DVDでしょう。
なんでいまさら買う必要があるのか?

なんでいまさら買う必要があるのか?
これはアメリカで10年以上前にヒットしたもの
その名もTae Bo = tae kwon do(テコンドー)+ boxing

アメリカではびっくりするほど安売りしているはず

買う前に、まずはこちらでお試しください
http://www.youtube.com/watch?v=G7ZsFjUIsbE

日本でいうと宇多田ヒカルのオートマチックくらい古い

くれぐれもアメリカ人の若者にこの話をしないように
おじさん、おばさんあつかいされますよ
「グッジョブ!」 楽しく体を鍛えよう。

「グッジョブ!」 楽しく体を鍛えよう。
テレビの通販番組で大人気のビリーズブートキャンプDVD。
興味はあったのですが、セットで買った時にもし自分に合わないで挫折したらもったいないので、まずは「お試し用」としてこちらを購入してみました。
家では、プレステ2でも日本の普通の家庭用のDVDデッキでも(東芝とパイオニア)、問題なく再生できたので、リージョンのことは気にしなくても大丈夫のようです。
内容ですが、運動は、キックやパンチなど、ボクササイズみたいな、格闘みたいなダンスで体を鍛えるようになっています。腹筋も入っています。
そして、明るくてパワフルなビリーのキャラのせいなんでしょうけど、やってみたら、とにかく楽しい!
やっぱり運動は苦行じゃなくて楽しくできるものじゃないと。
自分にはコレは合ってると思いました。






クローディア・シファー/パーフェクトリー・フィット vol.2 ロウアー・ボディ・ワークアウト (下半身編) /
1家に1枚

1家に1枚
アッパーも持ってますが、効果をより感じたのはロウアーですね。
3日で「お尻小さくなってない?」と聞かれました。
ヒップのトレーニングは終わった後ちょっと動けなくなりますが効きます。
どのトレーニングも単調で回数も多目で飽き飽きしますが、きちんとやれば必ず結果が付いてくる堅実な内容だと思います。

クローディアもスレンダーでキュートで「こうなるなら続けたい!」と思える方です。
これなら本当に続けたらクロみたいになれるんじゃ!?と思える内容なのもいいですね。
安いですし、女性の筋トレDVDとしては1枚持っていても良いんではないでしょうか。

気になる部分だけを選んでエクササイズできるのも嬉しい配慮です
気持ちいいですよ〜・br>
気持ちいいですよ〜・/strong>
何年か前に購入したのですが、ほとんど使っていませんでした。
それが、2,3ヶ月前急に思い出してエクササイズを始めました。
シンプルでゆっくりした動作ばかりで、体力のない私にもぴったり。
簡単な動きが多いのですが、的確にそれぞれの筋肉に効いている感じがします。

音楽や背景もGoodで、まるでリゾートでエクササイズしているような気分になれます。
クローディアの可愛い表情やキレイなスタイルを見ているだけでも癒されます。

上半身編は持っていないので、ぜひ購入するつもりです。





Basic Training Bootcamp /
ビリーありがとう!!

ビリーありがとう!!
生まれてこの方、運動なんてした事がない(体を動かすのが嫌い)な私ですが、入隊して10日になります。 皆さんのレビュー通り筋肉痛地獄(>◇<) 歩行困難におちいるほどでしたが、ビリー隊長の絶妙なタイミングでの叱咤や励ましで何とか続けてこれました。 筋肉痛も体が慣れるまでの間の3、4日ぐらいで、その後は体が不思議と軽く感じられました。 入隊前の私の体脂肪は28%、10日後の体脂肪23.5%、なんと−4.5%減らすことが出来ました。 ウエスト、だるだる下腹、ヒップも−2cmから−3.5cm(部位によって違いますが)になり、しかも、しかもですよ 顔まで小さくなったんです(T〜弋*)会う人会う人に「なんか痩せたね。顔が小さくなったね。」と言われるまでになったんです。 ビリーなくして、このような成果はなかったと思います。 迷われている方、これは本物ですよ。くじけそうになってもビリーがついているから大丈夫!!
これはいい!

これはいい!
 あのツッコミどころ満載のCMについて話していたら、周りにやっている人が結構いることを知り、衝動買いしてしまった。試してみたけど、とにかく汗の量が尋常じゃない!小一時間やったら床一面水浸し。一週間のトレーニングで、ぶよぶよのビール腹が硬く平らになった。割るにはさらに一週間ほど必要らしいが、効果はまんざら嘘ではないようだ。
 トレーニングの内容は、筋トレと有酸素運動の融合といったところだろうか。かつて空手の世界チャンピオンに7度輝いたというだけあって(どういうわけか、CMではこのことに一切触れていない)武道的発想=コアマッスル(腹筋)への意識を強調していたのが印象的だった。
 このプログラムで一番きつかったのはトレーニング初日。初日だけで筋肉痛がすごい!!でもプログラムを進めていくうちに筋肉痛がなくなっていくのが不思議だった。どんなスポーツも、筋肉痛ぐらいで練習を休んではいけないんだろうな。ビリーズバンドは初心者は使わないほうがいい。体力的に持たないから。本当に慣れてきてから使ったほうがいい(私の場合は最終プログラムで本格的に使用した)。個人的に不満だったのは、おまけのポケットメジャーがダサかったことぐらいか。このDVDがあれば当面は他のエクササイズは必要ないと思う。やって楽しい、見て笑える、スポーツ好きにはお勧めのエクササイズだと思う。
ビリーのやさしさ

ビリーのやさしさ
私は国内版でフルに買ってやりました。それまで運動は何もしておらず、疑うべきもない肥満体型でスタート。基礎編・応用編は吐きそうなほどハードで、翌日は筋肉痛がひどく小股でしか歩行できないほどでした。ワークアウト中に何度もやめたる・・・と思いましたが、このDVDのすごいところはビリーのタイミングのいい励ましのお言葉でしょうか。それでも頑張れなくなると、最後には「根性だ!」と言い切ってしまうビリーにひっぱられなんとか4枚終了(本当にアメリカ人か??)。2クール目になって何となくバンドを使ってみましたが、ひどい筋肉痛はなく、いい感じです。結果として、私の場合、7日で1kg体重が増えました。しかし、体脂肪率が1.5%減りました。筋肉が急激につきます。また、頑張りすぎると足首・膝などの関節が痛くなることもあります。
今後の悩みとしては、ずっとこれをやり続けなければいけないのかと思うと、それは少し気が重い・・・。





GENKI SUDO /
過去、現在、未来

過去、現在、未来
元気本人が企画から編集まで立ち会ったという本作
インタビューを軸に、過去の試合の映像ダイジェストや
スペシャルエキシビジョンが収録されているようだ。
格闘技好きとしては、現時点で発表されている、宇野薫とのエキシビジョンマッチは必見
それとは別に、もう一つのシークレットエキシビジョンマッチが収録されるらしいので
その相手が、彼の親友でもある五味隆典だったら星五つ!
愛と平和

愛と平和
怪我がちな格闘家生活の晩年ではあったが、やめるには惜しいと思わせた昨年の大晦日の勝ちっぷり。今後はどうなるのかと心配しているファンにひとまずDVD到着。色々趣向を凝らしているところが元気君っぽいです。





クローディア・シファー/パーフェクトリー・フィット vol.1 アッパー・ボディ・ワークアウト (上半身編) /





世界最速のインディアン ゴッド・オブ・スピード・エディション /
カッ飛びジイさんの行動力

カッ飛びジイさんの行動力
 アンソニー・ホプキンス演じる、ニュージーランドに住む年金暮らしの
スピード狂のジイさんが、40年間改造に改造を重ねた空気抵抗を抑える
カバーを付けた 1920年代製のバイク『インディアン』で長年の夢だった
ユタ州ボンヌヴィルでのタイムアタックに出場する為の紆余曲折を描いた
ロードムービーものだ。

 渡米を夢見たまま時が流れるものの、寄る年波に勝てず、狭心症の薬が
手放せなくなった時、夢を夢で終わらせたくは無いという思いと、仲間
との支えがきっかけとなり、夢を自分の手元に引き寄せていく。

 これは事実を基にして作られた話だという。

 人は追い詰められると、自分が思った以上の力を発揮して自分の世界を
変えていく。
ほんの少しでも、自分自身を良くしていくために、そして理想の自分に
近づく為に、『槐より始めること』の大切さを再認識させてくれた。
ただ、映画の中のアンソニー・ホプキンスと違い、私は自分がジイさんに
なる前には何とかはしたいけど。
オートバイを愛した人へ

オートバイを愛した人へ
団塊の世代が大量退職していく。そして彼らが若かった頃、一緒に暮らしたり、夢に見たオートバイに再び戻っていく。ハーレー・ダビッドソンと並ぶ米国製大型オートバイのインディアン・スカウト。鉄の馬。インディアンのストレート・フォアは伝説のオートバイだった。スカウトをチューニングし、最高速を競う。場所は米国の自然のレース場、真っ平らな塩湖「ボンネビル」!学生の頃、夢の又夢であった「トライアンフ・ボンネビル」にその名前が残っている。オートバイを愛した人ならまるで自分の人生の一部のような、最後までワクワクする映画だ。年金生活に入ってもワクワクして生きることはできる。人の夢がそこにある。

これぞ保存版!

これぞ保存版!
去年の東京国際映画祭で見て、そして劇場でみて、DVDが出たら絶対に買おうと思ってました。中でも、特典映像のインディアン号解説というのにかなり惹かれます。日々、忙しい日々を送っている人には絶対オススメ!ついつい忘れがちになってしまう夢を追いかけるその気持ち。そんな気持ちを思い出させてくれる映画だと思います。主人公には男さながら惚れてしまいます。今年観た中で最高の映画でした。
amazonを使い倒す
Amazon 売れ筋ランキング
CD・ザ・ベスト10
素敵ワインちゃん
[楽天]水着と浴衣の売れ筋ベスト○○
ようこそ株スクール
[Amazon]あまぞn DVD売れ筋ランキング
[Amazon]あまぞn 腕時計売れ筋ランキング

コメント:
ビリーズvsチョン・ダヨン 果たして今月はどちらが制するのか。
posted by はやぶさ じろう at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・フィットネス

2007年07月17日

ジブリ

ホビー・実用
2007年7月17日





ピタゴラ装置 DVDブック2 /
無条件に面白い!!

無条件に面白い!!
NHK教育テレビで放映している「ピタゴラスイッチ」の中で挿入される歴代「ピタゴラ装置」をまとめたDVD本です。

子どもが番組を楽しみにして見ているので、よく私も見る機会があり、その度に「こんなこと考え付くなんてすごいなぁ」といつも感心していたので、このDVD本の発売を知ってすぐさま購入しました。

こうやってまとまって見てみると、TVで見ているときとは違った驚きをあらためて感じます。ホントによく考えられた装置ですね〜。

佐藤雅彦さんが電通時代に制作していたCMは、商品名連呼型のものが多かったのですが、単に連呼するだけでなく、非常に計算された演出がなされたものだったので、感心して見ていました。こういうところにも緻密な計算と演出がなされているのを見ると、そのころからの志向だったのかなぁと感じました。

とにかく一度見てみることをお勧めします。面白い!!
爽快!

爽快!
たまたまテレビで見てハマッてしまいました!
予想外の展開、軽快なテンポ、見た目もカッコよく、
ナレーション?音楽も大好きです。
本屋で見つけて迷わず購入。
何度みても画面に釘付けになってしまいます!
高くない

高くない
買う前は20分でこの値段は高いかなぁと思いましたが
本を見て高くないと思いました
本の価値を考えればDVDの値段は非常に安いと思います
それよりもなによりも 装置のすばらしさ 何度見てもあきません。
好きならば買って損はないと思います





仮面ライダー電王 VOL.1 /
ハマっちゃいました!

ハマっちゃいました!
仮面ライダーを録画したのは小学校低学年以来ですが、 ここまでハマったのは初めてです。最近の仮面ライダーはなんか難しくて1話みても次からみなかったり... 電王はオススメです!! モモタロスが大好き(^O^) いいキャラですよ〜(笑)
1つの作品として面白いです

1つの作品として面白いです
自分はウルトラマンが大好き派で、子供時代は仮面ライダーは見てたけど
大人になってからはウルトラマンしか見ていません。
で、この電王に初めてはまりました。最初はキンタロス登場の回に
メビウスのテッペイ隊員の役者が出てたから見ただけだったのですが、
ノリが明るく、声優も豪華、見てて楽しい、笑える、ライダーの匂いがしない点が気に入りました。
逆に言えば「仮面ライダー」としては違うんだろうなと思います。
(仮面ライダーは大人のドラマのイメージだったので)
ウルトラマンメビウスにはまった人ならはまれる作品だと思います。
(音楽とか一部のスタッフもメビウス関係者らしいです)
正直、放送中の現在でさえ様子見ってのが本音です…

正直、放送中の現在でさえ様子見ってのが本音です…
……まぁ、タイトルの通りです(苦笑
この作品を一つの"仮面ライダー"作品として観るならば異色、場違い、風変わり、むしろ仮面"ライダー"ではない……というしかない感じです(汗
モチーフは昔話ですし、電車に乗っちゃってますし、主人公がメチャメチャ弱いって…正直、この設定にヒーローらしいかっこよさは無いです!
おまけに、デンライナー(主人公が乗り込む電車)とギガンデス(巨大化した敵)との戦闘なんかは、もはや戦隊ヒーローの域に達してます!
結論:この作品は"仮面ライダー"の名を借りただけの別物(あくまで私の見解)

ですが、一つの特撮作品として観るとどうか……?
それならば、一転して面白いといえます
…言ってる自分でも軽く矛盾してる気がしますが、これが私の感想です
私としては"仮面ライダー"というシリーズ作品には深い思い入れを込めたいので、この電王を仮面ライダーシリーズとして観る(認める)のには設定など諸々含めてあまりにも酷く思えてしまいます
…まぁ一種の偏見というか贔屓目ですねぇ(苦笑
…で話を戻すと、そこで電王から"仮面ライダー"という看板を取っ払った場合、一つの特撮としては面白いです♪
2話完結のストーリーは分かり易い上に各々に感動もありますし、敵味方含めて個性豊かなイマジン(怪人)も魅力的です♪
設定上、ヒーロー・電王がフォームを変える度に戦闘スタイルや人格が一変するという設定も斬新な気がします
ただ、主人公・良太郎の運のなさは確かに笑えますが、度が過ぎるとしつこく感じて逆に白けます…

今後、展開次第でどうにでも転ぶ作品だと私は認識してます





ピタゴラ装置DVDブック1 /
文句なしに面白いのですが

文句なしに面白いのですが
NHK教育番組「ピタゴラスイッチ」の番組の合間に登場するピタゴラ装置には、いつも感心させられていますが、この本はその装置の総集編DVDとその装置の解説(制作のしかたではない)を掲載したものです。

DVDで今まで登場した装置が連続してみることが出来ますが、連続してみると、一つ一つ見る時とは異なった面白さがあります。文句なしに楽しい!
ほんとに良く考えられていますよね。

一方で、本のほうはDVDで見れば十分レベルの解説なので、しっかりとした体裁で印刷されているのですが、情報としてはDVDだけでも・・という感じもします。

価格も安いわけではないので、本としての情報にもう少し独自性、突っ込んだ部分があると、もっと楽しめる本になるのではないかと思いました。
最高!!

最高!!
以前から気になっていた「ピタゴラスイッチ」。みてみるとハマリます!!
レビューを見ていると「詳しい作り方がのっていない」tコメントがありましたがそりゃそうでしょ?番組自体が「子供の考える力を育てる」というコンセプトで作られているんだから作り方も考えなくてはいけないんですよ?と思うのですがどうでしょうか・・・?
何はともあれ見てみる価値あり!!20分ぐらいの収録時間で高いと思いましたが思い切って買ってみるとぜんぜん高くない!今日はbQを買って帰ります!
ピタゴラ装置を作りたい方は注意!?

ピタゴラ装置を作りたい方は注意!?
商品説明に「装置の作り方と哲学を解説する書籍」と書いてありましたが装置の作り方を詳しく記載しているわけではないので装置の作り方を詳しく知りたかった自分は裏切られた感じがしました^^;
この本はあくまでピタゴラ装置のファンブックみたいな感じだと思います。
付属のDVDは20分ほどで本はカラーで綺麗なのですが写真集のような感じであっというまに見終わってしまったので値段分は楽しめませんでした・・・。
動きがあってこそのピタゴラ装置だと思うのでDVDはDVDでTV放送分を収録、
本には装置の詳しい作り方を載せてほしかったです。





デンライナーの車窓から 劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!メイキング /
毎度おなじみ劇場版メイキング

毎度おなじみ劇場版メイキング
今年も映画はやるのか…と思うと、電王ファンとしては今から楽しみです。

その映画版を垣間見ることが出来る、メイキング。

映画を待ち遠しい方、電王好きな方…そして、出演者の素顔が見たい方、是非購入を考えて見ては?

劇場版電王の入門編にもピッタリなものかもしれませんね☆
えっ!?劇場版ですか?早〜

えっ!?劇場版ですか?早〜
その前に劇場版あるんですねぇ。初めて知りましたぁ。今年のライダーはイテマエ打線なんで中途半端シリアスよりドタバタな作風を期待したいです。メイキングではきっと良ちゃんやハナちゃんの初々しい素の部分が見れる事うけあいです。よね?





となりのトトロ /
ひとつだけお願いが・・

ひとつだけお願いが・・
 今ほど「ジブリ」という言葉が人口に膾炙していなかった頃、この映画を公開時に劇場
で見ることができた。併映の「火垂るの墓」は上映時に間に合わなかったのか、節子が防
空壕の前でブランコに乗るところなど線描のままだったけれど、これも今思えば懐かしい。
それよりなにより日本のアニメを代表するこの2作にその時めぐり合えたのだからほんと
うに幸せな体験であった。本作については文句のつけようもないがただひとつ、映画を観
ながら最初から最後まで気になってしょうがないことがあった。それはお父さんの「声」。
何故普通の声優さんなり俳優さんなりを使わなかったのだろうか。プロを使わなかったの
だろうか。上映中気になりすぎてこの巣晴らしい映画を十分に楽しめなかったのをまざま
ざと今でも思い出す。
 叶わぬ夢かもしれませんがお願いがあります。お父さんの「声」を変えた「トトロ」を
一度でいいから観て見たい・・。こんなこと思うのは私だけでしょうか?

遠い日の初夏の思い出

遠い日の初夏の思い出
宮崎駿の作品は紅の豚までは劇場でリアルタイムに見ていた口です。このトトロも最初に見てから今まで何度も見返していますが見るのを重ねるごとに目頭が熱くなる作品です。舞台は作者の宮崎駿の少年時代の昭和20、30年代が舞台ですので、その年代の方が見るとたまらなく郷愁を感じる作品でしょう。私の生まれるだいぶ前の時代ですので、私の年代が観ても感動を覚えるのは一重にその昭和の懐かしさだけではありません。サツキとメイの姉妹、男性も女性も姉を持つ方にはこの姉妹の取る仕草、動作、サツキの妹に対する態度、愛情を見ると子供時代の自分が思い出されて堪らなく懐かしくなるのです。そう私はメイになって見てしまっているのに気付かされます。この豊かな人物描写は宮崎氏もおそらく姉がいる。そして子供時代を思い浮かべて作品を作ったとしか思えない程見事に作品から滲み出ています。そして少年のカン太がサツキに対する態度、誰もが子供時代、気になった女の子に接する態度が微笑ましく、まさしくメイもカン太も姉や同級生の女の子に接する少年時代の作者の原体験から発想された物に感じられます。昭和に産まれた人で無くても、姉のいない人も将来、サツキとメイの様な姉妹の子供を持つ身になればこの作品の良さが感じられるかもしれません。老若男女それぞれが、それぞれの郷愁と照らし合わせて見る事が出来る作品です。最初に見た時は「いい作品だなぁ」と思っただけでそれ程感動はしませんでした。しかし私は幼年時代から年月を経る程、この作品を見返した後の目頭の熱くなる想いは深くなっています。老年になって見れば多分、頬を涙が止め処も無く流れているかもしれません。
何度観ても飽きません。

何度観ても飽きません。
本当に、いいアニメだと思います。
子供の頃観てトトロが大好きになり、大人になってからはまた違ったかんじで
観るようになりました。
サツキのメイちゃんに対しての気持ちや、お父さんお母さんのアツキとメイに
対してのあふれんばかりの愛情、その愛情があったからこそ素直に育った2人、素直な心が
出会わせてくれたトトロ。
周りの人たちとのふれあいや、 まぁここではいいつくせないですが、
とにかく夢がいっぱい詰まった物語です。いつ観ても飽きない。





天空の城ラピュタ /
何回みても、ワクワクする

何回みても、ワクワクする
この映画は、映画館で見て以来、ず〜と心に残っている映画です。
6月15日に金曜ロードショーでやりましたが、改めてこの作品の凄さを感じました。
だって、あのころのワクワク感,感動が、より一層強く感じることができたのだから。
いつまでも語り継いでいきたい作品です。EDの「僕らを乗せて」は名曲ですね♪。
パズーやシータはもちろん大好きですが、それ以上にドーラ一家がたまらなく好きです。あのパワフルで優しくて思いやりのあるドーラ一家を見てると、こっちまで元気になれますね。
今の人間に欠けていること

今の人間に欠けていること
この映画を見ての感想は、すばらしいの一言です。
個人的に一番好きなシーンは、ドーラが、見張りをしている二人の会話をこっそり聞いているシーンです。口では厳しいことを言っているけど、本心では常に気にかけている姿に感動しました。
 そして、この映画の(僕なりに理解した)テーマは、自然との共生にあると思います。
かつて、ラピュタはその絶大な科学技術を以ってして、空から世界を支配していました。
しかし、そのラピュタは滅びました。
なぜ、滅んだのか?それはシータが言っていた
「土に根をおろし、風と共に生きよう。種と共に冬を越え、鳥と共に春を歌おう。どんなに恐ろしい武器を持っても、たくさんのかわいそうなロボットを操っても、土から離れては生きられない」
という言葉の中に答えがあると思います。
 つまり、いくら科学技術が進歩して人々の生活がよくなっても、自然の営みの範疇を越えたとき、滅亡に向かうということです。今の地球環境問題に通じるところがあります。
そしてこれからの化学のあり方は、ラピュタで自然と共生するあのロボットが示しているのではないでしょうか?

緩急が素晴らしい

緩急が素晴らしい
皆さんが書いておられるように、いつ観ても、ワクワクドキドキ
そして美しくせつなくて、最高やわ…と思わずにいられません。
素人なので、難しいことはわかりませんが、何度観ても、こんなに
ラピュタは美しかったんだ、と驚嘆してしまいます。
そして、私がこの作品が特に好きな理由は、どの登場人物も
集中力高いところ。。。真剣で、物語が横に逸れない、割れない、
そんな感覚です。
それと、ときどき、かなり長い「沈黙」のシーンがあるんですよね。
それこそが、芸術的にも美しい景色を観賞でき、そして登場人物の
内面を感じれる、大事な時間なんですね。わたしは、そういう
「間」がちゃんと取れているものが、良い作品には絶対あるなあと
思うのですが、如何でしょう。






ウルトラマンメビウス Volume 13<最終巻> /
ウルトラマンと人間の絆は∞

ウルトラマンと人間の絆は∞
メビウスの正体が暴露されてしまい、さらには最強最悪の敵、エンペラ星人の襲来と畳み掛けるようなイベントの中で人類が取った選択、地球を守るために必死に戦うウルトラマンとその戦友たち、メビウスと同化したGUYSとゾフィーの登場など目を離すことのできない場面続出、そして地球との別れ、涙なしでは見られません。人間がウルトラマンとようやくつながった、そう感じられます。片時も目を話すことができない名場面の続出、ウルトラマンの語る地球への思い、それを感じながら見たいものです。
本当に大事なものはなんだろう?

本当に大事なものはなんだろう?
メビウス最終3部作を収録した最終巻。

48話ではあのインペライザーが再び現われるが、(描写を見る限りでは)再生能力をオミットされているということを差し引いてもメビウスとGUYSの成長が伺える。そして海外視察研修の成果(?)なのか、別人格でも乗り移ったんじゃないかと思うトリヤマ補佐官もカッコいい。

49話では既に満身創痍で変身もままならないミライに代わりウルトラマンヒカリ、ザムシャー、ファントン星人、サイコキノ星人カコがインペライザーや遂に姿を現したエンペラ星人と戦う。ザムシャーがメビウスを助ける口実は直球王道まっしぐら。何より下手すれば出番なしでもほぼ問題のない彼ら(ヒカリは出しただろうけど)まで最終章でメビウスを助けるために登場させる登場人物の扱いの丁寧さには恐れ入る。

50話はついに来た最終回。
リュウに一時的に乗り移ったヒカリのアクションがなっちゃいなくてとにかくナイス。そして力を振り絞ったメビウスもエンペラ星人には力及ばず完敗。だが、それでもダメな時には仲間がいるということで、ナイトブレスと仲間の力も借りてワンモアチャンス、フェニックスブレイブへの変身シーンは特撮史上でも最高クラスの演出かも知れない。メビュームナイトシュートの前フリのアクションもやたらカッコいい。

最後はちょっとさみしく、だけど明るい終わり方。
ミライ役の五十嵐君はメビウス(=ミライ)の最後の行動に至る理由を考えさせられたそうだが、最初とんでもない理由で却下されたという。逆に言えばそこまでやらないとメビウスは地球を離れられないほど地球と地球人が好きだとことだと思う。ちなみに最後のミライはマジ泣きらしい。

・・・で、ミライはアヤには挨拶して帰ったのだろうか?(笑)
滂沱の涙。そして感動。

滂沱の涙。そして感動。
短い時間につめこんだ感のある三部作なので、DVDでじっくり味わうことをお勧めします。
サコミズの告白からスピーディーに王道をいく展開は、昭和のウルトラマンで育った世代が自分の子供達とともに感動を共有できるものだと思います。
いろいろな絆が描かれてきたメビウスですが、地球人がウルトラマンと手を携えて戦うレベルにとうとう到達しました。
ゾフィーは以前、何故初代マンが地球人にこだわるのか疑問を持っていた記憶があるのですが、彼もサコミズとの融合をへてその答えを得たかのように思えた最終回は涙を禁じ得ませんでした。





魔女の宅急便 /
何時までも色あせない名作

何時までも色あせない名作
魔女の宅急便は、キキが新しい環境で、不安と期待をもちつつ、人々の優しさに支えられながら成長していく様子を描いた作品ですが、何回みても、とても元気付けられる作品です。
今でも気になってるんですが、キキが魔法を取り戻した時にジジは「ニャ〜」しか答えなかったけど、その後もキキと会話をすることは出来なかったのかなぁ。
キキにとってジジは親友であることは変わりがないけど、ちょっぴり寂しい感じがします。
子供が出来たら是非見せてあげたい

子供が出来たら是非見せてあげたい
魔女の家系に生まれ、13歳で自立の為の修行に出るキキの、心温まる物語。
キキが相棒のジジと共に、新しい町でたくさんの人と出会い、そこで感じる未熟なこころの葛藤と、ひたむきで純粋なこころで揺れる姿を素直に描いた作品。
子供は勿論、夢を描く若者、描いた夢に向かう努力と挫折、成功を経験してきた大人にも、みんなが楽しめ、またこころがきれいになったような、そんな錯覚までしてしまうような作品。
必ず一度は見て欲しい、そして、一度見たら何度でも見たくなる。
そんな作品です。
複数回の視聴に耐えうる名作

複数回の視聴に耐えうる名作
本当に素晴らしい作品というのは、話の展開を知っている二回目三回目でも楽しく感じると言われます。私もそう思いますし、レビューでも多数の方が何回見ても飽きないとの評価を下しています。これは近年のアニメ作品には見られない事です。

メインストーリーとしては主人公キキの独り立ちがテーマです。親の元を離れ知らない土地で職を見つける事の難しさを良く表現できていると思います。キキが選んだ食は空を飛べるという長所を活かした宅急便業でした。仕事上のトラブルや自分自身のアイデンテティに関わるトラブルなどが起こり中弛みさせません。


多くの方がその素晴らしさを認めるだけの力がこの作品にはあります。是非ご覧になってください!





仮面ライダー電王 VOL.2 /
YOU、素直に釣られちゃいなよ!

YOU、素直に釣られちゃいなよ!
流行っているから、観たくない?
そんな捻くれたヤツこそ見るべきだね。

ただ

仮面ライダーにドラマ求めちゃうような人は止めた方がいい
ある意味教育番組

ある意味教育番組
ウラタロス登場篇です。
表面だけ見ると暴力・嘘をついたりと教育上よろしくない人(?)たちが出ますが、
それに対してこういう考え方もあるんだよという説教くさくない説教。
そういう小理屈を抜きにしても、十分楽しめる作品です。

U良太郎が佐藤君の「美少年ぶり」を存分に発揮しています。
胡散臭いけど(笑)。
ウラタロス&ロッドフォーム初登場

ウラタロス&ロッドフォーム初登場
VOL.1では良太郎にモモタロスが憑依し、二人の間に交流と絆のようなものが生まれました
今回は、そこに新たなイマジン・ウラタロスが加わります♪
モモとは正反対の性格(いわゆるインテリタイプ)のウラに喧嘩腰のモモや、勝手に身体を使われて困惑する良太郎が面白かったですね
バトル面でも、まずロッドフォームのデザインが一番好きです♪
必殺技がライダーキックなのも個人的には好感です

龍騎やカブトのように、易々と仮面ライダーを増やす愚策に出なかったのはひとまず正解だったと思います
私的にはヒーローというのは少数精鋭、極力少ないほうがかっこいいですしね(強さと運はどうあれ……)
ただ、代わりにクウガに似た感じになりましたね……新フォームをポンポン出す辺り…
強敵が登場する度に新フォームで解決!…みたいな流れにはなって欲しくないのですがね(苦笑

イマジン同士のイザコザなんかも面白いですし、気を抜いてみれるストーリーは普通に面白いです
ストーリーの核心に迫るにはもっと話数が掛かると思うので、ひとまず気楽に気長に構えたいと思います





仮面ライダーカブト VOL.12 /
最大の謎

最大の謎
強烈な個性を持つキャラクター達、スケールの大きい設定、派手な戦闘演出、レベルの高いアクションの立ち回り、等がこの作品を通しての長所だったと思う。

では構成、脚本はどうか?
行き当たりばったり加減を隠そうともしない展開、悲劇とギャグを安売りして、安直に人気取りを狙ったシナリオ。
残念ながら、その点では平成ライダーきっての駄作と言わざるをえない。

更に言えば、長所である戦闘演出の根本、クロックアップの描写が終盤にかけて激減したのもマイナス点。それだけでこの作品の魅力は半減したて言って良い。


脚本の話に戻るが、今回、米村という脚本家をメインにしたらしいが、完全に失敗している様に思える。
しかし、この人の他の作品を見ると、脚本家としてのレベルは高い様に思える辺り、なぜこんな酷いシナリオを書いてしまったのかがかなり疑問。


本編では多くの謎が提示されたが、私の最も気になる謎は、その一点に尽きる。
やり直した方が良いのでは?

やり直した方が良いのでは?
最終話の戦闘シーンこそ長いですが、この作品の重要なクロックアップ使わないと言うのはどうかと…。それと戦っているのがカブトとガタックだけと言うのは?(ダークカブトもいるが戦闘には参加しない)少なくても死んでいない矢車と風間は加勢に来てもよかったと思う。役者の問題や次の電王で戦闘シーンがもっと派手になるので予算を削らないといけないかもしれないが最後までちゃんと作ってほしい。
自分的には剣や影山を殺さず、8人のライダーが集結して(ザビーは田所で)三島ワームに挑むと言う展開が見たかったのですが…。
平成ライダーはキャラ立てがすごくうまいのですが、終盤から一気にシナリオを回収しようし結局すべて拾えず謎を残したまま終わると言うのが多すぎです。(特に今回のカブトはそうな感じ)
一年間通して全体的に面白かったと思うけど・・・

一年間通して全体的に面白かったと思うけど・・・
カブトとザビー、この2人のライダーで話が進んでいた初期から中期あたりが一番物語がしっかりしていたと思います。矢車ザビーがいなくなり、テンションが下がったまま惰性でこの番組を見ていました。矢車さんがキックホッパーで復活したときは本当に嬉しかったです。これがなければ多分最後まで観ていなかったでしょう。乃木怜治も良かった。この人がいなければ後半のカブトは盛り上がらなかったでしょう。最後の三島さんも、遂にやってくれたという感じでした。しかし、最終回に矢車さん出ないって・・・エンドロールにこの人の名前が出ないのは正直不満でした。地獄兄弟のラストだけ尺短すぎたし、学校の怪談の話とかやるくらいならもっと各ライダーを掘り下げた話をやって欲しかったです。それだけが残念!
amazonを使い倒す
Amazon 売れ筋ランキング
CD・ザ・ベスト10
素敵ワインちゃん
[楽天]水着と浴衣の売れ筋ベスト○○
ようこそ株スクール
[Amazon]あまぞn DVD売れ筋ランキング

コメント:
ジブリ強いですねー。果たして人気の秘密は…
posted by はやぶさ じろう at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー 実用

2007年07月13日

ジャンルの位置づけがよくわからんものもある

ステージ
2007年7月13日





ネギま!? Princess Festival DVD /
マジで最高!

マジで最高!
このイベントには実際に行ったんですが、まず歌の数が半端なかった!
確か30曲くらいだったはず・・・・・・・それだけの歌の歌詞と振り付けを
覚えたキャストの皆さんは本当に尊敬します
そして朗読劇や、キャストのアドリブ、そして感動のキャストからの感想など・・・・・・
とても濃い内容のイベントでした!
これは是非買うべきDVDですね

当然僕は注文しました
最高!!!

最高!!!
このイベントはとても最高でした。出演者も演出も内容もとても盛りだくさんであっという間に終わってしまった感じでした。
いちおうネギま!?のイベントでは最後ということになっていましたがまたぜひぜひ再開してほしいと思っています。この内容でこの値段ならば十分に満足できます。
ネギまファンならば見逃せない記念の一品です。
DVD自体というよりこのライブに対する感想

DVD自体というよりこのライブに対する感想
一言で言うと最高、これに尽きます。
伊藤、大前、門脇、能登、猪口が出演してないのは残念でしたが、それを補って余りあるすごい事をしていました、彼女達は。
とにかく彼女達の情熱みたいのが伝わってきて、感動せずにはいられませんでした。今も思い出せば胸が熱くなります。

パシフィコ横浜で見せてくれた彼女達でしか作り出せ得ない景色は、すぐ近くにあった横浜港よりもずっとずっと綺麗で大きくてカッコ良くて‥忘れられない思い出になりました。たくさんのパワーをもらいました。

このDVDは買いです。

見所としては(以降少しネタバレ)






せっちゃん、天然ぼけ炸裂?!
ちづ姉、はっちゃけサンバ!!
バカレンジャー進級出来るの?!
などです。

そしてもちろん歌も見所に違いありません。
個人的には星空レターに大感動でした。





紳竜の研究 /
成功哲学が満載でした!

成功哲学が満載でした!
2枚組のDVDをノンストップで見てしまいました。
たった一度だけ紳助さんが講師をしたNSCの授業はもう本当にスゴイ! 彼は芸人として天才だと言うだけでなく、一人の人間としても才能溢れた人ですね。その上で的確な努力をしているんだから、そりゃあ成功するはず。このDVDでは、その努力ってどんな物なのか、授業で語っちゃってるんです。いいのかなぁ?手の内見せちゃって……。
芸人やタレントに限らず、サラリーマンでもお店をやってる人でも職人さんでも学生さんでも、自分の人生でひと花咲かせたい!夢を叶えたい!と言う全ての人にとって、すごく参考になる内容だったと思います。
ただし、努力の方法がわかったからと言って、実行するのは難しいんですけどね。
絆と証

絆と証
島田紳助は自分は天才でもないし努力もしていないと自分自身を語っているけど僕は天才だと思う。あの頭の回転の速さは半端ないです。歳を重ねるごとに速さが増している気がする。二十年以上前の漫才ブームを振り返りかなり楽しめる貴重な映像満載です。次は兄弟弟子の島田洋七のB&BのDVDが見たいです。





ラーメンズ DVD-BOX /
面白くて怖くて切ない話もありますよ

面白くて怖くて切ない話もありますよ
第11回公演からだんだんと完成度があがっていくのがわかります。
特に「CHERRY BLOSSOM FRONT345」は、
初めから終わりまで飽きることがありません。
お笑いのDVDを繰り返し見て何が面白いのか、という方は
この人たちの舞台を見ればわかります!

やばい

やばい
ヤバいくらい面白いです
最近好きになった人でもハマれるんじゃないですかね…
最初から最後まで笑いすぎて、笑い疲れです 笑。
収録されているものは、
CHERRY BLOSSOM FRONT345
ATOM
CLASSIC
STUDY
でした
かけてるだけで

かけてるだけで
何回見ても飽きないどころか、最近はDVDをかけてるだけでなんか楽しい気持ちになります。下手なテレビをかけておくよりも、断然有意義な時間がすごせますし、確実に元は取れる買い物になりますよ。





ラーメンズ: DVDボックス /
初期発展途上麺

初期発展途上麺
まず、買って良かったなあ〜と思えるboxです。ダルさなし、初期から濃厚スープ。作品群は初期のラーメンズの勢いが濃縮されてます。比べて、最近のAliceがいかに成長してきたか、旨みがましてきたラーメンズなのかを認識できます。初期だからと言ってつまらなさ、なんて皆無。ラーメンズを少しでもネタを見たことある人なら分かると思いますが、いわゆるドッカンドッカン系の笑いではなく、ボディブローの様な笑いあり、ドッカン系ありなので、初期発展途上と言えども、Aliceに繋がるためにはこんな初期から芽生えて行ったんだ、っていうのが分かります。特に、より集め集の「タカシと父さん」「片桐教習所」「日本語学校フランス編」がオススメ。ラーメンズ知らない人と見る時もオススメだと思います。
1万円? 安い!

1万円? 安い!
「Rahmens 0001」や「オンエアバトル ラーメンズ」を見てラーメンズに興味を持った人なら、確実に楽しめます。
よりディープなラーメンズの魅力を味わえるはず。
この価格に抵抗を覚えるかもしれませんが、決して高くありません。

【椿】
SFサスペンスコメディー「時間電話」
空想と現実が錯綜する「心理テスト」
言葉遊びに感動「ドラマチックカウント」
バカ丸出しのコント「インタビュー」
勢いがあって楽しい「心の中の男」
着想が素晴らしい「高橋」
不思議な世界を描いた「斜めの日」
一緒に歌いたくなるはず「日本語学校アメリカン」
おかしくてちょっと切ない「悪魔が来たりてなんかいう」

 【鯨】
ことわざで遊ぼう「ことわざ仙人」
2重3重の仕掛けの「超能力」
アテレコ&ダンスが頭に残る「バースデー」
パントマイムコント「壷バカ」
メルヘンコント「絵かき歌」
ラストでどっきり「count」
ハイテンションアメリカンコント「アカミー賞」
一本の上質の映画を観た気になれる「器用で不器用な男と不器用で器用な男の話」

 【零の箱式】
大学教授の物真似がお上手「現代片桐概論」
ラーメンズ以外の役者の魅力も味わえる「文庫本」
片桐独走「タカシと父さん」
早朝の情景が目に浮かぶ「釣りの朝」
あふれる感情、抑えられない笑い「かわいそうなピンクの子犬コロチンの物語」
タカシと父さんをもう一度「片桐教習所」
後半の怒涛の勢いに圧倒される「日本語学校 (フランス篇)」
品の良いコント「小さな会社」

 【雀】
ラーメンズならではのSFコント「お時間様」
まさに音遊!「音遊」
小林の芸達者ぶりが素晴らしい「プレオープン」
またしても片桐さん沈黙「許して下さい」
珍しく二人のキャラが逆転「人類創世」
小林暴走?「ネイノーさん」
小林の器用さに感嘆「男女の気持ち」
最後はちょっと落ち着いたコントで「雀」
いろいろな楽しみ方が出来るとは思うけれど…

いろいろな楽しみ方が出来るとは思うけれど…
ラーメンズはコントによって浮き沈みがはっきりする人たちだと思う。面白い!!と思うネタもあれば退屈なネタもあったりする。そういった玉石混合なところが正直魅力的なのかもしれない。前までは…。正直ここ最近のラーメンズは個人的に不発である。どっか過去の焼き増し感を感じてしまうネタが多いし、ものすごくつまらない!というネタがなくなったかもしれないが面白い!!というネタもなくなってしまった気がする。どこかマンネリを感じるのは私だけだろうか。昔は良かった…と感傷に浸りたい訳ではないが正直そう思う。

さて、このBOXだが戯曲も発売されているからいろいろな楽しみ方ができると思う。ただそれならばこれ以前の「home」「FLAT」「news」の方でそういった楽しみ方をしたいというのが私の意見だ。演技力ではこのBOXの方が優れているかもしれないが作品の魅力はその三つの方が上だと思う。このBOXのメインである三公演はどれも佳作であるという気がする。それぞれ面白いのだがどれも小粒な気がする。「home」「FLAT」「news」の衝撃には勝てないのだ。またこれがメインで買う人もいるかもしれないが「零の箱式」もやはり完成度ではまだまだだし私が感じる彼らの舞台の魅力はあまりない。やはり「home」「FLAT」「news」と比べてしまうとどうかな…と思ってしまう。

諸事情あるのかもしれないがこのBOX以前の戯曲化された三公演がこれを書いた現在手に入らない状況にあるのは悲しい事実だ。ぜひこの三つをBOX化してほしい。レンタルで以前見たが「透明人間」が私のラーメンズベストだ。

違う舞台の話題をしてしまったがこのように懐古趣味に陥ってしまうのがいまの私のラーメンズ体験だ。彼らのもっとドキドキする舞台を観たい。





ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (Blu-ray Disc) /
音が・・・

音が・・・
私はBlu-rayソフトを4本しかもっておりませんので、あまり参考にならないかもしれませんが
Dreamgirlsは劇場で見てビヨンセとジェニファーハドソンの歌声に感激し
もう一度みたいと思い北米版を購入いたしました。「amazon.com」

画質は他のBlu-rayソフトと同じくらいですが、音が一般的なBlu-rayソフトより悪いです。
音に広がりがないというか臨場感がありません。
特に高音質を期待していましたので残念です。
特典はたくさんあったのですが、もう少し音をよくして欲しかったです。
音声コーデックが残念

音声コーデックが残念
北米盤BDを入手し、視聴しました。
映像コーデックは、MPEG 2ながら、平均レートは30Mbpsと高く、画質は平均レベルか。
一方、音声は、ドルビーデジタル(640kbps)のみだけでは、ちとしょぼい。
HDオーディオのリニアPCM音声は欲しかった。
昨年、映像、音声とも悪くて、散々批評された、同じパラマウント製作のBD「M:I:3」と仕様が同じで、今回もその教訓が生かされていない。
特に、「ドリームガールズ」は、全編にわたり音楽が流れているのだから、HDオーディオのひとつは採用して欲しかった。
1960年代のダイアナロス&シュープリームの誕生秘話を描いている為、音楽は2ch(ステレオ)から多く流れ、サラウンド効果は少ない。
作品内容がよいだけに、音声コーデックが残念。
頑張ってくださいね、パラマウントさん。





TEAM-NACS COMPOSER ~響き続ける旋律の調べ /
ノックアウト!

ノックアウト!
先日、初めて生の舞台のTEAM-NACSを観ました。
我慢できずに早速「COMPOSER」と「LOOSER」のDVDを購入。
正直「LOOSER」より絶対「COMPOSER」がいいです。
最初は”もじゃもじゃだから洋ちゃんがベートーベン?」ぐらいなノリで見始めたこのDVD。
とんでもない。ベートーベンの苦悩を中心にモーツアルト・シューベルトたちの
音楽家としての、芸術家としての、一人の人間としての各々の心情が綴られていく秀作。
最後、音のない演奏会は感動の涙を流さずにはいられない。
演出の素晴らしさに頭が下がる思い。
DVDにもかかわらず終わった時、思わず拍手をしてしまった。
魅了されていきました

魅了されていきました
「LOOSER」とは全く違うNACSがいました。軽めのノリで始まったのですが、観て行くうちにどんどん物語りに引き込まれていきました。一人の作曲家(ベートーベン)が傷つき、孤独の闇に落ちていく、まさに滅びの美学です。そして切ない親子愛の物語です。大泉洋は、見事に演じていたと思います。いつもよりも笑いを少なめにしてありましたが、もっと笑いを封印しても良かったかもしれません。私は大好きな作品です。
凄く良い!

凄く良い!
個人的にはルーザーよりも好きでした
安田さんがいいですねー
壊れちゃってるけどルーザーの時よりも熱が入ってる感じがしました
ルーザーの時と顔が違って見えるような気がするのはやっぱり演技力からくるものなんでしょうか?

あと特典映像もいい!
みんな仲良くて羨ましい限りです
見ていてほのぼのする
この内容のボリュームでこの値段は安すぎるのではと思うほどです
最後は感動して泣いてしまうので最初の部分だけを繰り返し見ています
私のDVDデッキにはここ最近ナックス以外のDVDは入ってません(笑)
あと、副音声がついてるのがお得です
ナックスは今年舞台などしてるのかどうか気になります
そして活動してるのならぜひともDVD化をしてほしいものです





LOOSER 失い続けてしまうアルバム /
天才。

天才。
大泉洋さん。こんな天才今までいないです。同時代に彼を体験できたことがマジにうれしいです。今度は映画の主役で歴史を作ってください。あと安顕さん。かっこいいですねー。オンちゃんもいいですけど2枚目路線も突き進んでほしいです。
下手なお笑い芸人より面白い!

下手なお笑い芸人より面白い!
失い続けてしまうアルバムというサブタイトルが付いてるだけあって最初はLOSERにしたかった筈がうっかりLOOSERに。しかし、ピンチをチャンスに変えてしまう男、森崎さん。結果オーライで、ゆる〜い幕末の戦士たちの物語となりました。
こんな新撰組は新鮮組だっしょ!
5人で演じるので1人何役もってところも逆手に取って、「え!?土方歳三があの人だったの!?」という脚色も加わり、それはそれで、もしかしたら本当かも?なんて思わせてくれたり。。説得力があるというか、物語に引き込まれてしまったんですね。
しかも5人それぞれの個性が十二分に発揮されてて最高に笑えました〜!
副音声で観るとナックスの5人と一緒に観てる雰囲気も味わえるお得感あり。
特典discはお宝です。本当に買って良かった〜!
それにしても‥LOSERのままで脚本が出来上がっていたらどんなお話になっていたんでしょうか?
熱い五人。TEAM-NACS!

熱い五人。TEAM-NACS!
皆誰もが知る、新撰組が題材の作品。
たった五人で何役もこなし、それを逆手に取った演出がとても上手い。
私は演劇通でもなんでもなく、演技についてのうんちくなど持ってはいない。
彼らは誰かが言うように、演技を完璧にこなしてはいないかも知れない。
しかし、そんなモノは観ていて吹き飛ぶ筈だ。
彼らの一瞬で切り替わる一人二役の場面は目を見張るものがあるし、
なにより5人全員が生き生きと輝いている。
それは、やはりメンバーの個性を知り尽くしたリーダーの脚本の配役の良さ。
あちこちに散りばめられた、激動を生きた人々の生き様と想いと言葉。
敷居が高いと思われがちな演劇を多くの人に観てほしい。
難しい講釈などいらない。
彼らと同調し、笑い、泣き、感動して欲しい。

最後に、副音声を聴いて5人の愉快な絆の深さを手放しで楽しんで欲しい。





チュートリアリズム /
ファンはぜひ!コストパフォーマンスが良い商品

ファンはぜひ!コストパフォーマンスが良い商品
2005年末の「M-1」によって
再び注目を集めるようになったチュートリアルの単独ライブ。
M-1でのチュートリアルを知っている人なら必ず見ておきたい。

漫才・コントと、衣装チェンジ中に会場でながされたVTRが交互に来る構成。
2006年M-1前の「冷蔵庫」漫才も見ることが出来ます。

漫才は2個だけなのが不評のようですが、
テレビで彼らのネタを見る機会がほとんどなかったので
個人的にはコントも非常に楽しめました。

本編132分+特典20分というボリュームでこの価格なら、
お笑いのDVDとして コストパフォーマンスが良い商品でしょう。
チュートワールド!

チュートワールド!
M−1で気になりだし買ったんですが、ますますチュートリアルの虜になりました。
コントをしている姿はTVでは見たことなかったんですが、徳井さんの世間で騒がれている男前っぷりをぶち壊すキモキャラ(笑)が堪能できました。
「桜」や「ウオーターレスキュー」が特に好きです。
しかし、やはり漫才が最高ですね。特に最後の漫才は笑いすぎてお腹が痛くなりました。
ふたりのバランスも最高で、関係性のよさも笑いと共に垣間見れます。

チュートリアルのア・ラ・カルト

チュートリアルのア・ラ・カルト
テレビでは漫才が多いが、DVDではコントを中心に、バラエティ番組っぽいVTRもあり
(オープニングのタイトルバックが食事シーンになっているが) まさにチュートリアル・ア・ラ・カルト、
いろんなチュートリアルを少しづつ召しあがれ、といった感じ。
M-1 2006の、一発勝負の集中力・緊迫感を求める方にはぬるく感じるかもしれないが、
ライブ盤にいろんな企画ものVTRが挿入されていると思えばかなり満足感がある。

ライブはやや大きめの会場でやったようで、ステージと客席の物理的な距離や
おそらく1本1本の間に待たされたであろう客の心理的な距離みたいなものが
ライブ部分に微妙に空気感としてにじみでてしまっているのが少々残念。
(もっとキャパが少なく一体感のある小劇場演劇の芝居小屋みたいな所での収録で、
会場のうねりみたいなものが伝われば同じネタでも更にのめりこんで見れたかも。)

手作り感とサービス精神たっぷりの特典映像(笑)も詰め込んであり
ファンなら買って損はない1枚。





KENTARO KOBAYASHI LIVE『POTSUNEN』& KENTARO KOBAYASHI LIVE POTSUNEN 2006『○ ~maru~』 /
小林賢太郎の詰め合わせ!

小林賢太郎の詰め合わせ!
小林賢太郎氏の多彩すぎる才能・発送の豊かさを詰め合わせた作品。
役者やコメディアンとしてだけではなくパントマイム、マジック、イラスト…歌っても素晴らしい(笑)!
2枚どちらも充分すぎるほど小林賢太郎という人の色で埋め尽くされています。
ただし、ラーメンズ=日本語学校というイメージをお持ちの方、
何もかも笑い飛ばしてしまいたい気分の方にはあまりお勧めしません。
ですので星は4つです。
「小林賢太郎=ラーメンズ−片桐仁」ではありません。
「小林賢太郎×片桐仁=ラーメンズ」だということが解る方には面白いはず。
爆笑だけが「笑い」でも「面白い」でもないのだと感じさせられました。

最後に、どうか最初の一回くらいはゆっくり腰を据えてご覧ください。
なんというか

なんというか
自分の好きなラーメンズらしさはあった。確かにあった。
だけどここまで笑いを薄めなくてもいいじゃないか。
このままじゃ気取ったファンしかついてこなくなるぞ。
POTSUNEN>maru

POTSUNEN>maru
ラーメンズのブレーンである小林賢太郎さんのソロ公演。
個人的にはPOTSUNENが印象に残りました。maruはあんまり笑えませんでした。
終わり方は両方とも芸術的なのですが、POTSUNENのほうが笑いと感動と驚きがあります。
POTSUNENではラーメンズファンが楽しめるような部分(たぶんstudyから)がありますので、思わず笑ってしまいます。
この人すごいなぁと思うような内容ですが、小林さんが汗をかきながらLIVEしているところが普通の人間らしくて好きです。





レント /
amazonを使い倒す
Amazon 売れ筋ランキング
CD・ザ・ベスト10
素敵ワインちゃん
[楽天]水着と浴衣の売れ筋ベスト○○
ようこそ株スクール
[Amazon]あまぞn DVD売れ筋ランキング

コメント
気になるのは「LOOSER 失い続けてしまうアルバム」
posted by はやぶさ じろう at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ステージ

ウゴウゴルーガて

お笑い・バラエティ
2007年7月13日





ドリフ大爆笑 30周年記念傑作大全集 DVD-BOX (通常版) /
コントの帝王

コントの帝王
今現在、コント番組は減少傾向にあり、トークを主体としたバラエティ番組が全体を占めています。
数少ないコント番組に目を向けてみても、内容は流行のキャラクターのパロディなどが多いです。
このような番組の欠点は、「ブームが去ると価値が落ちおもしろ味が無くなる」ということです。

ドリフは元々はバンドでしたが、そのキャリアのほとんどを「定番コント」に費やしました。
そしてその内容にもこだわりがあり、「流行」「内輪ネタ」を徹底的に排除し、3歳児ぐらいから
お年寄りまで通用する笑いを求めていました。

特にこの「ドリフ大爆笑」では日常の風景、日本の文化、偉人や歴史、など様々なシチュエーションを
ドリフ、歌手、女優がコントで再現し、視聴者はそれに共感したり、驚かされたり、和まされたりしていました。
そして「もしものコーナー」。番組のトリを任されていた志村けんさんのコントは
他のコントを凌駕しています。
後に志村さんが「コントの帝王」となるのもうなずけます。

コントに命をかけた彼らの軌跡はこの先何年経っても忘れられることはないでしょうし、
まだまだ学ぶことがたくさんあります。
待ってました!

待ってました!
スタジオコントの数々の爆笑を期待しています。
『雷様』や『もしものコーナー』とかたくさんありますが1番見たいのは初期の頃にあった志村けんの今や十八番になった『バカ殿様』。あの頃はいかりやさんが家老役でしたがコシモト役の当時のアイドル歌手と一緒に控える由紀さおりさんと志村けんの『名はなんと申す?歳はいくつじゃ?』〜『はい、十八にごさいます〜』
この息のあった二人の絶妙なアドリブは最高級に爆笑しました。今の下ネタありなバカ殿よりは遥かに笑えます。ぜひとも収録期待しています。
発売日が待ち遠しい,待望のDVD登場!

発売日が待ち遠しい,待望のDVD登場!
44歳(昭和38年生まれ)の私にとって,ドリフターズといえば「8時だよ!全員集合」で少年期を過ごし,青年期から今日までは「ドリフ大爆笑」_と,
ドリフと一緒に人生を歩んできたといっても,過言ではありません。
(長さんがお亡くなりになって,新録放送はなくなりましたが,CS放送で往年の再放送を観ています)

「大爆笑」は,カメラワーク,画面構成に利のあるスタジオ収録という事もあって,テンポの良い練られたコントには,時空を超えた笑いが堪能できます。
_何回観ても笑えます。 どんなコントが収録されているのか,楽しみで発売日が待ち遠しいDVDです!






人志松本のすべらない話 其之参 初回限定盤 /





働くおっさん劇場 /
本領発揮

本領発揮
ついに「働くおっさん劇場」のDVD化!
待ってましたよ。
野見さんの魅力全開です。一発芸が今から楽しみです。
5枚組のBOXと言う事で完全集録なんでしょうか?
あぁ、今から楽しみです。思い出し笑いに気をつけましょう。
にしても、キッタナイおっさん達である。

にしても、キッタナイおっさん達である。
おっさん劇場の魅力は、キモさの中に爆笑あり。
これだけのメンツを松ちゃんが、面白おかしく料理してくれて・・・
期待を裏切らないものでした、放送終了からDVDが出たら絶対買いだと思っていたので、早々予約しました。
かなりインパクトのあるTVだったので、見たことのない方は一度見る価値ありだと思います。

ワンランク上のおっさんは舞い戻るー!

ワンランク上のおっさんは舞い戻るー!
あのおっさん達の勇姿が再び見れますね!
特にヒーローの回は最高です!
しかも初回はシャツがついてるらしいですよ!
おっさんファンは買うしかない!





人志松本のすべらない話 /
本当にすべらない

本当にすべらない
お笑い芸人6人のトーク番組!テレビ版の1・2を収録
バラエティなどとは違い話自体を楽しめる本格トーク番組
面白い話の連続なんで時間のわりに内容が濃く感じました。
出演者6人の話の系統が違うので色んな路線の話が楽しめます。

ネタに詰まったら同じ話を何度もして良いらしく
会場も実際オチが分かっているのに笑ってしまうイイ雰囲気になっています

話は全て実話らしく友達と話してる延長戦みたいな雰囲気なので
友達と面白話するのが好き!って人なら誰でも楽しめるのではないかと思います

でも出演者である松本が話の合間に「いや〜スベらないねぇ〜」
と自分で言っちゃうのは違うんじゃないかと・・・正直興ざめです
事実は小説より面白し

事実は小説より面白し
シンプルに自分が知っているすべらない話をするだけなのにおかしくて笑っちまう。今年ゴールデンタイムで二時間十分もオンエアされた(07.06.02)あのすべらない話の原点がここにある。レビューでも批判したり好評だったりしますが、まずは構えずに見たほうが良いと思います。笑わせてもらおうとかいらん事考えると笑える事も笑えない。重箱の隅をつついて穴開けるような輩は買うべきではないね。それなら友達から見せて貰いなさい。一度見ておかしく思った人なら買っても惜しくないさね。この番組が三ヶ月に一回のオンエアなのはやはり確かな理由があると思う。面白い実話は忘れた頃に聞くのが正解だ。だって我々は毎日笑ってないし毎日泣いても怒ってもいないんだから。腹の底から笑いたい時に思い出して見たら笑えると思う。
そこで聞きたい気持ち

そこで聞きたい気持ち
この番組を見ていていつも感じるのは「話の題材が面白いのか?」「話の技術が高度なのか?」ということだ。
色んな番組でフリートークの上手な人は確かにいるが、この番組でのシチュエーションで果たしてどれくらいの人が「すべらないだろう」と思う。

この場所では話術を披露するだけでもダメで、面白そうな話をするだけでも「すべらない」保証はない、と感じるのである。

番組で見ても面白いが、お気に入りの話はDVDで繰り返し見ても「面白さ」に陰りはなかったりするのだ。

その時いつも自問自答するのが、先のお題である。

出来るならスタジオで生で聞いてみたいが、それはかなうはずもなく、DVDで繰り返し見る毎日だ。

この番組で初めて知ることになる芸人さんもいることだろう。
それもまた、この番組の「お得な」副産物である。







人志松本のすべらない話 其之弐 通常版 /
6月2日のすべらない話に向けて・・・

6月2日のすべらない話に向けて・・・
6月2日の人志松本のすべらない話の予習として其之一・弐をあわせて買いました。
お笑いのDVDを買うのは初めてですが、親子共々テレビの前に釘付けになってしまいました。
※笑いすぎにご注意ください!(笑)
面白くない

面白くない
たぶんコレ見て面白いとか言ってる人は、多分ガキの使い等のディープな笑いを知らない人でしょう。多分いまだにエンタの神様とかみてるんじゃないんでしょうか?
僕は笑ってはいけないシリーズやごっつええ感じを見て松本仁志のすごさを感じましたが、この番組、松本仁志の本領が全く発揮されていないです。
ガキの使いやごっつ、ダイバスター、内P等のディープでシュールな笑いが好きな人は、あまり受け付けないんじゃないかと思います。

単なる飲み屋のバカ話、がしかし…

単なる飲み屋のバカ話、がしかし…
そう、単なる飲み屋のバカ話である。


皆さんの日常と何ら変わりはない、しかしそれを一級線のしゃべくり芸術として構築しているのが凄い。
特にジュニア、ほっしゃんの話術には感心させられる。宮川はセンスを開花する場を得てこれを機にステップアップしてほしい。

現代は笑いの多様化とよく言うが、そんな事は決してない。
どいつも同じような楽器やラップでワイドショー芸人を斬ったところで誰も笑わないし、求めてもいない。
テレビ用に爆笑音声を後入れする『笑いの捏造』の時代はとっくに終わっているのである。

生き残っていくのは心に響かない世渡り上手なユニクロ芸人ではなく、毒で心に響かせる『芸術家』なのだから。










温厚な上司の怒らせ方 /
佳作だ

佳作だ
間違っても教養の類の映像ではない。お笑いDVDである。
まず碑文谷教授を受けいられるかが第一条件な気がする。彼のキャラ(顔芸?)勝負な部分が大きい。もっともらしいことをいいながら人を怒らせる方法をアナウンサー然としたアナウンサーに実践していく教授は、むかつくのだが面白い。
だが、本当にこんな人はいたりするので笑えない場合もあるだろう。

そして特典の「人を怒らせる30の方法」は、面白いことは面白いのだがややネタを引っ張りすぎるところ、役者さんの演技が至らないところがある。「ていチョップ」「放棄」や「ビンタ」などはあの尺ならばもっと演技パターンに変化が欲しかった。その点を除けばなかなか面白い。

「接近」のような爆笑部分もあれば、人によっては共感できるあるあるネタもあり、自分のしてしまっていた怒らせる行動に気づかされる場合もあるかもしれない。佳作だ。
私は 使いますよ、実践で!

私は 使いますよ、実践で!
誇張されてるけど、
「こういう奴いるいる!」「あ、これ アタシやってるわ!」
というのも随分ある気がする。
「視界遮断」「中腰」「過剰防衛」なんて、すごく笑えた。
意外にこれ、実践的だと思う。
そのまんまは使えないけど、チラッチラッと腹立つ相手に使えそう。

もっとテンポよくやってほしい。笑えるものも笑えなくなる。
しつこさが残るものがいくつもあった。



この値段でならいいかも。

この値段でならいいかも。
あまりにも馬鹿馬鹿しくて笑えてきます^^
正直見ててムカつくんですよ、それでも笑えます。
このDVDを見て、友達に一度やってみてはいかがでしょうか?w

・・・個人的に残念なのは最初爆笑してもあまりにも同じネタが長すぎて最終的に冷めてしまう事ですかね。





一番大切な人の怒らせ方 /
☆前回との比較☆

☆前回との比較☆
温厚な上司の時に比べたら、(初めてこれをみた驚きがないのもありますが)質が落ちているように感じました。ネタ切れかな?
本編の怒らせかたが少ない!!!
そのかわり教授のインタビューが結構な容量で収録されている。
でも方向性が違う方に行っちゃったかな。やっぱりネタ切れのせいかな?
個人的な感想ですが、前回同様に、今回の作品を内P好きな人が推したくなるかは大いに疑問です。
よくやるなあ^^

よくやるなあ^^
前作でハマったのと、今回は特典映像で教授の素顔が垣間見えるとの事だった
ので、かなり期待して購入しました。

前作に比べて全体的にテンポがよく、最後まで飽きずに楽しめました。
特典映像も、よくここまでストーリーを考えるなあと関心しましたが、
おばあちゃんの怒らせ方がちょっと可哀想だったので、1つ減らして星4つです♪
前作を楽しめた方なら見て損はないと思います。
絶対に役に立ちません(笑)

絶対に役に立ちません(笑)
前作「温厚な上司の怒らせ方」に比べてとりあえずパワーアップ。
できれば「図らずもお笑い作品になってしまった」みたいなのを見たかったのですが、
生真面目な人を笑わせるのにはちょうどいいかも。サッと見てちょっと笑える、そんな感じです。






やっぱり猫が好き2007 /
もちろん買いますよ!

もちろん買いますよ!
3月に放送したのは知らなかった...。
猫のDVDは全て持ってるので、もちろん買いますよ!
今回はTV放送は見てないので、とても楽しみです。
もう、三谷幸喜は書かないのかな?
深夜の三谷の時が一番おもしろかったな〜。

まだ、見てないので星は3つで。





紳竜の研究 /
成功哲学が満載でした!

成功哲学が満載でした!
2枚組のDVDをノンストップで見てしまいました。
たった一度だけ紳助さんが講師をしたNSCの授業はもう本当にスゴイ! 彼は芸人として天才だと言うだけでなく、一人の人間としても才能溢れた人ですね。その上で的確な努力をしているんだから、そりゃあ成功するはず。このDVDでは、その努力ってどんな物なのか、授業で語っちゃってるんです。いいのかなぁ?手の内見せちゃって……。
芸人やタレントに限らず、サラリーマンでもお店をやってる人でも職人さんでも学生さんでも、自分の人生でひと花咲かせたい!夢を叶えたい!と言う全ての人にとって、すごく参考になる内容だったと思います。
ただし、努力の方法がわかったからと言って、実行するのは難しいんですけどね。
絆と証

絆と証
島田紳助は自分は天才でもないし努力もしていないと自分自身を語っているけど僕は天才だと思う。あの頭の回転の速さは半端ないです。歳を重ねるごとに速さが増している気がする。二十年以上前の漫才ブームを振り返りかなり楽しめる貴重な映像満載です。次は兄弟弟子の島田洋七のB&BのDVDが見たいです。





ウゴウゴルーガおきらくごくらく15年!不完全復刻DVD-BOX(完全予約限定生産) /
「やあー、15年も経つとさすがにみんな大人になって買ってくれる、らしいぞ。」by プリプリ博士

「やあー、15年も経つとさすがにみんな大人になって買ってくれる、らしいぞ。」by プリプリ博士
 ついに満を持して発売予告なりましたね。本当に思い出深く、大学の卒論制作中に朝6:30からの初期版を見ていました(当初ウゴウゴ君もルーガちゃんも元気なかった)。出勤前に寮の仲間と「しかと」やミカン星人をみては馬鹿笑いし、旅行先の城崎温泉で特番を見、ラスト1週間「明日へ向けた積極的なお別れ」というものを見せてもらって私も勇気をもらったものでした。バブル崩壊・55年体制終焉・米不足という平成日本の激動期(私自身の人生も激動期)を象徴する番組でした。
 この頃のフジはW浅野や野島脚本などトレンディードラマの印象が強いですが、その一方で『カノッサの屈辱』や『カルトQ』の様に革命的な深夜枠番組を輩出していました。この番組もバブル期に数多集めた才能に「CGアニメの実験台」として思う存分やらせた精華の結晶です。だから「あさのぶんがく」で『カラマーゾフの兄弟』や『失われた時を求めて』を数分で語ったり、「プリプリ博士」や「サナダ先生」が気の利いた哲学や造詣深い箴言をさらりと語ったりしていた訳ですね。だから子どもよりも出社前に見ていたOLの間で評判になったのも当然だったと思います。
 キャラクター造形もぶっ飛んでいてアート的に素晴らしく、シュールくんやトマトちゃんのキーホルダーやUFOキャッチャー縫いぐるみを当時から保持していますがこれは今ではきっとプレミアものだと思います。あれからもう10数年経ったのか。ルーガちゃん=小出由華がグラビアアイドルとして活躍していてもおかしくないのだなあ(ちびノリダーが『電車男』や猪八戒をやってる位ですし)。彼女は番組最後付近、「星に願いを」のコーナーで「大人になった時にみんなでまた『ウゴウゴルーガ』をやりたい」といってスタッフを感激させました。そして今回のDVD特典でその願いが適いそうです。あの頃を知る人にとっては購入必至。90年代前半を最も端的に表すエポックメイキングな番組です。
懐かしすぎんべ(笑)

懐かしすぎんべ(笑)
マジ懐かしい。当時放送をみてた時、自分は幼稚園生。当時ホントに大ブームでまずみてない人はいなかった。特にももいろぞうさんや後から始まったみずいろぞうさんは超人気で、確かヌイグルミを叔母さんに買ってもらいましたもん。今はどこえいったのやら?このDVDに収録されないのは非常に残念ですが、また毎日の楽しみが増えました。でも、今DVDって買い時なんスかね?次世代のHDDVDとか、ブルーレイとかいうのも出てるみたいだし、ホントに今DVDビデオを買ってしまってもいいのかな?話題になった時にただのDVDレコーダーを高いのに買ってその後すぐHDD内蔵ってのが出て結局買い替えたし。これじゃキリがない。
伝説の「大人向け子供番組」

伝説の「大人向け子供番組」
あの伝説の「大人向け子供番組」が帰ってくる!

1992年当時では、ローレゾ(これがまた独特の味を持っていた)とはいえ CG をふんだんに使った番組の構成は珍しく、また内容が子供向けではないほどシュールでおかしいのが特徴。

今見てもそのぶっ飛んだ内容は面白い。でもシュールなので人を選ぶかも。

なお「ミカンせいじん」「がんばれまさおくん」「しかと」などのキャラクターは本番組が発祥。

番組中に枠があった「ノンタンといっしょ」等が版権の問題で未収録らしく、このため「不完全」と名づけられている模様。

『知ってる人は予約しないと、さかもとさんにボコボコに殴られちゃうぞ〜。』
5/31迄なのでお忘れなく。
amazonを使い倒す
Amazon 売れ筋ランキング
CD・ザ・ベスト10
素敵ワインちゃん
[楽天]水着と浴衣の売れ筋ベスト○○
ようこそ株スクール
[Amazon]あまぞn DVD売れ筋ランキング

コメント:
10位のウゴウゴルーガって。えらい懐かしいものが発売されましたね。逆さ読みでゴウゴウガール。
posted by はやぶさ じろう at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い・バラエティ