2007年08月06日

そんなに・・・。

日本映画
2007年8月6日





ゲド戦記 /
ゲド戦記の原作から離れて見た時、現代社会の影を映す見るべき作品

ゲド戦記の原作から離れて見た時、現代社会の影を映す見るべき作品

親に虐待され捨てられた少女テルー。最も身近な愛に裏切られた記憶がいつも寂しさと悲しさを募らせる。
不安で自暴自棄で、立派すぎる父親を殺害し、二分してしまった自分の影(光)から逃げまどう少年アレン。
国を憂い、民を心配するあまり、実の息子を見なくなってしまったアレンの父親であるエンラッド国王。

そして国のあちこちで不作が続き、町は廃墟となり、人の心はすさみ、人が売られ、薬に溺れ、理不尽な事がまかり通り、
世界の終焉、黄昏時を迎える兆しが見えている。

ゲド戦記の原作から一歩離れてみた時、
そこに映るのは世界、そして日本の現代社会の影ばかり。

荒れ地での悲しいほど赤く美しい夕焼けは、
テルーの奥底にある消える事のない悲しみと孤独、
アレンの逃れようのない不安と恐れ、
そして世界の黄昏時を最も印象的に現し、自然に涙が頬を伝う風景。

そしてテルーがアレンに大切なものは何かを訴えかける言葉。
命は一つしかない、必ずいつか失わなければならない。だからこそ尊く儚く大切なのだと。
自分の命は自分だけのものではない。与えられ他者に生かされているもの。
「生きて次の誰かに命を引き継ぐんだわ。」
「そうして命はずっと続いていくんだよ。」
そしてエンディングテーマ「時の歌」でも歌われている「いつの日か、死んでしまう君よ」
胸が詰まり、涙が溢れる言葉。

死を恐れ、永遠の命を求め、世界の終焉を導いていたクモ。
しかしクモが居なくなっても、世界の終焉を本当に防ぐ事が出来たとは言えない。
世界の均衡を崩しているもの。それは人間の底知れぬ欲望。
それは正に欲望のままに自然を喰い尽くし、自らの終焉を導いている、現代社会そのもの。

この映画を見ている時、その姿に、現代の世界、日本の姿が映って仕方ない。
ゲド戦記の原作から一歩離れてみた時、
この作品はその描写が足りない事は否めなく、舞台空間が狭い事も残念だが、
現代社会の様々な影を浮き彫りにし訴えかける、何度も見返して見るべき作品であると思う。

【追記】
「見えぬものこそ。」のキャッチコピーにはあまり賛同出来ない。
見えぬものだけでなく、見えるものも等しく大事だと思うから。
見えぬもの、命、愛 etc、、もとても大事。
見えるもの、限られた資源、地球、親から与えられた身体 etc、、。
両方等しくとても大事なものだと思うから。


確かにこれはゲド戦記ではないかもしれない

確かにこれはゲド戦記ではないかもしれない
原作を読んだ上でこのアニメを見たわけですが、
ル=グウィンのゲド戦記ではありませんね。
つまり宮崎吾朗のゲド戦記なんですね。
私はよくやっているのではないかと思いますね。
ただ、それはDVDで見ているからかもしれません。
映画館の上映が終わって、それなりの批評は見ていますから。
映画館で見た直後にコメントを書いたら、もっと辛口になっていたかも。
ただ、最後にテルーが人に戻っているのは大反対。
アランとの別れの場面はいいとしても、テナーのところへは戻らず、
空を飛んでいる竜たちの元に行くべきだった。
だから、☆4個。

原作を全く知らないのですが

原作を全く知らないのですが
かなりおもしろかったと思います。
原作を読んだ方の評判が非常に悪かったので、映画は見に行きませんでしたがDVDになって興味本位でみてみました。
今までのジブリの作品とは確かに毛色が違い、どちらかというと家族で楽しむためのアニメではないかもしれません。
しかし、ぼ〜っとみているうちにどんどん魅せられて、最後はああ、そういうことだったのかと感動してしまいました。特に後半は久しぶりにドキドキしました。
ゲド戦記としなければ、こんなにたたかれることもなかったのではないでしょうか。
僕の好きなアニメは、アリオン、カムイの剣、少年ケニア、風の名はアムネジア。
この中に今回のゲド戦記が加わりました。
昔のアニメの香りがする良い作品です。





秒速5センチメートル 特別限定生産版 DVD-BOX /
資源ゴミ

資源ゴミ
アニメで初恋や恋愛模様を描かれたって、ちっとも楽しくない。自意識過剰な台詞でグチグチ言ってるけど、ただの自己中の子供の言い訳にしか聞こえない。
救われない話を聞いてスッキリする人がいるのか?
共感するっていうけど、ただの馴れ合いでしょう。
当たり前をアルがままにアニメで描いただけで、目を引くものは何もない。

相変わらず背景にだけはコダワッテルみたいだけど、仮にもアニメならば動画や声優に手をかけろよ。紙芝居みたいだよ。
毒にも薬にもならない糞アニメ。
通常版にはないPV

通常版にはないPV
このDVD-BOXにはサウンドトラックCDなど特典が盛りだくさんなのですが、なんと言っても「One more time, One more chance」のプロモーションビデオが素晴らしかったです。

本編の最後のシーンとリンクさせた映像が、切なさを倍増させてくれます。

通常版かどちらを買おうか迷ったのですが、このPVだけで十分元が取れました。
切なすぎるラストに涙

切なすぎるラストに涙
前作「雲のむこう、約束の場所」前々作「ほしのこえ」はファンタスティックで近未来的な世界観がありましたが、
今回の「秒速5センチメートル」はまさにリアル、小田急線、新宿、見たこと・行ったことのある場所の描写になんだか感動してしまいました

ストーリーも上記の2作とは違い難しい設定なども特にない
言ってしまえば描かれているのは単なる切ない恋心であり、平凡である
しかし、そこに身震いするほどの美しいグラフィック
天門さんの音楽、山崎まさよしさんの歌声でこんなにも人に感動を与えることができる

特に3部目「秒速5センチメートル」のラストは圧巻
言葉では表せない程です





鉄コン筋クリート(完全生産限定版) /
大作ですね。

大作ですね。
さすがは業界をあれだけ騒がしただけの事はありますね。この作品が訴えたい事をすごい考えられます。日本のアニメはこうでないと。ゲ○戦記よりも絶対こっちを買うべきです。
原作も観たくなった!

原作も観たくなった!
ピンポン、青い春、そして本作。
原作はどれも読んだことないけど、これを機会に観たくなりました。
とにかくこの映画面白いです。
シロの声優さんは声優業ではない女優さんだそうですが、めちゃくちゃうまくて脱帽。

はじめて限定版買いました!

はじめて限定版買いました!
原作が大好きなので、「限定版買うっきゃないでしょ」という事で
初めて高価な「限定版」を購入しました。
原作をはじめて読んだ時、松本大洋さんをまだ知らなくて
「なんか変わった絵だな」という感じだったんですが、読み始めたら止まらず、
全巻読み終えるまでに3回は泣きました。(笑)
本DVDは「原作が好きな人」が作っているんだな〜〜と実感出来ます。
声も他の方のレビューのとおり、違和感なしでびっくりしました。
製作スタッフのみなさんに感謝!そんな一本です。
原作を読んだ人も、そうでない人にも是非見て欲しい作品です。
願わくばフルHDバージョンで見たい!出たら買います!!!





ゲド戦記 特別収録版 /
ゲド戦記の原作から離れて見た時、現代社会の影を映す見るべき作品

ゲド戦記の原作から離れて見た時、現代社会の影を映す見るべき作品

親に虐待され捨てられた少女テルー。最も身近な愛に裏切られた記憶がいつも寂しさと悲しさを募らせる。
不安で自暴自棄で、立派すぎる父親を殺害し、二分してしまった自分の影(光)から逃げまどう少年アレン。
国を憂い、民を心配するあまり、実の息子を見なくなってしまったアレンの父親であるエンラッド国王。

そして国のあちこちで不作が続き、町は廃墟となり、人の心はすさみ、人が売られ、薬に溺れ、理不尽な事がまかり通り、
世界の終焉、黄昏時を迎える兆しが見えている。

ゲド戦記の原作から一歩離れてみた時、
そこに映るのは世界、そして日本の現代社会の影ばかり。

荒れ地での悲しいほど赤く美しい夕焼けは、
テルーの奥底にある消える事のない悲しみと孤独、
アレンの逃れようのない不安と恐れ、
そして世界の黄昏時を最も印象的に現し、自然に涙が頬を伝う風景。

そしてテルーがアレンに大切なものは何かを訴えかける言葉。
命は一つしかない、必ずいつか失わなければならない。だからこそ尊く儚く大切なのだと。
自分の命は自分だけのものではない。与えられ他者に生かされているもの。
「生きて次の誰かに命を引き継ぐんだわ。」
「そうして命はずっと続いていくんだよ。」
そしてエンディングテーマ「時の歌」でも歌われている「いつの日か、死んでしまう君よ」
胸が詰まり、涙が溢れる言葉。

死を恐れ、永遠の命を求め、世界の終焉を導いていたクモ。
しかしクモが居なくなっても、世界の終焉を本当に防ぐ事が出来たとは言えない。
世界の均衡を崩しているもの。それは人間の底知れぬ欲望。
それは正に欲望のままに自然を喰い尽くし、自らの終焉を導いている、現代社会そのもの。

この映画を見ている時、その姿に、現代の世界、日本の姿が映って仕方ない。
ゲド戦記の原作から一歩離れてみた時、
この作品はその描写が足りない事は否めなく、舞台空間が狭い事も残念だが、
現代社会の様々な影を浮き彫りにし訴えかける、何度も見返して見るべき作品であると思う。

【追記】
「見えぬものこそ。」のキャッチコピーにはあまり賛同出来ない。
見えぬものだけでなく、見えるものも等しく大事だと思うから。
見えぬもの、命、愛 etc、、もとても大事。
見えるもの、限られた資源、地球、親から与えられた身体 etc、、。
両方等しくとても大事なものだと思うから。


これはダメ

これはダメ
原作者が激怒した、というのも頷ける駄作。
ジブリの新作だからとりあえずは観てみる、ということに終止符をうたせてくれた作品。
ジブリ映画だから

ジブリ映画だから
ジブリ映画だから、これだけ観る人がいるというもの。
そうでなければ話題にもならない駄作レベル。
はっきりいってつまらない。星1つは当然の評価です。

しかしこの監督、今後もジブリを背負って立つのでしょうか?

としたら、「取らせてもらった」様々な記録に奢る事無く
こうした批判を糧に精進して欲しいものですね。

次もこんなレベルだったらジブリはもう見ない。





どろろ(通常版) /
ダメだね

ダメだね
 たしかどろろって子供でしたよね? 子供役の柴崎さん? それにしては歳
取りすぎてる・・・。 子供は子供の役者さんがよかったと思います。


原作を大事にしないのはやはりいけないと思います(設定)
アクションが…

アクションが…
全然駄目ですね。チン・シウトンを使ったのが最大の失敗。日本には下村勇二という最高のアクション監督がいるんだから素直に彼を使えば良かったのに。中国人に高い金出して結果はワイアーばかりのつまらんアクション。音楽も半端な感じ。役者の演技と美術は良かった。かなり期待してたので残念でした。あと、肘マシンガンと膝バズーカは?次回作?
それなりには楽しめるけどレンタルで十分という感じです。
柴崎コウのDr.コトーからの変貌ぶりがあって面白いです。

柴崎コウのDr.コトーからの変貌ぶりがあって面白いです。
注目は、柴崎コウのDr.コトーのおしとやかで、勝気で、そのくせ相手のことを徹底的に思いやる姿。どろろでもその底辺には、女らしさがあるのでしょうけれども、その女らしさをぐっと飲み込んで、しかも、妻夫木を本当は好きなのだけれども、それを口にすることははばかられる。だから表面上はそっけない態度をとるのでしょう。まあ、それにしても妻夫木、柴崎を囲む豪華な出演者。見ていてこれほどまで・・・と思います。中村嘉津雄の渋い演技には感動です。ただ、それに対応して、妻夫木の演技に若干迫力が感じられないのは残念です。が、「SINOBI」の仲間由紀惠、「あずみ」の上戸彩とともに、三大歴史物に加えていいのでは、ないでしょうか。柴崎コウを。





時をかける少女 通常版 /
良かったです。

良かったです。
とても気に入りました。アニメをこんなに真剣に観たのは久しぶりでした。

高校時代ってこんな感じだったなぁ、と思い返したり。高校を卒業して2、3年で目まぐるしく変わった今の自分の生活をみつめてみたり。様々な自分の想いを重ねました。

「未来で待っている」「すぐ行く。走って行く」この台詞が好きです。多分2人が会うことはもうなくて、それでも未来に繋がる物は残っていって。そんなことを想像しました。
いまいち

いまいち
圧倒的に編集が悪いのと、
声優が悪いのははっきりしている。
意味もないのにだらだら長く続けるシーン。
主役の声優のわざとらしい笑い声や泣き声は、
3〜5歳児の声ならフィットするんだろうけど、
とても主役の年齢にあっているとは思えないほど情けない。

まあそうした点もストーリーがおもしろければ吹き飛んでしまうんだろうけど、
ストーリーも今一歩、なんかすっきりしない点がある。

時が戻れてしまう。
それでいいように時をあやつりいいことばっかのはずが、
ある時をきっかけに、時を操ったせいで周囲が狂っていってしまう。
それを修正しようとまた時を戻して悪あがきをして、
余計ひどくなってしまう・・・。

じゃあその結果、やっぱり時を戻すってのはいけないことなんだねってことじゃなく、
結局はすべて時を戻して丸くおさまってしまうってのが、
なんともすっきりしない。
なんだろう、とにかくイマイチ感を覚えてしまう作品。
懐かしさいっぱい

懐かしさいっぱい
尾道から東京下町へ舞台を移し、ほぼ現代の時代設定にしたところで「え〜」と思ったけれど、凄くよかったです。

東京の高校生にしては純情すぎると言うのと、
まことが帰宅部だったのが残念だし、放課後毎日のように野球やるかよ?と感じるところもあるけれど、夏休みに入る前のあの感じ・・・自分の高校時代とほぼ同じ上野周辺の風景に懐かしさを感じました。
最後の荒川の土手も、毎日電車で通ったところでした。

以前のものは未来から来たと言うのは同じだけど、子供のころからの記憶を吹き込みさも昔からいたような感じにさせて近づくと言う高等技術を使っていたけれど、今回の作品は普通に転校生として溶け込んできた。

声優が素人で嫌と言う書き込みがいくつかありましたが、逆に自然でいいと思う。
今の高校生はこう言うしゃべり方をするものである。(特に都内近郊)





バッテリー 特別編 (初回生産限定版) (あさのあつこ書き下ろし小説付) /
野球の魅力を、見事に表現しています。

野球の魅力を、見事に表現しています。
原作は未読で劇場に行きました。

大抵、こういった原作モノが映画化されると、尺の関係でエピソードが削られてボロボロにされますよね。
この『バッテリー』もどうせそうなっているんだろう、と思い、大して期待もせずに観に行ったのですが。
見事に期待を裏切られました。
原作を知らないので余計にそう思ってしまうのかもしれませんが、あの長い原作(たしか5,6巻出てますよね?)を上手くまとめ上げています。
野球がもつ『さわやかさ』もしみじみと感じることの出来る秀作だと思います。

登場人物たちも個性豊かで魅力的でした。
主人公の巧はかっこ良いし、その弟の青波も可愛い。
豪くんは・・・・・・・ものすごい好みでした(笑)
チームメイト達も良い子たちばかりです。

野球を好きな人はもちろん、そうでない人も是非。

最後に。
この作品のおかげで、さらに野球が好きになれました。ありがとうございました!
かっこいい!

かっこいい!
タイトルにも書きましたが、
主役である巧のピッチングフォーム、走り込んでいる姿、 男から見てもかっこいいです。
野球部のいい部分とイヤな部分も描かれていて、とても面白かった。クスッと笑えて、そして泣ける、いい作品です。
野球好きも、そうでない人も、観て下さい。

野球好きも、そうでない人も、観て下さい。
中学への入学を控えた春休み。
祖父の家に引越してきた巧。
巧は野球に全てをかけている少年だった。
引越し早々、巧は豪という少年と出会う。
そして、彼らはバッテリーを組むこととなる。
二人は仲間とともに中学の野球部に入部するのだったが…。

キャッチボールを観て泣いたのは初めて。
巧と豪の成長の物語なんだけど、原作を上手くまとめたと思います。
野球を良く知らなくても十分楽しめると思います。
評価は星5つ。
久々に満足のいく作品でした。
絶対観て損はないですよ。





どろろ コレクターズ・エディション /
うーん…

うーん…
散々な批評をうけていますが、そろなりに楽しめると思います。
ただ監督の発言がね…。
DVDの発売前に雑誌等でプロモーションしてらっしゃいますが、冒頭のアクションは私が撮影したから評判がよくて嬉しい的な発言にどん引きでしたね。
アクション監督は自分が指名したと発言してるのに。
責任転化もいいとこです。
2に期待してますが、この監督では…ってとこですね。
ただ俳優陣はいいと思います。
原作の風味を壊してないよっ!結構好きかも

原作の風味を壊してないよっ!結構好きかも
評価が微妙でしたが、原作が一般人には不人気な評価だけど自分は大好きなので、どろろ役が何故か柴咲コウだし、百鬼丸は妻夫木だし優男過ぎだよなと思ったけど、何故か不評すぎるデビルマンも購入した自分は予約して購入。結果……、いいじゃん、これとってもいいじゃん。柴咲もいい味出しているし(むしろ原作ラブを感じる)、そういえば原作も優男だよね百鬼丸。内容的には原作の設定を、原作のファンが今風に少しばかり過激にアレンジして、原作を愛して制作した感じが気持ちよいです。これは原作ファンは見なければ、かなり損しますね。但し特典の小さな原作マンガですけど、ファンは当然所有しているので、問題ありませんけど仕事が忙しくて、疲れ目気味な自分(老眼では断じてありません)には絶対に読む気が沸きません。これは微妙なオマケだと思います。
どうもね・・・・・・

どうもね・・・・・・
この頃こういう日本映画に妻夫木出すぎだと思う。あーあまた妻夫木か・・・とおもうようになりました。どろろの原作はよかった。原作と映画は全く別のものとしてみたほうがいいと思います。期待はないね





アンフェア the movie /
どうせならすっきりするまでやりましょう!!

どうせならすっきりするまでやりましょう!!
ドラマ、スペシャル版と続いてきたアンフェアの最終章!!
…ということで、かなりの期待をして見ました!
確かに今までのテレビの流れをうまく汲みつつ、
新しい単体作品としてもしっかり作ってて、面白かったです。
さらに、実はまだ続いていくんでは??と思わせるような、
仕掛けがちりばめられていて、アンフェアファンの私には、
「さらに続編やります!!」という意思表示にしか見えなかったりしました(笑)
しかし、このまま続いていくと個人vs国家権力ってな話になりかねないので、
こんな終わり方が妥当なのかなぁ・・・

しかし、篠原涼子はかっこいい。彼女を見るだけでも価値ありか。
おもしろいのだけれども

おもしろいのだけれども
完結してませんね。

ただこれ以上やっても裏切りの連鎖を生むだけなのかもしれませんね。

伏線がいろいろ張られてはいますが、消化できずに残ってしまっているのが残念です。

あと、今回の黒幕はイマイチオドロキが少なかったのが非常に残念です。
でも、個人的に娘を救出にいく篠原さんはかっこいいので、是非みてください。
二人の演技シーンにはジーンときてしまいました。


確かにまだ続きは作れそうですが

確かにまだ続きは作れそうですが
これ以上話を続けるとなると、本当に警察という組織を雪平がどうにかしないといけないような…警察上層部が敵なわけなので。続きは作ってほしい気もするんですが、映画のラストシーンの犯人である彼と敵対するシーンは見たくないなー個人的には(笑)
映画としては、突っ込みどころは色々ある(例えばこっそり潜入してるはずの雪平のハイヒール?の靴音が常に響いてるとか)ようにも思いましたが、ベテランな俳優さんが多いし、私はかなり楽しめました。ただアンフェアの最高傑作、と言われると???ですけど…やっぱり連続ドラマが1番かな。ただ今回は娘の美央の為に戦う、今までで1番母親らしい雪平が見れます。相変わらず美央ちゃんは可愛いですね。アンフェアにおける癒しだと思います(笑)






地球へ・・・ /
キース・アニアン

キース・アニアン
何気なく夕方テレビを観ていると、なんだか観たことのあるようなアニメをやっているではありませんか!そう ゛地球へ…゛小学校の時かなり話題になったアニメでした。絵柄は確かに現在放送されているものには及びませんが、キースの声は沖雅也さんがやはりハマってますね。スコッチ刑事などニヒルな役をされていました。今生きて居られたら声優としてもかなり活躍されていたと思います。残念です。現在のキースよりも、この作品のキースに人間的魅力を感じます。
ずっと心に残っていた作品

ずっと心に残っていた作品
私がこの作品を観たのは私が中学生位の頃だったと思います。当時は宇宙戦艦ヤマトや銀河鉄道999の劇場版が次々に公開されそれぞれがかなりの観客動員数を記録していました。松本零二派だった私はこの「地球へ・・・」という作品はストーリー的にもキャラクター的にも異質なものでした。しかし観終わって劇場を出た時には感動でしばし呆然としていたものです。キャラクターはやっぱりキースが一番好きです。映画のエンドロールで声の出演が流れますが最後の最後にキース・アニアンの名前が出た時には鳥肌が立ちました。今、テレビで新しい「地球へ・・・」が放送されていますが、この劇場版があまりにも強烈に印象に残り過ぎてテレビ版が物足りなく感じています。まだ劇場版をご覧になってない方は是非1度ご覧になることをお勧めします。決して後悔はしないと思います。
今見ると傑作

今見ると傑作
当時映画館で見て、絵はきれいだけれど内容的に「?」でした。キース・アニアンのかっこよさだけが印象に残っていました。今見ると大人の鑑賞に耐える作品と感じます。
普通、人類は宇宙を目指すのに、地球に帰ってこようとするのはある意味斬新。宇宙船のデザインも異色です。
ミュウやキース・アニアンの設定はガンダムのニュータイプやシャアと通ずるものがあります。
意図的でしょうか、ミュウ迫害からはナチスドイツのユダヤ人迫害が、ミュウ対人類の壮絶な死闘からは自由主義対共産主義の戦い、ひいては米ソの最終核戦争が連想されます。(当時ソ連はバリバリ現役でした)
難解な雰囲気でお茶を濁されたようなラストが残念ですが「哲学的」と肯定的に評価しましょう!
30年弱経って、この作品を見なおしました。
amazonを使い倒す
Amazon 売れ筋ランキング
CD・ザ・ベスト10
素敵ワインちゃん
[楽天]水着と浴衣の売れ筋ベスト○○
ようこそ株スクール
[Amazon]あまぞn DVD売れ筋ランキング
[Amazon]あまぞn 腕時計売れ筋ランキング
楽天コスメ・メイク(化粧品)ランキングベスト○○

コメント:
そんなに変化ありませんね・・・。
posted by はやぶさ じろう at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本映画

映像特典も必見です

外国映画
2007年8月6日





不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション /
映像特典も必見です

映像特典も必見です
皆さんが述べられている通り、映画としては微妙ですが講義としてはトップクラスの出来だと思います。

映像特典に映画完成後の追加講義が含まれていますので、そちらもぜひ確認してください。
永久凍土のメタンや海水の酸性化について述べられています。
講習みたい

講習みたい
 パッケージからしてエコロジーです。紙で出来たパッケージで薄いです。

内容は、ゴアさんの講義をほぼそのまんまDVD化ってカンジです。
地球の美しい映像もあったので、大画面でみたいです。
ゴアさんの話し方もユーモアを交えてて、分かりやすい内容でした。
入りやすい内容だけど、きちんと訴えかける感はありました。
映画、では無いです。本も出てますが、本は細かく、重いし分厚いので、DVDという映像も通してみたほうが、良いかも。
 今、こんな時代だからこそ必見のDVDだと私は思います。
世界の中心で真実を叫ぶ男!人間として必見!

世界の中心で真実を叫ぶ男!人間として必見!
根拠のない先入観として、ゴアさんの選挙活動?、適当なデータで話題性を誘う映画?状況報告だけで解決策などない内容の暗いテーマ、何て勝手に思っていた。鑑賞後に猛烈に反省しています。本作は実に見事なドキュメンタリーであった。ドキュメンタリーなのに、名作「スミス都へいく」や「サイレントランニング」を思い出させて胸が熱くなった。真実に気づき、世界各地で1000回以上もの講演をし、地球温暖化の危機について訴えかける男。映画はアル・ゴア氏の講演を観客が受けるような内容。分かりやすく説明してくれるが、次から次へとたくさんのデータが出てきて頭はいっぱいになる。何より客観的にデータを分析しているので説得力は抜群。科学者により温暖化否定論の正式な論文は一度も出たことがないことや、温室効果ガスが温暖化と非常に密接な関係にあることが疑う余地もなく理解できる。地球に起こっていること。そして、個々人の努力で解決できる道があることまで、明快に説明してくれるのは気持ち良い。一人でも多くの人間に観てもらいたい映画だが、小学生以下の子供には難しすぎるかもしれない。高校生以上、地球に住むすべての人間へお薦め。政府が動かなくても個人の努力で何とかなるなんて思ってもみなかった。この映画は面白い、面白くないではなく、観るべき映画。アル・ゴア氏にはアカデミー賞ではなく、ノーベル平和賞をあげて欲しい。





ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション /
とっても面白かったです!

とっても面白かったです!
歌が良かった!みんな、すごい歌唱力!
美しく、ゴージャスな雰囲気に圧倒された!

存在感あるエフィー(ジェニファー)の生き様、
ディーナ(ビヨンセ)も華があって美しかった!

多才なスターの魅力で130分がアッという間、
いい歌もいっぱいで聴きごたえがありました!

歌で仕事するなら、その時代にマッチすること!
ステージ映えするようダイエットも必要なのね〜。

ダイアナ・ロスの実話を基にした物語なので、
当時の時代背景も妙にそそられ面白かったです!
今宵、貴方に最高のサウンドドリームを・・・

今宵、貴方に最高のサウンドドリームを・・・
一言で言うと最高でした
ミュージカルらしくずっと音楽を聴けたのが
個人的に大満足でした
ラストはラストナンバーで大円満で終わるのですが
劇場で見ていたら拍手喝采
まさにスクリーン上、自宅いろいろな場所で楽しめる
ミュージカルですね
よって★5
さぁ、今すぐチケット(DVD)を渡して最高の約130分をぜひ
モータウンやシュープリームスを知らない世代にもおすすめ!

モータウンやシュープリームスを知らない世代にもおすすめ!
モータウンやシュープリームスを知っている世代には、それと照らし合わせながら楽しめます。知らない世代にもこのような黒人音楽の時代があったことは興味深いと思います。そして、映画の中で、どんどん輝いてオーラを見せてゆくビヨンセはすばらしいです。他のキャスティングもピッタリです。ミュージカルというほど歌でセリフを言う感じではないので、ミュージカルが苦手な方も楽しめます。





ナイト ミュージアム (2枚組特別編) /
At night history comes alive

At night history comes alive
Larry Daley (Ben Stiller) a dreamer, an entrepreneur and an inventor is in-between income opportunities again. This would o.k. except ex-etux (Kim Raver) is under the impression that he is a drifter and a negative influence on their son. Realizing she may be right it is off to serfdom. After a frantic one day search he lands a position as a night guard at the museum. He is handed instructions and told not to let anything in "or out."

Getting to the point takes some time in this movie but it is necessary as we are watching a balance between a serious parent child exchange and an almost, o.k. a slapstick quasi animated movie. It is difficult to rate the movie with any meaning as you have to be predisposed to Ben Stiller type of humor or it will be just down right dumb and dull formula. However for those that are predisposed this is one of his best and mostly improved performances.

The supporting cast and adds greatly to the fun. Who would ever in a million years expect that maniacal smirk on Dick Van Dyke's face? The monkey was in great form and had a good sense of aim. Robin Williams that usually ruins a film with over acting was subdued enough to let his wax character take front stage.

Everyone went out of the way to make sure the actors and one-liners took precedence over the back-drop and sets, however you do not need HD formatted DVD's to appreciate that you never once think they are props. However a 1080 display helps.

For me one of the highlight is finding out the nature of the Treasures Rex and the scene with his dyno toe on the water fountain.


手堅く安定したオモシロさ…

手堅く安定したオモシロさ…
役者の演技も安定しているし、予算を掛けた大作なので手堅く良く出来ています!ちょっと歴史の勉強にもなります?ただ暗い場面が多く見づらい箇所が何点かあり残念です…映画館ではしっかり見えていたのにDVDで画質が悪くなった感じです!
モアイに注目していたが、とくに意味なし。

モアイに注目していたが、とくに意味なし。
ゆるいノリですが、とても楽しい映画でした。事は重大だが、自分が思っているほど深刻ではない。人生、前向きにみればチカラも湧いて出る。そんな解釈で見ました。
個人的にベン・スティラーの魅力が存分に発揮されたかどうか、こちらが期待しすぎたぶん星が3つになりました。かゆい所に少し手がとどかなかった印象。ロビン・ウィリアムズ主演の「ジュマンジ」が一瞬、頭を過ぎった。





パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャル・エディション /
求めるものを指さないコンパス。

求めるものを指さないコンパス。
前作の魅力がどこかへ行ってしまいました。
同じスタッフが作ってどうしてこうなるのか不思議です。

何が違うのかと考えて、思い当たるところがありました。

前作は、登場人物が皆、自分の望みをしっかり持っていて、それに向かって少しずつでも進もうとしているところから、始まっていたと思います。
ビルはエリザベスにあこがれながら日に3時間剣の練習をし、エリザベスは隠し持ったメダルとともに、心密かにビルへの想いを育て、ジャックは自分から奪われたすべてを取り戻すために、ただ1つの玉をこめたピストルを肌身離さず持っていた。
それぞれが今どうすればいいのかはわからずとも、自分の望みに対する想いは揺るがずに持っていて、それがいつの間にか絡み合って、ドラマが動き出す。
そんな高揚感こそが、この映画の魅力だったんじゃないかと思うのです。

この2作目にはそれがありません。
登場人物は何を求めるでもなく、なんとなく事件に巻き込まれていくだけのように思えます。
それを象徴しているのが、ジャックの持つ、自分の求める物の在り処を指すコンパスです。
前作ではブラックパールの方向をはっきり指していたそれは、今作ではフラフラして方向が定まりません。
2のジャックが一番いいですね。

2のジャックが一番いいですね。
3部作見終えた後でどれが一番好きかと聞かれればやはりこの2でしょうか?まとまりのなさと混乱、落ち着きのなさ、座りの悪さが海賊映画というジャンルを表現しているようでかっこいいです。1はまとまりがいいですがジャックの出番が少ないのが不満ですし3はつじつまあわせとスワン、ウィルが主役ですのでいまいちでした。やはりジャック好きな方は2が一番でしょう。
繰り返し観たくなる

繰り返し観たくなる
シリーズ3作品の中では、このデッドマンズ・チェストが最も冴えていると私は思う。スリリングな展開、予期せぬ登場人物、映像と動きのおもしろさ、秀逸である。繰り返し見たくなる作品だ。





ラブソングができるまで 特別版 /
music& lyrics

music& lyrics
ヒューグランドとドリューバルモアのラブコメディ。
80年代のポップススターが、起死回生のチャンスに、錆び付いた才能を彼女が手助けしてくれる。初顔合わせでしょうが、良かったです。
80年代のポップスを懐かしく思う人々に捧げる映画です。
監督は、恋愛小説家、トウウィークスノーティスを撮ったマークローレンス、上手い演出です。
はじけたヒュー・グラントに星5つ

はじけたヒュー・グラントに星5つ
なんとも「懐かしい」感じの音楽と
時代を感じるプロモーションが一曲分流れてから始まるこの映画。

この出だしが好き(笑)

一つの曲を作り上げていく上で
2人の恋が芽生えるという、シンプルなラブストーリー。

私の大好きなキャストがW主演なので
迷うことなく観に行きました☆

役の2人が作った曲、耳に残るいい曲♪

80年代ファンに・・・

80年代ファンに・・・
80年代、MTVやBest Hit USAの
ファンだった人たちに捧げたい映画です。
当時のビデオクリップってホントあんな感じだったもんね。
80年代を知っているあたしは冒頭から大爆笑でした・・・。

ヒューやドリューがホントに歌っているサントラもおすすめ!!
映画を観た後は、なんとも言えないHappyな気分になれますよ。
ヒュー様ファン意外でも十分に楽しめる、
そんな、ステキなラブコメです。





ハッピー フィート 特別版(2枚組) /
美しい映像と、コミカルな動きに感動!

美しい映像と、コミカルな動きに感動!
この映画に関しては、音楽の評価が高かったので
本編を見る前に、サントラを買ってずっと聞いていました。

そして、発売されて、見たのですが・・・
おもしろかった!!!

内容は、言うまでもなく、「歌えないペンギン」がダンスで個性を
見出し、最終的にはペンギン界を救う、といった内容ですが、
映像がとっても綺麗で、ドキュメンタリー映画「皇帝ペンギン」の
ペンギンの本音版のようなシーンもあります。

主人公のマンブルが、逆境に耐え成長していく姿、
自分を理解してくれる仲間との出会いなど、ベタなストーリーでは
ありますが、何万匹ものペンギン達が、ステップを踏む姿は圧巻です。

ダンスをこよなく愛する、イワトビペンギン5人衆
「アミーゴズ」はかなりいい味だしてます。

いじめ、環境問題など、現代が抱える問題をコミカルに分かりやすく仕上げた作品
だと思いました。
うーん・・・・・・

うーん・・・・・・
非常にかわいい映像せすが、ストーリーに面白さが掛けているように思います。
いつも子供たちに購入すると何度も「観たい」といいますが、
今回の作品は1度見たきり「観たい」といわないですね・・・
そういう意味では「期待外れ」だったとは思いますが、
「かわいさ」は十分に楽しめました。
もう少々内容の濃いものだと良かったですね。
「ミュージカル風」の部分は非常に楽しめますよ!
楽しいけど結構シニカル

楽しいけど結構シニカル
コメディの要素よりも、一羽のペンギンの生長物語に加え、魚の乱獲で生存をおびやかされているペンギンの目で見た人間文明のシニカルな描写まであり、子供から大人までの観客を満足させるエンタテインメントとしてなかなかの力作です。ペンギンの目で人間を見ているシーンがなかなかいいし、このテーマを子供にも判り易く、大人には納得させられるだけの説得力があった。
結局のところは、いつものアメリカンご都合主義に戻ってしまうのが残念だったものの、子供アニメの中でこの意外性、むしろアニメの無邪気さの中でやった意義は大きいと思います。

本作最大のウリはもちろん、使われる楽曲とペンギンたちの歌とダンス。k.d.ラングの歌うビートルズの「ゴールデン・スランバーズ」から始まり、プラターズの「オンリー・ユー」、ニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンがデュエットで歌うプリンスの「Kiss」とか、もう、全編音楽であふれています。
もちろん、予告編であったスペイン語の「マイ・ウェイ」も。ビーチボーイズの「アイ・ウイッシュ」をバックにペンギンたちが海中を縦横無尽に泳ぎ踊るシーンも圧巻の一言だし、卒業式でブリタニー・マーフィが熱唱するクイーンの「愛にすべてを Somebody To Love」も涙もの。アース・ウィンド・アンド・ファイヤーの「ブギー・ワンダーランド」でペンギンたちのノリノリのダンスもよかった。

ペンギンたちの映像は生々しく、可愛い。今のCG技術ならもっと生々しくすることもできるところを、ちょっとやわらげているところが余裕で、むしろ、CGをCGらしくなく使うのが粋なんですね。(笑)





ホリデイ /
幸せな気持ちになれました

幸せな気持ちになれました
ホームエクスチェンジだなんて面白そう!
新しい出会いがあるのもステキですぅ〜♪

散らかった部屋に住む私には、到底できない
習慣だけど、ちょっと憧れてしまいました。

ちなみに私だったら、マイルズがいいな〜。

彼女のために曲を作ってしまう男性だなんて、
他がどんなにダメ男でもカッコ良く思えます♪

現実なら、あんなに上手くいかないような
物語でしたが、一時の楽しい夢を見れました。

異国で、ああいうバカンスを過ごしてみたい!
幸せな気持ちになれるハッピーな映画でした♪
楽しく見れます

楽しく見れます
ほのぼのとした映画です。忙しい日々に疲れたときなど、
ホッとできる映画だと思います。テンポもよく、先の展開
が見えてしまいますけど、でも、楽しい映画だと思います。
ラブコメの王道!!

ラブコメの王道!!
監督は「恋愛適齢期」のナンシー・マイヤーズで、女ごころを巧みに描き込む得意のラブコメです。まず、アメリカとイギリスに暮らす2人の女性が、クリスマス休暇の間だけお互いの家を交換する「ホームエクスチェンジ」という設定が面白い。

泣けない女と泣き虫女。セレブと普通のOLという対照的な2人のヒロインが、滞在先でそれぞれが運命の出逢いをするなんて設定からして、かなりベタ。でも、アイリスが夢心地になるゴージャスなハリウッド・ライフも、アマンダが旅先だからこそ仕掛ける後腐れのない関係も、女心をくすぐるはず。
また、グラハム(ジュード・ロウ)の子供たちとアマンダが子供部屋のテントでなごむシーンとか、メイヤーらしい演出が楽しいし、アマンダの涙にまつわるエピソードも上手かった。上手いといえば、ジャック・ブラックの「炎のランナー」「風と共に去りぬ」「ジョーズ」などの映画音楽トークも相変わらずのオタッキーぶりが役にぴったり!!
レンタル店で、「卒業」の主題歌「ミセス・ロビンソン」を口ずさんでいるときに、あの人のカメオ出演には驚いた。(笑) 

また、自分の人生を予告編風に客観視してしまうアマンダの職業病など、映画好きをニヤリとさせるスパイスも効いていたね。





パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち /
娯楽作品として素直に楽しめた。

娯楽作品として素直に楽しめた。
今日「呪われた海賊たち」最後まで見ました。 ジョニー・デップ扮するキャプテンジャックスパロウ
の不思議で明るく面白いキャラクターに圧倒されました。 ある映画雑誌のインタビューで「子供を喜ばせる為にパイレーツシリーズに出た。」と話していたジョニー。ジャックのキャラクターがとてもインパクトに残りました。本当に心底ジャックを楽しそうに演じている雰囲気が伝わって来ます。ジャックのシーンで一番笑ったのはウィルとインターセプター号を奪う時のシーンです。あとオーランド・ブルーム扮するウィル・ターナーの真っすぐな好青年ぶりも光っていました。2作目と比べ1作目は娯楽作品として素直に楽しめました。 
海賊物語第一部

海賊物語第一部
この作品はパイレーツオブカリビアン三部作の第一部です。
未だ見た事が無い方、どうか見て欲しいです。
流行物だから見たくない!どうせ大した内容じゃないに決まっている。
と思っている方、本当にそう思いますか?

私はこの作品を何度見ても飽きません。
海賊物が珍しかったのもありますが、登場する味のある物がとても気に入っています。
内容も終始、独特な雰囲気を保っています。

続編は第二部デッドマンズチェスト、第三部ワールドエンドです。
第一部を見たからと言って無理に第二部を見る必要は無いと私は思います。
多くは語りません。どうか先入観の無いあなたの目で確かめて下さい。
パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち だっちゅーの

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち だっちゅーの
 大学入学した頃にこの映画が上映されました。まわりに勧められたものの最近まで見ないままだったのですが、日曜洋画劇場で放送されてDVDまで買いました。この映画は「インディ・ジョーンズ」とか「ターミネーター2」とかと同じようないわゆるベタなかたちの勧善懲悪の映画ですが、これが不思議と魅力があります。ジョニー・デップはもちろんかっこいいです。ただそれ以上にそれはクールな芝居やこの映画の海賊の粋な生き方などにかっこよさを見た気がします。エリザベスとウィルのやり取りはあんまりこの映画に必要性はないと思いました。やはりこの映画はディズニー映画で夢を与えてくれると思いました。





デジャヴ /
馬鹿ばかしさが癖になる。

馬鹿ばかしさが癖になる。
皆さんおっしゃるとうりのドラえもんネタですがそこがまさにこの映画のよさでしよう。CSIみたいな映画かなと思わせてこの破天荒な展開がかっこいいです。70年代のアニメのような面白さがありこの手の物語に豪華キャストと潤沢な予算がかけられているのが最高にいいです。変に病みつきになる映画です。それにしてもバルキルマー太りましたな。
頭を使う映画。

頭を使う映画。
極上の謎解きとサスペンスと思って観ていると、 途中でいきなりSFにギアチャンジする。でも根本は恋愛物に近い。
『イル・マーレ』のように、 『ある日どこかで』のように、それが恋愛感情かどうかはわからないけれど、
惹かれた相手に時を超えて引き寄せられていく心の過程が描かれる。

いきなりのギアチェンジと幾ばくかの辻褄の合わなさにも関わらず、後味は良い。 主人公も女性も、犯人もFBI捜査官
も、登場する一人ひとりの造形がわりとしっかりしてるから、 話の流れが納得できて、齟齬を感じる間の悪さがない。
ふと判らなくなりはするけれど、話の流れには乗っていける。 頭を使う映画。 結構、好きです。

視野半分ずつ、過去と現在を見ながらのカーチェイスも、新しい発想で面白い。
(それにしても、現在で事故られた車の運転手が不憫ですね、ぜ〜んぜん関係ないんだもん)
終了後、話全体にまだ少し了解を得ないところがあって、 つい繰り返し観てしまいました。
で、あの後はどうなるの?

ニューオリンズの魅力的な街並の雰囲気を、 ハリケーン・カトリーナの爪痕と上手く織り交ぜながら見せたところが、
映像の質を高めていたと思います。
面白けりゃいいです

面白けりゃいいです
荒唐無稽のハチャメチャ展開&やたら金の掛かったド派手なアクション・シーンがウリなのですが、本作もやっぱりその例外ではありません。冒頭から、超ド派手な爆発炎上シーンで『つかみはOK!』というパターンですが、それも良し。(笑)

それで最初は、捜査官ダグ(デンゼル・ワシントン)の優れた捜査で観客を魅します。
ところが、ここで突如スパイ衛星による驚きの監視システムが登場。記録データから再構成される過去(4日と6時間前)の映像を自在に覗き見ながら犯人を突き止めていくという展開となります。このあたりがブラッカイマーの真骨頂で、「荒唐無稽な設定を大真面目に見せて、客のド肝を抜いて楽しませる」という、いかにも彼らしい「恐ろしく金の掛かった超A級映像で楽しませる超B級ネタ」。判っていても見ちゃうんですけどね。(笑)

中盤までは荒唐無稽ながらも、ハラハラドキドキしながら楽しめるのですが、物語はさらなる飛躍を見せ、SF物に変わってしまいます。それも時間がらみのSF、タイム・パラドックスス物と言ってもいい。純粋な刑事サスペンスを期待していたり、「デジャヴ」という映画タイトルから、心理的な物語を想像していたら、この展開にビックリどころか噴飯ものでしょう。私は、「おい、をい」とは思いましたがブラッカイマー映画だから大きな驚きはありませんでしたが。(苦笑)
ツッコミどころは満載ながら、すごい迫力のカーチェイス(このシチュエーションが斬新)もあるし、ラストまで飽きさせないパワーはありました。
ところで、ヴァル・キルマーは、ずいぶん肥っちゃったなぁ...。





ハンニバル・ライジング 完全版 プレミアム・エディション /
とても良い

とても良い
皆さん、結構評価が厳しいですね・・・・
個人的には今までで一番良い映画だったと思うんですが・・・
犯罪を犯す人ってやっぱり生まれたときからそうな訳じゃないということとか、
そういう人って好きな人はとても大切にするところとか、彼の心理など
そういったところがとてもよく描かれていると思います。




少しお粗末じゃありませんか、制作者のみなさん

少しお粗末じゃありませんか、制作者のみなさん
この映画をどう評価しろというのだろうか・・・・。

まず、まったくハンニバルが怖くない。
やたら日本刀とか面とか、中国人女優扮する日本女性とか、
とにかく小道具として日本のものが出てくるのだが、日本人からしてみると「それ違うだろ?」という、洋画にあるいつものパターン。
他のシリーズとの関連性が殆どない。
敵との心理戦というか、心理戦をできるだけの敵が設定されてない。

結論として、☆2つが精一杯。
よっぽどのハンニバル・シリーズのファンでもない限り、買っても、すぐ誰かにあげたくなるでしょう。
あくまで外伝として観たほうが良い

あくまで外伝として観たほうが良い
 この作品はアンソニー・ホプキンスが出演した「羊たちの沈黙」「ハンニバル」の本流にはない作品として観たほうが良いです。同じ世界を扱った内容ですが、主演はホプキンスとは骨格からして違うギャスパー・ウリエル。彼の演じるハンニバル・レクターがいかにして狂気に目覚めたかを描いています。
 突っ込みどころが多々あり、まずハンニバルの保護者となったレディ・ムラサキを中国人女優が演じていること。考えすぎかもしれませんが、「アジア系なんだから中国だろうと日本だろうと同じでしょ?」と製作者側は思っているのでは?多民族国家のアメリカならではの考え方かもしれませんが。
 次にその日本人レディ・ムラサキの演じる日本人像というのが「いかにも外国人が考えそうな日本人」で、なんだかお粗末です。普通の日本人は洋館に甲冑と刀を飾って毎日お祈りをしたりはしないと思います。
 最後に敵役の人たちがあまりに普通の悪党であること。前3作の狂いきった犯罪者相手ではなく、一山いくらの悪党であるために魅力に欠けます。
 全体として、普通の映画です。ハンニバルである必要が感じられませんでした。それでも普通のサスペンス映画としては、星3つの価値はあると思います。
amazonを使い倒す
Amazon 売れ筋ランキング
CD・ザ・ベスト10
素敵ワインちゃん
[楽天]水着と浴衣の売れ筋ベスト○○
ようこそ株スクール
[Amazon]あまぞn DVD売れ筋ランキング
[Amazon]あまぞn 腕時計売れ筋ランキング
楽天コスメ・メイク(化粧品)ランキングベスト○○

コメント:
一人一人が意識しなければいけない問題。それが地球温暖化です。
posted by はやぶさ じろう at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国映画

2007年08月02日

変化せず

DVD総合
2007年8月2日





Never Ending Wonderful Story【初回生産限定仕様】 /
絶対ほしぃ(>_<)

絶対ほしぃ(>_<)
NEWS復活から初のLIVE DVDは買わなきゃ後悔しちゃう!!!!
各県のドキュメント付きのメンバーの普段が見れるDVD(*^_^*)
絶対にほしい(>_<)(>_<)
NEWSファンは絶対買うべきだと思う(*^^)v

ずっと探してました

ずっと探してました
このDVDをずっとさがしてたのでみつかってとってもうれしかったです
☆待ち望んでた☆

☆待ち望んでた☆
NEWSファンの誰もが待ち望んでいたでぁろぅ感動の復活魂。このコンサートに行けなかった人にゎもってこいの収録内容!たぁくさンの良い曲が収録されてて最高なDVDに仕上がってると思いまぁす☆☆しかも-NEWSゎ久々のLiveDVDなので絶対に買う価値ぁりで-す。





ダイブ・トゥ・ザ・フューチャー、ダブル(複体)、蹴鞠師 スペシャルDVD BOX /
飛・弾・蹴

飛・弾・蹴
スポーツ・サスペンス・アクションの3種類違ったドラマに挑戦!!
普段バラエティなどで面白い関ジャニ∞が真剣に役者として男を魅せます☆





ゲド戦記 /
ゲドの名前をつけないで欲しかった

ゲドの名前をつけないで欲しかった
狂気のゆえに大罪を犯した少年が自分を取り戻す話としてなら、見られないことはありませんが・・・・・
ジブリ独特の美しい色と音とにのって駆け回るのは、アシタカ・ヤックル・クロトワ・荒地の魔女・・・・・ゲドと言うよりもユパ様。
製作者たちは原作を読んでいないのでは?映画化に当り、エピソードに手を加えたり、大事な台詞を他の人物に言わせるのはよくあることですが、これはひどすぎます。
誠実で愛情深いアレンの両親を侮辱し、アレンには親殺しと反逆の罪を負わせて、その未来に王座の代わりに死刑台を与えています。世界の綻びを食い止めようとするゲドの旅は、同時にアレンがアースシーの王となるためのイニシエーションの旅であるのに。
説明もなく登場するテナーは港で待つ大賢人の女で、ではテルーは何?
Earthsea Booksを繰返し繰返し読みました。あの壮大で気高い世界は、生まれた者が生きるとはどういうことで、大切なものは何かを、心の奥底に静かに問いかけてきます。
ジブリに大切なものを踏みつけられた気分です。

自分としては面白かった

自分としては面白かった
予備知識の全く無い状態で観ました。
世間での評価はあまり高くないことは知っていましたが。
内容は均衡という言葉を用いて世界や生き方のありようをやや説教くさく語っていました。
たしかによく分からない点もありましたが、ファンタジーとしてもなかなかに熱い場面もあって面白かった。
キャストも主人公のアレン以外は上手かったのでまあいいでしょう。
全ての作品に言える事なのですが、
世間での酷評は、それはそれとして、あくまで参考という風に考えて一度観てみてはどうでしょう。
価値観は違う。何かを得る人もいるでしょう。
ブルーレイ版お願いします

ブルーレイ版お願いします
ブルーレイ版のゲド戦記が欲しいです。
できれば、ブルーレイ版のもののけ姫と千と千尋も欲しいです。
まあ、赤いの千と千尋は勘弁してください。





Bootcamp Elite Mission One: Get Started /
革新的な有酸素運動と筋トレ

革新的な有酸素運動と筋トレ
1.ウォーキング(有酸素運動)は歩くだけで退屈
2.筋トレ(無酸素運動)は辛くて続かない

そんな方に向いている作品である。
有酸素運動は脂肪を燃やし、筋トレで付く筋肉は基礎代謝を上げる。
”痩せること”を目的とした場合、この2つは必須である。

この作品は、有酸素運動と筋トレ(あくまで軽負荷)が、畳2枚程のスペースで、
楽しく、誰にでもできるようつくられている。(そりゃ売れるわな、よく考えたものだ)
ただ運動がお居留になってる方にはちとキツイので、吐く前に休み休みやることをお勧めする。
チューブはペットボトル等で代用できるし、無くてもいける。
全身くまなく運動が行き渡るようにつくられているので、時間的効率性も高い。

ただ、ビリーのように”ムキムキ”になれるわけではない。(あの身体は高負荷のウェイト
トレーニングが必須)あと、長時間の有酸素運動は、筋肉を落とす効果もあるので現在既に
”ムキムキ”で体重を落としたくない方にはお勧めしない。

この作品は、あくまで”引き締まった身体”を手に入れる為のものである。

このミッション1で慣れて来たら、ミッション2でさらに引き締まって頂きたい。
一ヶ月でウエスト-7センチ!

一ヶ月でウエスト-7センチ!
 週3回程度しかできなかったのに、ウエスト-7センチは自分でも驚きです!運動苦手で、おなか周りの脂肪もとれにくい年頃の私でもこの結果がでました。アップテンポでとても楽しいですから、普段運動不足の方でも続けられるのではないでしょうか。私は負荷はペットボトルに水で始めました。サウナスーツとVAAMで入隊してます。キックやパンチでストレスも解消できて、終わった後は汗びっしょり&気分爽快です。
ちなみに体重は一ヶ月で-2Kg,体脂肪-3%でした。かなりいいですよ!
入門編

入門編
このミッション1は、後にミッション2,3をやるための入門編だと考えていいと思います。
ブートキャンプの基本的な動きを覚えるためのものですね。
全て英語で日本語字幕がありません。ですから時々混乱しますが、まぁ慣れれば大丈夫です。

このミッション1。入門編とはいえ、決して楽な運動ではありません。
普通に汗だくになりますし、筋肉痛にもなります。
ブートキャンプ=エアロビ+筋トレって感じですから。
途中からバンドを使います(バンドを持ってない人は1キロのダンベルなどで代用するといい)が、そうなると結構きつい運動になります。
最初のうちは、休みを入れつつやった方がいいです。運動不足の人は普通に吐きます。
まぁそれだけの負荷がかかる運動ですから、何日も続ける事で当然体はしぼれます。

手ごろな値段&2畳ほどのスペースがあれば家の中で出来るということを考えれば、痩せたいor筋肉を付けたいという人にとっては買って損ではないでしょう。






らき☆すた 2 限定版 /
私的意見として。

私的意見として。
京アニ調子乗りすぎ、DVD価格が高い、原作の雰囲気を再現できていない、監督の交代は失敗etc…。
このように文句を垂れ流しにしている方が多く見られます。確かに納得できない部分も各々あるのだと思いますが…。クオリティが高い作品はそれに満足すれば良い。低い作品はグッズとして割り切るのが大切です。選択権は消費者に委ねられているのだから、高いと思うなら購入を放棄すれば良いのです。
私はこのアニメ自体、好きだと思えますし、クオリティがそこまで低いとは思わない。平野もハルヒ時から声優としての広がりを見せるようになっているし、他の主要キャラもそれなりに存在感を出している。なによりこの作品に対する「愛」があるので購入し続けることに是非はありません。


最後に。自分自身もそうですが、自分の意見が何かを変えられるとは思わないで下さい。自分の意見が変えることが出来るのは、自分が接する周囲以外の他にないのですから。
そこそこ

そこそこ
前半部分のらき☆すたは少々落ち着いている気がします。
原作のネタはいれているもののキャラが同じで別作品と感じてしまいます。

絵はきれいです。さすが京アニといったところでしょうか。よく動きますし。
絵はくずれませんし。
ところどころのネタも見逃せないです。
しかし、2話でこの値段は高いと思うのは私だけでしょうか。。w

文句があるなら見なければいいと思うので、少しでも抵抗がある方は見ないほうが
いいと思います。
私は試しに見てハマった口ですがw
京アニ作品が好きなら見てみることを進めます。
所詮ハルヒの繋ぎか・・

所詮ハルヒの繋ぎか・・
ハルヒネタ多すぎ。
アニメ店長ウザすぎ。
アキラ性格違いすぎ。
らっきーちゃんねる時間の無駄すぎ。
実写EDサムすぎ。


あんま調子のんな京アニ。





ドリフ大爆笑 30周年記念傑作大全集 DVD-BOX (通常版) /
がっかり。。

がっかり。。
そもそも、大爆笑を謳っておきながら、DVD1枚につき全員集合が3話ずつ入っています。。
全員集合のコントなんてものは、懐かしさこそあれ、今見て決して笑えるものではなく
今までの全員集合DVDも見送って来たのですが、万を辞してやっと出た大爆笑DVD!
に全員集合て・・・・。
がっかり。。

雑な商品

雑な商品
コントの内容云々ではなくて、とにかく雑な作りのDVDです。

コントの始めにタイトルのテロップが一切出ません。
色んなコントがダラダラした編集で垂れ流しになっています。

もしものコーナーはメンバー4人分がセットになって成立するのに、ブツ切りになっていますす。

大爆笑に対する思い入れや理解のない製作側のやっつけ仕事によって、貴重なコントの数々が台無しにされています。

3枚組ですが、1枚目を見てうんざりして残りの2枚は見る気になりません。

それでも貴重なドリフの作品ですから、次回作が出ても買うと思いますが。
著作権の壁…

著作権の壁…
みなさんのレビューを一通り見ると、やはりこの手の問題で残念な結果になってるようですね。
「ピンクパンサーのテーマ」の件ですが、これだけに限らず全員集合のDVDも「ロッキーのテーマ」「スターウォーズのテーマ」が使用不可だったので差し替えられています。
みんな有名すぎて収録するのも難しいのでしょうね…。外国の物はかなりシビアな権利書で保護されていますから…。

付け加えて申しますが、以前TVで「大爆笑スペシャル」が放送された折、公開コント「五軒家」(こんなタイトルだったかな?)が放送されましたが、あれがDVDに収録できなかった理由は上に書いたことを踏まえると理解できると思います。





コードギアス 反逆のルルーシュ volume 07 /
オーディオコメンタリー

オーディオコメンタリー
オーディオコメンタリーのメンバーは、ルルーシュ、スザク、カレン、キャラクターデザインの木村さん、副シリーズ構成の吉野さんです。
トークは、普通です。カレンの天然キャラは、面白いです。しかし、周りの方がまじめなので、かなり浮いてます。
オーディオコメンタリーは星3ですが、本編は星5ですヨ。
まさに「我は王軍、友は叛軍」のストーリー展開の巻です

まさに「我は王軍、友は叛軍」のストーリー展開の巻です
熱烈なファンの多い作品だということはよく分かっていますが、なぜか一番いいところ(と思われる)回だけ見てしまった門外漢としてレビューを書きます。

タイトルロールのピカレスク度が高いとは聞いていましたが、物語のクライマックスへとなだれ込んでいく回であるためか、「うわっ、そこまでやるか!」というダークでクレイジーな濃さは感じませんでした。A.デュマの名作「ダルタニャン物語(鈴木力衛訳)」中に、「我は王軍、友は叛軍」という邦題の巻がありますが、まさにその表現でしか言い表せない(どっちがルルーシュ側でどっちがスザク側にあたるのかは状況によると思いますが)状況。とてつもなく大それた考えを実行し、あるいは関わってしまったハイティーンの剛毅な部分、その裏にある年齢相応のぐらつきみたいなものをうまく絡めて描いています。最も心を許した友人が真の敵(じゃないかもしれないけどこの時点ではそう)という、一番見たくなかった現実が目の前に立ちはだかる回なんだ…と思ってしみじみと見ました。

ほぼ最終章に近いということで「落としどころ」に近づいているのは事実ですが、大人の意見としてはあまりハッピーエンディングを望まないのも事実です。対象年齢が高めの作品でもありますし、主人公2人(ルルーシュだけかなぁと思いましたがやっぱり相方も加えて)は大義と権謀術数のはざまで、重い十字架を背負いながらひたすらに自分たちが目指した道を進んで欲しいと思います。行き着く先に楽園がなくても、です。

ツッコミどころもあげつらえば多々ありますが、ドライブ感と息苦しさのあるストーリーテリングに対してこの評価とします。
動揺と決意の行方

動揺と決意の行方
「無限のリヴァイアス」「スクライド」「プラネテス」「ガンXソード」の
谷口悟朗監督/CLAMPキャラクター原案のTVアニメ
『コードギアス 反逆のルルーシュ』第17〜19話を収録したDVD7巻です。
超大国ブリタニア帝国の侵攻により名前、規律、秩序、誇りなど
存在意義を奪われ、占領地の一つ『エリア11』と化した日本を舞台に、
相対する理想を持つ二人の男の生き様を描いたのが本作。

STAGE17「騎士」★★★☆☆
 ついに暴かれた過去とルルーシュが目撃する真実は後半戦の動乱を予感させます。
 ランスロットの性能とその癖を看破した分析能力と旧日本軍の残党をも取り込む
 彼のカリスマ性が一層際立ったエピソードです。ルルーシュが望み、
 彼女が決めた騎士の生き様がようやく表舞台にあがってきたように感じられます。
ただ戦闘中に躊躇したり、語りでゴマかしたりとちょっと媚びたような描写が残念です。
 
STAGE18「枢木スザクに命じる」★★★★★
 彼女の騎士となったスザクを巡り、二つの勢力は困惑と動乱の渦へ巻き込まれていきます。
 純血以外は排他的にしか見えないブリタニア人の浅ましい民族性も強調されており見応え充分。
 軍事面、技術開発面、政治面にも強力な駒が出揃い、さらなる黒の騎士団の規模拡大を強調しています。
 スザクの心身をさらに追い詰める葛藤のドラマが混迷の濃度を高めており目が離せません。
 でもあいかわらずルルーシュは詰めが甘いですね。個人的にはディートハルトの確実性に一票投じます。

STAGE19「神の島」★★★☆☆
 アヴァロンの空中砲撃直後、なぜか式根島から離れた神根島で目覚めた四人の物語です。
 かなり露骨なファンサービス描写の中、互いを知り、相容れぬ主義をぶつけ合う
 スザクとカレンの対立、ZEROの居ないピラミッド型の組織の脆さを露呈する
 黒の騎士団の内部分裂が見物です。肝心の謎を置き去りにした展開に疑問が残るのが歯痒いです。
 今回ルルーシュに加えて、カレンの詰めの甘さも露呈されていますね。





人志松本のすべらない話 其之参 通常盤 /
すべりません!

すべりません!
まぁ色々な意見はあるとは思いますが、動きやリアクションだけで笑いをとるよりも、トークだけでどれだけ人を引き込むか、そこに芸人の腕を見る気がします。

想像力の笑いというか、この手のものは聞き手のセンスと言うものも影響すると思います。
かなりレベルの高い笑いを松本人志がやっている訳で・・・。
 
ドリフターズ等の笑いも大好きですが、それとは全く別のものであり、比較するべきものではないのでしょうか?

分る人だけ見ればよし!
人志松本のすべらない話 其之参  マニアックな笑い

人志松本のすべらない話 其之参  マニアックな笑い
第6弾の「あのすべらない話をもう一度」は内容が同じものがわざわざ収録されているのですが第1弾や2弾を見ている人にとってはあえて見る必要もないほどぐだぐだでした。私は先日放送の「ザ・ゴールデン」までこの番組をすべて見ました。ほっしゃんさんとかはネタで勝負していると思ったので同じ話をすると鮮度が落ちるし、ジュニアや宮川大輔とかもやたらうるさいという風にしか。この間の「アドレな!ガレッジ」のほうが大輔もゴリさんやインパルスの二人同様体を張ってて芸人だと感じました。そういった意味ではこの番組は芸じゃないと思いです悪いけど。本当に面白い番組を知らない文化レベルの低い頭の悪い視聴者はかわいそうです。
この番組はマニアック
ツッコミ

ツッコミ
コレはホントに人を選ぶよ。王道から未公開の下ネタまで楽しめる。でもこの笑いが分からない人は頭が弱いのか…かわいそう(泣)





銀魂シーズン其ノ弐01 【完全生産限定版】 /
時々アニメのほうが観ててラクな時がある・・・

時々アニメのほうが観ててラクな時がある・・・
原作も好きですが、原作の下ネタとか毒が効きすぎててキッツイ表現なんかがさすがにアニメだと緩和されてて、見ててラクだなーと思ってしまうのは私だけでしょうか?
やっぱりか…。

やっぱりか…。
内容は他の方が書かれた通りオリジナルのテコ入れの回が凄いです。
人格壊れたり他のアニメが混ざり過ぎでとにかく壮絶(笑)


ただ表紙は予想通りの結果でした。
多分圧倒的に多い土銀?もしくは銀土好きの投票の賜物でしょうね。

さて二巻はどうなるか…?

『テコ入れ』したくなちゃったYO!!

『テコ入れ』したくなちゃったYO!!
この巻は、ただただ50話に尽きます。
「銀魂アニメオリジナル作品最高傑作」と言って過言ではない出来栄えです。
まだ見ていない方には、50話を見る為だけにでも是非ご購入をお勧めします!

今までアニメだけで満足していたのに、
これを見てしまった後、うっかり原作漫画18巻を一気に集めてしまいました。
お陰で「原作の世界観=なんでもあり?」が
このオリジナル作品の精神的土壌になっていると判りました?。
正直、制作スタッフの高杉並みの破壊的『テコ入れ』に幸あれ!と願わずにはいられない
異色作です。

銀魂に興味のないアニメ好きの方も、最近アニメ事情総まくりで楽しめると思います。

個人的には、桂のラップにツボりまくりでした。







15th L’Anniversary Live /
祝結成15周年

祝結成15周年
凄いですね。セットも凄かった
hydeさんの声も絶好調でした。
本当に華があるバンドです。
いばらの涙やMCとかも収録してほしいな
歴代名曲を味わえると思います
これからも末長く活動してラルク!!
日本からブラジルのFWロナウドが生まれたようなもの。

日本からブラジルのFWロナウドが生まれたようなもの。
日本からラルクのような世界のトップバンドが生まれたということは、サッカーでいえば、日本からブラジルのFWロナウドが生まれたような快挙である。日本のバンドがこれほどまでに世界に拡散していった例は未だない。日本からロナウドが生まれたという事件はこれから日に日にその重大さを思い知らされることとなるだろう。ポケモンの次に世界を席巻することになるであろう日本の文化はラルクの創出する芸術活動である。1997年、東京ドームのコンサートチケットが4分で完売。1999年、2枚同時リリースのALBUM『ark』 『ray』では600万枚のセールスを記録。同年、65万人動員した『1999 GRAND CROSS TOUR』の東京で行われた25万人規模の野外コンサートの模様をアジア最大のネットワーク『チャンネルV』を通じてアジア各国で生中継。2004年、アメリカ ボルチモアのファーストマリナーアリーナで初の海外ライヴを行い、12,000人動員。2005年、『ASIALIVE 2005』では、韓国ソウルのオリンピックパーク・体操競技場、中国上海大舞台で各10,000人を動員。上海では2005年10月に上海公演の模様が現地ネットワークのゴールデンタイムに2時間特番で放映された。2006年、バンド結成15周年記念『15th L'Anniversary Live』東京ドームコンサートは即日完売、2日間で約11万人を動員。そのライブの模様が世界25ヶ国で放映された。2007年には海外フェス『2007 INCHEON PENTAPORT ROCK FESTIVAL』で日本人史上初のヘッドライナーを務める。45歳までに熱狂的で、センセーショナルでドラマティカルなワールドツアーを毎年、いや半年に1回行えば、イチローのように日本のトップであるラルクが世界のトップに駆け上がり、ビートルズを超える世界的伝説バンドになるのも時間の問題である。
期待

期待
どうやら全曲収録してくれるようですね☆☆全曲収録でこの値段はオトクです。絶対買います
amazonを使い倒す
Amazon 売れ筋ランキング
CD・ザ・ベスト10
素敵ワインちゃん
[楽天]水着と浴衣の売れ筋ベスト○○
ようこそ株スクール
[Amazon]あまぞn DVD売れ筋ランキング
[Amazon]あまぞn 腕時計売れ筋ランキング
楽天コスメ・メイク(化粧品)ランキングベスト○○

コメント:
あまり変化はありません。
posted by はやぶさ じろう at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD総合

ラストステージ 仲村みう /

アイドル
2007年8月2日





ラストステージ 仲村みう /
露出はすごい、だけど、、、

露出はすごい、だけど、、、
はじめ見た時は、こりゃ傑作だ、と思った。だが何度も見る気がしない。ただ過激で露出が多いという
だけで、AVを見た後のようなの虚無感だけが残る。
彼女の魅力だった「ピュアなぬくもり」が無くなってしまった。
このビデオを作った人たちがファンの期待に応えようと努力したのは伝わる。
でもあまりに下品すぎるというか、ただセックスを連想させればいいというものではないと思った。
みうさんは美しくなられ、もうロリではなくなってしまった。
彼女に魅了され、入ってはいけないと思っていた世界にどっぷりはまって1年半。
今だ彼女以上の逸材は現れてはいない。
......

......
この子のルックスは十代前半で脱がないと通用しないような今流行のロリコンアイドルとは一線を画していると思います。どうしてこのような形から芸能界をめざしたのか、、普通にかわいく魅力的なのに正直もったいないと思います。
確かにラスト

確かにラスト
「卒業」は期待はずれ。しかし、四天王の一人としてルックスの良さから他を寄せ付けない魅力があり、imouto.TVなどで結構あぶないポーズを見せていたこともあり、大いに期待して購入。ピンクビキニでの大胆開脚とお尻の突き出しで勝負あり!さあ、これ以上何を見せてくれるのかと思いきや、SMチックな演出が続き幻滅。そして、最後のインタビューで、わたしはこの子との別れをつぶやいた。若くして怪しい業界に長く関わっていたからか? なによりの価値である「初々しさ」「はじらい」「こどもっぽさ」が消えた只の脳天気な巷のおねーちゃんでしかなかった。さようなら・・・(素をさらけ出すインタビューは、イメージビデオにとって時に致命傷になる好例である)






Pure Smile 篠崎愛 /
Pure Smile史上でも最高傑作かも

Pure Smile史上でも最高傑作かも
「愛 LOVE YOU」「愛しのピーチパイ」と買ったら残念な結果に…
「Pure Smileならきっと…」と言い聞かせ、
ビクビクしつつ買ったものの、心配していたのがウソになるぐらいの大正解。

正直、ロリ巨乳好きには破壊力満点の内容です。
「いいから黙って買え!」と久々に言える良作ですので、安心してください。

パピコが…\(^^)/

パピコが…\(^^)/
パピコを吸う!両手で握りしめ、しゃぶる!そんなことされたら、もちろん口の中に…が、全部イメージ出来ます!下品ですいませんですm(__)mでも本当に、可愛いですね!買ってよかったです!しかもサイン付き(^-^)v
おっ○い味わい研究室かょ!

おっ○い味わい研究室かょ!
詳しいことは知りませんが竹書房ははずれがない気がします。

14歳の女の子にそれとなくやらしい事をさせるにはどうすればいいのか、 よく研究されていると思います。
またがって上下に跳ねる…
ボディーソープを手に取らず直接かける…


よい、とてもよい。

ただ、、パピコを食べててこぼす人は見たことありませんよ。








森下悠里 恋愛神話 /
シ、シリーズで攻めですかあ

シ、シリーズで攻めですかあ
 かかなり男好みのする顔立ちである。綺麗と言うよりエロっぽいと言う顔立ちでこういうDVDには冴えるお顔です。胸は程よいやわらかさがあるようですね。横になってもかたくずれしないあたり、若いのお、と思います。クビレも良く、お尻も上をむいており思わず画面に手を出しそうになります。
 そして、なんといっても凄いのはこの素晴らしい肢体をもとにキメるしぐさです。髪を掻き揚げるところでは、ホントに息を呑みます。一番のリピートポイントは、キャンディーなめでしょう。十分に楽しめます。やばい!と思っても、もう、果ててしまっているくらい圧倒的ななめポーズです。
 絶対買って損はありません。ちなみに、今作を楽しめた方は、前作もO.K.です。というか、これってシリーズモノなんでしょうか。
迷わず買えよ、買えば分かる

迷わず買えよ、買えば分かる
 以前、彼女のDVDを買って見たとき「なんじゃ!?このやる気の無さは」と憤慨してすぐ売り飛ばしたのですが、ど〜も使えそうな内容とのこと。ジャケもよさげで、購入。

 見事アタリ!!!です。
 基本的に、ギリギリの線です。Tバックなどは無いのですがそれを補って余りある彼女の思い切りの良さに脱帽です。

思い切りの良さ その1)キャンディーなめ
 これはやヴぁい!もろチン○ンを想定していると思われる舐めを披露。横から、先っちょなど素晴らしい。それとこのシーンで着用している豹柄タイツで形のいい尻を見せびらかした後、上半身はビキニブラを見せつつ、キャンディーをチュッパチャプスしながら下半身に手を突っ込むシーンはよし!惜しむラクは股間をまさぐって欲しがったがそれはやりすぎか?

思い切りの良さ その2)グラインド
 もうこりゃベリィダンスかっ!?ちゅ〜くらい腰をぐりんぐりんグラインドさせます。
まず、メルモちゃんスカート(超ミニなため、常にパンツが見えている)でぐりんぐりんの際彼女の秘部を覆っている木綿の部分も執拗に拝める。この後、浴室でこの衣装のままローションまみれになるが、ローションの掛け方が連想させるのがgood!
 またラストチャプターの下乳ビキニでは、ぐりんぐりんグラインド祭りで昇天。

そのほかにも冒頭のあえぎ声や女医のシーンでいきなりセーターの下のブラを取るところからの始まりなんて、斬新ですな〜。

 加納典譲氏は、最近、良い仕事してますね。彼女のほかにも金井アヤにTバックを着用させるなど、まるでトラヴォルタを復活させたタランティーノのようです。
前々からエロいなと思ってたけど

前々からエロいなと思ってたけど
アイスをしゃぶるシーンは
たまらなかった。

しかしこれは偽乳だろうか?

わからんがとんでもなくエッチだった。






山田誉子 誉改 /
相変わらずの内容

相変わらずの内容
メーカーサイトの予告編を見て期待しましたが、それが見所のすべてでした。
乳首透けもよく見えないし、全裸シャワーも半ケツ止まりで時間も極めて短い。
せわしなくカメラを切り替えるなど見せる気がないのでしょう。胸をつぶす演出でもスローでは何も伝わりません。
又やっちゃった

又やっちゃった
もう誉め子無理だね。ヘアーかAVに行く道しか無いだろ。ヨガなんか誰が見るんだよ。皆さんもご一緒に!だって。駄作です
マジで何処を目指しているのだろうか・・

マジで何処を目指しているのだろうか・・
一応ファン(というよりも過去の彼女の作品は全て予約をしてまで購入していたのである意味義理で)なので今回も買ったけど、年齢はごまかせず肌の張りもなくなり、まぁ年増のそういう艶っぽさとか好きな方は良いかも知れないけど、前作同様動きもないし、ダラダラと意味のない映像やらが流れるばかり。ぶっちゃけ手ブラで誤魔化せるキャラでもないし、過去最大の露出度とかいういい加減な謳い文句に誤魔化されてもいいというコアなファンの方以外全くおすすめできません。星0.5でも十分。





今井美貴 ミキティのすべてランジェリーPART-2 /
悪くはないが…

悪くはないが…
前作よりパワーダウン。一作目での透けチクよりハッキリ見えていません。前作を所持しているならファンでない限りスルーしていいと思います。また同時期発売の細野美紅としての激写Xとの比較ですが、向こうはポチはあっても本作のような透けはありません。が、総合的に見ると下半身への接写や彼女の表情など、一枚上。見所が多い気がします。本作は透けチクばかりに捉われた撮り方をしていますし、男として見たいアングルにいってくれないのでヤキモキします(あくまで個人的)。両作品に共通なのはパケ写より映像の方が可愛いことと肌荒れが結構ある(白い肌だから余計目立つ)ことですね。





桃色聖春女学園~中等部編~ [桃色聖春女学園] /
年齢詐称も許せず、顔も許せず、しかも抜くところも少ないなと。

年齢詐称も許せず、顔も許せず、しかも抜くところも少ないなと。
思いました。
なんでバイブをマムマムに当てないのかな。
当てていいでしょ。
顔が厳しい

顔が厳しい
年齢についてはどうのこうの言うつもりはありません。
ただ、顔が厳しいです。まあ、この人達を可愛いと思うなら買いです。
内容的には十分満足できると思います。
でも、他にもっと可愛くて同じくらい過激なものもあるので、
それらを探してからでも遅くはないと思います。
やばい

やばい
これやばい、ホントに。
半信半疑で買ったんだけど。
嘘じゃない。これすっげーいいわ。年齢詐称的な事はとりあえず目をつむれます。自分的には。
下手なAVより全然使えますね、間違いない。だって冒頭十数分で果てましたから(笑)





中村静香 スタート /
中村選手の特大逆転ホームランだ!!

中村選手の特大逆転ホームランだ!!
前作では、一体どうしちゃったんだろうと思える程の駄作っぷりだった静香ちゃん。
今作は、その汚名返上とばかりに・・・と言うか、本来の彼女の魅力であるニコニコ笑顔とムチムチバディ全開の極上の癒し系作品に仕上がってます!
とにかく出し惜しみしないのが良いです。柔らかそうな胸だけでなく、制服シーンでの太もも、キッチンのシーンでのヒップも最高です。
何より、静香ちゃん本人が楽しそうにそれぞれのシーンを演じているのが安心して見ていられる最大の要因だと思われます。
ベイビーフェイスに巨乳ってのはホント、男のロマンですw
傑作

傑作
前作を「ランク王国」でチラッと見て気に入ってレンタルしてみて、すごく可愛いけど、この程度
露出じゃあなと思っていました。でも今作は違いました。おっぱいの接写、寄せてみたりでサービス
精神に溢れています。黒髪黒目、歯並び完璧の絵に書いたような美少女がここまでやってくれるとは
感動です。
全体に明るくふるまうことが多いのですが、最後のチャプターはs○X前を想像させます。
映画やドラマでも主役をやれるような逸材がなぜここまでしなくてはならなかったのかは
興味があり、不憫にも思いますが、本当にいい作品なのでお勧めします。
最高

最高
何者なんだこの娘は。こんなにかわいい顔でこんなにイヤらしい格好していいのか?
ありえないよ。ありえない。むちむちっつか太めの体はふと街で見かけるチョーエロい女子高生そのもので、
そんな娘がスカートの短い制服着て自転車乗ったり面積小さいビキニで横乳をたゆんたゆん
させている。圧巻は競泳水着のチャプターだ。もうムチムチという形容詞では形容出来ない。
おっぱいボユン、おなかポユン、おしりボイーンだ。むちむち、むちむち。
以上、買うべし。





藤間ゆかり [EIGHT](DVD付) /
表情が…

表情が…
表情に変化がなさすぎ、衣装は過激なのにギャップが違和感に…オマケに顔からは想像できない太い声が妄想をかき消してしまします。大目に星3にしました。
可愛いい!

可愛いい!
ロリ顔のパッツンパッツンボディーに極小水着を着せて、あんなことやこんなことを! 内容はみなさんご存知の通りです。 スリム系が好きならスルーした方がいいかもしれないが、あまりにももったいない。 最初の制服を脱いだところで一発目終了です^^;
最近のレイフル飛び抜けてます。 対抗できるのは心交社ぐらいか? 喧嘩売れる他のメーカーお待ちしてます(^.^)





一色雅「BOOB!」 /
人によってはAV以上です

人によってはAV以上です
エロゲー並みの爆乳が好きな人にはオススメできる作品です。「よせてあげる」はもちろんのこと、揉んだり、上半身を左右に揺らして爆乳を揺らしたりします。おもちゃのバナナを挟んだり、挟んだまま上下に揺すったりします。何も挟まずに上下に動かすシーンはパイズリとしか思えないです。しかし、前編にわたり化粧が濃いです。顔のアップだけはやめて欲しかったです。
変わった見方で楽しみました

変わった見方で楽しみました
トップまで見せている千道ミリと同一人物だと聞いたので、即購入して確認したら爆乳中央下のシミが全く同じだったので同一人物と確信しました。千道ミリは少々太っていて、表情も愛想がないので同時再生でトップレスの胸の映像だけいただいて楽しませていただきました。大満足です!!
揺らしまくりです。

揺らしまくりです。
同じメーカーの風子の付けあわせで出演していた彼女の単体デビュー作です。風子の影に隠れて目立ちませんでしたが、112センチKカップは文句なしの爆乳。笑ったときの歯茎の露出をの除けばかなり可愛いといえる素材です。しかも本作では自ら揉んで揉んで揉みまくり、揺らしてくれます。水着からはみ出す巨大乳を徹底的に追いかけるカメラは無駄もありません。本人も心得たもので、ビキニやチューブトップで前屈姿勢で揺らしまくります。この圧倒的な存在感は右手を動かすのを忘れる位です。下乳、ハミ乳は当たり前。ボディコンもいい感じです。





伊藤えみ Graduation /
興奮!

興奮!
尻好きにはたまらない内容です!マッサージのシーンでは、単にうつ伏せでマッサージをしている当たり前の姿もありますが、本作品では女の子座りしている状態で、腰〜尻にかけてのマッサージはウエストのくびれと迫力のある尻のバランスがなんとも・・・

またベッドでのシーンはまるでバックでハァハァ・・・しているような気にさせられる撮り方に感動すら覚えました。本当に実用性が高い作品です!!!
フレンドリーな作品

フレンドリーな作品
最初見たときは、特別いいとは思わなかったが、なぜかまた見たいと思う作品。
結局、気楽にエッチな雰囲気を楽しめる作品だからだろうか。
この女性もフレンドリーな雰囲気で大人の女性。柔軟性もありそうで、いろんな作品に対応できるかも。
体の大きさもちょうど中くらい。特典映像も意外といい。
清楚なお嬢様

清楚なお嬢様
綺麗なお姉さんがあんな姿やこんな姿で…
という内容で個人的にはかなり満足しました。

手ブラは無かったようでしたが、女教師(家庭教師?)風の衣装で手足を縛られ、ベッドで誘うような目付きで見つめられたら、もう我慢できません…

水着姿はもちろん、よつんばいでお尻を突き出してのシーンや、お風呂でカラダを洗ってくれるバーチャル体験(?)等、全体的にえっちな映像が欲望を満たせてくれます。

カメラ目線がすごくセクシー

スタイルもまあまあで悪くないと思います。お尻の形も良く次回作も超期待できます

amazonを使い倒す
Amazon 売れ筋ランキング
CD・ザ・ベスト10
素敵ワインちゃん
[楽天]水着と浴衣の売れ筋ベスト○○
ようこそ株スクール
[Amazon]あまぞn DVD売れ筋ランキング
[Amazon]あまぞn 腕時計売れ筋ランキング
楽天コスメ・メイク(化粧品)ランキングベスト○○

コメント:
やっぱし10代〜20代のグラビアってのが売れるんですよね、きっと。
posted by はやぶさ じろう at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル