2007年09月22日

売れ筋BOXセット11位から






2nd LIVE TOUR~Five in the Black〈初回限定盤〉 /
輝く東方神起!

輝く東方神起!
昨年に引き続き今年も全国ツアー縲怺エ動の武道館ファイナルまで突っ走った彼らの集大成!
最終日の武道館ライブを収録。
1stライブツアー「Heart Mind and Soul」から1年経ち成熟した彼らのステージ映像をぜひご覧ください。
そしてDisc2の武道館MCで笑ってください。
決して損はしません。させません。
これを見たらあなたもファンになりたくなりますよ!

【初回限定生産盤(2DISC)】
-DISC 1-
ZION
Choosey Lover
The way U are
Step by Step
約束
Begin
DEAD END
Rising Sun
HUG(アカペラver.)
Whatever they say(アカペラver.)
I'll be there
明日は来るから
My Destiny
miss you
Somebody To Love
NO PAIN NO GAIN
High time
"O" -正・反・合
★ENCORE
Sky
Lovin' you
Hello again
★Double ENCORE
PROUD

-DISC 2-
全会場ダイジェスト映像(※全会場のオフショット映像などを編集して収録)
日本武道館 MC映像(※6/19ライブ途中のMCを編集して収録)

■シングル&LIVE DVD共通 初回限定特典
ジャケットサイズカード(全6種のうちランダムで1種封入)

■初回限定特典
豪華24Pブックレット封入
特典映像を収録したDISC2


武道館ライブは・・・圧巻でした・・・^^

武道館ライブは・・・圧巻でした・・・^^
東方神起を知ってから・・まだ半年・・・たらず・
彼ら5人の魅力がぎっしり収められているこのDVD
武道館ライブ最終日・・・無理して行ってよかった
たくさんの笑顔とパワ縲怩ニ感動をもらいました。
凄い彼らのライブは元気になるし笑顔になるから
最高に大スキ!特に特典映像に入っているMC場面が
今からかなり楽しみ期待大です。MCでみせる
かれら5人の素の部分が最高に大スキ早く発売して!
5人の歌、ダンス、MCは必見!

5人の歌、ダンス、MCは必見!
2ndツアーのファイナル、武道館ライブが収められた待望のDVDが早くも発売決定です。2日間とも見ましたが、とにかく最高!素晴らしい歌とダンス、上達した日本語でのMCは、FUN必見です。





天元突破グレンラガン 5 【完全生産限定版】 /
ただ突き進むのみ

ただ突き進むのみ
テレビ東京系アニメ「天元突破グレンラガン」第12縲・4話を収録したDVD5巻です。
久しぶりのGAINAX製作のロボットTVアニメはノリ重視!
まさに劇中同様「無理を通して道理を蹴っ飛ばせ!」
動きと勢いまかせの展開に久しぶりにわくわくさせる「てれび漫画」的な熱血痛快作品です。
大切な人を失い、大事な意思を引き継いだ新たな大グレン団はシモンを機軸に飛躍します。

第12話「ヨーコさん、お願いがあります」★★★★★
 海を舞台に四天王アディーネとのリベンジマッチの作画の勢いが凄まじいです。
 全く衰えを見せないエフェクト、誇張とキレのあるメカ演出に加え、ニアとヨーコの絆を
 捉えた人間描写や戦艦なのにやたら人間くさいダイグレンの豪快な戦いぶりなど
 終始我々を飽きさせないGAINAXの職人技に感服です。

第13話「みなさん、た縲怩ニ召し上がれ」★★★★☆
 リーダーとして心身共に格段に強く逞しくなったシモンとそれを見るヨーコの視点が
 強調された物語です。今回も劇画タッチの作画が荒々しくも力強く魅せます。
 窮地を脱した仲間のチームワークに加え、頑なに武士道精神を重んじるヴィラルの
 一本気な性格など、己が信念の貫く人間描写が強調され後半戦の始まりを予感させます。

第14話「皆さん、ごきげんよう」★★★★☆
 一ヶ月後、カミナを埋葬し、残る四天王との空中大決戦へ。その爽快感溢れる
 敵と弾幕の嵐はとてもTVアニメとは思えない劇場版か最終回のような総力戦!
 特にグレンラガンの放つ全方位ドリルの一斉発射の抜群の格好良さに痺れました。
 ただ、毎回熱血展開→大逆転が続くのでやや食傷気味になってきた感が否めません。
怒涛の勢い!

怒涛の勢い!
11話で復活したシモンの元に団結していく大グレン団。
大グレン団と四天王の激戦が描かれます。

シモンの成長と共に、性能、力を増していくグレンラガン。
ライバルのヴィラルとの戦い。
シモンの主人公としての成長著しい巻です!







愛 am BEST Tour 2007~ベストなコメントにめっちゃ愛を込めんと!!!~at Tokyo International Forum Hall A on 9th of July 2007 スペシャル盤 /
甘えんぼわ???

甘えんぼわ???
なぜBESTツアーなのに甘えんぼがないの?
L0VE COOKの曲も入ってるし…………
大塚愛の曲で1番好きだったのに…
残念です(′Д`)
甘えんぼがあれば買おうと思ったけど
やめました(・ω・;)

楽しみですっ!

楽しみですっ!
「愛 am BEST TOUR」のDVD、ついに発売されるんですね。収録内容は僕が実際に行った7月9日の東京国際フォーラムホールA公演の全内容であり、スペシャル盤は1stDVD以来の2枚組でオフショット映像も付いててお得!!僕は通常盤よりもスペシャル盤を購入した方がいいと思います♪
期待!

期待!
1st DVDぶりに「スペシャル盤」が復活!!
正直「LOVE COOK TOUR」は前作のスペシャル盤と同じ値段だった割には、
オフショットなどのおまけ映像が一切入っておらず、損した気分になったが
(内容はけっこう好きだったのに。オープニング映像とか)
今回復活してくれて非常に嬉しい限り。

5/25のライブを実際に見てきましたが、
「LOVE COOK TOUR」よりさらにボリュームのあるライブになっていたと思う。
スペシャル版には前作に続き40Pのフォトブック付というから、こちらも期待。





Never Ending Wonderful Story【初回生産限定仕様】 /
最高ですよ☆

最高ですよ☆
NEWSファンが待っていたDVDですがライブ、オフショット共に見所満載です。
こんなDVDを待っていました。スタッフさんに感謝です。
1番のおすすめは、オフショットの素のメンバーの姿だと思います。
大人しく思われがちですが普通の男の子なんだなーって思いました。
思いの他面白い山P。楽しそうな亮ちゃん。ヤラレキャラになっちゃってるシゲ。
コンでキラキラ笑顔のまっすー。鹿児島で壊れてる慶ちゃん。小悪魔か!のテゴ。
少しでもNEWSのライブみたいなって興味のある方は絶対後悔しないと思います。
ゾヒ(笑)←DVD観たらわかります。お買い上げ下さいませ。

大満足^^

大満足^^
私はニュースのファンではなくエイターです。
このDVDが発売すると聞いて何故だかすごく欲しくなりました。

思っていた以上の出来でした。
ニュースのファンではない私も楽しめました。
ライブ映像からバックステージまで飽きがありません。
特にバックステージではメンバーの中の良さなどが見えて終始大爆笑でした。

買って損した!とは絶対に言えません。
★想像以上に★

★想像以上に★
想像以上に亮ちゃんが少なくて、ちょっと残念でした('д`・)
かといって、Pばかりという訳ではありませんが
小山が全体的に多いので、彼のfanは買うべきDVDだと思います
私は亮ちゃん以外はNewSは興味ないので、★は3つで('д`・)
バックのJrもあまり目立たないかな
山田涼介くんははっきりわかりましたよ♪
もうちょっと、亮ちゃんがたくさん映ってたらなぁ
残念です('д`・)





帰ってきた時効警察 DVD-BOX /
ハマる人はハマる

ハマる人はハマる
ゆるい。
ひたすらゆるいです(笑
1stよりおバカ度は増してるかもしれません。

こんなトリック絶対ありえねーでも毎週見てしまっていました。
3rdシーズンが始まったらきっとまた見るでしょう。
あまりにおバカすぎてよく思いつくなーこんなの、
と思いながら見てたのでとても楽しめました。

じっくりとスミからスミまで見たい方はぜひ。
二度見三度見

二度見三度見
何度見ても笑いのツボがあり、手元においておきたい作品。1stシーズンに比べたら爆発的な笑いは減ったものの出演者の息のあったスピード感のある台詞まわしやネタの数々は必見。二度見三度見できる。9話のオダギリ自身が脚本・監督・主演をこなした力技の回は他との違いが顕著で出色だと思う。
製作側かはしゃぎすぎでは?

製作側かはしゃぎすぎでは?
 前作に比べると、製作側がはしゃぎすぎてる感じです。
確かに面白いのですが、前作のさりげなく隠されてる笑いが好きだったのでガッカリです。






セクシーボイスアンドロボBOX /
思いを伝えられない人たちに

思いを伝えられない人たちに
まぼろしの「ハンバーグさん」から見ました。とってもいいお話だったので、放送されなかったのが残念です。このシリーズの登場人物達は自分の思いを伝えると言うことに関しては本当に不器用で、下手くそ。ハンバーグさんだけでなく、ロボもニコも、三日坊主もごぼ蔵も・・・みんな。だからこそ、共感できるのでしょうね。生き方下手の人たちに、どこか自分の姿を重ねてしまいます。放送の時は録画をして「ごぼ蔵」を何度も見ました。(「ハンバーグさん」がお休みの時にも確か再放送されていました。)生きている瞬間瞬間を大切にしないと後悔が残るよ。今を大切に、そばにいる人を大切に。・・・そんなことを思い自分の家族をいとおしく思いました。人物で魅力的だったのは、ロボママ。ロボたちとは対照的な行動派で生きる力に長けた素敵な人。ラストの「生きてりゃいい。死ぬまでロボットいじってろ。」は親心そのものかも。どんな子でも人様に迷惑をかけずに元気でいてくれれば、親は幸せなのかもしれません。
私は、ニコと同じ年の娘とドラマシリーズを見ていました。子世代にも親世代にも訴えるものがあるドラマでした。(娘は「マックスロボ」の歌をずっと歌っています♪・・・うーん)
これは買いです!

これは買いです!
長々と語るより見てもらったほうがいいです。買っても後悔しません。未放映の7話がさらに良くて最高でした。笑って泣けるドラマです。
史上最高のドラマです!!

史上最高のドラマです!!
こんなに感動できるドラマは今まで見たことがありません。毎回見た後に胸に感動が湧き起こってきます。脚本も音楽も俳優さんも最高でした。

テーマは生きること、恋愛、家族愛、幸せなど誰でも楽しめる内容でした。そして話が進むにつれ、ニコとロボの友情が築かれていき、「プッチーニ」の回にはまるで恋人のようでした。

大後寿々花さんはとても可愛く、台詞を読むのが凄く上手でした。また、顔の表情もその場面にぴったり合っていたと思います。毎回「ニコ」の最後のモノローグには心を打たれました。
松山さんは身振り手振りが上手く、ロボットオタクの青年「ロボ」になりきっていたと思います。

また、細かい所まで丹念に描かれていました。俳優さんが演技している間、奥の方でラーメンの丼がいっぱい積まれていたり、通り過ぎる人が頭の上にちょんまげをのせていたり…。何度見ても全然飽きません。

俺のお勧めのドラマです。皆さんも是非ご覧下さい!!!





EXILE LIVE TOUR 2007 EXILE EVOLUTION(2枚組)(仮) /





パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド (Blu-ray Disc) /
アクションは最高!で、なぜなの?

アクションは最高!で、なぜなの?
この手のシリーズ物(一話完結でない)はBOXで発売される事が多いのになんで出さないの?と言いたい。なので今は絶対買わない。
また、パラマウントの撤退は正直残念だ。でも買い替え予定はトム・クルーズ出演作だけなのでそれ程影響なし。HD−DVDって次世代っぽくない名称だし。
ディズニーって太っ腹っだね

ディズニーって太っ腹っだね
映画自体のレビューではないのであしからず。


シリーズ三部作最終章の今作でも、前二作と同様片面2層の50Gをフルに使い、音声もリニアPCMとブルーレイの性能をフルに使いまことに贅沢な使用となっております、PS3などお持ちの方はDVDよりこちらを買った方が良いのではないのでしょうか?
ブルーレイも出たばかりで、他社の仕様では片面1層だったり、音声が手抜きだったりとまだまだ発展途上ですが、ディズニーのような会社がけん引し徐々に普及を図っていけばいつの日かブルーレイ全盛期が来るのも夢ではないです。
がんばれブルーレイ、HDDVDと切磋琢磨して、次世代ハードウェアをより良いものにしてもらいたい今日この頃でした。
とにかく、ガッカリさせないで

とにかく、ガッカリさせないで
私が言いたいのはただ1つ、
Blu-ray!パラマウントに負けるな
、頑張ってくれ!。





24 -TWENTY FOUR- シーズンVI DVDコレクターズ・ボックス 初回生産限定:「失踪」「フォーン・ブース」DVD付 /
まだ2話しか見てませんが・・・

まだ2話しか見てませんが・・・
まだ2話しか見てませんが、今までに見たことある展開ばかりだし、突っ込みドコロ満載です。

・苦労してジャックを捕らえたテロリストはいつも監視体制が甘くて簡単に逃げられる。
・弟が大統領ってアメリカ政界はどんだけ人材不足?
・たかが連続爆破事件を大統領が直接指揮しない。 FBIや軍部は何をしてる?
・大統領の家族に必ず問題行動の困ったちゃんがいる。
・大統領の周りに必ず腹黒い人物かいてジャックが窮地に
・ヘリコプターより車の方が移動が早い
・過去に何百万人の命を救った国家的英雄=ジャックの命を得体の知れない情報と交換するか?普通
・物語の前半には必ず事件に巻き込まれる少年、少女が登場
・ジャックはどうやって5分で散髪して髭を落とした?
・誰でも簡単にCTUの職員になれすぎ
・CTU内部でクロエだけが味方の状況
・一年以上監禁されていたのにジャック、体力ありすぎ
・最初はジャックの言うことは信用されず、すぐに「奴は正しかった」

・・・・ ということで「寅さん」というか「釣りバカ日誌」というか「水戸黄門」
というか同じことの繰り返しすぎでいい加減、飽きました。ひよっとすると本国
アメリカではあんまり深いことは考えない小学生と低所得者層しか視聴してない
のかも・・・
主人公は人殺しすぎ

主人公は人殺しすぎ
毎回バイオレンスと拷問・残酷シーンで埋め尽くされ、緊迫感とスリルだけが取り柄でストーリー性がないのが24のお決まりだけど今回はゲストという面で救いがあった。
と言うのも今回はスターゲイトSG-1からダニエル・ジャクソン役のマイケル・シャンクスがゲスト出演しています。
しかしアメリカでは今シーズンで描かれたテロが実際に起こるのでは?と予測されていたらしく、内容はかなり危なそうです(いつも危ないけど)。
話題作と言われていますが、子供に悪影響が出る可能性が高いため家族そろって見れるものではありませんので注意。








1縲怩Rの感想

1縲怩Rの感想
また11月までハマッてしまう日々が始まりました。
「24 -TWENTY FOUR」がリリースされると他のDVDを観る気になりません。
映画のように”2時間”という時間枠にとらわれないので
内容が緻密で観ていても飽きる事がありません。

1縲怩Rの感想
過去のシリーズを踏襲しているが新しい所は無かった
それでもいつものようにハラハラ、ドキドキさせられる
しいて言えばジャックの登場シーンをもっとドラマチックにして欲しかった。





劇場版「BLEACH MEMORIES OF NOBODY」 【完全生産限定版】 /
BREACH

BREACH
マンガ本も集めており、『ブリーチの劇場版1作目のDVD!!!!!』と思い購入しました。
内容の方は、他の方がおっしゃってた通り、話が淡々と進み期待してた戦闘シーン等もあまり迫力はありませんでした・・・。エンディングは切ないですね。
Aqua Timezの主題歌◎。
特典も◎。
ソウルソサエティからの以下の隊長、副隊長クラス?達がラストバトルで集合しマンガでは味わえない凄さがありました。
(ルキア/朽木白哉/日番谷冬獅朗/更木剣八&やちる/乱菊/恋次/射場/一角/吉良/弓親など)
一つ残念なのは、雨竜/茶渡/織姫はチョイ役です。戦闘ありません。
ここで★−1とさせてもらいました。
(特別出演で安田大サーカスと森下千里が出てます。)
あと気になったのは一護やルキアの絵がヘタイ箇所があります。劇場版ぐらい綺麗に描いて欲しいものです。
劇場版2作目も映画館に足を運ぶ暇もないので、たぶんDVDを購入すると思います。



面白い!

面白い!
映画館で見て面白かったので思わず購入。

何度見ても完成度の高い作品。

他のジャンプの映画(特にナルト)はストーリーが全然何がいいたいのか分からないものなのにブリーチはいい!

普段のアニメでいつもガッカリさせられる酷い絵崩れがなかったのが私的に嬉しかった。
BLEACH最高!

BLEACH最高!
劇場版BLEACHが遂にDVDになりました。話の内容は、結構ベタですが、ラストが、非常に切なくて思わず泣いてしまいました。特典も豪華で、ブックレットは40ページ程でしたが、久保先生のイラスト付きコメントに、一護役の森田さんと茜雫役の斎藤さんのロング対談、阿部監督のインタビューや設定資料等、非常に内容が濃く、読み応えがありました。スマートポスター19枚セットもイラストが綺麗で凄いと思いました。特典DISCは製作の裏側の話等が聞けて、面白かったです。只、3枚目の完成披露試写会の映像でAqua Timezの「千の夜をこえて」のシークレットライブの映像が無かったのは残念でした。
posted by はやぶさ じろう at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | BOXセット

ちょっと見ない間に






パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド 2-Disc・スペシャル・エディション /
三作目ともなると

三作目ともなると
 朝起きてテレビを見ていたら、日本公開に先立って行われたアジア・プレミアの模様が放映されていて、そうか、では見に行こうということに。(^o^) 私が行くシネコンは、公開2日目で休日であるにも関わらず空いていて、いつものように良い席が取れました。7割位の入りでしょうか。
 三部作の完結編で、本作で全ての謎が解き明かされる、などと宣伝されています。会場入口で「ご観賞後にお読み下さい。」などと書かれたパンフを貰い、嫌な予感がします。そうか、解説を読まないとストーリーが分からないほどまた複雑な展開なのだな、などと・・・。
 2時間40分の上映時間だけあって、とにかく盛り沢山の内容です。製作者があれも入れよう、こういう設定にしようと際限なく欲張ったに違いありません。案の定、ストーリーや人物の相関は複雑極まりなく、恐らく1作目、2作目を復習してきていても、十分理解するのは難しいような気がします。あれこれ人間同士の駆け引きがあるのですが、その思惑が理解できないまま、置いてきぼりを喰ってしまうのです(前に座っていた小学生、大丈夫だったかなぁ・・・(-.-))。
 伝説の9人の海賊の登場というからには、もっと各々特徴を出して欲しいと思いましたし、やたらと大きくなっただけの女黒魔術師には期待を裏切られました。
 ただ、ジョニー・デップ、ジェフリー・ラッシュやビル・ナイ(眼だけですが)などの芸達者な演技を見ているだけでも、それなりに充実感が湧いてくるのが不思議です。終盤のバトル・シーンは全員が入り乱れて、何が何だか分からない始末ですが、大砲で人間がリアルに吹っ飛ぶなど、大画面での迫力は満点です。
 新しくチョウ・ユンファなどという大物も加わるのですが、大事な扱いをされていません。更には(後で知ったのですが)ローリング・ストーンズのキース・リチャーズを出演させて、ギターも弾かせるサービスぶりです。
 例によって長縲怩「エンド・ロール後におまけ映像が出ますが、これはおまけとして扱うようなショットではありませんね。それにしても10年も経っているというのに、二人とも年をとらないものです・・・。(^o^)
無敵。

無敵。
いやはや、先頭シーンはこの2007年に公開された映画(トランスフォーマーとかダイ・ハード4.0とか)の中でも郡を抜く良さ。ダイナミックな音楽をバックに繰り広げられる戦闘シーンはまさしく弩迫力。またバルボッサが牧師の如く口上を言い上げる(それも戦闘の真っ只中にいながら)とこは笑えましたね。あ、見てない方失敬。
正直、他のレビューを書いた人への挑戦的な事を言ってしまうようですが、何が眠くなるかは全くもって理解はできません。それが人それぞれだとしても。
とにかく、買って損は無いと言えますね。単純にSF好きの方なら。
続編のあるような終わり方

続編のあるような終わり方
3作目の最終章なので字幕版で劇場まで観に行った
のですが、長すぎてなかなか話についていけなかったです。
(字幕で行ったからかな?)ラストの戦いのシーンは
盛り上がって最高でした。ただラストが、また続編
あるの?というような終わり方なので話がさっぱり
という感じでした。





スパイダーマンTM3 デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) (初回限定豪華アウターケース付) /
ルピン

ルピン
3部作を一つの作品としては見れないかも…一貫性がないな縲怐Bでも何も考えずにボケ縲怩チとしながら見れるから,良い娯楽作品だとおもう。
あれだけ『2』がよかったのに…。

あれだけ『2』がよかったのに…。
今回はストーリーがすごくなあなあになっていた気がする。ハリーの復讐計画にしてもなんか地味だし、『1』『2』であれだけひたむきだったあのピーターがいきなり調子に乗り出すなんて違和感ありすぎ。グウェンが最初にスパイディに助けられるシーンだって、なんであんなところにクレーンがあるんだよ。ヴェノムが地球にくるくだりはオリジナルのストーリーがよく考えられてたと思うからそれを映画に取り入れて欲しかったなぁ。けど一番萎えたのがMJを救出しようと建設現場にむかうスパイディのバックに映った星条旗。何あれ…。スパイディの衣装の色はそういうことだったの?正義の味方はなんでもかんでもアメリカ側だっての?全世界配給の映画でよくもまああんな演出ができるなと思いました。
ストーリーはひどかったけどアクションはさすが金をかけただけあって見ごたえ充分だった。『2』に比べてアクションの量は断然増えたし、技術が発達したからなのか、ピーターが素顔のままスパイディアクションをするシーンもあったり。
ストーリーをある程度犠牲にした分テンポはよくなった、みたいな。ヴェノムは単体でも2時間もたせられるキャラのはずだから完結編だからって詰め込まなくてもよかったのに。ヴェノムのアクションが少なかったのはかなりの心残りでした。
スタジオ側が新3部作製作を正式にアナウンスしたので今から楽しみです。今度はスパイディ&ハリーVSヴェノム&サンドマンみたいな90年代のバットマンみたいな事にならないように願ってます。
シリーズが好きなだけに「もっといいものができたんじゃないかな」と言わずにいられませんでした。
とりあえずは面白いです

とりあえずは面白いです
一本の映画としての出来は詰め込みすぎで、
やや荒い部分が多いものの勢いがあって面白いです。
シリーズ3作目の作品なので、前作、前々作を見ていないと人物の関係(劇中では説明はありません)がしにくいと思います。
ただ、1,2作目に思い入れのある人だとこの3作目はせっかくあのキャラが・・・・したのに、
この出来では納得しにくく、最悪見ないほうがいいかもしれません。
僕自身は特に2作目が非常に気に入っていて、
この作品でスパイダーマンシリーズにちょっと失望してしましました。





パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド コレクターズ・セット (初回限定) /
キースが出てるから

キースが出てるから
2作目からこの作品には見切りを付けました。
面白くない!

3は2ほど酷くなかったけど、
キースが出演してなかったら映画館まで足を運びませんでした・・。

ジョニーのスパロウが鼻について・・。
オリジナルのキースの魅力には到底及ばない。
ラストはエリザベスとウィルに持っていかれましたね。

DVD購入は、ただただキースが出演してるから。
キースの意外な芸達者ぶりに星3個!!!

ジャックの心理が楽しめる、完結編です。

ジャックの心理が楽しめる、完結編です。
冒険活劇として十分に楽しめる作品群です。
さらにキーラとジョニー・ディップ、オーランドの演じる恋の3角関係も十分楽しめる。
特にジョニデの心の動きは、失恋したことのある人ならきっと何かをつかめるのでは?
完結編まで見なければもったいない作品群。
沢山おまけのついたコレクターズボックス、欲しい。
デイズニーランドに行く楽しみも増えますよね。
パイレーツオブカリビアン ワールドエンド

パイレーツオブカリビアン ワールドエンド
待ちに待った、ワールドエンドの発売!スターウォーズのように、1から3までの3部作のボックス発売を期待していたのですが。作品は、1、2と観てからでないと楽しみが半減します。今回のウィルターナーは、1,2と違って、勇ましくもあり、自身のために海賊の血が動き出したのか、男っぽくもあり大人になっています。ジャックは飄々とした感じは変わらず、しかし、ジャックが最初の約束を守っていればウィルの父ビルターナーもあーいうことにはならなかったろうし、とか思ったり。小学5年生の息子と見に行きましたが2回目は主人と見に行きました。ディズニーランドにもパイレーツを見に行きました、とにかく楽しめる映画間違いなしです。





WE'RE BROS.TOUR 2007 LIVE DVD SPECIAL BOX “17nen mono” /
ましゃ最高!!

ましゃ最高!!
今回の「17年もの」北海道から東京、横浜と6公演おっかけました。
WOWOWの収録だった3月25日の横浜アリーナにも参加しましたが、WOWOWではみれなかった曲やMCがいっぱい。このDVDにはそれらが網羅されているかも。
サプライズだった、ペプシのMCの場面も収録されているといいなあ。
とにかく、ましゃの魅力が満載だとおもいます。おすすめです!!
特典も期待度大です!(ジャンバーほしいなあ)



濡れるぜ!!!!!!

濡れるぜ!!!!!!
ジャケでも汁ダク確実だおーーーーーーーー!!ヒィーッ!ってか?(w)福やんマジ30オーバー?もう濡れるぜ(w)聴けお
絶対におススメ

絶対におススメ
ツアーに参加した方はもちろんWOWOWで観た方もまだ観たことのない方も、完全保存版として必須…ファンなら絶対に手に入れたいDVD!
個人的にはWOWOWで観られなかったHELLOのアレンジは今までの中でも特におススメ
本当に格好いいですよ。特典DVDもDVD写真集ということでどんな写真が収まっているのか気になるところ。これにトークも収録されていたら本当に完璧なんだけど…どうでしょう?





300 <スリーハンドレッド> 特別版(2枚組) /
極上の『戦闘体感映画』

極上の『戦闘体感映画』
この作品に批評は不要では?レビューの批評を読む時間が有るなら本編を見て欲しいですね。作品の好みは人それぞれですから好き嫌いの評価は分かれるでしょうが、『凄まじい死闘を映像体感させられる!』という点では一致すると思います。ある人が『300は非常に面白い作品だが、グラディエーターのような感動は無い!』と批評されていましたが、グラディエーターに負けず劣らず魂に響く作品だと思います。原作がアメリカのグラフィックノベル作品ですので、残酷な暴力描写がグラディエーターよりもエスカレートしています。マンガチックな描写とも言えますが…苦手な方には耐えていただく必要がありますね。非常に刺激に溢れた超バイオレンス作品ですが、しっかりと観客に訴えてくる感動的要素もあり鑑賞後には『大きな満足感』を得られるでしょう。『私は現代を舞台にした現代モノしか見ない!歴史モノや時代劇なんて絶対に見たくない!』というような、よほどの歴史モノ映画嫌いの方以外には今年1番のオススメ作品です。個人的な評価ではマイケル・ムーア監督作『Sickoシッコ』と本年No.1作品の座を競っています。期待ハズレ映画だったカリブの海賊/ワールド・エンド、イマイチだったハリポタ5作目、凄すぎて疲れたトランスフォーマーなどよりも純粋にオススメ出来る作品です。
300+1

300+1
300人 対 100万人。
どう考えても無謀すぎるこの『テルモピュライの戦い』はヘロドトスの歴史書に記されている。
以来2500年に渡り語られてきた伝説の映画化だ。

設定からしてとにかくヤバイ。一人でヤクザに喧嘩を売りに行くような人間が300人もいる訳だから、
その手の武勇伝が好きな人は胸が熱くならないわけがない。

ギリシャの都市スパルタのレオニダス王のもとにペルシア帝国は服従させるべく遣いを出す、がレオニダスはこれを拒否。これによりペルシアの大軍勢100万を、手勢わずか300で迎え撃つことになる。
冒頭のこのシーンで一気に引き込まれ気分はもうスパルタ兵。

そして何より気持ちがいいのが戦闘シーンだ。
たかだか300人の兵士が100万もの軍を相手にどう戦う?
当然の疑問の答えは、鉄の結束と完璧なチームワークそして「退く事は死であり、屈する事は死である」というスパルタの美学だ。
そしてその演出も画期的なものであった。

従来の映画の戦争シーンといえば圧倒的な人数で迫力を演出する客観的なシークエンスが主流だったが私はこの演出を快くは思っていなかった。
画面狭しと動き回る兵士たちがあまりにも多すぎるからただゴチャゴチャしているだけであまり迫力を感じなかったからだ。戦争モノの白兵戦はつまらないものという認識でいた。

このザック・スナイダーという監督はそこを分っているようで白兵戦の面白さを1vs1を何度も繰り返すという演出で完璧に表現して魅せた。
この斬新なアイディアはこれからの白兵戦の主流になるだろうと予感させるだけの説得力のあるものだった。

敵の兵士がありえないデカさだったり、モンスターみたいな象が出てきたりと史実を元にした割には妙にファンタジックだったりするがそれは映画はエンターテインメントという前提があるからで、この映画の魅力はCG、スタント無しの人間の肢体の美しさ、死を覚悟した上で嬉々として立ち向かう兵士達の境地ともいえる精神力が生み出す生の美しさにある。

117分という短い時間ではあるが強い漢に憧れた事のある人間だったら確実に戦場で戦うことが出来るそういう映画だ。
sparta!

sparta!
大幅に脚色はされているが、このテルモピュライの戦いにスパルタの精鋭300人(正確にはレオニダスを入れて301人らしい)が挑み、命を賭して100万のペルシア軍を3日間釘付けにしたのは史実である。
スパルタ戦士がなんたるかを実に活きに描いている。

映像に関しては、当時の世界観、つまり迷信と神話によってなりたつ現代の科学の発展した社会に住む我々には理解しがたい世界観を見事に再現していたと思う。
世界に対する理解が違えば五感で感じるものそのものが違ってくるのであろう。実際にスパルタ人の視点に立たせてくれる素晴らしい映像を作ってくれたと思った。

「自由」というのも本策のテーマであるが、実際にギリシャは当時に今日の世界に通じるような「自由」の価値観を持った唯一の文明であった。ギリシャがペルシアに飲み込まれていたら、後の歴史は完全にひっくり返っていただろうし、永遠に「自由」は失われたかもしれない。彼ら300人の背負ったものの重さを考えてみるとより楽しめる。

唯一の女性登場人物と言って良いスパルタの女王が個人的には最高にカッコよかった。


グダグダ書いてもこの作品にはこの一言で表せてしまうから凄い。

Spaaaaaaaaartaaa!!!!!








15th L’Anniversary Live /
よかったyo

よかったyo
DUNE、VOICE、Im in Pain、All Dead、が入曲されていて良かった。ドームで実際にDUNE、Im in Painは聴いた。
Im in PainみたいなHiro作曲のものまでやるとは思わなかった。DUNEの頃は、hydeさんの歌詞も比喩に比喩を重ねたものだった。hydeさんの太陽と月、そして人間の生と死についての思想の原点がかいまみれる。この頃のhydeさんの歌声は正に神がかり的だった。今回のhydeさんの歌声はDUNEの頃に近く良かった。それと、いつも思うことがある。曲も素晴らしいのだがLIVEの演出とMCのユニークさもすごい。半端ではないこだわりよう。正にアーティストだと思う。本当に頑張り抜いた15周年おめでとう。16年目の今年もkissツアー頑張ってください。
個人的にInner Coreもちょっと入曲してもらいたかったかな。
最高!

最高!
このライブDVDは今まで僕の見たライブDVDの中で一番最高です。インデイーズ時代のレア音源が収録されたり、トークも感動するし、従来のヒットナンバーも収録されたり、おそらく、今年の11月にアルバムとして収録されるであろう、の新曲を、ほんの視聴程度ですが、聴けます。ヒットナンバーの中でも初期のsakura時代のナンバーは今後いつ聴けるかわかりません。勿論、初代ドラマーpero時代のナンバーも今後いつ聴けるかわかりません。特にI'm in painはインデイーズアルバムにも収録されなかった幻のナンバーでしょう!オークションで唯一、この曲が収録された、ライブビデオが万単位で取引される程の超レアなので、このDVDの価格は破格と言っても過言ではありません、このライブDVDは星五つだけでは足りません、だから心から言いたい、L'Arcさんありがとう。
本当に楽しかったライヴ

本当に楽しかったライヴ
私は、二日間ライヴに参加しましたが、その時のどきどきがそのまま映像化されていた
そんな感じです。
いろいろな人が言っている通りhydeの歌がめちゃくちゃうまい!
ユッキーのドラム捌きにはいつも驚かされているけど、実際ライヴでは細かいところは
見えないし。
MCもきちんと入っていてうれしい限りです!
普段のライヴよりとても長かったので見ごたえもあります。
いろいろ言うより見たほうが早いよ!
買って損はなし!!!






銀魂 シーズン其ノ弐 03 【完全生産限定版】 /
桂+銀さん=高杉?

桂+銀さん=高杉?
まってました紅桜編です!

今回は絵がとても綺麗で、一番はやっぱ桂と銀さんと高杉がかっこいいことです!

なにこの戦闘シーン!!

なんなの桂のショートカットヘアー!!

どうしたの銀さんの目!!

とても楽しめると思います!
お勧めのDVDです!
最高!

最高!
ついにきました!!!

本編も最高ですがさらに特典が楽しみ!!!

絶対買いです!!


サイコーです!!

サイコーです!!
表紙は予想していた通り高杉&桂です!!「紅桜編」なのでここで高杉さんを表紙にせずいつ出すの?!って感じだったのでよかったです。
限定版の方は表紙攘夷時代の二人なので、どちらも大好きな自分としては最高です!!
しかも、今回の特典はCDではなく映像で観られるみたいなので今から待ち遠しいです!






劇場版『灼眼のシャナ』-ディレクターズカット-スペシャルコレクション (初回限定生産) /
ついに!!DVDって早くないですか??

ついに!!DVDって早くないですか??
ついに『灼眼のシャナ』の劇場版DVDです!!展開が早くて私的に嬉しい限りです!!
今作の購入を考えている方は是非、初回限定限定版をお勧めします!!色々と特典が素晴らしい!!

DVD三枚組なので見応えは十分です!!勿論ですがパッケージは『いとうのいぢさん』です!!

ディスク1・ディレクターズカット版ディスク
本編とやむなくカットしたシーンを加えた完全版!!

ディスク2・劇場公開版ディスク
劇場公開されたバージョンを収録!!(こちらはカットシーンの劇場公開版です)

ディスク3・映像特典ディスク
・ドキュメント劇場版のアフレコ模様、関係者インタビュー、イベント模様等の映像を収録!!
・新作おまけアニメ『灼眼のシャナたん@劇場版Ver』・劇場版CM集
・劇場版プロモーション映像
・灼眼のシャナII先行プロモーション映像

見応え十分です!!『いぬかみっ!』の劇場版DVDも同時に展開しますのでそちらもよろしく!!

ひゃっほーヽ(゜▽、゜)ノ

ひゃっほーヽ(゜▽、゜)ノ
遂に来た!!劇場版『灼眼のシャナ』
私は小説を全て持っているのですが、はっきり言って滅茶苦茶楽しみです!アニメでは展開が早すぎてシャナの良さがよく分からなかったと言う方が多いと思います。だからこそシャナの原点であるフリアグネ編を映画化したのだと思っております!
アニメでは表現しきれなかったシャナの深さが表現出来ていることを願っての☆5です!
好きだけどよく分からない方は是非是非見てみて下さい!
きっとより一層楽しめると思います!

P.S.
個人的にシャナと悠二の親しさ(アニメを通じての)を声優の方がいかに隠せているかにも興味があります…
シャナを知らない方も是非!

シャナを知らない方も是非!
人気アニメのリメイク版と言えるこの作品。

アニメを見て原作との違いに戸惑った方もいたと思いますが、劇場版はアニメ版よりは原作に近くなっています。

原作のままだと登場キャラが少ないためにマージョリーが加わっていますが、上手く処理してると思います。

ディレクターズカットでは劇場版では未公開だったシーンが収録されてるので劇場版を見た方にも楽しめるのではないでしょうか。

アニメ第二期の前に灼眼のシャナの世界をおさらいするのにも最適な作品だと思います。





プリズン・ブレイク シーズンII DVDコレクターズBOX2(「明日に向って撃て!」DVD付) /
TVで・・・

TVで・・・
内容そのものよりTVでBOX2を放映している。
セル売り出すより先にTV放映が始まるのは購入する人をバカにした商売!
買わずにダビングする方が良いのでは。

ハマってます!!

ハマってます!!
見ましたよ縲怐Bマイケルぅ縲怩チて感じ!(^^)!
これで完結?って思ってたけど裏切ってくれてサンキュ(*^_^*)また会えるんだ!って喜びと『どうなるの?』が複雑で。SONAって?えーっ?なに?なに?いつ発売?
遠くの楽しみが増えました!(^^)!
シーズン1より2が面白い!3はもっと?けど刑務所に戻るような予告?だったんで・・・。
どうなんだろう・・・(>_<)
けど、マイケルはかっこいい!!これに尽きるなぁ縲怐B

そのクリフハンガーはねえだろ!

そのクリフハンガーはねえだろ!
私は海外ドラマに関してはなるべく事前情報なしにDVD-BOXにて一気に鑑賞します。
プリズンブレイクに関しても毎度発売日に予約し、鑑賞したわけですが、それまでの合間にあった意外な展開で終わるクリフハンガーは、ヤキモキさせられつつも早く次が見たくなるような展開でまぁよかったんですが、今回のは正直どうなの?

シーズン1、2を通してなら非常に楽しめた良いドラマでした。
しかしシーズン2のラスト「LOST」を連想させる意味深なクリフハンガー、またそれですかって感じです。
「24」しかり次から次へと現れる黒幕や「LOST」風とかはもういいんで、どうかあまり大風呂敷を広げ過ぎず、納得できるかたちで物語を終わらせて欲しいものです。





機動戦士ガンダム 劇場版メモリアルボックス /
こんな映像特典が欲しい!

こんな映像特典が欲しい!
「めぐりあい宇宙」の音声はアノ「特別版」以外にも終盤、アムロがガンダムの
上半身を強制排除してコア・ファイターに乗り込むシーンあたりで
挿入歌の「ビギニング」の流れるタイミングが違うバージョンがあります。
劇場公開時の音声はLDではCAV盤のMG-BOXでしか聴けなかったので、今回収録される音声は両バージョン収録して欲しい!

映像特典は予告編CM以外にも「めぐりあい宇宙」で撮影まで行われながら演出の都合でカットされた
「欠番カット集」が欲しい!
テキサスコロニー内でエルメスがゲルググを回収してるシーンやマ・クベがシャアに皮肉を言うシーンなど
劇場公開当時の雑誌、ムックでも紹介されているのでフィルム素材が現存しているのであれば
音声無しでもかまいません!是非とも一般公開して欲しい!
バンダイは悪くないよ

バンダイは悪くないよ
富○が改悪したんだよ
才能の枯れた生みの親が良かれと思ったのか知らないけど。新訳Zも酷かったね
この作品は富野氏に才能があふれていた時代の最高傑作です。宮崎でいうならナウシカ辺りかな。

特別編から7年経った事だしいつまでも文句言うのダサいですよ
稀代の名作を商売化したメーカーの愚行

稀代の名作を商売化したメーカーの愚行
やっとですか、オリジナル音声版でのDVD化。
オリジナルを無視して音声リマスター版という「改悪版」をリリースしてからどれだけになるのか?

新しい顧客層を開拓するためと強弁し、DVDの特性である複数音声収録すらせず「DVDで劇場版ガンダムが観られる」と期待した当時のファンを裏切る行為をしたメーカーの愚行。
なぜ「カサブランカ」のカラー版があれだけ叩かれたかをメーカーは考えるべきだ。

とりあえず「出てくれる」ことに星二つ付けたが、メーカーの「商売至上主義」には星マイナス5点でも甘いように思えてならない。
コメント: かなーり入れ替わってました。
posted by はやぶさ じろう at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | BOXセット

2007年09月14日

売れ筋キッズ・ファミリー11位から






いないいないばあっ! うた★うた★いっぱい! /
ベスト版と言える一枚!

ベスト版と言える一枚!
今までのDVDに比べ、曲数が多いです!(45曲収録)
おなじみの曲が多いので、1歳半の息子もノリノリで踊りながら見ています♪
1時間もあってこのお値段はお買い得だと思いますよ!
ふうかちゃんのファンも絶対買いです!
子供が集中して見てくれるので助かります

子供が集中して見てくれるので助かります
1歳の娘が毎日TVで見ている「いないいないばぁっ」ですが、
一応ビデオに何本か撮り、家事をしたい時など流していますが、
同じ歌が結構何回も流れたりするので飽きてしまうことも。
今回購入したDVDはそれがないので、集中して見ていてくれるので大助かりです。
今年から「ことちゃん」に変わりましたが、「ふうかちゃん」時代の歌も大好き。
TVではことちゃん、DVDではふうかちゃん、とその違いもまた良いのかも知れません。
収録時間の割には価格が高い・・・というのは確かですが、長ければ良いというものでもないので、
私個人としては大満足です。
買ってよかったぁ縲怐・br>
買ってよかったぁ縲怐・/strong>
4月からいないいないばあっ!が“ことちゃん”になって、ふうかちゃん出演のDVD購入を悩みましたが・・。1歳半のうちの子にも聞きなじみのある曲ばかりで、また、知らない曲でも覚えやすいものばかり。子供ものりのりで観ています。小さい子には長いDVDだと思ったけれど、最後まで集中してみています。買って大正解でした!





アンパンマンとはじめよう! お歌と手あそび編 ステップ1 元気100倍! おゆうぎしようね /
★一歳でも踊れる★

★一歳でも踊れる★
まだ一歳になったばかりの息子。
後追いがひどくって家事が進まないので大好きなアンパンマンを見せたら…ッて思い購入!

最初は、ぁんまり反応なかったけど毎日見せてたらタヌキさんの真似したり肩をクネクネしたり上手に真似して踊ってます(-^艸^-)

30分位しかなぃからすぐ終わっちゃうけど楽しそうで、好きなお歌の時は手が空くので、家事が少しだけ進みます(笑)

そしてお友達を大事にしようって感じの内容でバタ子さんの優しさが子供に伝わればいいなって★

さすが!アンパンマン(o^O^o)
買って正解!

買って正解!
娘も息子も手遊びが大好きで アンパンマンも大好きなのではまってます!
親子で一緒に

親子で一緒に
このDVDは、ただ子供が眺めているだけではなくて
親が子供に話し掛けながら、一緒に踊れるところが良いと思います。
アンパンマン大好きな息子に催促されて
一緒に見ては踊っています。





ウルトラマンメビウス外伝 ヒカリサーガ /
うれしい。

うれしい。
ウルトラマンヒカリ。かっこよかったです。まとめて1本で観られるなんてうれしすぎです。フレッツ光入ってなかったのでとても観たかったです。メビウスで1番かっこいいのはやはりヒカリですね。
いいものだと思う。

いいものだと思う。
 現時点で未発売商品なのでネット配信を視聴した際の感想を書く。
 そのタイトルどおり本作はTVシリーズ「ウルトラマンメビウス」の外伝であり、前半の重要キャラクター “ハンターナイトツルギ = ウルトラマンヒカリ” を主人公としたサイドストーリーである。 ただし、設定的な係わりは深いがストーリー面での係わりはさほどではなく、 “これを見ないとメビウス本編の展開が理解できない。” などということはない。
 基本的には、TVシリーズの裏の部分である「青いM78星雲人が “ツルギ” となった理由。」「復讐の鎧から開放されウルトラマンヒカリとなったM78星雲人のその後の動向。」「ババルウ星人とヒカリの因縁。」が描かれることで、劇場版と併せて “メビウスシリーズ” の全容を知る手掛りと成るものだろう。

 さてところで、個人的な、あくまで個人的な嗜好に基づく難点をひとつ。
 本作は基本的に “仮面劇” であって、(ライブシーンのセリザワを除けば)人間は全く登場しない。 よって重要となるのは声を吹き替える俳優達の技量である。
 その中で、本来重要な位置付けにある “アーブ” の声を小倉優子が担当しているのは、いったいどういうことでございましょうか?。 いや、話題づくりのためのキャスティングであろうことは想像に難くないが、他の声優陣の技量が高いだけに、ただひとり学芸会レベルの小倉の演技を聞いていると緊張感をそがれる事はなはだしい。
 ソフト化に際して、アーブの声のみ別の声優に差し替えて欲しいものだが、そうすれば5ッ星なのだが、なかなかそういうわけにもいくまい。
待望のソフト化、しかしお値段が高くない?

待望のソフト化、しかしお値段が高くない?
ネット配信されていた『ヒカリサーガ』の待望のソフト化。何せ、フレッツ光に入ってる人しか見れなかった『メビウス』の外伝ですから、同作品をCOMPLETEされたい方は必携です。ただ、収録内容に対して価格設定が納得いかんものを感じます。





風の谷のナウシカ /
未来の地球

未来の地球
ナウシカの住む世界は腐海の広がる世界ですが、今現実に僕たちの住む地球もいつかああなるときが来ると思う
毒を吸わないためにマスクをつける…人間の手により地球を汚している僕たちがこんな生活をする可能性は十分あると思う!
原作版と映画版では内容がだいぶ変わってしまうが、映画版だけでも今の人類に十分大切なメッセージを残していると思う この風の谷のナウシカは大人でも見なければいけない作品だと思います!しかし、この作品は子供にも人気がありますね!
メーヴェに乗ってるナウシカ、前半の村人の会話、その他にも子供が楽しめる要素が多く含まれています
僕も子供の頃は楽しく見させて頂きました 風の谷のナウシカは非常にすばらしい作品です!見てない方、ぜひ見て下さいね!
最後に宮崎駿さん、すばらしい作品ありがとう!!
尽きることのない博愛の泉

尽きることのない博愛の泉
 平和とか環境問題とかこの作品の切り口は多々あると思います。しかし、私がこの作品でもっとも惹かれるのはナウシカの博愛振りです。蟲は人が醜いものと信じているものの象徴です。醜いものにも等しく愛を注げるその姿に惹かれるのです。
 「蟲は悪くない。」「だから殺さないで。」自らの身をも楯に信念を貫き、誤解や中傷を恐れない。そのひたむきな姿勢、痛々しさは周りの人間を動かさずにはいられない。勇敢さに惹かれるのではない。そのひたむきさ、痛々しさに惹かれるのである。応援せずにはいられないのである。彼女を慕う老人たちはその具現である。彼女は有事の際に小国の王女としてノブレスオブリ-ジュを実践する。誰にも注がれる愛は、戦争に明け暮れる大国の皇女までをも変えてしまう。何故殺伐としたこの時代に人を蟲を愛せるのかと。
 原作と比べるとやや物足りなさは残ります。まるで違う物語です。しかし5つ以上の星をつけれないなら、5つ以外につけようがありません。
<追記> 昨日久しぶりに見直しました。細かいシーンのいちいちに感動しました。なんて緻密に作られているんだと感心しました。
 その際小6の子供と一緒に観ましたが、意外と難しいんですね。この世界観を子供は全く理解できなかったようです。どんな優れた作品も時代の制約を受けてしまうということでしょうか。当時は冷戦構造が生きていて、大国が戦争をすることが即人類の滅亡につながるかもしれないという危うさがあり、この物語の世界観もあるかもしれない未来像としてリアリティを持っていたのですが、子どもにとってはただのファンタジーに過ぎなかったようで少なからず衝撃を受けました。もはや古典への道を歩んでしまうのか、と。
天空を舞う生命の輝きに感動!ジブリの名作です。

天空を舞う生命の輝きに感動!ジブリの名作です。
崩壊しつくされた地上世界と、そのなかで細々と命脈を保つ人類。腐食した森と、そこにうごめく超巨大昆虫たち。そんな中でも権勢・支配欲にまかせて戦争をしかけるおろかな軍事国と、かれらにめざめさせられた、最終兵器を想起させられる巨神兵たち。ナウシカは風の谷の、いやすべてのひとびとのために、みずから闘う、けなげでひたむきな小国の王女。

宮崎作品初期のエネルギー、圧倒的な輝きと、新鮮な驚きがここには集約されてあります。人類が機能不全に陥った未来世界の壮大な景観のなかで、天空を舞うナウシカはひとびとの希望であり、救世主のようでもあります。その自己犠牲の戦いがみるもののこころを揺さぶります。風の谷のひとびとに幸福になってほしいと、率直に思える、心にやさしく強く迫ってくる、大きく奥深い生命への愛が、われわれを、いつまでも、心のそこから感動させてくれるのです。

すべてが、壮大なスケールのなか、鮮やかに生命の尊厳を唄い、あまりに美しく、そしてダイナミックに結晶化された宮崎ワールドの、永遠の、傑作中の傑作です。おこさんが住むこの地球の未来を、おこさんに考えてみていただくためにも。。。

もしまだのかたがいたら、ご家族、おこさんに、ぜひ、みせてさしあげてほしいです。






NHKおかあさんといっしょ ファミリーコンサート「マチガイがいっぱい!?」 /
盛りだくさん

盛りだくさん
収録曲は以下の通り。
オーバーチュア♪/きみのこえ/おっとっとのオットセイ/アイアイ/のりものだいすき/ピクニックマーチ/みんなで力をあわせよう/いろいろへんないろ/おねえちゃんになりたい/ふたりでひとつ(ジャコビのソロ)/マチガイダンサーズのテーマ/ゴッチャ!縲怩ニけい縲怐^ブタさんの音楽隊/ブーブー ニャーニャー ワンワンワン/てをたたこ/ふたりでひとつ/ぼよよん行進曲/汽車ポッポ/ずんずんあるいて/タンポポ団にはいろう!!/くものしま/ぱわわぷたいそう/スプラッピ スプラッパ
※♪マークつきはインストゥルメンタル(歌なし)

子供も大人も楽しめます

子供も大人も楽しめます
テレビでの放送を2度見て、とても楽しかったので購入しました。
子供はこのDVDがとっても気に入ったらしく一日に何度も「ま縲怩ソ縲怩ェ縲怩「縲怐vと言いDVDをかけてくれとせがみます。
一日3回は必ず見るほどお気に入りです。
しょうこおねえさんのオナラハプニングや、まちがいダンサーズなど楽しいですよ♪
NHKさんガンバッタ!

NHKさんガンバッタ!
今までのファミコンといえば、「どうせ子供相手だし的な」”素人の思いつき無理やり構成”の話が多かったでしたが、今回は一味違いますよ!

舞台として、キチットした構成と思ったら、ウッチャンのお兄さんの内村宏幸氏が脚本でしたね。次回もお願いします。







もののけ姫 /
すごい!!

すごい!!
難しいことを書いても何も伝わらないと思うので、独りよがりな感想にならないように伝えます。
もののけ姫は生きることを伝えてると思います。
私はジブリ作品の中でも一番好きな作品です!見終わったあとは必ず何かが得られたように思えるはずです。
サンにメロメロ

サンにメロメロ
もののけ姫が大好きな理由? サンがむちゃくちゃ大好きだからだよ。一見話し方もきつく冷たそうに見えるけど,アシタカを介抱したり 時折見せる少女らしいかわいらしさ,もうたまりません!サン 嫁に来てくれ!くそ アシタカめ。サンの可愛いさに引き込まれる事間違いない!!
人間の身勝手さ。

人間の身勝手さ。
人間はどれだけ身勝手なんだろうと改めて感じました。バカみたいに会社がどれだけ儲けるかとかそんなクソみたいな事ばっかり考えてる人間は滅亡した方が地球にも自然にも良いんでしょうね。子供にはこの作品の意味が分かりにくいかな。大人向けの作品です。





カーズ /
身につまされました(^^;)

身につまされました(^^;)
★最高の映像を駆使したロードムビーアニメの一大傑作。
 道路が良くなって寂れていくのは、何処でも一緒。
 熱海しかり。マシンの動きがとても細かい描写で素晴らしい。
 全てを、車で表現している点や繊細な音にも感心しきり。
 最初から息もつかさず見入りました。声優さんも適役。
 オーソンファンには、とてもいいですよね。
 ニモ、モンスターズインク、Mr某に興業収入で及ばないのは、
 致し方ないでせう。多くの人に観て頂きたいアニメですよ。
 擬人化した車の表情が見物。ポルシェの描写が素敵だねぇ。
 コンナ楽しいアニメを造るピクサーに感謝。
 
とにかくクルマ好きは必見!さらにアメ車ファンになるかも?

とにかくクルマ好きは必見!さらにアメ車ファンになるかも?
ピクサーの映画はたぶんこれが初めて観たモノだと思います。自分は根っからのクルマ好き者ですが、やっぱこの映画にはハマってしまいましたあ。
クルマのツヤ感が、場面によって全て違う。ちょっとホコリっぽい所、泥まみれの所、ペイントしたてのピカピカの所。このへんはピクサーの芸の細かさなんでしょうね。古いクルマの錆び感もカンペキです。
また、ピットクルーのフォークリフト達が怒ってタイヤラックをブン投げる、キャラクターであるクルマが振り返る時にちゃんとバックギア走行独特の音が聞こえバックランプやブレーキランプも点灯するなど、細かいところに(かゆい処に?)手が届いているのでクルマ好きには「あーわかるわかる!」みたいな関心を覚えます。このレベル、単なるアニメ、マンガの類ではないですね。
映像の話はともかくとして、ストーリーの陳腐さを言う人も居ますが、まあ一種のスポ根モノだと思います、「あしたのジョー」的な。私的には、爽やかで人情味に溢れ、何と言われようが泣けました。
ちなみに娘ともども、もう家庭のDVDで50回以上は観てますね。いきなり吹き替え版を観ましたが、違和感無かったですよ、ぐっさんのメーター。娘の居ない時にポール・ニューマンのドック役の声を英語版で堪能してます。
買いました。少ししか見てませんが傑作です。で早速レビューって気が早い。。

買いました。少ししか見てませんが傑作です。で早速レビューって気が早い。。
迫力満点。大人も楽しめる傑作です。
色合いが赤ってところがインパクトもあって色彩の豊かさなところもお勉強になります。

ps.
Mrs.○○○アさん お元気ですか?あなたのような素敵な方が製作しているなんて、
やっぱピクサーのアニメがすごいってのがわかりました。まじで!
これからもお元気でご活躍を遠く日本から応援していますよ。これもまじで!!





えいごであそぼ Let's Sing! 2006~2007 /
たのしい!!

たのしい!!
1歳半の娘は「Sounds」や「GRANDPA AND GRANDMA」が特にお気に入りで、
何度聴いても踊りだします。英語の歌なので、大きくなってからでもまた見せたら
勉強になるし、いつも見ている馴染みの曲ばかりなので楽しい!です。

特典映像「DANCING DAYS」はMONDAYからFRIDAYまで入ってて途中で飽きてきますが、とにかく
内容はもりだくさんだと思います。
DVDでじっくり見ると・・・

DVDでじっくり見ると・・・
おすすめは、外せないオープニング曲や「ダンシングデイズ」もそうなのですが、なんと言ってもレスリーさんの歌。改めて見るととっても健康的でチャーミングな彼女。歌もダンスも上手で、じーっと見入ってしまいます。見れば見るほど好きになるタイプの女の子ですねえ・・・ 全体にいい歌が多く、アニメーションがかわいいことにも気づきます。「GRANDPA AND GRANDMA」は意外に子どもに人気。迷っているかた、ぜひお手にとってみてください!
待ってました !!

待ってました !!
ブライアン・ペックさんが歌う<Sounds>メロディーは単調なんですが本当に楽しい曲で、まだ0歳の息子もこの曲が流れだすとニコニコになります。私も一日中このブライアンさんの歌声が頭からはなれないくらい大好きです。歌と同時に流れるアニメーションもめっちゃかわいいです。





NHKおかあさんといっしょ 最新ソングブック やるきまんまんマンとウーマン /
CDとは違った良さがありますね。

CDとは違った良さがありますね。
このDVDを購入する前に、「NHKおかあさんといっしょ 最新ベスト ぼよよん行進曲」を購入して繰り返し聴いていました。CDは、子どもたちと車の中で楽しく過ごせるのでありがたいです。そして、同じ曲が何曲か収録されているこのDVDを観ながら、子どもたちは家の中で大好きなお兄さんやお姉さんたちと一緒に歌って踊って、さらに喜んでいます。

曲が連続して流れるだけでなく、全体がひとつながりのお話(お兄さん、お姉さんたちが探検隊に扮していますよ。)になっていて、その途中途中にいろいろな歌が入ってくる感じが楽しいです。初めて「おかあさんといっしょ」のDVDを購入したので、それがとても新鮮でした。

「やる気まんまんマンとウーマン」には、はまります(^_^)。つい「もう一度見よっか!」となってしまいます。「ぼよよん行進曲」、「きみのこえ」、名曲です!ズーズーダンスが3種類(リス・ネコ・カラス)入っているのもうれしかったです。「おかあさんといっしょ」、黄金時代ですね。
助けられてます!

助けられてます!
1歳になったばかりの息子が「きみのこえ」が大好きだったので購入しました。「きみのこえ」は聞き飽きたのか最近では踊っていませんが、「おっとっとのオットセイ」や「むかしはえっさっさ」などは特に喜んで聞いています。「雪だるまのまほう」や「ありがとうお母さん」はスローな曲なのでじっと聞くことはできず、ついつい飛ばしてしまいます。いい曲なんですが・・・。みなさんと同じく私も「ぼよよん行進曲」が好きです。中西圭三さすがです!
あまり聞かせすぎると飽きてしまうので、一日一回と決めているのですが、ついつい何度も見せてしまいます。
ラッキー☆

ラッキー☆
『おっととのおっとせい』 が好きな息子に買いました。
大喜びです。 歌詞あり・歌詞無し・カラオケetc・・・選べるので
飽きません!
『やるき・・・』のゆうぞう兄さん、ネ●チューンのホリケンに見えて
仕方ありません。
まぁまぁ・・・とにかく新品で店頭で買うより安く買えましたので、
親としても大満足しています。





紅の豚 /
好きになれない映画

好きになれない映画
『紅の豚』の主人公は言います。「飛ばねぇ豚はただの豚だ」と。でも「飛ぼうが飛ぶまいが豚は豚」ではないのでしょうか。
カッコつけてばかりいる主人公は、川に平気で煙草の吸殻をポイ捨てします。それが当たり前の行為であるかのように。(「海と空の両方に心を洗われた」者なら、きっとそういうことはしないと思うのです)

宮崎監督はこの作品の中で、武器を楽しく遊べる玩具のように描いていますが、そのことも気になります。武器という道具が本来、生き物の命を奪うために造られた物であるということを、この映画を観ていると忘れしまうような気がするからです。
「そんなこと言ったら他の、無駄に銃撃戦の多いアニメ映画やハリウッド映画はなんなんだ?」という声が聞こえてきそうです。まったくその通りで、その事実は、ひたすらに寂しい。

私がこの映画を観ていて考えたのは、「武器などつけないで大空を自由に舞うのが、本当の勇気と浪漫を持つ、カッコイイ飛行機乗りではないか」ということです。
親友達を戦争(武器)によって奪われたポルコだからこそ、そのことが誰よりもわかるはずなのに・・・。
それにきっと、武器など付けなければ、武装した飛行機乗りに付け狙われたりもしないと思うのです。だって武器を持っていない人を襲ったら、名をあげるどころか、ただの卑劣な殺人犯になってしまうのですから。

『紅の豚』は、多くの方が紹介なさっているように、テンションの高い、観る人によっては元気の出る楽しい映画なのかもしれません。しかし私にとっては、品の無い団体客が居酒屋さんで馬鹿騒ぎして喜んでいるような印象を受ける映画でした。
ですからこの映画を、まだ観たこのない方達に、お薦めしたいとは思いません。

多くの方がレビューで絶賛なさっている加藤登紀子さんの歌う『桜んぼの実る頃』も、私には、ただ綺麗にさらりと歌っただけの、深みのないものでした。
機会がありましたら、ジュリエット・グレコの歌う『桜んぼの実る頃』を聞いてみてください。心に沁みわたる本物の歌が、そこにはあるはずです。

オトナになってちょっとわかった・・かな?!

オトナになってちょっとわかった・・かな?!
すっごいいい映画です
最近、何度も繰り返し見てしまいました。

この映画に出会ったのは、かなり若いころで、最初はさっぱりわからなかった。
けれど、いま、すごい映像、言葉、しぐさ、すべてがすばらしいと感じる。
エンディングまで見終わったときの、「うおぉぉぉっ!」という衝撃と、
「くぅぅぅ・・・」という感覚が忘れられない。

いま、オトナだと思っているあなた、アニメだとおもってバカにしちゃいけません。
ぜひ、みてみてください。グッとくること、請け合いですから。
憧れの「空の英雄」に出会う!

憧れの「空の英雄」に出会う!
第1次大戦・イタリア空軍のエース・パイロット:「ポルコ・ロッソ」が豚に姿を変え、イタリア・アドレア海の空で荒稼ぎする空賊集団:「マンマユート団」を痛めつける賞金稼ぎの活躍を描く、1992年製作・『宮崎 駿監督』の、数少ない痛快・長編アニメーション航空映画。
【ポルコを煙たがる空賊集団がポルコ打倒のため、陽気で腕の立つアメリカ人パイロット:「ドナルド・カーチス」を雇う。そして、修理工場を目指し飛行するエンジン不調の「サボイア S.21飛行艇」に搭乗するポルコが待ち伏せを受け、「カーチス・水上戦闘機」に搭乗するドナルドに撃墜されるが・・・・・・。】
ポルコ機とドナルド機がダイナミックな空中戦を繰り広げる見せ場・数々登場する空賊集団の飛行艇・マダム・ジーナーの飛行艇・島めぐりの観光飛行艇・回想シーンに登場する若きポルコとジーナーが乗るアドリアーノ号・オーストリア軍飛行艇・イタリア軍飛行艇など、航空ファンには「実機の面影」のある姿に変身した飛行艇の登場は、目の保養になると思いますが・・・・・・。
また、周囲を明るくする爆笑・空賊集団のキャラクターが大いに生かされ、森山周一郎氏のシブイ声のポルコ・ロッソのユーモアな雰囲気などには、憧れの「空の英雄」と出会った感じもする。

posted by はやぶさ じろう at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | キッズ・ファミリー

売れ筋DVD キッズ・ファミリー






仮面ライダー電王 VOL.2 /
もちろん佐藤健くんめあてで買いました★

もちろん佐藤健くんめあてで買いました★
全体的にはまぁまぁおもしろかったけど、おわってみればこんなもんかって感じ。健くんが5良太郎にメイク、髪型かえてる最中のところが1番興味津々やった(^O^)大変やなーと思ったり、素。の健くんがみれてなにより☆★ハナさん役の白鳥サンも、多分やけど、素。は役と違っておとなしそうな人なんかなー?
と思った。しにがみのバラッドもみたけど、また違う!!
良太郎みたいに声高くしゃべってないけど、素か演じてるかは全然ちゃうし、話自体もおもろくてそっちもオススメ!
ウラタロス

ウラタロス
平成ライダーになどまったく興味無かったのですが、始めたブログ上で「新ライダーは電車男」「史上最弱、最年少のライダー」と噂になっていたのでなんとなく見始めて、見事にハマってしまいました。子供にはヒーローvs怪獣という単純な構図に見えても電王は大人でも十分に楽しめる深いストーリーが魅力です。(子供は理解できているのか?)
基本的に2話で1エピソードの展開です。
エピソードは、イマジンと呼ばれる未来からの精神体が人間の「願い(欲望)」を契約に憑依します。
憑依したイマジンは契約者のイメージで具体化され実態化します。
「願い」を叶えると契約完了となり、イマジンは過去に飛び自分の住みやすい世界へ歴史を変えて行く(主に破壊行動による自己の存在を過去に記すのが目的)事になります。
一方、主人公の野上良太郎は“特異点”と呼ばれるイマジンに憑依されてもイマジンをコントロールできるイタコのような特異体質を見込まれてヒロイン・ハナに「仮面ライダー電王」役にされてしまう。
良太郎はいじめられっこの弱い人間ですが、イマジンが憑依するとイマジンのパワーでパワーアップが可能。これは電王に変身しても一緒で、素の電王は無茶苦茶弱いです。
深いストーリーになっている一番の要素が、良太郎に憑依したイマジンによってキャラクターが大きく変身します。つまり仮面ライダーへのベルト変身と憑依によるキャラクター変身の2パターンが複雑に良太郎をヒーローに変身させるのです。
ハナと電王達(良太郎に憑依したイマジン)は悪意のあるイマジンによる過去の改ざんを阻止する事を使命としたヒーローなのです。
(ハナはイマジンによって改ざんされ失われた未来を取り戻すのが目的)
イマジン憑依状態での電王変身は「フォーム」と呼ぶ形で変身(変形します)

モモタロスイマジン(桃太郎の赤鬼イメージ)=ソード・フォーム電王
ウラタロスイマジン(浦島太郎の亀イメージ)=ロッド・フォーム電王
キンタロスイマジン(金太郎の熊イメージ)=アックス・フォーム電王
リュウタロスイマジン(龍の子太郎の龍イメージ)=ガン・フォーム電王

憑依された良太郎は声優さんが演じ分けていますので、誰が憑依しているか明確で各イマジンでキャラが濃いのも特徴。良太郎の体をイマジンが取り合うのも見所でしょう。

という訳で、単なる正義vs悪ではなく、イマジンと憑依される人間の歴史がエピソードの重要なストーリーとなっているので面白いのですね。

お前、僕に釣られてみる?

お前、僕に釣られてみる?
朝から遊佐浩二のエロい声が聞けるなんて、
最近の子供は贅沢すぎw
ウラタロス、巷じゃ影が薄いなんて言われてるけど存在感はバッチリじゃん。

「き、貴様! 卑怯だぞ!」
「よく言われるよ♪」

クラストイマジンとのこのやり取りは最高に笑えた。
ちなみにクラストイマジンの声優は「ローゼンメイデン」のくんくんやラプラスの魔で
お馴染みのあの人。ローゼンファンも満足の出来。

ちなみにウラタロスのロッドフォームは今のところ、まだ負け知らず。
普段は女性を口説くことしか頭にないようで、イマジンの中では一番頭もキレる
ウラタロスの機転で良太郎が救われることも多い。
ロッドフォームも電王のフォームの中じゃ一番ライダーっぽい顔してるんで
お気に入り♪
DVD1巻初回はバカみたいに値段が釣り上がってるけど、
この2巻も遊佐効果ことウラタロスのエロ声目当てに初回は売り切れ必至の予感。
俺の占いは当たる。釣られたと思って、しとこうや。





仮面ライダー電王 VOL.1 /
『俺、参上!』に笑った!

『俺、参上!』に笑った!
痛快と言う以外に言葉が見つかりませんね
本当は鈴村健一さんが好きなのでまじめに見はじめたのが13話からだったのですが
とにかく時間を往来する電車という設定と、憑依と言う形での主人公とイマジンの関係
どれをとっても面白い設定、面白いストーリーでぐいぐいと引っ張り込まれました。
勿論関俊彦さんや遊佐浩二さん目当てと言うものありますが、回を重ねるごとにその面白さが増していく感じです。
そんな電王ですが、月一でのリリース
発売日が待ちきれません!

4話の良太郎がモモタロスに『ごめんなさいは?』と言って
モモが『ごめんなさい!』と言ってソードフォームになるところがこのVol.1の一番好きなところかもしれません。

関さんの高いテンションは最遊記ドラマCD(玄奘三蔵)でかなり嵌っていますので
この熱血アウトローなキャラはツボってます
シリアスなんざ蹴っ飛ばせ!コミカルで楽しい平成ライダーの新境地

シリアスなんざ蹴っ飛ばせ!コミカルで楽しい平成ライダーの新境地
テレビ朝日系列『仮面ライダー電王』第1縲・話を収録したDVD1巻です。
近年のシリーズを象徴する謎めいた物語、シリアスで難解な展開を
吹き飛ばすような、軽快にして豪快、所々で笑える破天荒な作風が魅力です。
小難しい要素は極力排除した日曜朝の特撮の純粋な笑いや面白さに溢れており、
子どもから大人まで肩を楽にして楽しめる痛快娯楽作品です。

まず、主人公が非弱ですぐ不幸に巻き込まれる様が情けなくて苦笑。
それに対して彼に憑依するモモタロスの単細胞一直線バカっぶりにも笑えます。
登場する時、または電王に変身した後は『オレ、参上!』と名乗る単純明快さ。
叫ぶ必殺技名が『オレの必殺技パート1』と意味不明(笑)。
渋く格好良いcv.関俊彦の声とのギャップも相乗効果でナイス。

敵もどこか外れたようなコミカルな(おっちょこちょいな)キャラクターが多く、
所々で観ているこっちが苦笑いするばかり。思わずツッコミも入れたくなります。
登場する仲間や身内のようなキャラもネジが1本2本飛んだような変わり種が
多く、端々であさっての方向へ物語も飛び火させる始末。

過去の時間と引き換えに、望みを叶えるという
時間介入への犯罪を止めようとするお話が主体なのですが、
シナリオよりコメディ(コント)タッチの見せ方の面白さに特化しており、
ブランドに囚われない自由で魅せる奇想天外なノリの良い製作方針に感心しました。
電王、破格の大人気 !

電王、破格の大人気 !
2007年放送の「仮面ライダー電王」の第1巻です。正直、電車に乗った仮面ライダー?桃太郎?
何なの?という大方の予想を覆し、大人気のシリーズとなりました。

 佐藤健さん、白鳥百合子さん、秋山利奈さんらキャストも破格の大人気。ハナ役の白鳥さんは2007年大ブレイク! 超脚キレイですね。モモタロスたちイマジンも、こっそり人気のようです。
しゃべる怪人、というのは懐かしいですね。声優さんたちも、「電王出たい」という隠れファンが結構いらっしゃると聴きます。誰が出るのかな?というのも毎週ひそかな楽しみです。
今のところ女怪人は出てきていませんが。

 そして、謎。懐中時計の男は何者か?イマジンの目的は?など色々あるのですか、仮面ライダー電王はキャラクターが面白いので謎忘れてしまいそうです。ぜひたくさんの皆さんにごらんいただきたいシリーズです。






仮面ライダー電王 VOL.3 /
俺の強さにお前が泣いた! 涙はそれで拭いとけ!

俺の強さにお前が泣いた! 涙はそれで拭いとけ!
良太郎に憑りつく3人目のイマジン、キンタロス登場。
もっとも最初は別の人(メビウスのテッペイw)に憑依するので
モモやウラに比べてイメージが豪華w
モモタロス曰く「良太郎のイメージが貧相なのでこんな姿になった」らしいので
テッペイは良太郎と比べてもイメージ豊かってことかw

気は優しくて力持ちな正にキレンジャー的ポジションのキンタロスは
ライノスイマジンとの戦闘中に良太郎と契約してアックスフォームへ。
戦闘スタイルは相撲の張り手での突き飛ばしやデンガッシャー・アックスモードでの
攻撃など、今までのライダーにはない豪快なアクションに注目。
てか、ライダーが相撲っぽい技つかったり斧使うのって電王が初めてじゃ?

11縲怩P2話ではキンタロスが「泣く」という言葉に反応して
巻き起こすトラブルや、トラブルメーカーだけど人情家、悪い奴ではないところが
描かれ、キャラの深さを視聴者に見せている。
またビーンイマジンとの戦いでも「お前の動きは既に見切った!」と
相手の動きの見切りや的確な攻撃など、戦闘能力の高さも評価できる。
キンタロスの声優は、あの「仮面ライダーアギト」で
北条の上司として登場した「司龍二」こと、てらそままさき氏。
キンタロスの声に非常にマッチした、渋みのある声、特に

「俺の強さにお前が泣いた! 涙はそれで拭いとけ!」

の決めセリフのカッコよさは異常。
てらそま氏と良太郎役の佐藤健が歌う「ダブルアクション(キンタロスver.)」も
演歌調ながらも秀逸の出来栄え。
お荷物とか役立たずとか4人の中で一番影が薄いとか言われてる
キンタロスだけど、そんなコトねーぞ!

情けを忘れぬ人たちへ

情けを忘れぬ人たちへ
テレビ朝日系列『仮面ライダー電王』第9縲・2話を収録したDVD3巻です。
近年のシリーズを象徴する謎、シリアス、難解な展開を吹き飛ばす、
軽快かつ豪快、所々で笑える破天荒な作風が魅力です。
小難しい要素は極力排除した特撮の純粋な面白さに溢れており、
子どもから大人まで肩を楽にして楽しめること間違い無しです。

第9話「俺の強さにお前が泣いた」★★★☆☆
 次々と空手大会出場者を襲うイマジンが登場し、彼の制止に乗り出す良太郎達。
 怪力の持ち主ながら、、かなりおっちょこちょいで人道的な性格に笑えます。
 しかし敵という存在意義に波紋を投げ掛け、視聴者をも動揺させる展開に次回が気になります。

第10話「ハナに嵐の特異点」★★★☆☆
 第3形態の電王登場!金色の鎧を纏いて叫ぶは「オレの強さは、泣けるでぇ」
 あか抜け過ぎですアンタ(笑)。怪力で敵をねじ伏せる様も見物です。
 イマジンを憎むハナの葛藤と存在が見え隠れしますが、
 間抜けな笑いでしこりを残さず、すっきり幕を締めているのが好感触。

第11話「暴走・妄想・カスミ草」★★★★☆
 今回「なく」「なき」の言葉に異常反応するキンタロスの人情暴走劇と
 出番が無いモモの苛立ちの喜劇が馬鹿馬鹿しい(笑)。
 しかも、変身中に割り込んでキンタロスに強引変身してしまうなど
 お約束すら完全無視。事態を混乱させるテンポ良い笑いが楽しい物語です。

第12話「走れタロス!」★★★★★
 カスミと父親との絆、自らを省みない情に厚いキンタロスの姿が感動的です。
想いの裏返しの描写が光り、禁断の時間介入により、前回の世界を塗り替えた
 並列世界構築のハードSF要素が唸ります。それゆえにイマジンの過去への
 接触の危うさも匂わせた構成力の巧さも映える物語です。
ピクルスサンド

ピクルスサンド
キンタロス登場です
声はてらそまさんです
てらそまさんといえばシャドームーンの声でも知られていますが
平成ライダーの中で仮面ライダーアギトにも出ています
顔出しで、刑事役で、殺人犯の役です
そんな、てらそまさんの渋い声での関西弁
楽しみましょう






仮面ライダー電王 VOL.4 /
奇跡の勘違い

奇跡の勘違い
テレビ朝日系列『仮面ライダー電王』第13縲・6話を収録したDVD4巻です。
近年のシリーズを象徴する謎、シリアスで難解な展開を吹き飛ばす、
軽快かつ豪快、所々で笑える破天荒な作風が魅力です。
小難しい要素は極力排除した特撮の純粋な面白さに溢れており、
子どもから大人まで肩を楽にして楽しめること間違い無しです。

第13話「いい?答えは聞いてない」★★★☆☆
 今度は4人目・紫の人が登場。ヒップホップに乗せて華麗に闘う風変わりな
 ガンマンライダー。生き物に優しく、人工物に無頓着なあんたもやっぱり電王だ(苦笑)。
 公園でのマナーと動物愛護をテーマに、他イマジン3人の珍しいチームワークが芽生えそうですが・・・。

第14話「ダンス・ウィズ・ドラゴン」★★★★☆
 子犬のピンチに紫赤青黄色の4両が編成合体!紫龍に変化した電ライナーと
 敵との空中バトルが壮観。紫野郎の鼻っ柱を折ろうと他3人ががいがみ合いながら協力体制を取り
 ・・・きれていない凸凹ぶりがまたまた笑わせてくれます。

第15話「銭湯ジャック・パニック」★★★★★
 銭湯に篭城した強盗に巻き込まれる不憫な良太郎。警察包囲の中、緊張感は
 微塵もなく、外野も内野も巻き込みなぜか喜劇の大連発(笑)。赤青黄紫の電王4人も
 立ち替わり入れ替わり、姉さん含め恐怖も焦りも全くございません。
 篭城事件をここまで面白可笑しくできる製作陣の手腕に感服です。

第16話「幸福の星、降伏の犯人(ホシ)」★★★★★
 まさかそんなオチを用意してくるとは・・・。喜劇の篭城事件の終焉に大爆笑です。
 リュウタロスの弱みを逆手にとったモモの珍しい頭脳プレイと久しぶりの必殺技が爽快。
 社長と珍犯人・袴田の復縁の感動をいい意味で裏切った脚本の妙技に拍手喝采。お見事。
「倒してもいい?答えは聞いてない」

「倒してもいい?答えは聞いてない」
電王のトラブルメーカーなリュウタロス&ガンフォーム登場の回です☆

わがままで身勝手だけどどこか憎めないリュウタロスが出てきて
良太郎のイマジンが全員揃います。
デンライナーの中もますます騒がしくなって、仲が良いのか悪いのか
分からないようなタロウズのかけ合いが見ていて楽しいです。
こんなに特徴ある4体のイマジンを演じ分ける佐藤君は凄いと思う。
ダンサーズ引き連れての佐藤君のダンスも見所!

リュウタロス&ガンフォーム♪

リュウタロス&ガンフォーム♪
動物好きでダンス好き、
人の話をよく聞かない、
何かとしょっちゅう画面の中を動き回っている…
そんなタロウズ一の問題児(笑)リュウタロス登場の回になります
良太郎に対してすば抜けた影響力を誇り、キンタロスとは違った意味で暴走しやすい幼稚なキャラですが、その幼稚さ故に動物と戯れているシーンやデンライナーの車内でお絵かきしているシーンなんかだと妙に愛嬌がある気がしました(苦笑
例によって決め台があり、リュウの場合は「縲怩オていい?」そして「答えは聞いてない」ですが、他のタロウズの決め台詞より個人的にはコレが好きですね♪

それから今更の感もありますが、何かと何かを掛けてたりと何かとユニークなサブタイトルも面白いですね♪
サブタイトルまで遊び心が行き届いているっていうのは良いと思いますよ
やっぱり「第○話」ってだけだとあっとりし過ぎて物足りない感じもしますしね





メイキング・仮面ライダー電王 /
物足りなーい(ノ'ロ`)ノ

物足りなーい(ノ'ロ`)ノ
映画のメイキングが見れると期待してたけど物足らない内容でした。
各出演者の素の表情、佐藤くんのダンスを見れるのもいいけど、姿を現さない出演者であるスーツアクターや声優にもスポットを当てて欲しかったです。

ありゃ

ありゃ
佐藤健ファンにはたまらない内容でしょう。電王キャラ・ストーリーファン(私はこちら)にはちょっと物足りないデス…五歳の息子は「これだけ!?」「戦うとこは?」なんて言ってました。
テレビ放映分は繰り返し観ていますが、これに限っては一度観れば十分かな。
面白かったです

面白かったです
劇場版電王の舞台裏というよりは、撮影期間中の出演者の素顔が見られるメイキングDVDです。
良太郎役の佐藤さんをはじめ、みなさん役柄とは雰囲気が大分違うので、個人的には楽しんで見られました。
映画のネタバレは少ないですが、少しでも事前に内容を知りたくない方は、映画を見られた後の方がいいかもしれません。
TV版では少ししか見られないリュウタロス(憑依体)のブレイクダンスシーンを紹介していたのが良かったと思います。
佐藤さんご本人が踊られている様子がじっくり見られますよ。役者さんのファンの方は必見だと思います。
電王ファンとしては「一度見れば十分かな?」という感じもするので、評価は星4つで。





となりのトトロ /
ジプリ作品で一番の気に入り

ジプリ作品で一番の気に入り
 ジプリのアニメでもっとも好きな作品です。最近の「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」といった作品も悪くはないのですが、少し難解で家の子供たちも最後までは見るけど内容はよくわからなかったようです。しかし「となりのトトロ」を見るときはいつも自分がメイやさつきになった気分で夢中で楽しんでいます。特に庭に植えた種がぐんぐん成長するところではトトロたちと一緒になって傘を天へ突き上げる仕草を真似たりしています。
 キャラクターもこの作品ではグロテスクにならず、昭和30年代ぐらいの設定のほのぼのした感じも好感が持てます。この昔の感じが日本人にはたまらなく懐かしいのですが、海外の人にはわからいでしょうから、この作品の評価が低いのかな。
 いまの子供たちにとっては未知の森で怪物に会うストーリーにわくわくでしょうし、大人は自分の子供の時にあった風景を思い出して楽しめます。
トトロ

トトロ
初めてこの映画を見たのは幼稚園生ぐらいの事でした
当時は面白くて何度も見直してました
森に行くとトトロや猫バスに会える、見るたびに何度もワクワクしながら見てました
しかし最近になって見返してみると子供の頃とはまた違った感覚があります
まず目がいったのはその世界観でした
このような時代には僕は生まれてませんでしたが、懐かしい感じがしました
子供の頃はトトロにばっかり目がいっていましたが
今度はさつきやメイに目がいくようになりました
真っ黒くろすけを見つけたり、トトロに会いに森に行ったり、バス停で猫バスに会ったり、隣のばっちゃんが作った野菜をおいしそうに食べたり・・・なんだかとても幸せそうな感じがしてこっちも幸せな気分になってきます
大人も子供も楽しめるこの作品
いつまでも残していきたいこの作品
皆さん一度ご覧になってみてください
何回みても良いですね

何回みても良いですね
童心に帰れます。素晴らしい作品です。ジブリ作品といえばこれですね。心が洗われます。





ピタゴラ装置 DVDブック2 /
親子ではまっています!

親子ではまっています!
1歳9ヶ月の息子が「ピタゴラスイッチ」が大好きで、とりあえず様子を見ようと、ブック1を購入してみたのですが、親子ともどもはまってしまい、2も購入してしまいました。購入前は、時間の割には高いかなと思ったのですが、実際に見てみると、好きな人は、本当に買って損はない商品だと思います。毎日、子どもにせがまれて、何回も観ていますのですでに元はとれているかな。
「楽しい」のひとこと

「楽しい」のひとこと

 子供に見せるだけじゃもったいない。大人だって楽しんでいいじゃないですか。そう思って毎週NHKの番組を録画してますが、こういうDVDブックになってあらためて見るとやっぱり楽しいですね。No.41は歌と共にハラハラドキドキが長く続いて・・・ 番組と違い、いつでも装置を見られるところがDVDブックとしてのホントのメリットでしょうかね。
 教育番組として、子供の情操教育としてこの番組があるんだと思いますが、今の世知辛い世の中を過ごしているお父さん。コレでも見て息抜きしましょうよ。

また、買っちゃいました。

また、買っちゃいました。
息子も大好きで、僕も大ファン。
息子のお友達も、うちに来て観てます(笑)
先日、韓国人の友人のおみあげにしたら、すごく喜んでました。
このおもしろさ、普遍的なんすねぇ縲怐B

エンドレスでくりかえし流していても飽きません。
疲れたとき、深夜にポーーーーと見るにもGoodです。
インテリアとしても楽しめます。

なんせ、考えるとは何か?という奥深い哲学を感じます。
人間の脳って、なぜ、ボールが転がって穴に落ちることに
快感を覚えるんだろう?不思議です。





ピタゴラ装置DVDブック1 /
内容は最高

内容は最高
内容は最高なのですが、収録時間が少ないし、ムックとしても充実感がありません。
もう少し、購入者(ピタゴラファン)に誠意を持ってほしいなと思います。
大人本、キッズ本と2冊ついている、もっとたくさんの収録が編集してある、など
創意工夫がほしいですね。だってそういう番組でしょ?、と言いたいです。
これは買いです。

これは買いです。
子供用に買ったのですが、正直、これは大人向けだと思います。できれば1、2、セットだったらもっと良かったのに・・・撮影回数が100回にもなる話は泣けてきました。

もう少しメイキングが観たかった。

もう少しメイキングが観たかった。
映像自体はすごくオモシロイですよ。いつもテレビでも観ているのですが、まだ観てない画像とかもあって楽しかったです。
ただ私も「装置の作り方と哲学を解説する書籍」と書いてあったので、装置の作り方や考え方を期待したのですが、その部分では正直“物足りなさ”を感じました。
テキストの内容も今ひとつ充実してない気がします。そういった意味で、DVDならではの特典が欲しかったですね。





天空の城ラピュタ /
すごいねー。

すごいねー。
ロボットが孤独じゃないことを知ったシータ、
気遣うようにも聞いてとれるパズー、の描写シーンがありますが、
そんなシーンを考えて、それを表現できる人間のやさしさに感動しました。

私も子供の頃みたように、
子供たちにも是非見てほしい内容ですね。
おそらく宮崎作品の中で一番

おそらく宮崎作品の中で一番
 こういうタイトルをつけると「風の谷のナウシカ」はどうなんだと言われそうである。もちろん甲乙つけがたい。しかし、ストーリーとしての完成度からするとやはりこちらかな。「風の谷のナウシカ」は物語がまだ途中であるために原作のテーマを絞り込みすぎて違う話になってしまっている。まあ、それはそれで、まだ途中のものを一つの完成した話に仕上げているのはすごいことだと思うのだけれど・・・。
 ただただ、面白い冒険活劇である。理屈ぬきで面白い。博愛だとか平和だとかそういうことを通り越して面白い。何度見ても面白い。しかし、何故何度見ても面白いのか不思議である。次どうなるかわかっているのにね。ストーリーの奇抜さで勝負していないところがよいのかな。メッセージ性も薄いし。
まさに『傑作』。

まさに『傑作』。
もはや説明は不要といえるスタジオジブリの名作。
ストーリー、ビジュアル、音楽・・・・・どれをとっても文句無いです。
今から20年も前の作品だとは思えません。現在の地球と人類の状況に通じるものがある。

この壮大で奥深い内容を2時間でしっかりと描き、なおかつ混乱させずに見せるのは、「お見事」というより他にありません。
久石さんの音楽も作品の世界観に合っているし、素朴で美しい。
加えて、ジブリの一番の魅力(だと勝手に思っています)だといえる映像。
最低限の特殊効果でここまで迫力のある映像を生み出せるのは本当にすごい。
いつも思うのですが、スタジオジブリの作品はアニメの域を超えた『芸術』ですね。

子供は純粋に冒険活劇として、大人は作品にこめられたメッセージを感じながら楽しめます。
そして、子供達が大人になったらもう一度観返して、そのメッセージを感じ取る・・・・・。
こういうことこそが本当の『大人も子供も楽しめる』作品であると思います。

本当はこの作品には5つ星を付けたくありませんでした。
だって、これに5つ付けてしまったら、他の映画が2つ星や3つ星になるからです。
それくらい秀でているんですよね。少なくとも、私の中では。
今まで観てきた多くの映画のなかでも、やはりラピュタが一番好きです。


現在も、そしてきっとこれからも、日本アニメの歴史に残る大傑作です。
今を生きる者として、一度は観ておいて損はありません。





魔女の宅急便 /
異邦人の魔法

異邦人の魔法
欧州に滞在したことのある人には特に印象深い作品だと思います。立ち居振る舞いさえままならない、初めての異邦の地で味わう現実。街角を肩肘張って歩いても疲れるばかり、ストレスがたまります。そんな中で、ふと知り合った人々の好意と信用が、どんなに嬉しいことでしょう! 

いつしか下を向いて歩いていた道も、ふと見上げれば美しい町並みと青空が広がっています。新しい生活の場に居場所を見つけ出したとき、かつての憧れの街は最初見た時よりもずっと素敵な街に変わり、そして自分もまた、あの朗らかに道を行く人々の一員になっていることを知るのです。

それは僕にとって、箒で空を飛ぶことよりも、占いで未来を見ることよりも、ずっと素敵な魔法でした。
良く出来た色あせない映画。

良く出来た色あせない映画。
ジブリの中では、これが一番好き。初期の映画のほうが好き。
DVDであらためて見てみた。もう15年ぐらい前の映画。
ヨーロッパぽい町並みや話の設定のお陰でいまだ色あせない。やっぱり良い!

本来、魔女ということで現実離れしているのだけど
それを感じさせない設定で生活感のある魔女になっている。ここが良いと思う。
近年の作品とは違う。(千と縲怩窿nウルなど。)
新しい環境に入っていき、とまどい、挫折など、日常にある話で分かりやすいようになっている。
がんばれキキと思わせる。ジジや動物たちとの触れ合いもいい。
話も起承転結していて分かりやすいし、キチッとまとまっている。この辺も近年にはない。
ユーミンの歌もマッチしている。やさしさに包まれて、が良い。

これを見ていたときは、まだ若者だったが、
もはや私はおじさんになった・・苦笑。
でも、見た感想は、やっぱり良かったよ。いい作品だと思った。
ここまで思わせるから、きっといい映画なんだろう。(私には)。こんな映画は滅多にない。
大人になってもなにか失ってはいけないものがこの映画の中にはある。

原作が良いからだろう。
最近のは、原作選びが悪いのか・・良く分からない。ただのドンちゃん騒ぎのようだ。
完全にお子様向けになったのだろうか・・。
これ以上、他の作品について書くと違う方向にいってしまうので、やめておく。
けど、近年のとは明らかに違う。

とにかく、この映画は、まとまっていていいと思う。
まともすぎるかもしれないが、まともで良い。こういう王道の映画もやはり必要。
これからも新しい人に観ていって欲しい、色あせない映画だ。
こういう作品をまたジブリに期待したい。
世界名作劇場でやってほしかった

世界名作劇場でやってほしかった
私も、『魔女の宅急便』がいちばん好きで、毎週のように見ています。
歌や、景色やetcのセンスもいいですね。
はじめのオキノさんの「いつのまにこんなに大きくなっちゃったんだろう」は
原作そのままで、塾講師をしている私にとって、1年に1度感じる
感慨深い言葉です。
「旅立ち」と「自立」とを見事に描いていて、いい作品です。

一方で、原作を超えられなかった、という思いもあります。
なぜ、お金をもらうようにしてしまったのでしょう・・・。
それに、もともと新年を届けたり、おっきな腹巻を届けたり、いろいろなお届けもの
する話だったものを映画にして見せ場を作ろうとした無理もあります。
生徒たちからデッキブラシに乗ってるだけ、といった話を聞くと
原作のよさが全く消えてしまっていて残念に思います。
宮崎駿が訣別した世界名作劇場のような、30分番組でこそ生かされるものだったのに、
という気がします。

原作の5冊分も読んでほしいと思います。
少しずつ成長していくキキの姿が見られます。
posted by はやぶさ じろう at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | キッズ・ファミリー