2013年08月14日

進撃の巨人 3 [初回特典:Blu-ray Disc ビジュアルノベル「ミカサ外伝」

進撃の巨人 3 [初回特典:Blu-ray Disc ビジュアルノベル「ミカサ外伝」

ビジュアルノベル ミカサ外伝

ってなんなんだって、かなり気になりますよね。

そこがメイン?とはいい過ぎですかね。

せっかく注文するなら、ミカサ外伝がついていたほうがいいですもんね。


・監督は荒木哲郎(学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD、ギルティクラウン」)
・OPアーティストはLinked Horizon
・EDアーティストは日笠陽子
・音楽は澤野弘之(戦国BASARA、ガンダムUC)
となっています。


posted by はやぶさ じろう at 17:58| アニメ

2013年07月18日

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ

劇場版 魔法少女まどか☆マギカのブルーレイです。

まどマギ大好きなあなたに。

発売日は2013年7月24日です。

完全生産限定版特典がついています。

特製ブックレットやオリジナル・サウンドトラックCDなど

うれしいものばかり。







購入するショップによって特典ないところもあるので、

よく確認してからかうようにしましょう。


悠木碧、斎藤千和さんとおなじみのキャスト。


これからの人にもオススメのブルーレイです。

posted by はやぶさ じろう at 07:21| アニメ

2013年07月12日

マクロスF ゼントラ盛り ブルーレイボックス




マクロスF ゼントラ盛り ブルーレイボックスです。

発売は2013年12月25日になります。

まだちょっと先ですね。


BOX化になることで、河森正治総監督が前編リマスターを監修。

特典がもりだくさんです。けっこうあります。
新作ドラマCDとか。解説本とか。まだまだ。


TVシリーズは全25話収録。


アマゾンだとこちら。





posted by はやぶさ じろう at 05:45| アニメ

2010年10月25日

海外のロック






ランク
1位

マイケル・ジャクソン VISION【完全生産限定盤】 [DVD](10月18日以降のご注文分は発売日以降のお届け)

マイケル・ジャクソン

レビュー数
21
レビュー平均得点
4.5

○ プリズンバージョン
レビュー内容: もちろん予約しました!! まず、プリズンバージョンの映像があるのはいいし、ゴーストの約3分の映像があるのは、魅力です。(BD化されないかな〜)

○ ファンなら迷わず買いましょう
レビュー内容: セイ・セイ・セイ withポール・マッカートニー  

ゼイ・ドント・ケア・アバウト・アス*プリズン・バージョン

WHY/3Tfeaturingマイケル・ジャクソン

ワン・モア・チャンス

上記は正規に販売された映像としては有りませんでした、これらだけでも必見です。

確かに、フルバージョンでは無い映像もありますが、マイケルが好きなら買いでしょう。

また、英語歌詞字幕/日本語対訳字幕付も見逃せません。


○ ゴースト ショートバージョン
レビュー内容: ゴーストのショートVer.というのが、ゴースト発表時にMTV等で放送されていたものと同じだとすれば、数あるショートVer.SFの中でも最高傑作といってよいものだと思います。再編集によって、ゴーストの音に2BADのダンスをシンクロさせたものだったと記憶していますが、私にとってゴーストはこのショートVer.の方が衝撃度が高かったです。

○ 他のレビューについて
レビュー内容: いちいちマイケルの作品についてごちゃごちゃ言うの辞めろよ・・・

GHOSTS FULLじゃ無いとか・・・

それだったら買わなきゃ良いそれだけ。

○ とにかく嬉しい〜マイケルDVD
レビュー内容: 待ちに待ったリマスターが発売とのこと!マイケル・ファンの一人としては大変嬉しい。もうDVD化は無理かと思っていたプリズンバージョンが収録との事!嬉しいですね〜皆さんも述べていますが「ゴースト」短すぎです。どうなるの〜と思い不安に成ります。暫くはWOWOWでの放送版で我慢するしかありません。いずれ発売される事を願います…。 でも、これだけの収録内容を考えると絶対に買いだと思いますね〜ファンは当たり前、ファン以外の人にもMichael Jacksonを知る上でも良品です。ただオークション目当ての購入は絶対にやめて貰いたい。マイケルファンは必ず欲しい商品だからです。発売日が待ち遠しく感じるが、かなり充実感のある商品になっただけでも感謝したい。 Thrillerとメイキングが収録されて要ると嬉しいですね。ゴーストにも言える話しだが… 来年にはまた変わった商品、追加収録内容の商品でも感謝したいが…無理かな〜 とにかく皆さん購入して損は絶対にない商品です。必ず手に入れましょう。 アメリカ版は 23日に発売です。 安い廉価版だと思い購入しても良いでしょう。







ランク
2位

東方神起 History in JAPAN SPECIAL [DVD]

東方神起

レビュー数
23
レビュー平均得点
4.5

○ 内容と価格にギャップが・・・
レビュー内容: 価格があまりに見合っていないかと・・・。過去の映像を再編集しただけで何故この価格??と原価と売価にギャップがありすぎて、a社に怒りさえ覚える程です(見積の損失回収?)。5人の姿を見れるのが最後かもというファン心理を上手く利用しているとしか思えません。それでも、彼らの名誉と売上貢献のために決して売りに出す気はないですが。。



内容は個人的になりますが、今まで集めたDVDはどれも価格以上の価値があると満足していますし、何度もリピッて見てますが、これは個人的に一回みたら十分な感じです。もちろん東方神起が大好きな方にとっては満足いく内容だと思います。リピって見たい部分も沢山あります。ただ、素顔を見れる裏側の楽しかった頃から、日を追うごとにぎくしゃくしていく5人を見るのがつらすぎてたまりません。



東方神起が大好きで、どんな姿もみたい、DVDは全部揃えたいという方にはいいと思いますが、まだ他のDVDを集めていなくて、価格で悩んでる方はよく吟味された方がいいかと思います。

○ みんなステキ♪
レビュー内容: みんな初々しさが良かった(^w^)エイネも格好いぃし(≧∇≦)
みんなにも見て欲しいです♪

○ 笑顔と涙が混在します。
レビュー内容:
*とにかく、メンバーのデビュー時が本当、可愛いです。

そして、10代から、頑張り続けた5人に、心打たれます。

今、色んな事を言われていますが、このDVDを見れば、デビューから、ノンストップで走り続けてきた彼らに、拍手を贈りたくなります。

最高なベストグループと、私は誇りたい!



*プレミアムライブは、それぞれのソロ曲も勿論良いですが、私の大好きな曲:SHINEのフルコーラスが見れて、感激もんです!(TのLIVE DVDでは、一番しか歌ってないので…)本当、SHINE,最高です!



*a-nationのディスクでは、私はあえて、special映像の2005年を最初に見て、その後、2006年〜2009年を一気に見ました!!

どんどん増えてくるファンのペンライト数&声援、そしてメンバー達のパフォーマンスのクオリティーが、年々、上がっていくのがわかり、鳥肌もんです!!!ずっと歌われていた「SOMEBODY TO LOVE」だけの見比べも結構、楽しいです(笑)



でも、2008年までのライブでは、大好きなチャンミン(個人的ですみません。。)が笑顔いっぱいで歌ってるのに対して、2009年は笑顔が消えています。ドSキャラに変わったからじゃない?と言われそうですが、それは違うと思います。



そう、2009年になると、明らかに、3対2に分かれている映像が見られます。このシーンを見ると、もう5人一緒の姿を見る事は出来ないんだなーと改めて確信し、悲しい気持ちになります。

だから、このDVDが、5人からの最後のプレゼントなんだなーと思い、購入しました。それでも、いつか、遠い未来になってしまっても、5人一緒のDVDをもう一度、夢見て。心のどこかで待ちたいです。それは、もう過去DVDではなく、最新映像でですけどね。。




○ 真実*
レビュー内容: 真実を書いた方がイイと思いますよ。
avaxについてもですし...JJYに関してもです。
偽りをかいてあなた方は東方神起のファンとして恥ずかしくないんですか。
ファンならファンらしく真実を受け止めるべきだと思います。
ここでいいこぶっても東方神起は振り向いてくれませんよ。
本当のファンなら本当のファンらしい行動をしていただきたいと思います。

真実を知らないなら仕方ないですけどwww

○ 東方神起 最高です!!!!!
レビュー内容: 3枚目のソロで歌っている姿はとても新鮮で、a-nationでは毎年の5人が成長し格好良くなっていく姿に見とれますし、ファンが年々増えていくのがよく分かります。そして5人で歌っている姿はとてもとても楽しそうで、観ているこっちまで笑顔になってしまいます。



今はそれぞれの活動ですが、またいつか5人で日本に‘ただいま〜!’と言って帰ってくる日までこのDVDを観て待っていたいし、5大ドームでライブをして欲しいです。一緒に歌って踊りたい!!というのが私の願いです。待つぞ〜!!!!!


















ランク
3位

レディース・アンド・ジェントルメン [DVD]

ザ・ローリング・ストーンズ

レビュー数
14
レビュー平均得点
5.0

○ 鬼に金棒、キースにレスポール!
レビュー内容: 全体的にボーカルとリードギターの音が前面に出て、ベースやリズムギターやピアノの音が目立たない編集をしてあるので、黄金の72年ライブの真価はこの映画を見ただけでは解らないだろう。 

でもキース派にとってはレスポール(バースト)を弾くキースを拝めるだけでもありがたいし(なんせ「レスポールは重いから」という理由(笑)で、73年以降めったなことでは弾いてくれなくなったから)、また、ボーナスのモントルー・リハと合わせて見ると、改造前改造後のミカウバーの変遷が楽しめたり、「キースはフロントPUを使用しない」という都市伝説が嘘であったことも確認できるし、充分価値のある映画だと言える。



注意すべき見所は

●「ビッチ」のノリノリ・テイラー!あの不動のテイラーがバッキングに回ると、こんなに格好良く体を揺すり、キレのあるリフとリズムを刻むのかとドキドキしてしまう。ちなみに「シェイク・ユア・ヒップス」のカッティングもリズムの基礎がしっかりしたテイラーだからこそ成せる技で、このちょっと難しいリズムパターンをキープするのはキースには無理っす。

●「ハッピー」のキースのギターが、出だししか聞こえず無念。「キースは歌いながらギターを弾けない」というのが定説だが、黄金期は決してそうじゃなかったことを、音で証明すべきだったのに。せっかくのキースのボトルネックも全く聞こえないなんて、あんまりな編集だ!

●「オール・ダウン・ザ・ライン」のテイラーのボトルネックは女性の喘ぎ声を表現していると思われ。「ミス・ユー」のビルのベースに匹敵する、いやそれ以上のエロ表現だ!ジャガーの派手なエロダンスと対照的なテイラーのムッツリスケベぶり。なんと計算されたコントラスト効果だろう!

●「JJF」もキースのカッティングがほとんど聞こえず、まるでテイラーの独壇場。天下のJJFのリフに変なアレンジをほどこしたり、スイッチング奏法をやったりと、やりたい放題だ(笑)。演奏後にキースお得意の中指立てが見られるが、「俺の音が小さ過ぎるんだよ、音量上げろ!」「エンディングが決まらなかったぜ畜生!」というダブルミーニングに違いない。



う〜む、まだまだ全然書き足りない。800字じゃ無理です(笑)。




○ ミックテイラーのギターがいい
レビュー内容: 見ていないファンは必見。ブートレックでしか見たことがなかったのでとても美しい。皆若いしミック・テイラーが出ている映像は少ないので貴重。個人的にはロン・ウッドより好きだな。大人しいので、ビル・ワイマンが二人いるみたいだ。静かにとても素晴らしいアドリブをやっている。やはりこの頃のストーンズが一番輝いて見える。



70年代の雰囲気はよく出ているが、不思議と懐かしい感じはしない。付録で最近のミックジャガーのインタビューがついている。さすがに歳をとったなと思ったが、当時のことをとく覚えていて興味深い話が聞ける。この歳で来年ツアーをやるとは恐れ入る。ビルワイマンも戻ってくればいいのに。シャイナライトではクリスティーナ・アギレラだったけど、今度はゲストミュージシャンにレディーガガでも呼んでまたDVDを出してほしい。

○ ストーンズ全盛期のライブ。ヒット曲満載の傑作!
レビュー内容: 1972年、「Exile on main St.」リリース後のツアー映像。40年前の作品としては破格にクオリティが高く、画質、音質ともすばらしい.James Brawnのように体をくねらせてうたうミック・ジャガー, 躍動的に歌い、ギターをかき鳴らすキース・リチャーズなど涙ものだ。特筆すべきはクラプトンばりのフレーズを弾きまくるミック・テイラーのギターで、鳥肌ものにすばらしい。収録曲もベスト盤と行っていい内容であり、Stones入門編としてもお勧めできる。

○ 是非ともCDの方も…
レビュー内容: ブートでお馴染みの、この作品。

どうせなら、CDの方も発売してちょーだい!。
お願いします。

○ これは国内盤がお勧め
レビュー内容:  いや凄い。我慢汁で4曲目まで視聴していたが、4曲目の「デッドフラワーズ」に続き5曲目の「ハッピー」でミックとキースが一本のマイクで歌うという黄金のショットに入った時から尋常ではいられなくなり爆発してしまった。誰もが憧れたロックの一番格好いい状態がこれなのだ。幻の73年日本公演もかくの如くのライブだったのだろうと思うと今更ながら残念だった。彼らの各年代のライブ映像持ってますが、最後の最後に物凄いのが来たなという感じ。先日54歳になったばかりだが最高の誕生プレゼントだったよ。長生きしていて良かった。



 また、ボーナストラックのミックのインタビューは最高で、特に2010年のものは非常に落ち着いた楽しそうな彼が見られる。素晴らしい紳士になったものだね。ここまでいく過程が凄かったよね。個人的にはキースのギタープレイが生々しく観られるのが悶絶でした。やっぱりキース凄いっす。ミック・テイラーは弾きまくっていますがバンドの核ではない印象を受けました。やっぱりサイドプレイヤーだったんだなぁと思いましたが、それでもストーンズですから文句は出ませんけれど。はい。



 とても幸せな2時間を味わいました。







ランク
4位

少女時代到来 ~来日記念盤~ New Beginning of Girls' Generation [DVD]

少女時代

レビュー数
31
レビュー平均得点
4.5

○ 最高でした。
レビュー内容: 買ってそんない。きいてしあわせ。

どんな言葉にも変えがたい・・・。


○ 私でも好きになったアイドル
レビュー内容:
はっきりとは申しませんが、
某日本のやたら人数が多い
アイドルグループ、
私正直好きじゃなくて、
自分は人気なのが
嫌いな性格なのかなっ?
って思ってたのですが
少女時代はヒット!!!!

少女時代もすごい人気なのに
あのスタイルと表現力に
ひきこまれましたo(^-^)o

日本のアイドルと
韓国のアイドルって
次元がちがいますね 笑

日本は子供だなって
おもいました。

これからCDとか集めて
いきたいと思いますo(^-^)o

○ 素晴らしいの一言!世界レベルの可能性を感じるグループ。
レビュー内容: スタイルはもちろんのこと、楽曲、リズム、踊り、メンバー個性とグループの一体感。

久し振りに感じた世界レベル! ぜひ、日本と言わず米国、欧州でのデビュー、活躍を期待せざるを得ません。

○ 美脚
レビュー内容: 美脚だしスタイルがいいですね。 ただ一人一人の顔を見るとどこにでもいる感じのビジュアルかな…。
でもスタイルがいいのでいいんじゃないでしょうか。
歌ははっきり言って一度聴けばいいかなぁって感じ。 買おうとまでは思いませんでした。 今後に期待。

○ 目の保養になる
レビュー内容: これは、脚がたまらなくいい(゜ロ゜) 男ばかりで、集まってみれば 盛り上がるだろうよ(^3^)/とにかくプリティー&美脚過ぎるdvdってとこかな(笑)







ランク
5位

THANKSGIVING LIVE IN DOME【通常盤】

JUNSU , JEJUNG , YUCHUN ,

レビュー数
69
レビュー平均得点
4.5

○ やっぱり...
レビュー内容:
THANKSGIVING LIVE IN DOMEは、



本当に最高です^^



特に私の心に残ったのが

「いつだって君に」と

「W」です。



映像もすばらしく綺麗で、

LIVEでの感動をそのまま

表現されています^^



一生懸命、私達に伝えようとして

歌っている3人を見ていると

涙が止まりませんTT。



絶対、トンペンの方は

買った方が良いと思います。



損しません^^



でも、、、

やっぱり

2人がいないLIVEは

本当のLIVEではありません。。。



なぜか分からないけど、

スカスカです...。



足りないです。



これじゃだめなんです。



5人のLIVEを見たいんです!!



「W」の歌詞も、

どうみたって2人を想って

歌われているとしか思えません><



TOHOSHINKI EXPO 2010が

開催されることも、

嬉しいけど嫌です。

なんでなんで??

まだ活動するんだから

EXPOなんて開催しなくて

いいのに..。

と思います。



このままじゃだめなんです。



5人に戻らなきゃ。



このままだと

だめな気がする...><。。。



トンペンなのに何も出来なくて

ごめん。。



でも、5人でまた活動することを

願ってるから^^。。。



(長文、すみませんでした><;)




○ 最高!!!
レビュー内容: LIVEも行きましたが、また改めてDVDで見て興奮・笑い・感動しました。

○ 迷ってる方は買っていいと思います!
レビュー内容: 当たり前ですがこのDVDにはアルバムにはないLIVEだけの曲が入ってます!ジェジュンの『君のために』など貴重だと思います(:_;)素晴らしい内容なので私は買ってよかったと思います!

○ あの時の感動が蘇りました!
レビュー内容: 実際のコンサートにも行きましたが、少し遠かったので改めてトークや表情をじっくり観る事ができてよかったです♪2枚目の最初のユチョンのソロは最高です♪

楽屋?での映像がもう少し多かったらよかったなと思いますが、満足です★

○ やっぱりいい!!けれど…
レビュー内容: 久々にみる彼らのライブはやっぱり最高!!

ダンスパフォーマンスを見たかったなぁという気はするけれど…やっぱり歌のうまさは抜群!

3人のハーモニーにもうっとり!

だけどだけど…やっぱりやっぱり5人のライブが見たかったぁ〜

そんなこと言ってもしかたないけれど……でもでも5人のライブよりは物足りなさが残る…


ランク
6位

ザ・ビッグ・フォー~史上最強の夜!~ デラックス・エディション [DVD]

オムニバス

(まだレビューはありません)







ランク
7位

ライヴ・イン・ブカレスト [DVD]

マイケル・ジャクソン

レビュー数
331
レビュー平均得点
4.5

○ 完璧すぎるmichael
レビュー内容: 唯一の公式ライブDVDです



確かに、歌も踊りも完璧なライブですが



肝心な所で、観客は映り過ぎだし

曲のつなぎが長すぎます

そして、michaelの魅力があまり出ていない様に感じます





私、個人の意見ですがBADツアーやブルネイのライブの方が好きです

歌詞を噛んで笑うmichael

声が裏返って、笑うmichael



きっと、完璧主義のmichaelだから仕方ないけど

人間味のあるmichaelもいいですよ♪



それから、かわいいけど、やっぱりこのコスチュームがどうしても

好きになれません(笑)

○ まずはこのDVDを観る
レビュー内容: マイケルが唯一公式発売を認めたライブDVD



鳥肌ものです。

オープニングからして他の追随を許しません。



マイケルファンになったら初めに買うのはこのDVD。

マイケルが考える最高のライブパフォーマンスです。



マスト中のマストアイテムです。



趣味力でがっちり儲ける個人輸入入門

○ 生命力
レビュー内容: 私はマイケルのいわゆる現役の頃を知らずにファンになった輩ですが、この頃のマイケルは生命力にあふれてる!!「THIS IS IT」の神秘的なオーラの彼とは別人のような、でもマイケルの真骨頂がいっぱい詰まってます。ただ字幕の日本語訳がちょっと納得いきません。。曲のイメージやかっこよさがマイナスされる…。無い方が良いと思いました。


○ 口パク全開…o(^-^)o
レビュー内容: まず…マイケルは、口パクのプロですf^_^;


ミュージシャンは、基本的に口パクだけど、こんなに口パクが上手いミュージシャンは、初めて見たf^_^;


こんなに素晴らしいダンスをしながら一つの狂いもない口パクの動き…正にキングオブポップo(^-^)o


マイケルは、世界一のミュージシャンであり世界一のパフォーマンスをする人だと思います!


とてもオススメです!


マイケルのライブパフォーマンスに酔いしれて下さいo(^-^)o



○ これは最高のライブですが、これがマイケルの本気だとは思わないで欲しい
レビュー内容: マイケルの唯一の公式ライブDVD[海外も同様]であり何度観ても飽きない、最高のライブであり決して誰も超えることはできないでしょう。しかし、何人かの方も書いておられますがこの時のマイケルはコンディションがあまり良くありません。ウェンブリーで行なったライブは正直キレが違います、このライブ映像は様々な動画サイトで観ることができます。とは言えコンディションが悪くても他のアーティストを寄せ付けない段の違いすぎるライブであることに変わりはありません。絶対に買って損はないです。個人的には五段階評価では評価できないほど素晴らしいです。







ランク
8位

(シック)ネス [DVD]

スリップノット

レビュー数
6
レビュー平均得点
5.0

○ 身体でダイレクトに体感できる
レビュー内容: SLIPKNOTはデビュー当時から追いかけていますが、映像作品の中では間違いなく最高傑作と断言できます。

2枚組DVD、DISC1はツアーに伴うドキュメンタリー映像。DISC2は2009ダウンロードフェスのライブ映像です。

圧巻なのはDISC2のライブ。これが凄い!カメラワーク、音声共に良好で、8万人のマゴッツ達を前に、キレまくった演奏を披露する9人。この9人の演奏技術でしか出すことのできない極上な音の塊となって身体に跳ね返ってきます。

また、クラウンとショーンの動作が時にコミカルでさえあり、そのような視点でも楽しめる(笑)。

マゴッツもコリィに煽られ、共に歌い、モッシュ、裸になっている女性も(笑)。アツすぎる!

しかしこの9人でのライブがもう観れないのは、本当に残念です(R・I・P ポール・グレイ)。この9人での最後の映像としても

観ておいて損はないと思います。

あと、DISC1のドキュメンタリー映像でのブチギレるコリィ。イカツ過ぎます(笑)。

○ 最高の一言!!
レビュー内容: 野外という事もあり、映像は最高に見やすい。メンバーにアップするシーンも多く、オープニングでの(SIC)では故PAUL氏のアップで思わず動揺してしまいました…。やはり彼のアップシーンは多い感じを受けます。

ラインナップも過去〜新アルバムをバランス良く網羅。私自身は(SIC)〜EYELESSの1stアルバムと同じ流れが感動もんです。

余談としてメンバー(特にCOREY、JAMES)の服装がフォーマル寄りで赤いネクタイを着けてるメンバーも。時折、JAMESがCANTAのルーク篁氏に見えます…。

またMaggotsもハンパなく多く、とにかく激しい盛り上がりでメンバーを鼓舞するかのようです。

故PAUL氏の死で活動は暫く休止となりまして非常に残念ですが、また活動を再開した時は現在以上の狂暴さを私達に見せてくれると信じてやまない。

○ 文句なし!!
レビュー内容: ダウンロードフェスでのライブ映像とドキュメンタリーの2枚組。
ダウンロードフェスでのライブは音質、画質とも文句なし!8万人の大合唱は鳥肌モノ!!
ドキュメンタリーでは来日公演の時の映像なども入ってて満足。
ポールの演奏姿がなんとも。。。。もうこの9人での演奏が見れないとは。。。
これは買いです!!!!!

○ 9人最後の作品
レビュー内容: ライブは迫力もあって、音もいい方だと思います。
ただやっぱり歳のせいか初期の頃のあばれっぷりはあまり見られませんね。
ドキュメンタリー作品に隠し映像?でポールの特集みたいのがありますが、それを見るともうほんとに9人そろうことはないんだなと思ってしまいます。

○ 迷わず買いました
レビュー内容: 4thアルバムの「All hope is gone」からハマった、ファンとしては日の浅い私ですが、このDVDは迷わず買いました。 10周年のアニバーサリーアルバムにオマケ的に収録されていた映像とは全く違い、サウンドもしっかりとしているのでライブの迫力が感じられます。PVも4曲ついてますからお買い得じゃないでしょうか。ドキュメンタリーはコアなファン向けかもしれませんが、ライブ映像だけで十分観る価値があります。 この作品に巡り会ったチャンスを逃したらイケませんよ!







ランク
9位

レディー・ガガ ザ・ストーリー [DVD]

レディー・ガガ

レビュー数
14
レビュー平均得点
4.5

○ リトル・モンスターになってしまいました
レビュー内容: レディー・ガガについては、テンションを上げたい時にCDを聴くぐらいで

PVなどの映像を見ては「自由で気持ちいいなぁ」くらいにしか思っていませんでした。



でもなぜ世界中の人々からこれほどまでに熱狂的に支持されているんだろう。

奇抜なファッション?

キャッチーな音楽?

ド派手なステージ?



どれも抜群のセンスで飽きさせないし、それどころか次を期待してしまうのも分かります。



このDVDでは、そんな彼女の魅力について色んな角度から検証していました。



それはドラマのような生い立ちや経歴から始まり、

彼女をスターだと認める大スターたちのコメントだったり(もちろん彼女も大スターなのだけど)、

ファンが虜になってしまう数々の名言だったり、

もちろん、パレードのように流れる頭のてっぺんからつまさきまで徹底したファッションなど。



特に、マイケル・ボルトンが絶賛している、「常に先を見ている」彼女の労働観がとても印象的でした。



レディー・ガガの言動は、純粋で誠実で愛情に溢れているものだと感じたし、

自分を解放して個性を大切にすることで、たくさんのひらめきを生みだしている。

24歳の若さにして、自分自身をプロデュースできる賢さに脱帽です!!



そこも「ガガ様」と呼ばれる所以なのでしょう。



ファッションを見ているだけでもテンションが上がって楽しいけど、

これを見て、自分を解放したくなる、そんなパワーをもらいました。

もう彼女の魅力に取り憑かれて、一気にファンになっちゃっいましたよ!!



「ステージに住んでいる」と言い放つ彼女の天才的なパフォーマンスが今後も楽しみです!!!

○ レディガガ
レビュー内容: この人の頭の中を見てみたいと思った。

どういう育ち方をしたらこういう服装になるんだろうと批判的な考えを持っていたが、お嬢様学校出身で裕福な家庭育ち。

本当にこの人自身の性格でこんなに個性的なキャラになったのだろう。

DVDの内容としては、衝撃的な服装がたくさん見られておもしろい。

そして生い立ちにびっくり。

セレブ・スターの本性やゴシップに興味のある人にも是非おすすめしたい。

○ 素敵な人。
レビュー内容: デビューしたての頃からずっと応援しています。

一度彼女を間近で拝見することがあったのですが、サインや写真などファンの要望に丁寧に応えていてすごく感じが良かったです。

本作品を見ても分かるとおり、彼女はすごく真面目で何事においても深く考えて行動していると思います。

ハングリー精神がとてもすごいですよね。

「Lady GaGa」というキャラクターの素顔がぎゅっと詰まった、ファンにはたまらないDVDだと思います。

○ 3000円切るとは安い!
レビュー内容: マドンナと比べられていることなど、その話しちゃっていいの!?ということまで語られています。

ファンへのサインや一緒に写真撮っているシーンが多く、ファンを大事にする人なんだなあと好感が上がりました。

デビュー前の映像を見るとふっくらした体型してますが、たぶん最近であろう映像ではものすごく痩せていて、少し心配になってしまいました。

恋人と川辺にいるプライベート映像にはニヤついちゃいました。これ、めちゃ貴重じゃないですか!?

出てくる衣装や髪型は本当芸術としか言い様がありません。レディー・ガガが気になっているって方におすすめします。

○ 面白い!!!
レビュー内容: まずジャケットがかっこいいのと、ケースの中にもガガ様の写真が散りばめられていておしゃれです。

ガガ様のことををよく知っている方が解説してくれるので、裏話というか、いろんな逸話を聞けます。

1時間強のDVDですが、ガガ様の色々な顔がたっぷり詰まっていて、濃ゆい作品です。

とても満足です。

また何年か経ったら、パート2も出してほしいぐらい。


ランク
10位

クロスロード・ギター・フェスティヴァル 2010(フィギュア付きリミテッド・エディション)(Blu-ray)

エリック・クラプトン

(まだレビューはありません)


posted by はやぶさ じろう at 21:00| アニメ

2010年10月23日

アニメ

ランク
1位

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 2 [Blu-ray]

内山昂輝 , 藤村 歩 , 甲斐田裕子 , 浪川大輔 , 池田秀一 ,

(まだレビューはありません)







ランク
2位

魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st<初回限定版> [Blu-ray]

田村ゆかり(高町なのは) , 水樹奈々(フェイト・テスタロッサ) , 水橋かおり(ユーノ・スクライア) , 桑谷夏子(アルフ) , 高橋美佳子(クロノ・ハラオウン) ,

レビュー数
11
レビュー平均得点
4.5

○ 限定版として考えて
レビュー内容: 当方、TVシリーズから観てます。

本映画については、第一期を上手く纏めた上に+αされたストーリーで、作画は高水準。作品としては申し分ないとおもいます。

ただ、初回限定版の特典について不明瞭なところが多く(「他」って書かれてもねぇ・・・)、

★4つにさせていただきました。

違う作品でも特典としてたまに見かけますが「縮刷版劇場パンフレット」ってどうなんでしょう?

パンフレットを購入されていない方には嬉しいかも知れませんが、購入した自分としては特典でもなんでもない不要なものです。

個人的に、特典には非売品や未発表のもので揃えて欲しいと願うのですが。今更ムリなんでしょうね。


○ 誰にも想像できない物語の始まり─プロローグ─
レビュー内容: とらハから、魔法少女リリカルなのはシリーズと見てきており、待望の劇場版に感動と期待と…様々な想いでした。 もちろん、期待通り。 内容に関してはネタバレ考慮で割愛しますが、作画も綺麗になり、アニメーション技術も変わり、戦闘シーンでは、臨場感と迫力のあるスターライトブレイカーは圧巻です。 そして、最後のクライマックス。 泣いて泣いて泣ける所です。 劇場内でも感動を共有しておられる方が大多数でした。 この作品は、総集編という括りは正しくはないかも知れませんが、最低でも無印を見ておくと楽しめるのではないのでしょうか? ────── 物語はここから始まりました。 これから、2nd 3rdと続けば良いですね。 歌詞にもありますが、この作品に出会えたのは“奇跡”なのかもしれません。 リリカルなのは は、みんなが泣いたり笑ったりする、素敵な魔法です。

○ もうちょい設定守って欲しかったなぁ
レビュー内容:
TV版をしっていて、映画を見ましたが

個人的に、おかしな部分があってそれが、気になりだしてから

最後までほとんど守れなかった設定があって



話自体はTVをベースにしているので問題ないのですが、

最初の方に利き手を差し出すシーンでは左をだして居るのに、

途中の戦闘から右利きの撃ち方や、持ち方になっているのが残念でした



最初が間違ってたのか、途中から間違っていたのか分かりませんが

どちら一方で守って欲しい部分でした

○ 燃える!魔法少女
レビュー内容: TVアニメシリーズ「魔法少女リリカルなのは」の第一期をリメイクした映画版!


シリーズファンはもちろんのことなのはを知らなくても楽しめる内容です!

劇場版はバトルがどはでに大迫力になって興奮しますよー。


更にプレシアの心情が詳しく描かれていてTV版とは違った印象を受けました。

ラストの怒涛の展開は感動物です。劇場では涙を流してしまいました…


新世代魔法少女の決定版!
他とは一味違う魔法少女の物語をぜひ見よう。


○ 家でなら泣ける
レビュー内容: 遂に来たBD!劇場版のなのはVSフェイト決戦時に館内がざわめいたのは、今でも忘れられません。特典に関しても、パンフレット手に入らなかったので、嬉しいとこです







ランク
3位

涼宮ハルヒの消失 限定版 (Amazon.co.jp限定スチールブック付き/完全生産限定版) [Blu-ray]

平野綾 , 杉田智和 , 茅原実里 , 後藤邑子 , 小野大輔 ,

レビュー数
43
レビュー平均得点
5.0

○ 楽しみです
レビュー内容: ハルヒはわがままでやんちゃでツンデレで猫みたいな性格なので

飼っているメス猫をみるとハルヒを連想します。

消失は長門がメインだがロッテCMの「アクオ」の黒猫もいうこと

ありません。映画館へ2回足を運びました。

12月18日発売日まで待ち遠しいです。

○ アニメ史に残る傑作
レビュー内容: とにかくいままで見たアニメ映画の中で一番面白かったです。



TV版か原作でこれ以前の部分を見ておくことを強くお勧めします。

楽しさが倍増すること間違いなし。

映画館で4回見たけど、待ち遠しくてしょうがない。

○ ファンブースト
レビュー内容: 原作は1巻のみ読んでいる。

「話題になるほど面白いモンでもないな」というのが自分の感想。

で、映画の感想はというと、

内容的にはネタバレになる為詳しくは語らないが、

全体に流れるテーマは、物静かだった子が実は寂しかったのだということ。

だが、そのテーマを語るには、この作品のハチャメチャ振りが出すぎてあまりに弱い。

同時期期にやったレイトン教授と同じぐらいの面白さって感じだった。

レイトン教授よりも圧倒的に話題になるのは、シリーズを応援しているファンによる思い入れ。



だが、3時間という長丁場をあまりダラけず見せてくれたのはそれなりの物。

コレのみで完結しないのは正直カナリマイナス。

シリーズ物の宿命かもしれないが、もうちょっと充実した終わり方をして欲しかった。

見終わった後満足感があまりなかったのは残念。


○ 斜め歩き
レビュー内容: 映画館で鑑賞した感想は、「ファンなら納得」の出来だと思った。

しかし、どうしても気になったのが冒頭の、きょんが部室まで階段を上るシーン。



アニメーションの作画で、地味なくせに異常に難易度が高い「人物の斜め歩き(しかも階段)」を

こんなに長い尺で見せる演出は、作画者への嫌がらせ以外に効果が思いつかない。



案の定、足の運びに多少の違和感を感じるシーンになってしまっているのが本当に残念…

作画者の苦労と頑張りが滲み出ていて涙を誘うが、冒頭の、このシーンで、この演出者が、

なぜ、こんなカット割りをしたのか?という疑問が、ずっと頭に残ってしまった。



この先のストーリーが、この階段の様にグルグル繰り返すという比喩なんだろうけど、も少し

演出に工夫があれば良かったのに…


○ 至高の作品
レビュー内容: これは「百聞は一見に如かず」という言葉がぴったりです。





しかしこれはいい作品です!!ハルヒシリーズは好きで、特に消失はもっとも好きな作品でした。





そしてこれが映画化ととなれば見に行かなくてはと思い行きましたが、最高でした。



しばらく言葉が出ないくらいです。感涙と言うほかありませんでした。



そしてこれがブルーレイ発売となれば即決でした。発表と同時にアマゾンでまず予約!!





今後もう2〜3枚は買うのは余裕でしょう!!





ファンなら必需品になるでしょう!



ファンでない方はこれを機に見てみてください。見応えやおもしろさ、そして充実感に最後は感動と一気にファンになれます。



これはいい買い物になること確実です!!是非見てみてください!







ランク
4位

劇場版 銀魂 新訳紅桜篇【完全生産限定版】 [DVD]

杉田 智和 , 釘宮 理恵 ,

レビュー数
21
レビュー平均得点
5.0

○ 同じ映画をみに、二度も足を運ぶなんて、初めての経験でした。
レビュー内容: 劇場バージョン。色彩も、大きい画面の銀さんかっこよかった。

銀魂は、心にエネルギーをくれる宝物。



空知せんせい!そしてアニメ制作のスタッフの方々

いつもありがとう。



12月15日が待ちどうし〜い。

○ 遂に…
レビュー内容: このレビューを見た瞬間、 長文ウザいなと思った方はすぐに逃げて下さい。 ストレス溜まってる人が全部読んだら頭爆発するって程なんで… 遂に…劇場版銀魂 新訳紅桜扁が、 D・V・D化だァァァ!!! ヾ(*≧▽≦)ノ イィィヤッホォォォ!! …え〜、今回のDVD化、 劇場版公開について、 私は不満はありません。 星なんて嫌と言うほどあげたいですよ。 ただ一つ不満があるとしたら、 私は4回程映画見に行ったんですが、 その時に貰ったフィルムが全部さっちゃんのだったことぐらいです。 内容は、 TVシリーズの紅桜扁と大して変わらない感じだが実はかなり違っている、 そう思いました。 この映画の監督、高松さんは、「"新訳"は"新しい解釈"という意味で、 "原典は変えない"ということでもある」「原作を改変するのではなくまた新しい切り口で映画化しようということですね」と語っていました。 話の内容は変えず、 その物語の"視点"を変えている、 それがTV版と劇場版の最大の違いだと私は思います。 ちなみに、 映像は全体の半分くらいを一から描き直し、 色、 背景は全てやり直してるので、 TV版とはまた違って、 より綺麗に見えました。 色々長ったらしく説明しましたが、 最後まで読んで下さった方、 目ェチカチカしてません? 大丈夫ですか? 私は1人のファンとして今後の銀魂の活躍、 特に再アニメ化、 DVD特典のフィルムに期待してます。

○ o(*≧∀≦)o
レビュー内容: 待ってましたぁっ(^ ^)
DVDいつ出るんかなぁと思ってたらまさかの年内発売は嬉しすぎます!
映画は2回観に行って 映画を観てますます銀魂が好きになりましたv
本編DVDはもちろん特典が楽しみです(*^-^*)

○ ついに…待ってたぜ(ニッ
レビュー内容: 映画館で見た時の緊迫感をもー一度味わえるなんてよ、マジ嬉しいわ。永久保存版だな、コレ(ニッ

○ ブルーレイは?????
レビュー内容: ブルーレイでと楽しみに待っていましたが、

DVD止まりなのにショックです。(;_;)

なのでまだ購入を迷ってしまう...。

今時ブルーレイを出さないこと自体信じられません。

特に銀魂初の劇場用アニメなのに〜!!!!

今からでも出してほしいです。

なので作品はサイコーですが、☆は3つ。


ランク
5位

けいおん!!(第2期) 4 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]

豊崎愛生 , 日笠陽子 , 佐藤聡美 , 寿美菜子 , 竹達彩奈 ,

(まだレビューはありません)







ランク
6位

劇場版マクロスF〜イツワリノウタヒメ〜 DVD 特典 初回生産限定封入特典「劇場上映 生フィルムコマ」付き

中村悠一 , 遠藤綾 , 中島愛 ,

レビュー数
22
レビュー平均得点
3.5

○ 何だかな〜
レビュー内容:
結局テレビ版同様…世界観も何もワケわからないまま、歌と戦闘で無理やり押しきって謎の感動のパターンだったな



テレビでは伝説のメドレーに騙されて最終回終わったあとは興奮が覚めなかったが…劇場でこれを見た時は茫然としてしまった



まあ本当に新曲も含め歌は良いから、気になった人は見て損はしない…と思う…

○ ( ̄〜 ̄;)
レビュー内容: 歌が素晴らしいですね。
ヒロイン達が可愛いですね。
主人公美形ですね。
映像技術凄いですね。


でも、内容はよくわからないですね。


これが時代か…(笑)



○ 劇場版マクロスFは、本当に凄い。もう別物の新作です。
レビュー内容: 私は、劇場版を見ていないのでこれが初観です。

最初は、ただのTVの総集編を想像していたのですが全くの別物、新作ですね。

もう凄い以外の言葉が浮かびません。映像のクオリティが高く、マクロスならではの歌も最高です。



要らないと思われる部分は、バサッとカット。

ある登場人物が出ないという方もいると思いますが、時間と言う枠の中でカットすることも大事です。

TV版も全て観ましたが、たしかにこれは要らないと思う場面が多々あり、きちんと省いてありました。



後、TVの場面など本当に少しでほとんど新画です。

ストーリーも基本は同じなのかも知れませんが内容が全く違います。

もう一度、新鮮な気持ちで最後まで見入ってしまいました。



完結編がTVと異なりすぎて、どうなるか予想もつかず楽しみです。

○ 買ったけど・・・(劇場版は初見ですw)
レビュー内容:  TV版は一応全話観てました。

編集+新作という情報は知っていましたのでそれほど期待はせずに傍観できたと思います。



での感想ですが極論、河森作品は編集版、新作ともに劇場版には合わないということに落ち着きました。



以前の『愛おぼえていますか』もそうでしたが劣化のしすぎ。

各キャラクターにベクトルを向かせているのはいいんですが説明不足と時間の取り過ぎ。

まぁ2部構成ということで完結版はどうするのかわかりませんがシェリル、ランカの絵の良さだけを鼻先に突きつけられているだけの

ように思えてあまりいい気分で見ることができませんでした。





性格付けもなぜ劇場版だからといって変える必要性があるのかもわかりません。





たしかに絵のクオリティーは良いのは認めますがそれだけのこと。

戦闘シーンも動きが速すぎてよくわからない部分も多々見受けられましたし、バジュラとの絡みなどはカメラが寄り過ぎて

これまたわかりずらかったりと改変のポイントがずれているようにしか思えませんでした。

これが劇場の大きな画面で観た場合を考えると行かなくて正解だったと思いました。



映画として観た場合、少しお客を舐めすぎているように思います。



TVシリーズが面白いと思った分、非常に残念に思いました。



まぁコンサートシーンやシェリル、ランカの絵のみを良しとする人たちには良いかもしれませんがね。




○ 迫力満点!
レビュー内容: 本当は劇場で見たかったのですが、忙しくて身に行けず、DVDを購入することにしました。

TV画面でもすごく迫力が伝わってきました。

特に、シェリルのライブシーンや、もちろん戦闘シーンも3Dで作画されていてとっても迫力がありました!

そして、あいかわらず劇中歌も素晴らしい!

迫力をより一層引き立たせてくれます。



ストーリーでは、ランカがより素直な子になったことや、シェリルにスパイ疑惑がかけられることでアニメとはまた違ったおもしろさが味わえます。

マクロスを知らない人でも、十分に楽しめる内容だと思います。

(でも、知ってたらもっと楽しめますよ)



続編のサヨナラノツバサにも期待したいと思います!


ランク
7位

OVA「とある科学の超電磁砲」[Blu-ray]

佐藤利奈 , 新井里美 , 豊崎愛生 , 伊藤かな恵 ,

(まだレビューはありません)







ランク
8位

トイ・ストーリー ブルーレイ・トリロジー・セット (期間限定) [Blu-ray]

ディズニー

レビュー数
11
レビュー平均得点
4.5

○ パッケージが・・・
レビュー内容: 内容については書くまでもありません。間違いなくピクサー最高作。

BDのみのセットも個人的にはとても嬉しいです。

でも3のパッケージ・キャラクターはどうしてロッツォなんだろう・・・

かわいく見えても一応、悪役ですよね?

そこがとても引っかかってしまいます。

誰がいいかな・・・?と考えたんですが。





アンディ。





子供の頃のアンディでも、高校生になったアンディでもどっちでもいいんですが、そしたら売り上げもだいぶ違う気がするのは私だけでしょうか??

○ 大好きです!
レビュー内容: 1.2ともDVDで持っていますが、3の発売に先駆けてブルーレイの123セットが出るなんてもう最高です!
トイストーリーは大好きなので気が向いたら何度もプレイヤーに入れます。

DVDでも充分映像も綺麗だし音声もバッチリですが、DVDは日々の観賞用に−−−ブルーレイは私にとって永久保存版のつもりで買います。

実家の両親も大好きで、実家にはDVDプレイヤーしかないのも両方揃える理由の一つ。
なので3のDVD+ブルーレイセットも予約しちゃいました。 両親も今までディズニー映画をお子様用…とナメてましたが、一緒に1と2を見て感動していました。

別にお金に余裕がある訳じゃないけど、他の物を我慢してでも、このシリーズは惜しみなく買いたいです!

○ もう少し待ったほうがいいですね
レビュー内容: 何でも来年のカーズ2とスピンオフ作品が同時上映されるらしいので

それも入った完全版のトリロジーを待つのがもっともベストですね。

とてもよい作品なので末永く待とうと思います。

○ 遠〜いストーリー、になっちゃた
レビュー内容: 1・2、そして3の三部作のBDが一纏めになった、特典デイスク付きの期間限定BOX。

懐が許すのなら、是非とも買うべきでしょう!

初代にして、未だCGアニメ最高傑作のトイ・ストーリーがトリロジー・セットで出るとは。

……遂に、「遠〜いストーリー」になってしまった、というわけですなぁ……。


○ 米国版との比較
レビュー内容: この作品はすべてが大好きで、本当に素晴らしい作品です。ピクサーの作品の中でも一番好きです。

本当に思い出があります。今回、私の住む地域では吹き替えしか上映されず、とても悔しい思いをしました。

絶対にトム・ハンクスのウッディーの声が聴きたい!そして、永久にブルーレイの高画質で手元に置いておきたい!



米国版はディスク10枚です。

ディスクはブルーレイ4枚、DVD3枚、デジタルコピー3枚です。デジタルコピーがついているので、iPhoneやiPadでも楽しめます。しかも、かわいいケースに入っています。



字幕と吹き替えはないようですが、自分はあまり気にしないので、保存版として米国版を購入します。

もともと日本人吹き替え嫌いですし。



仕様が米国版と比較するとどうしても、日本版がしょぼく見えます。(しかも期間限定)今気づいたけど、期間限定ってことは、そのうち、米国版と同じ仕様のものを出すつもり??








ランク
9位

美女と野獣 ダイヤモンド・コレクション (期間限定) [Blu-ray]

ディズニー

レビュー数
18
レビュー平均得点
4.5

○ ずっと、待ってました!
レビュー内容: 魔女の呪いで野獣になってしまった、わがままな王子。
美しく、聡明な娘、ベル。
二人が出会った時、運命は動きはじめる−−


有名なDisneyのお伽話です。今まで、昔のDVDはかなり高いお値段で取引されていましたが、今回ブルーレイでやっと手に入れられました。
まず、キレイな映像にびっくり!DVDとは比べものになりませんね。昔のものと、台詞や歌の歌詞が同じなのも安心します。(リトルマーメイドの時はがっかりだったので)
映像特典もたくさんで、美女と野獣ファンならずとも、買って損はないと思います。次は10年後の可能性が高いですし…

美女と野獣の3D映画も見ましたが、DVDの映像が更にすごいことになっているので(!)
是非、映画を見る前にor見た後にもオススメです。

Disney Magicの世界に浸れる、最高の作品です!

○ たしかに不良品
レビュー内容: こちらの評価欄の記事を読み、早速確認したところPS3でも、パナソニックでもシッカリ音跳びしました。マスターに起因する不良に間違いないでしょう。どう対応するのか早速聞いてみます ジャケ柄もシルバー部分が大きすぎてウザいですね。逆にパッとしません。ただし画質は飽きれるぐらい鮮明で、ディズニーアニメーションの質感がよくわかります

○ ジャケが安っぽい…(泣)
レビュー内容: 前のやつでいいのにね。

やっっとでたというのに音とびもするようじゃないですか('・ω・`)


アニメーション映画史上初のアカデミー賞作品賞ノミネート作品ですよ!

じゃなくてももう少し丁寧に商品化すべきではないでしょうか。
作品の評価をさげたくないので☆5つで。

○ 愛の奇跡!
レビュー内容: 美女と野獣は子供の頃から何度見たかわかりません。
大人になった今でも、見終わって思うことは何一つ変わらないんです。
あぁ、なんて素晴らしいんだろう、愛の力ってすごい。

昔ビデオテープが擦り切れるまで大事に見つづけていたのがとても懐かしいです。
大広間でのベルと野獣のダンスシーンは、ブルーレイになってからさらに鮮明で美しく、思い出まで鮮やかによみがえるようです。

何度見ても温かい、そして優しい気持ちになれる、本当に素晴らしいラブストーリーです。

○ レーザーディスクからの移行です。
レビュー内容: レーザーディスクで美女と野獣を持っていました。

そろそろ見やすい媒体で見たいので、どうせならとブルーレイで買いました。



線のフチまでくっきり見えるほど映像が綺麗です。

CGはあまり目立たない範囲で使ってあります。

(でもシャンデリアは一目瞭然です^^;)



音楽も内容も文句なしですし、語りつくされてると思うので映像の感想だけで失礼します。

買って本当に良かったです!

とっても満足してます!






ランク
10位

トイ・ストーリー3 ブルーレイ+DVDセット(ブルーレイケース) [Blu-ray]

ディズニー

レビュー数
4
レビュー平均得点
5.0

○ 優しい切なさ…
レビュー内容: TOY3発表、そして完結と聞いて嬉しい反面、悲しい感じで待ってました。ほんと終わってほしくないシリーズでした。続きがあるんだと自分に嘘つきながらの日々。ただ嬉しいわけじゃない、ただ悲しいだけじゃない、深いストーリー…優しい切なさを大切な誰かと一緒にご覧ください。見終わった後、きっとあなたの心の中はアンディのあの壁紙のような景色になることでしょう。

○ 初ジャケ買い
レビュー内容: 内容は、あまり書いたらネタバレになるので伏せときます。

ただ、3は本当に感動します!見なきゃ後悔します!…ってだけ言っときます。

まぁ、個人的に2のがトイ・ストーリーらしいワクワク感が詰まってて好きかな(^^;)

1は仲間達とウッディのドロドロ感・2はおもちゃの話にピッタリな夢を与えてくれる楽しい展開・3は持ち主とおもちゃの絆の話…ってな感じです。

さて、この3はスーパーセットと、このBlu-rayケース、DVDケースとあります。

どれ選ぶか悩む…内容重視ならスーパーセットだけど。
でも、スーパーセットのジャケが個人的に受け入れられない。

という訳で、初ジャケ買いします(笑)
Blu-rayケースのが、温かみあるジャケでいいもんね!

○ ケースの違いだけです
レビュー内容: ブルーレイケースというのは、

ブルーレイの入れ物の中にDVDも入る構造。

ブルーレイで1〜2を持っていたり、

収納ボックスがブルーレイ専用なら、

こちらをオススメします。



そしてDVDの内容はブルーレイと同じです。

違うのはケースだけなので、重複買いに注意。

○ 「面白い」という一言で済むレベルではなく、とにかく完成度が高い作品
レビュー内容: ピクサーのCGアニメ代表作「トイ・ストーリー」の完結作。

登場人物はこれまでの流れを引き継いでおり、

特に1作目の内容をしっかり振り返っておく方が楽しめるだろう。



長く愛されてきたウッディたちだったが、

持ち主であるアンディがいよいよ大学へ進学することが決まり、

おもちゃを含めて部屋を片づけるところから始まる。



おもちゃたちにとって見捨てられる恐怖や

もう遊んでもらえない寂しさは耐えがたいものらしく、

そこから今回のドタバタが始まっていく。



全体通して非常に完成度が高く、

グラフィック面においては1作目の雰囲気を残しつつも

クマのぬいぐるみの毛並みなど、「人工の毛」の感じが素晴らしい。

ストーリーに関しても冒頭からアクセル全開でサービスし、

中盤以降の盛り上がりぶりは凄まじい。



かわいらしいイメージのある見た目だが、

今作を観て強く思ったのは「大人向けである」ということ。

いろいろな映画のオマージュやブラックなノリも多く、

そういった恐怖感やジョークを正確に感じ取ったり、

おもちゃたちの状況がいかに危険かを理解できるのは

ある程度、年齢を重ねた大人であろう。



そしてアンディと同様、昔大好きだったおもちゃを

いつの間にか片づけてしまった経験がある大人なら

何より強い感情移入ができるだろう。



吹き替えもぴったりだし、劇中の文字まで丁寧に日本語化され、

CGであることを意識せずに純粋に楽しめる。

「面白い」という一言で済むレベルではなく、とにかく完成度が高い作品。


タグ:アニメ
posted by はやぶさ じろう at 10:00| アニメ

2010年07月22日

アニメ






ランク
1位

涼宮ハルヒの憂鬱 ブルーレイ コンプリート BOX (初回限定生産) [Blu-ray]

レビュー数
38
レビュー平均得点
4.5

○ 内容
レビュー内容: 正直ドMアニメです。 これを見て面白いと言う人はかなりドM。私はあのワガママな女に耐えられなかった。キレそうになった。いや、キレたか。あんな自分勝手なやつは我慢ならない。世界が思うようになるってそんな馬鹿な。

○ 嬉しいです。
レビュー内容: 私はアニメ二期本編をほとんど見逃してしまいました。しかしこの商品をみて嬉しさがこみあげてきました。BD再生機器はまだありませんが、急いで買いたいと思っています。

○ ありえない値段!!
レビュー内容: はっきり言わせてもらいます・・・・・

安すぎてもう涙が出るほどありえない値段です!!


だってハルヒ全28話だけでなく激奏と弦奏+予約特典もついてくるんだからハルヒファンは絶対買って損はないと思います!!


てかハルヒファンなら買えよって話!(笑)

○ 発売前にはレビューしない主義なんですが、つい・・・
レビュー内容: 正直なところ、自分には高価ですし、なにより若干興味が冷めていたので買うつもりは全くありませんでした。
ですが、先日「涼宮ハルヒの弦奏」を見てしまって、そしてそれにとても感動を覚えてしまったのです。
今回のBD−BOXには本編はもちろんのこと、その「〜弦奏」も付いているというので、今回、思い切って予約してしまいました。
ほんの少し心配なのは、思いのほかディスク枚数が少ないような気がするので、画面のクオリティは大丈夫なのかな?とは思うのですが、そうは思っても「じゃあ、どのくらいの枚数なら安心なのか」というのは知識として知らないのでとりあえず余計なことは考えないでおこうと思います。
興味が薄れたと言っても、放送当時は(主に1期ですが)取り憑かれたように関連グッズなどを集めました。なので、話の面白さには、満足はしています。
何はともあれ、発売までまだ少々時間があるので、無駄遣いしないように、そして、少しでもお金を貯める努力をしたいと思ってます。

○ 本編だけがいい。
レビュー内容: 「本編だけで、他のディスク要らない」というのが、私の感想であります。というか、消失は、まだでしょうか。







ランク
2位

ワンピースフィルム ストロングワールド DVD 10th Anniversary LIMITED EDITION 【完全初回限定生産】

レビュー数
21
レビュー平均得点
4.5

○ ONEPIECEらしさ!(ネタバレ有)
レビュー内容: 尾田栄一郎先生がアニメ10周年記念ということもあって、ようやく脚本などを手懸けたということで、尾田先生のこだわりが多く出ていると思います。

『仲間』を大切に思うからこそ、どんな逆境にも立ち向かう『麦わらの一味』の戦闘シーンへ入る瞬間が黒服に身を包み『いざ!勝負!』といった感じの迫力あるシーンはもちろん、また進化をとげた動物?達にもこだわりがあるかと思います。
ストーリーは海賊王のゴールドDロジャーのライバルであった金獅子がナミの航海術を欲しい!という目的のため、ナミ以外をSTRONGWORLDとも言える弱肉強食の世界に落とすといったもの。また、その世界では生物は強さを求め進化していき、『強さこそが支配をするための絶対条件』であり、ある意味強さ=権力という世界で、ルフィ達『麦わらの一味』はナミを救えるかっ!というのが焦点になっていると思います。昔も(ココヤシ村)ナミを救うためルフィは頑張るのですが、今回のナミはルフィの力を信じ諦めてないこと、またその世界の人間達も進化をしていくというのがキーポイントではないでしょうか?そして、仲間を取り戻す!と意気込む麦わらの一味は本当に強いと思いました。
ちなみに、私的には映画初登場であるブルックがなかなか良い味を出してるかと。進化生物にある意味無視されるシーンは思わず笑ってしまいました(笑)
ONEPIECEをあまり知らない方でも結構楽しめますし、ONEPIECEをよく知ってる方は尾田先生のこだわりを見て、凄さを再実感できる作品ではないでしょうか?
(映画を見てから結構時間が立っているので矛盾がありましたら申し訳ありません。)

○ 十分楽しめると思うよ!
レビュー内容: 「ワクワクドキドキな少年少女の心に訴える作品を作り上げたかった」(厳密には違うけど内容はこんな感じ)と言っている尾田さんの考えを知りもせずに、原作の奥深さが無いだとか単純で楽しめなかったとか言ってる人が多くて唖然とした。
まぁそういう意味では子供達や素直にワンピースを楽しんだ人達には大好評だったので、尾田さんのやりたかった事は大成功だったんでしょうね!
私自身、子供と一緒に毎回純粋に楽しみながら見てるので、酷評をしている人たちは本当にワンピースのファンなんだろうか?ってちょっと残念な感じですね。

○ ちょっとシラケテしまう。
レビュー内容: ジャンプを買っているのにもかかわらず、12年間、巻の発売日には、必ず買う大好きなマンガです。コンテアニメ版は、あまり見たことがなかったので、(あまり好きでは、ないので)いい機会だし、前売りを購入しました。たしかにふつうに楽しめて面白いし。だが、時間が、映画だけあって、2時間弱で、終わらせなくては、いけないため、ちょっと中途半端に終わってしまってる気がする。この漫画、は、展開が遅く楽しむ漫画の
ためかこう2時間弱でインぺルダウン脱獄者、金獅子のシキが、こうも簡単にやつけられてしまうと、ちょっとシラケテしまう。しかもシキの家来が黒服をきた、男たちというのがいただけない。映画だけあって架空の人物像として見れば楽しいものだが、配布された0巻を見てこの映画を見ると本当に不可解に感じる

○ 新シーン追加決定♪
レビュー内容: 作者の尾田栄一郎さんたっての要望で映画公開時の映像に新シーンを追加する事が決まったそうです。内容や時間は、まだ決まってないようですがファンにとっては嬉しいかぎりです♪あと頼むからEpisode 0を正規発売してくれぇ('Д`)あのクオリティで一般発売してないなんて勿体なさすぎです(;_;)

○ 何も感じず
レビュー内容: 期待が大きかったのか、宣伝がでかすぎたのかわからないが、普通すぎて残念だった。あからさまなギャグも泣かせようとするシーンも何も感じず。







ランク
3位

劇場版 Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS 〈初回限定版〉[Blu-ray]

レビュー数
17
レビュー平均得点
3.5

○ Fateのファンであるなら
レビュー内容: 買いだと思います。

コノ手の映画は既にFateの原作なりテレビを見ていた人を対象にしていると思いますので、一見さんを弾いてしまう造りになってしまっている点については評価を下げる理由にはならないとして星4つです。
緩急を付けた造りにして欲しかったのですが尺の不足からこの映画は常にトップスピードで展開していきます。
諸般の事情が発生する映画においては仕方無かったとしてもBlu-rayやDVD版においてはそういった部分を補完する付け足しを期待していたのですが、ソレが叶わなかったために星5つは控えてみました。

劇場での鑑賞も3回ほどしております。
自分は原作よりも先にアニメから入った人間なのですがテレビの画質などと比べれば映画版のほうがはるかに美麗でありました。
話の展開についてはさすがに尺が不足しているゆえに急速過ぎる印象はありましたがFateの下地が既に頭の中に入っている者を対象にしているのであれば展開が速すぎてついていけないということにはならないと思います。

個人的には18禁にして同時期に上映されていた「りりかるなのは」とは一味違う構成にして欲しかったのですがwこの映画は様々なシーンをそれぞれ印象的に描写し直しているのでそれぞれのファンにそれぞれのお気に入りのシーンが見つけられるかと思います。
型月からファンへの数年遅れの贈り物のようなものです。

○ ローアイアス
レビュー内容: 原作遊済 アニメ観済での感想です。

良点 狂戦士vs剣士 TV版とは違って狂戦士の敏捷さに驚かれた方は多いはず。 弓兵vs士郎 劇場版最大の見せ場ですねエミヤのBGMのタイミングは最高でした。
惜点 狂戦士vs英雄王 イリヤが死ぬシーンはかなり残酷な描写になっていますがバトルをもうちょっと丁寧に演出して欲しかった。 暗殺者vs剣士 最後の燕返しの瞬間は鳥肌ものでしたが尺の都合か戦闘時間がかなり短くなっています。

悪点 弓兵vs槍兵 このシーンはかなり期待していた分残念な結果になりました。戦闘時間は尺の都合で大幅カット、なによりアイアスの演出が原作に比べてかなりというか完全に単調な映像になっています。

削られた点 アニメと被る部分はほぼカットされていました。(始め〜教会)(夜道でのキャスター戦) 完全カットのシーン(日常の会話&コメディ部分)(イリヤの過去)(凛との教室での最後の会話) 日常のシーンが無いからストーリー展開がかなり早いと感じられると思われます。

最後に 初見の人でも楽しめないことはないですが脳内補完がかなり必要になりますので原作遊済の人と観てください。原作遊済の人からは賛否両論でしょうけど私はかなり楽しめました。日常の会話が全く無いことでFateの醍醐味が結構無くなっていますけど原作で補完しましょう。

○ 戦闘シーンが単調
レビュー内容: なんか似たような戦闘シーンばかり
ストレンヂアとかと比べると劣って見えてしまいました
比べる物でもないかもしれませんが

○ 初見でも楽しめたと思います
レビュー内容: 私の場合映画がFateとの出会いでした
映画版→TV版→原作→PS2版→zeroと順当?に染まっています
確かにかなり端折られていますがその分どの場面も高い品質が約束されています
初見の人こそ『映画版』を私は勧めたいです

○ 個人的な感想としては
レビュー内容:
はっきり言って、勿体無さ過ぎる作りになっている気がします。
映像とその技術を見せることに、これだけ力を入れているのに対し、
本来語られるべきことを省きすぎていて、見ていてだんだんとイライラしてきた作品。

尺の制限があったとは言え、原作において物語の進行によっての積み重ねからくる表現がまったく省かれているのが残念。
凛、セイバー、士郎がアーチャーの正体に思い至るまでの過程が唐突過ぎて、
そこまでの過程をどう映像化してくれるのかを楽しみにしていただけに、かなりヘコんだ。







ランク
4位

ワンピースフィルム ストロングワールド Blu-ray 10th Anniversary LIMITED EDITION 【完全初回限定生産】

レビュー数
14
レビュー平均得点
4.5

○ 東映アニメで台無し
レビュー内容: 裏設定が豊富な今作ですが、内容は最強の敵シキを倒そうとするだけの意外と
シンプルな話です。
ですが今回は尾田栄一郎が組んだこともあって世界観やノリは見ててワンピー
スそのものであり、ギャグだけ見てても結構面白いです!
内容を見るだけなら星4つほどあげたいのですが、映画の制作が東映アニメとい
うこともあってバトルシーンが短いです…
ルフィとシキのバトルを今か今かと待ち望んでいたら、たったの5秒ほどのカッ
トでスピーディーなバトル展開は終わったし、その後はひたすらしゃべるシー
ンが入ってきて、全体的にテンポの悪いゆっくりとした感じがしました。
映画なのだからもっとルフィたちが動いて欲しかったです…

○ これぞ『ONE PIECE』の『FILM』
レビュー内容: まずこの映画
タイトルがいいね

前作、前々作と原作の焼き直しと言う明らかな劇場版のネタ切れに対してスタッフもついに原作者を動かし煮え切らない完成度の『アニメのONE PIECE』に喝を入れた作品

原作者も言っているが『少年アニメの映画でみんなが観たいのはお涙頂戴ではなくスカッとする冒険活劇』であると言う点が非常に意識された構成に脱帽である
感動作をボツ扱いにしたのは正解である
(案はこの作品の画集で見られます)

オープニングの海軍本部を飛び去る島々やルフィの滑空するオープニング、ギアとその欠点を描写した一連の初期戦闘など秀逸なシーン構成で仮にONE PIECEを初めて観る人でもすぐに一本の映画として楽しめる作品になっている

またラストにかけてのバトルバトルは歴代の劇場版で最高に熱い!!
正装殴り込みシーンからの麦わら一味は本当にカッコイイ
そして最大のピンチに現れるギア2ルフィとシキのこれまでの作品になかったこの作品ならではの空中戦
あらゆる点が見所

絵もよく動いてさらに崩れない
そして女性キャラクターがめちゃカワイイ(笑)

昨今のアニメに問題となる『無理やりな大根ゲスト』も本当にどうでもいい場所に配置して確かに『出してやった』と言う上手い使い方をしている
そして『演技の出来るゲスト』をボスにした原作者のキャスティングはもう全てをアタマに入れていたからこそ成せる業

通常原作者が原作以外に関わるとルパン三世DEAD OR ALIVEのように失敗することが多いがコレは大手を振って傑作の部類に入る名作

恐らく今後しばらくこの作品を超えるONE PIECEは出ないだろう

○ ワンピース映画最高傑作、麦わらの一味が帰ってきた!
レビュー内容: なかなかDVDの発売が決まらなかった今作がついにDVDとBlu-rayで同時発売!
しかも初回限定版には特典が盛りだくさんのおまけ付きです。

映画前作、前々作と二回続けて原作ストーリーのアレンジ版だったので、楽しかったけど、少し物足りなさを感じていました。

しかし今作は、なんと原作の尾田栄一郎氏自ら指揮を取り、とても見ごたえのある完全新作映画を作ってくれました。
最後のみんなが横一列に並んで登場する場面はカッコよすぎです!


最近はアニメ版の作画が昔と変わってしまって、動き重視だからか顔などがぬめっとしていて一味の雰囲気が原作と違って違和感があるのですが、
この映画では、服装などは全く違うのに、一目見て「麦わらの一味!」という感じが出ていて、それが一番嬉しいです。
製作スタッフのこの映画にかける意気込みが感じられます。

ラスボス役声優の竹中直人さんも、本業ではないにも関わらず、とても素晴らしい演技でした。

ワンピースファンの方はもちろん、これまで見なかった方も是非見て欲しいです。


麦わらの一味を演じている声優の方たちも、とても面白くて楽しい人たちばかりなので、特典映像の舞台挨拶も楽しみです。

○ 間違いなくワンピースフィルム最高傑作!!
レビュー内容: 私は劇場まで足を運び、ストロングワールドを観たのですが、今までのワンピースフィルムの中で、一番面白かったです!!
製作総指揮を尾田先生自らがなさり、金獅子のシキの声優は竹中直人さん。そして主題歌はミスチルという、最強のとりあわせ。
また、尾田先生曰く、「僕はみんなが幸せになれる映画が出来たと思います。なお、今回のお話が、ルフィの17歳最後の冒険となります。何度でも観て下さい。」との事です。
何度でも観ましょう!!

○ 第一話を読んだ後に。
レビュー内容: 私はこの映画を観に行く前にワンピースの第一話を読んでから映画館に足を運んだのですが、なんとも感慨深い視点で観ることができて非常に楽しめました。

第一話の最後で「仲間は10人は欲しい」と言って旅に出たルフィが、この映画の導入部で散り散りになった仲間を探す冒険をしているシーンから始まるので、ごくごく自然なんです。
それでいて10年の変化も色濃く感じさせてくれます。

見せ場である“麦わら海賊団”の敵陣への殴り込みシーンは、まるで第一話でルフィを助けに来た“赤髪海賊団”のシーンを彷彿とさせ、あの少年ルフィも10周年でここまでの仲間を集め、ここまでの風格になったかと思いを馳せながら観ていました。

あの小舟一つで旅に出た少年がこんな場所まできてしまったのか、と。色んな意味で。


週間少年ジャンプの連載を読んでいる方達にとっては、この映画の話が原作のどの部分に組み込んでくる話なのかとか、敵の親玉の強さは半端なんじゃないかとか気になってしまう人も多いようですが、劇場版の企画として幅広い層のターゲットに解りやすく楽しんでもらおうという意図が感じられる作品になっていると思います。

前述のように、第一話を読んだ後にこの映画を観たら非常に感動する楽しみ方ができたので、レビューに記させていただきます。

または、10周年記念で発売されたベスト版CDの特典DVDには原作の第一話にあたるシーンのアニメ版が収録されているので、そちらと続けて観てみるのも面白い楽しみ方なんじゃないでしょうか。

少年達を楽しませたいという尾田栄一郎先生を初め、制作スタッフの方々のエネルギーが存分に詰まった記念作品は是非ブルーレイで、次は20周年記念作品と続けて観てみたいものです。







ランク
5位

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.【初回限定版】 [Blu-ray]

レビュー数
307
レビュー平均得点
4.5

○ ぷはは
レビュー内容: いくらなんでも、映画館の音響設備とご家庭のそれを比べたらいかんでしょ。 ちゃんと5.1chで観れば素晴らしい臨場感を味わえますよ、安心してください。特にIN MY SPIRIT」のシーンではゾクッとなりました。 あと、旧エヴァと比べてしまうのは、エヴァと共に歩んできた私たちにとっては仕方ないことだけれど、どっちの方が優れてるとかじゃないよ。

○ ブルーレイ
レビュー内容: さすがブルーレイ!非常にきれい!早期予約で値段もかなり安くお買い得!
内容もこの「破」からTVとは違う新しい内容になっているので面白いですね!

○ 音の面に不満があります。
レビュー内容: 映像・画質は素晴らしいです。そのクオリティは目をみはるものがあります。
しかし残念ながら、破2.22は音の面で不満点が多々あります。

まず第一の問題は、劇場版から大きく音量バランスを変更したことです。
一番大きい変更点は、BGM音量の低下です。
これは、「家庭環境で台詞を明瞭に聞かせたい」という意図からなのは
わかりますが、この変更により作品の持つ迫力や疾走感がかなり減退する
結果となり残念でした。
また、台詞音量に対し効果音音量が大きすぎるため、ボリューム合わせが
非常に困難になっています(そのためアンプ等で補正する必要がある)。

第二の問題は、序1.11に比べ音質が下がっている点です。これは、ロスレスに
対応していない旧来のAVアンプをお持ちの方や、ヘッドフォンなどで視聴
されている方に顕著に影響があります。
音質が下がった主の理由は、DTS-HDのDTSコア再生の際、データ転送レートが
序1.11に比べ破2.22は約半分(1.5Mbps→768kbps)になっているためです。
なぜこのような不可解な変更をしたのか、理由はよくわかりません。

私自信ヱヴァが大好きで、破2.22が出るのを本当に心待ちにしていましたが、
正直残念な気持ちで一杯です。
音量・音質改善版の発売を望みます。こころからお願いします。

○ アニメ界を牽引する大作!
レビュー内容: エヴァンゲリオンという作品は様々な視点から見ることができるアニメです。
キャラクター、映像、音楽、ストーリー、演出、過去作品のオマージュなど、何度見ても新たな発見があり、多くの人の心の琴線にふれるすばらしい作品です。
それはこの新劇場版でも変わってはいません。
庵野総監督を中心にスタッフが自分たちのやりたいことをTV作品としてではなく、4部作の映画作品として大変盛り上がる作品として仕上げています。


映画では時間のとれるTVシリーズとは違い、心理描写のシーンは少なくなりました。その代わりに、キャラクター自身が他人と積極的に触れ合うというように、自身の心情を吐露しながら互いに向き合って対話しています。このことによりシンジたちが自信を持って行動しており、とても素直になっているなと感じました。旧作では3歩進んで5歩下がるという印象でしたから、この点で違和感を持つ人もいるかもしれないですね。


まだ4部作のうちの2つ目ですので全体の評価はできかねますが、少なくとも最高の形で次回作へ繋げたと思っています。特に破の終盤の展開は、旧作からのファンなら心に響くものがあるでしょう。また、いきなりヱヴァ破を見ようとする人もいるかもしれませんが、できればTV版から順に見ていってください。より破が楽しめるはずです。


旧劇場版では監督自身の正直な気持ちそのままに他人の恐怖や自分自身も含めたオタクへの嫌悪を描いて、一度エヴァンゲリオンは終わりました。ですが、新劇場版でも素直な監督の気持ち、多くの人が楽しめるより面白いものを作りたいという心意気が感じ取れます。
どちらとも監督自身の本音だと思ってます。単に今現在どちらの気持ちが強いのか、という違いだけで。



破の展開、そして予告から次回作ではさらに衝撃のストーリーとなっていることでしょう。
おそらく公開は来年以降ですが、楽しみに待ってます。

○ BGMの調整に疑問
レビュー内容: 映像は文句なし。
ただ、BGMが小さい。小さすぎ。
戦闘シーンの音楽がとても好きだったのですが
映画館では凄い迫力だったのにBDはあまり聞こえません。
2ちゃんねるでも一部議論されているようです。
エヴァは映像だけでなく、音楽も良かったのに
そこだけが残念です。








ランク
6位

Angel Beats!2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

レビュー数
25
レビュー平均得点
3.5

○ 良くも悪くも・・・・・
レビュー内容: 本編に関してはスルーで

キャラコメンタリーをもっと意味のある内容にして欲しいと思う
面白いけど、コメンタリーというよりはドラマCDでやればいいのにと思うような内容ばかり
3巻以降もこのままなのかと思うと次巻を買うのが躊躇われる

ファンなら買って損はないけど得もしない

○ 綺麗で爆笑
レビュー内容: よかったですね〜!
相変わらず作画修正されたブルーレイは素晴らしく綺麗ですし、付属のDVDも感激しました。
キャラコメも許容できる方なら大爆笑だと思います。
岩沢さんのキャラ崩れを嫌がるかたはやめたほうがいいかも(笑)

皆様理解されてるとは思いますが、あくまで全てのレビューは個人の感想なのでレビューは流し見る程度でいいと思います。
私は買ってよかったですし、あたりまえですが酷評してる方もいますからね。
合う合わないはやはり買ってみて判断して欲しいです。

○ 特典について
レビュー内容: 本編の内容については詳しく書かれていた方がいるので私は特典について書きます。
目玉のキャラコメンタリーですがトラックゼロの小説を読んでいたのでなんとなく予想はしていましたがいわゆるシリアス回の3話でこうきたかwって感じでしたね。多少好き嫌い分かれるかもしれませんが1巻のキャラコメを楽しめた人は買って損はないと思います。少なくても私はかなり笑わせてもらいました。
メイキング映像収録のDVDは予想以上に良かったです。40分以上の大ボリュームでアニメ製作の舞台裏や歌手の方のインタビューなどが収録されていて見ごたえありました。楽譜のブックレットは正直ただのおまけなんで無いと思ったほうがいいですね。
1話に続いて気になっていた4話の作画も大分修正されており個人的には文句無しの☆5です。


○ 内容、付属DVDは素晴らしい。キャラコメには失望。
レビュー内容: 一巻、二巻続けて購入しました。

二巻は、三話、四話ともシナリオは良好だったと思います。
三話のガルデモのライブシーン、岩沢の最後の印象的なあの歌と映像、
ここで心を鷲掴みにされました。四話は、あくまで学校生活という
枠組みを意識した話で、かつ日向の過去、彼の消滅?というところを
ギャグで崩すという、シリアスとギャグの組み合わせが良かったです。

楽屋裏やスタッフさんの裏話が好きな自分としては、付属メイキングDVDは
嬉しい特典でした。皆さんがどこにこだわり、どんな気持ちで作っていたのか、
それがこんな長い尺で見られるなんて、某アニメ会社はこれ事態を売ってたり
しますし(非難ではないですがっ;)豪華な特典だと思います。

ただ、キャラのオーディオコメンテータリーには心底がっかりしました。
一巻では、まだギリで許容範囲だったのですが、二巻で正直どん引きです。
コメンテータリーは、ドラマ、映画、アニメなんであれ、その映像を見て、
監督、スタッフ、出演者さん、アニメでは声優さんが「ここはこんな思い出がある」
「ここにはこんな拘りがある」などを聞くのが面白いんだと思います。
それが楽しみでDVD買ってるぐらいなのに、あんな感動させたエピソードバックに
ふざけたミニコント繰り広げられて、何が面白いんですか。
三話は特に酷かったです、岩沢のキャラを完全にぶっ壊して遊んでるだけです。
声優さんが早口でまくしたてて、キャラ壊して、失望の一言でした。
あの感動返せ、マジで。
これでネタとして笑えるんでしょうか、こんなの収録するなら、監督さんや
脚本家の方のしゃべりをバックに入れて下さい。それのほうがもっと実のある話が
聞けます。コントはドラマCDでもラジオの合間でも流せばいい。
三巻は難しいかもしれませんが、せめて四巻以降はもう少しまじめに解説する内容に
して頂きたいです。語りきれなかったエピソードや設定があるのでしょうし、
そういうのをファンは知りたいのだとと思いますから。

○ この映像特典はいらないなぁ…。
レビュー内容: 作品に関しては他の人が語っているので特に書きませんが、
限定で生産で特典と付ける物としてはいささか自己満足な物の様な気がします。
何故第一巻の様な物にしなかったんでしょうかね…?
映像、音楽のこだわり等は言ってしまえば特典なんかで語らなくても、
アニメ作品を作る上ではこだわって当然でしょうし、
作品を見て見ればどこに特にこだわったかは分からなくても、
綺麗だなとか良い音楽だなとかは分かるわけで…。
エピソード1と言う事は当然2もある訳で、
貴重な特典のスペースをまた自己満足ネタで取られると思うとなんかやるせないです。

個人的にはパソコン等で使える壁紙やキャラボイスなどがいいなぁ…。







ランク
7位

風の谷のナウシカ [Blu-ray]

レビュー数
71
レビュー平均得点
3.0

○ テロ
レビュー内容: 金を巻き上げるためだけに作られた犯罪級のゴミ。
これはもはやテロです。

○ 素晴しい作品ですよ。
レビュー内容: レビューをみて余りにも悲しくなったので書かせていただきます。
実際鑑賞しましたが世界観が損なわれず初めてみた時の感動がよみがえりました。
ブルーレイだからすごい綺麗じゃないとといけないんですか?
画質、音声についてはあえてそうしている事の説明があったかと思います。
それを見た上で購入して酷評をしている人は。。。
ブルーレイで作品を発売するのはそんなんに簡単な作業ではないはずです。あとお金もかかります。
それを簡単に手抜きと言っているレビューを見るのが辛いです。
良ければもう少し作品内容についてレビューしてください。
初めて見ようとしている人にネガティブなイメージが付かない事を願います。

○ こんな画質で出されても
レビュー内容: レビューを見て購入を検討しようと思ってましたが・・・
あまりに醜いレビューが多いのでレンタルしてみましたが。。。
これは、酷いですね!

グレインノイズも酷いしシーンで色調がコロコロ変わるのは頂けない。
LD版を持っているので見比べましたがBD版はお話にならないぐらいレベルですね。
逆シャア、パトレイバー、王立宇宙軍等の出来と比べるとあまりに酷すぎます。
購入を検討されてる方は、まずレンタルして画質を確認することお勧めします。
あ、もちろん私は購入は見送りました。

○ こんな物作りで......
レビュー内容: デフレの時代において
足下をみるような価格設定。

仕事内容が伴っていれば納得するが、
パッケージは非常にちゃちく、
画質もブルーレイで出す必要がないほど進歩していない。

ipadなんかにうつつを抜かしている
低俗な連中ですいませんでしたね!
宮崎さん。

私から言わせてもらえばこんな物作りで満足している
宮崎さんと鈴木さんのほうが公然な自慰行為にしか思えません。

もちろん作品は四つ星以上ですが、
我々は6000円もの大金を払い
作品と共に商品を購入するのです。

よく考えてください。
お金を稼ぐのは大変なんです。

○ 参りマスタ…
レビュー内容: DVDを持っていないので購入してみました。ここのレビューでの評価は知ってたが敢えて購入シテミタ。予想通りというか予想のナナメ上をいくというか…
映像:ノイズは少なく良好だが線に統一性が無い。ぼやけたりハッキリしたり、同画面上の複数いる人物が上記のようになってたりすることもあり酷いものです。
音声:モノラルは仕様って事だし仕方がないのだろう。いまなら疑似5.1もあるし問題は無いかも。ただ、新たに再構築するぐらいの意気込みは見せて欲しかったが…外装:他の方々も書いているとおりヒドイ…を通り越してアリエナイorz通常のBDパッケージじゃダメなんですか?って聞きたいぐらいデス。と、まあ突っ込みどころ満載な代物です。DVDを持っているならば必要なさげ。参考になれば幸いです。長文失礼しましたm(__)m


ランク
8位

OVA「とある科学の超電磁砲」[Blu-ray]

(まだレビューはありません)







ランク
9位

けいおん!!(第2期) 1 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]

レビュー数
51
レビュー平均得点
3.5

○ けいおん大好き!でも、高いよ〜
レビュー内容: いや、タイトルどおりです。(笑)
けいおんは1期も2期も好きなんですけれども、いくらなんでもこの価格設定はどうなのかなぁ〜と…ハルヒBDの価格を見てしまうとねぇ。
けいおんの人気からいって、頑張って半額にしてくれれば、購入者は3倍・4倍になるんじゃないかと勝手に思ってしまうんですが、いかがなものでしょうか。

○ ん?
レビュー内容: あのけいおん!の2期シーズンな訳ですが、
1期と比べると印象が物凄く薄く感じました。。。
マンネリっていうやつでしょうかね。
2クールらしいですが、正直見続けるのが辛く感じますね。

○ 話数が増えた第2期だが、1期のヒットの弊害は確かにあります。
レビュー内容: 「けいおん!」第1期のヒットで当然にあると思っていた第2期です。
第1期はとにかく1話から次の話までの時間の経過が早く、文字通り「アッ」という間に1年経過した印象があります。
第2期は2クールになったためか、話数に余裕が出来た分、当然に話の進行スピードが遅くなっています。

第2期開始時で既に唯たち4名は高校3年生に進級し、梓は新2年生になりました。
冒頭は春の新入部員勧誘なんですが、結局のところ新人は加わらず・・・・で軽音部は変わらず5名体制です。

アニメ版のオリジナル部員とか登場させてもよかったのではないかなと残念に思う部分があります。
OP・ED曲も第1期のような衝撃はなく、良く言えば「安定し」悪く言えば「マンネリ化」した感じはします。

第1期では話数の関係でなかなか各キャラにまでスポットライトが当てられなかったのですが、
第2期では澪・律ら個別の主人公の話が振られていたりで、各キャラの掘り下げに移行している印象です。

このまま唯たち4名の卒業までは描かれると思われますが、その後の軽音部は「梓一人」に部員が減少して
またも「廃部」の危機なんでしょうか???

最終回の引きでその辺をどう収集付けるのか気になる前振りが冒頭の「新部員なし」で振られてて、
それで最後まで引っ張る気なのかと心配になってしまいます。

○ 二期
レビュー内容: なんか二期は狙いが見え見えでちょっと違ったかなぁ

一期のテイストに戻してほしいです

○ 面白いが…
レビュー内容: ほのぼのしてて結構面白いと思うけど。

ストーリー性がほとんどないので続きが気にならず。なかなかみるきが起きない。

原作は4コマ漫画ですらっと読めるんすが。アニメになるとちょっと退屈かなぁと。毎週どうしても見たいとは思わない。

でもたまに見るとやっぱり面白い

あとOPとEDはとても良いです大好きです。



ランク
10位

初音ミク/Blu-ray「ミクの日感謝祭 39's Giving Day Project DIVA presents 初音ミク・ソロコンサート~こんばんは、初音ミクです。~」

レビュー数
1
レビュー平均得点
5.0

○ 待ちに待って、やっと・・・・・・・・
レビュー内容: 3月9日は雨も降り本当に寒かった。「昼コンサート こんにちは 初音ミクです。」を見に行ったが、
最高だった。できれば「夜コンサート」も見たかったが、帰らなければならないし、その前にチケット
もないし(笑い)、その内DVDが必ず出ると思い待っていたら、「夜コンサート」が出るという事で
早速予約した。「昼コンサート」との違いを見るのも楽しみだし、何よりあの盛り上がりをもう一度体
験したい。早く出て欲しい、待ちきれないよぅ〜。

内容は有名な曲ばかりなので、皆さんご存じのはず。

それにしても、(現段階で)J-Popランキング4位にランクインとは、ミクファンとして目茶苦茶嬉しい。


妊婦用品
posted by はやぶさ じろう at 13:55| アニメ

2007年08月07日

変化なしー

アニメ
2007年8月7日





ゲド戦記 /
ただ「宮崎」の名、ではなかった

ただ「宮崎」の名、ではなかった
「宮崎」っていう名前のド素人が作った作品なのかと勝手に思い込んでいましたが、そうでもなかったです。
なんというか…。私は、この「宮崎アニメ」バリバリのファンタジックなカワイイ作画でコレ程重い、単純に重いだけの作品を見たことはなかったので、これはむしろ個性なんじゃないかと思います。
真っ黒です、吾郎の心の中!! マックロクロスケ。

落込むアレンの重苦しさときたら超ど級です。笑える程です。うじうじしやがって! 爽快にうっじうじです。
何をするにも、「半端がない」というのはいいですね。絵が可愛いのに重いからイイんですね。
作品としては、確かに全ての素材が宙ぶらりんで、まとまりがなくバラバラだし、ドン引きする程説教臭いセリフも多々ありましたが、そんな説教もうっかり身に沁みてしまう程の重苦しさ(映画の匂い自体が)なので、私はそれなりに楽しめました。

ぐちゃぐちゃしてるけど言いたい事はストレート。
でも、吾郎の頭ん中はよく分かんなかった。変な映画。
星は3半くらいで。
個人的に・・・。

個人的に・・・。
個人的には観ていて睡魔と闘う作品だった。
原作好きなので、内容の違いに驚きはしたが・・・。

当初は『ゲト戦記をジブリで!!』と喜んでいたのだが、
そうか。これが『ジブリ』の作品となってしまったのか。

『ゲド戦記知ってるー?』
『知ってるー。ジブリのでしょー?』

こうなってしまったのか・・・。
本当の『ル=グウィン』の『ゲド戦記』を読んでみてもらいたい・・・。

一緒に見た原作を知らない友人は内容が複雑で理解しにくいのと、
背景の人などが動いておらず、所々が雑で現実に戻ってしまうと言っていた。
後、ジブリの作品の中では何だか恐いイメージの映画だったとも。

これからの宮崎吾朗に期待したい・・・。
ゲド戦記の原作から離れて見た時、現代社会の影を映す見るべき作品

ゲド戦記の原作から離れて見た時、現代社会の影を映す見るべき作品

親に虐待され捨てられた少女テルー。最も身近な愛に裏切られた記憶がいつも寂しさと悲しさを募らせる。
不安で自暴自棄で、立派すぎる父親を殺害し、二分してしまった自分の影(光)から逃げまどう少年アレン。
国を憂い、民を心配するあまり、実の息子を見なくなってしまったアレンの父親であるエンラッド国王。

そして国のあちこちで不作が続き、町は廃墟となり、人の心はすさみ、人が売られ、薬に溺れ、理不尽な事がまかり通り、
世界の終焉、黄昏時を迎える兆しが見えている。

ゲド戦記の原作から一歩離れてみた時、
そこに映るのは世界、そして日本の現代社会の影ばかり。

荒れ地での悲しいほど赤く美しい夕焼けは、
テルーの奥底にある消える事のない悲しみと孤独、
アレンの逃れようのない不安と恐れ、
そして世界の黄昏時を最も印象的に現し、自然に涙が頬を伝う風景。

そしてテルーがアレンに大切なものは何かを訴えかける言葉。
命は一つしかない、必ずいつか失わなければならない。だからこそ尊く儚く大切なのだと。
自分の命は自分だけのものではない。与えられ他者に生かされているもの。
「生きて次の誰かに命を引き継ぐんだわ。」
「そうして命はずっと続いていくんだよ。」
そしてエンディングテーマ「時の歌」でも歌われている「いつの日か、死んでしまう君よ」
胸が詰まり、涙が溢れる言葉。

死を恐れ、永遠の命を求め、世界の終焉を導いていたクモ。
しかしクモが居なくなっても、世界の終焉を本当に防ぐ事が出来たとは言えない。
世界の均衡を崩しているもの。それは人間の底知れぬ欲望。
それは正に欲望のままに自然を喰い尽くし、自らの終焉を導いている、現代社会そのもの。

この映画を見ている時、その姿に、現代の世界、日本の姿が映って仕方ない。
ゲド戦記の原作から一歩離れてみた時、
この作品はその描写が足りない事は否めなく、舞台空間が狭い事も残念だが、
現代社会の様々な影を浮き彫りにし訴えかける、何度も見返して見るべき作品であると思う。

【追記】
「見えぬものこそ。」のキャッチコピーにはあまり賛同出来ない。
見えぬものだけでなく、見えるものも等しく大事だと思うから。
見えぬもの、命、愛 etc、、もとても大事。
見えるもの、限られた資源、地球、親から与えられた身体 etc、、。
両方等しくとても大事なものだと思うから。







らき☆すた 2 限定版 /
限定版・・・

限定版・・・
「かがみんの魅力に、またひとつ気づいただけだゾ〜」
これには不覚にも笑ってしまいました。 似すぎw

しかしこのDVD、買うのは止めはしません・・・んが、限定版は買う必要ないです。
なにより高いですし、オマケもどっちかと言わなくても、いりません、これ。
ゲームの方は毎回何かしら変わるのかと思っていましたが、またらきすたの森。
なんかアレやっててイライラするだけですし・・・。
いまだにここに、限定版が残っているのがすべての結果ですね。
買うなら通常版をお薦めいたします。

We Are Lucky Friends

We Are Lucky Friends
美水かがみもまさかここまで良くも悪くもムーヴメントを起こす作品になるとは
思わなかっただろう。最初は3ページ連載だったのだから・・・。

さて、ご存知の通りこの巻で山本寛が監督を外され次回からは別の監督になる。
まずは監督交代による相違点だが、私が見る限り大した違いはないように見える。
唯一つ思うならば演出の違いか。パロディにおける演出が若干大袈裟になっているのだが
それでも一応基本的な部分は受け継いでいるのでそれに耐えれれば
購入続行に差し支えはないだろう>DVDで視聴してる方。

で、この2巻は原作の雰囲気を表現しつつも監督の自虐ネタ、また舞台が同じということで
某国民的アニメのモノマネをこなた(平野綾)がしてるのだがこれがまた上手い!
テンポもよく、作画の雰囲気もなかなかいいので実にまったりと楽しめる。

正直本遍以外のところでちょっと問題多いのでは?と心配にもなるが
やはり本遍に関しては自分の肌に合う、原作の雰囲気を再現しつつ独自の部分も欠かさない
いい作品になっていると思う。歌も面白く、なかなかの仕上がりになっているだろう。

ただオマケ映像はかなり蛇足だな・・・。
それがなければもっと印象良かった。
まあなかったことにすればいいか(笑)
私的意見として。

私的意見として。
京アニ調子乗りすぎ、DVD価格が高い、原作の雰囲気を再現できていない、監督の交代は失敗etc…。
このように文句を垂れ流しにしている方が多く見られます。確かに納得できない部分も各々あるのだと思いますが…。クオリティが高い作品はそれに満足すれば良い。低い作品はグッズとして割り切るのが大切です。選択権は消費者に委ねられているのだから、高いと思うなら購入を放棄すれば良いのです。
私はこのアニメ自体、好きだと思えますし、クオリティがそこまで低いとは思わない。平野もハルヒ時から声優としての広がりを見せるようになっているし、他の主要キャラもそれなりに存在感を出している。なによりこの作品に対する「愛」があるので購入し続けることに是非はありません。


最後に。自分自身もそうですが、自分の意見が何かを変えられるとは思わないで下さい。自分の意見が変えることが出来るのは、自分が接する周囲以外の他にないのですから。





コードギアス 反逆のルルーシュ volume 07 /
ここまで観てきた感想

ここまで観てきた感想
エヴァぶりにちゃんと観たロボットSF学園モノ(?)アニメです。

皆さん書いておられる様に、デスノを彷彿させるダークヒーローが暗転していくとこなんか、確かに先行作品の影響を受けている部分は大きいですね。が、それでいてオリジナルの設定を活かして政治的なメッセージをも内包しているので、二番煎じとはいわず普通におもしろいと思えました。

あと、私は特別アニメに詳しくないのですが、ガンダムシードはキャラの目がウルウルでなんか萌えっぽくて(私の偏見ですが)クサイ台詞も生理的に受け付けられなかったのに対し、コードギアスは確かにピンクの髪のお姫様とか出てくるけど、登場人物それぞれキャラが立っていて絵もわりと受け入れ易いので見やすかったです。作画のクオリティもなかなか崩れないし。
(福山さんのゼロの時の気合い入りまくった声は少し苦手ですが…)


とりあえず、私みたいなアニメをあまり見ない視聴者にもわかり易い設定と受け入れやすい作画と、お約束的展開も入れつつおいしい要素をとことん詰めたアニメだと思います。
なんか、「クリエーターの意志云々より何より視聴者を意識して作ったアニメ」ですね。


私はクリエーターが作りたいモノを作ったのがいわゆるアート系作品で、観る人のことを考えて作られているのがエンターテイメント作品だと定義してます。そしてこれは何より良質のエンタメで楽しい!!

第二部決定との事、これからどういう展開になろうとも、人気作という事におごらず良いペースを保っていってほしいですね。
オーディオコメンタリー

オーディオコメンタリー
オーディオコメンタリーのメンバーは、ルルーシュ、スザク、カレン、キャラクターデザインの木村さん、副シリーズ構成の吉野さんです。
トークは、普通です。カレンの天然キャラは、面白いです。しかし、周りの方がまじめなので、かなり浮いてます。
オーディオコメンタリーは星3ですが、本編は星5ですヨ。
まさに「我は王軍、友は叛軍」のストーリー展開の巻です

まさに「我は王軍、友は叛軍」のストーリー展開の巻です
熱烈なファンの多い作品だということはよく分かっていますが、なぜか一番いいところ(と思われる)回だけ見てしまった門外漢としてレビューを書きます。

タイトルロールのピカレスク度が高いとは聞いていましたが、物語のクライマックスへとなだれ込んでいく回であるためか、「うわっ、そこまでやるか!」というダークでクレイジーな濃さは感じませんでした。A.デュマの名作「ダルタニャン物語(鈴木力衛訳)」中に、「我は王軍、友は叛軍」という邦題の巻がありますが、まさにその表現でしか言い表せない(どっちがルルーシュ側でどっちがスザク側にあたるのかは状況によると思いますが)状況。とてつもなく大それた考えを実行し、あるいは関わってしまったハイティーンの剛毅な部分、その裏にある年齢相応のぐらつきみたいなものをうまく絡めて描いています。最も心を許した友人が真の敵(じゃないかもしれないけどこの時点ではそう)という、一番見たくなかった現実が目の前に立ちはだかる回なんだ…と思ってしみじみと見ました。

ほぼ最終章に近いということで「落としどころ」に近づいているのは事実ですが、大人の意見としてはあまりハッピーエンディングを望まないのも事実です。対象年齢が高めの作品でもありますし、主人公2人(ルルーシュだけかなぁと思いましたがやっぱり相方も加えて)は大義と権謀術数のはざまで、重い十字架を背負いながらひたすらに自分たちが目指した道を進んで欲しいと思います。行き着く先に楽園がなくても、です。

ツッコミどころもあげつらえば多々ありますが、ドライブ感と息苦しさのあるストーリーテリングに対してこの評価とします。





銀魂シーズン其ノ弐01 【完全生産限定版】 /
面白い!

面白い!
てこ入れの話はアニメオリジナルですが、想像以上に面白かった。特に私のお気に入りは 、神楽とさっちゃんの案です。神楽が銀さんと貧しいながらも幸せそうに暮らす姿は微笑ましかった。さっちゃんのはこえーよ。夜一人じゃ見れないよ(^o^;
銀さんの隠し子騒動のは
あのふてぶてしさ可愛さ、まさに銀さんの子供以外考えられない。マダオあんな状況だったんだからある意味仕方ないよ。と声を掛けてやりたい。
め組の話は期待してなかったんだが感動的に作られていて不意をつかれしまいました。
4作すべて面白く満足の一本です。
新OP.EDも格好いいし、特にEDは、今から紅桜編が楽しみです。
時々アニメのほうが観ててラクな時がある・・・

時々アニメのほうが観ててラクな時がある・・・
原作も好きですが、原作の下ネタとか毒が効きすぎててキッツイ表現なんかがさすがにアニメだと緩和されてて、見ててラクだなーと思ってしまうのは私だけでしょうか?
テコ入れが一番面白いですよ。

テコ入れが一番面白いですよ。
やはり皆さんの言うとおりアニメテコ入れが一番の見所でしょうか。
お妙さんの案はやりすぎです(笑)
他のキャラも自分が主役になるのを狙う・・・というようなかんじです。
神楽なんかは完全に主役強奪する気ですよ(笑)

このDVDはテコ入れの回を見るためだけに買っても損はないですよ。

ジャケットは土方&銀時コンビは絶対に入ると思ってました。二巻以降どうなるんでしょうかね。

特典ドラマCDのジャケットは衣装交換です。

私は桂の案が面白かったと思います。





秒速5センチメートル 特別限定生産版 DVD-BOX /
資源ゴミ

資源ゴミ
アニメで初恋や恋愛模様を描かれたって、ちっとも楽しくない。自意識過剰な台詞でグチグチ言ってるけど、ただの自己中の子供の言い訳にしか聞こえない。
救われない話を聞いてスッキリする人がいるのか?
共感するっていうけど、ただの馴れ合いでしょう。
当たり前をアルがままにアニメで描いただけで、目を引くものは何もない。

相変わらず背景にだけはコダワッテルみたいだけど、仮にもアニメならば動画や声優に手をかけろよ。紙芝居みたいだよ。
毒にも薬にもならない糞アニメ。
通常版にはないPV

通常版にはないPV
このDVD-BOXにはサウンドトラックCDなど特典が盛りだくさんなのですが、なんと言っても「One more time, One more chance」のプロモーションビデオが素晴らしかったです。

本編の最後のシーンとリンクさせた映像が、切なさを倍増させてくれます。

通常版かどちらを買おうか迷ったのですが、このPVだけで十分元が取れました。
切なすぎるラストに涙

切なすぎるラストに涙
前作「雲のむこう、約束の場所」前々作「ほしのこえ」はファンタスティックで近未来的な世界観がありましたが、
今回の「秒速5センチメートル」はまさにリアル、小田急線、新宿、見たこと・行ったことのある場所の描写になんだか感動してしまいました

ストーリーも上記の2作とは違い難しい設定なども特にない
言ってしまえば描かれているのは単なる切ない恋心であり、平凡である
しかし、そこに身震いするほどの美しいグラフィック
天門さんの音楽、山崎まさよしさんの歌声でこんなにも人に感動を与えることができる

特に3部目「秒速5センチメートル」のラストは圧巻
言葉では表せない程です





らき☆すた 1 限定版 /
ほしいwwwでも

ほしいwwwでも
テレビで見て嵌りまくりました。おもしろすぎです。そして癒されます。
DVDも特典がたくさんありほしいwwwwwwwwwwwwww
でも、値段がちょっと高い。ほしいけど手が出せていない状況です。
お金に余裕がある人はそくゲットすべし。
自分的にはかなりヒットだが

自分的にはかなりヒットだが
原作も、CDドラマも、リアルタイムでTV放送も見ていませんでした。とりあえずDVDをレンタルして見てみたがかなり良かった。ゆる〜く平凡な日常を描いていてかなり自分の好きなタイプ。(あずまんがなどが好きなら見る価値有り)所々出てくる他のアニメのパロディや小ネタも良い味だしてるし、エンディングも斬新。ただ、らっきーちゃんねるはゆる〜い雰囲気をぶち壊してる感じがして自分は無くてもいいかなと思った。
他の方も指摘している、値段と収録話数の比率は疑問が残る。2話収録で6000円強の値段設定は完全に消費者をバカにしている。この値段にしたければあと2話は欲しいところ。中身はかなり好きだがさすがに高過ぎなので自分はこのままレンタルで済まします。
角川発、二匹目のドジョウ狙い。

角川発、二匹目のドジョウ狙い。
 ハルヒの人気ついでにもう一儲け、と考えたのでしょうね。
「ハルヒ並の出来」を期待してるとがっかりでしょう。

 問題なのは作品自体がアニメ化に耐えないと思われることです。まったりと雑談に終始
してますが、私程度では話についていけなかったり、オチがどこか解らなかったりします。
マニア向け??なんですか?その点、ハルヒの方が万民ウケ?すると思います。

 とにかく、内容が無い。時間が長く感じられました。
いろんな作品のパロディが詰め込まれているのも、つまるところは本作品自体に内容がなくて
パロディを満載しないと間が持たないからでは?
 別にゆるーい作品があってもいいとは思いますが、アニメにして騒ぐ程ではないというのが
個人的な意見です。

 ちなみに、オープニングは大好きです。さすがの動きですね。ただ、本作品との
雰囲気の一致は??オープニングが元気すぎるような気もします。まあ、楽しいからいいですけど。





【完全生産限定版】おおきく振りかぶって- 2 /
おもしろかった!!!

おもしろかった!!!
キャラクターが皆、表情豊かで元気で、良く動きます。
萌えや残虐表現が苦手で、ずっとアニメから遠ざかっていましたが、
これはとっても明るくて楽しいです。

見てて笑える泣ける、久しぶりに好きなったアニメです。
もう一度高校時代に戻りたくなりました。
もとチームメイトとの練習試合

もとチームメイトとの練習試合
新バッテリー、阿部、三橋の関係が一歩前進し、チームとして少しずつ動き出した西浦野球部。
阿部の説得シーン。4番田島の天才ぶりなどなど、みどころ満載で気を抜いている暇がありません。が、自分的に、このDVDの一番のみどころは、
「もとチームメイト」である三星学園のメンバーへの「三橋の思い」がとても丁寧に描かれているところだと感じました。
やっと点がはいったのに、調子を落とす叶の様子が気になって、心から喜ぶことが出来ない三橋。三星学園野球部の円陣を遠くから、どこかさびしそうに見ている三橋・・。
その姿をみて、彼の感情を心のどこかで共感してしまうのは私だけではないはず・・。

そんなホームシック状態の三橋の様子を見て、イラつく阿部が次回からがんばります。

特典ディスクのプロモーション映像は自分は見たことが無かったので、「見てよかったな。」と感じました。
水島監督とメインの声優2人のそれぞれのインタビューは良いです。監督のやってみたらすごく大変になってしまった話と、
阿部役のかたのしっかりしたものの考え方に好感もちました。
モノローグが大変だとはじめて知りました。(上手だと思いますけど・・)
アニメ映像は普通にアニメ見てるから、新鮮味はゼロです。

余談ですが、DVDボックスにはきちんと特典DVDまで収まります。
なんにも考えてなかったから一瞬どうしようかとあせりましたが、あたりまえといえばあたりまえですね・。
お祭り前夜

お祭り前夜
楽しいだよねこの作品、なんか学祭の準備期間のような楽しさがある、原作あり話数も決まってんだろうがアニメオリジナルで日常描いてくれるとね





天元突破グレンラガン1 (完全生産限定版) /
さすがガイナックス!

さすがガイナックス!
私は、こういう熱血ロボットアニメは好きですねぇー。新しいけど懐かしい感じがします。ヨーコのローアングルやお色気もいい。ドリルで敵のガンメンを突いて地下から天まで、「うぉー」と声を出し、突き上げて木っ端みじんにするところもよかったです。それに、このアニメの音楽担当(るろうに剣心も担当した)岩崎 琢さんカッコイイです。最初に買ったDVDがBLACK CATで、他にもDVDが欲しくなり、OVA版R.O.Dを買ったら、偶然ですが、どちらも岩崎さんの音楽で、カッコよかったので、その後、TV版R.O.D、エンジェル・ハート、009ー1、結界師のサントラCDとDVDを買うようになり。このグレンラガンのDVDも買いました。おもしろいです。ちなみに、TV版R.O.DのDVD?巻のオーディオコメンタリーのスペシャルゲストで、岩崎さんの声が聞けます。これも結構おもしろかったです。
見てみろ!!

見てみろ!!
テンポが異常に早い!!かといって内容が薄くない!!この速さでこの中身!熱すぎる!!!
ガンメンというロボットも昔に見たような懐かしい感じがする♪やはり人型の口があるロボなんかもう昔にしかなかったですからね。
内容にはいまさら言いませんが、ぜひ見てください☆
「天」を突き抜ける爽快感と「地」的に深いストーリー

「天」を突き抜ける爽快感と「地」的に深いストーリー
ガイナックス・アニメ特有のハチャメチャ感が爽快な作品。

しかも、ただ爽快感だけを与え続けるありがちな快感作品ではなく、ストーリーも凝っている。いうなれば明暗の区別が分かりやすいだけでなく、グレーゾーンも描いているということだ。そして、はじまりが地中の洞窟からという設定は、そこから「上=天」を目指すストーリにとっては効果的だ。

DVD第一巻はアクションシーンが多くて、ストーリーの深まりはこれからなので、星四つとしておきたい。しかし、これから(現在、TVアニメは17話)の考え抜かれた展開に注目だ。





鉄コン筋クリート(完全生産限定版) /
大作ですね。

大作ですね。
さすがは業界をあれだけ騒がしただけの事はありますね。この作品が訴えたい事をすごい考えられます。日本のアニメはこうでないと。ゲ○戦記よりも絶対こっちを買うべきです。
原作も観たくなった!

原作も観たくなった!
ピンポン、青い春、そして本作。
原作はどれも読んだことないけど、これを機会に観たくなりました。
とにかくこの映画面白いです。
シロの声優さんは声優業ではない女優さんだそうですが、めちゃくちゃうまくて脱帽。

はじめて限定版買いました!

はじめて限定版買いました!
原作が大好きなので、「限定版買うっきゃないでしょ」という事で
初めて高価な「限定版」を購入しました。
原作をはじめて読んだ時、松本大洋さんをまだ知らなくて
「なんか変わった絵だな」という感じだったんですが、読み始めたら止まらず、
全巻読み終えるまでに3回は泣きました。(笑)
本DVDは「原作が好きな人」が作っているんだな〜〜と実感出来ます。
声も他の方のレビューのとおり、違和感なしでびっくりしました。
製作スタッフのみなさんに感謝!そんな一本です。
原作を読んだ人も、そうでない人にも是非見て欲しい作品です。
願わくばフルHDバージョンで見たい!出たら買います!!!





コードギアス 反逆のルルーシュ volume 06 /
おいしい要素盛り沢山。

おいしい要素盛り沢山。
エヴァぶりにちゃんと観たロボットSF学園モノ(?)アニメです。

皆さん書いておられる様に、デスノを彷彿させるダークヒーローが暗転していくとこなんか、確かに先行作品の影響を受けている部分は大きいですね。が、それでいてオリジナルの設定を活かして政治的なメッセージをも内包しているので、二番煎じとはいわず普通におもしろいと思えました。

あと、私は特別アニメに詳しくないのですが、ガンダムシードはキャラの目がウルウルでなんか萌えっぽくて(私の偏見ですが)クサイ台詞も生理的に受け付けられなかったのに対し、コードギアスは確かにピンクの髪のお姫様とか出てくるけど、登場人物それぞれキャラが立っていて絵もわりと受け入れ易いので見やすかったです。作画のクオリティもなかなか崩れないし。
(福山さんのゼロの時の気合い入りまくった声は少し苦手ですが…)

とりあえず、私みたいなアニメをあまり見ない視聴者にもわかり易い設定と受け入れやすい作画と、お約束的展開も入れつつおいしい要素をとことん詰めたアニメだと思いました。なんか、「クリエーターの意志云々より何より視聴者を意識して作ったアニメ」ですね。

私はクリエーターが作りたいモノを作ったのがいわゆるアート系作品で、観る人のことを考えて作られているのがエンターテイメント作品だと定義してます。
そしてこれは何より良質のエンタメで楽しい!!

最終話まだ見てないけど、今ここまでDVDで見て普通におもしろかったので楽しみにしてます。第二部も、ぐだぐだにはならない様にいいテンポで進んでうまい事まとめてほしいです。
ロイドさんの水着姿を見てみたかった

ロイドさんの水着姿を見てみたかった
注目すべきは何といってもピクチャードラマ。
水着シーン満載でおくるクロヴィスランドのプール落成セレモニーのお話です。
エロで殿方を釣る程度だと思っていたら、いや面白い。
エロいんですけどそれ以上に面白い。今までで一番楽しいピクドラでした。

本編はマオ編に突入ですね。
このマオ編は後々の伏線になっているわけですが、23話終了時点でも回収されていない点がチラホラ見受けられます。
そのせいでマオ編はあまり印象がよくありません。
きちんと回収してほしいですね。


その能力は使い方次第か

その能力は使い方次第か
「無限のリヴァイアス」「スクライド」「プラネテス」「ガンXソード」の
谷口悟朗監督/CLAMPキャラクター原案のTVアニメ
『コードギアス 反逆のルルーシュ』第14〜16話を収録したDVDです。
超大国ブリタニア帝国の侵攻により名前、規律、秩序、誇りなど
存在意義を奪われ、占領地の一つ『エリア11』と化した日本を舞台に、
相対する理想を持つ二人の男の生き様を描いたのが本作。

STAGE14「ギアス対ギアス」★★☆☆☆
 もう一人の力の使い手がルルーシュを動揺と困惑の渦に巻き込みます。
 決して強大な敵ではないものの、互いの罪の意識に苛まれた彼女を
 盾にした巧妙な戦い方は思考能力、戦略能力の高いルルーシュの天敵と言えるでしょう。
 彼女と完全に決別し切れない彼の甘さにややイラつきさえ感じてしまいます。

STAGE15「喝采のマオ」★★★☆☆
 C.Cとマオとの過去が描かれる切なさの残るエピソードです。
 彼の能力を逆手にとって、逆に追い詰めるルルーシュの巧みな戦術が唸ります。
 しかし、ここでも最後の詰めの甘さが目立ち、次回に話を引き伸ばしている感が否めません。

STAGE16「囚われのナナリー」★★★☆☆
 死んだはずの彼の策略により囚われの身となったナナリー。
 事態を偶然知ったスザクとルルーシュの共同救出戦線には向かう所敵無し。
 またもルルーシュのギアス使いの巧さが冴え渡る中、最期の置き土産に彼の過去が暴露されます。

またTV放送版とは異なり、DVDでは画面サイズ16:9の
ノートリミングサイズ(フルサイズ)で収録される点にも要注目です。
ただ元々ハイビジョン製作作品ですので、DVDでは本来の魅力は半減してしまっているのが残念です。
amazonを使い倒す
Amazon 売れ筋ランキング
CD・ザ・ベスト10
素敵ワインちゃん
[楽天]水着と浴衣の売れ筋ベスト○○
ようこそ株スクール
[Amazon]あまぞn DVD売れ筋ランキング
[Amazon]あまぞn 腕時計売れ筋ランキング
楽天コスメ・メイク(化粧品)ランキングベスト○○

コメント:
あまり変化はありません。
posted by はやぶさ じろう at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2007年07月25日

ここにもゲド

アニメ
2007年7月25日





ゲド戦記 /
06年興行収入1位!栄光のダブルタイトル受賞!

06年興行収入1位!栄光のダブルタイトル受賞!
興行収入が約77億円と、2006年の邦画ではトップを記録。

しかし...

原作者から失望され、映画祭で突き放され、ファンから見放され、話題の受賞といえば「文春きいちご賞」と「映画芸術2006年ワーストテン」のダブルタイトル。(しかも両者とも堂々の第1位!)

運良く未見の方には、「少なくともカネを払ってまで観る作品ではない」と申し上げておきます。
もっとも、カルトムービーマニアやジブリ信者ならDVDの全バリエーションをコレクションすべきですが。

大手企業とのタイアップなど、豪華絢爛なジブリブランドを前面に押し出した大宣伝攻勢がご立派な興行成績をもたらしたわけですが、くしくも同時期、単館上映から口コミでムーブメントが全国に波及し、内外の多数の賞を獲得しつつ、最終的に10ヶ月近いロングランとなった「時をかける少女」とは、あらゆる面で対極に位置する存在です。

ミステリー未満ヒーロー未満

ミステリー未満ヒーロー未満
ミステリーと呼ぶには伏線らしきものは無く、ヒーロー物というにははっきりしない活躍。
悪役は途中からポッと出てきた印象薄、最後の展開は脈絡なしで唐突。
絵も内容も、映画作品なのに連続TVアニメのダイジェスト版という感じ。

それでも楽しめたのは、事前に見聞した酷評のおかげだと思います。
悪いところは無視し、良いところを見つけられました。多分。
中途半端な連中の中途半端な物語、それがこの作品の味わいだと思います。

面白かったです。

面白かったです。
ここの評価は酷評が多くて目を覆ってしまいたくなるのですが、
1本の映画としてはよく出来たものだと思います。

「スタジオジブリ」から出てしまっただけであって、「宮崎吾郎」
としては(しかも1作目!)ちゃんと観れるものになっていて驚きました。
内容はジブリ作品とはかけ離れた、暗く、汚いものですが、
それは今まで宮崎駿監督の出せなかったもので、「子が親と同じものを
作る」なんて期待して観た人にはもったいない映画です。観る前にフィルター
がかかってしまいます。

「ジブリ作品」ではなく、「新人監督」の作品として観て欲しい。評価を
読んで悲しくなってしまいました。






らき☆すた 2 限定版 /
今作も素晴らしい!!

今作も素晴らしい!!
とにかくストーリーが面白かったです!!特に3話の試験合格のご褒美が松下の『3DO』とは・・・
内容もマニアックですがなんと言っても所々であの格ゲーの映像を・・やりすぎだ〜!!って思いました・・・

双子の1卵生と2卵生の違いとか普段の会話でも結構、マニーな展開で飽きが来ないです!!

更に4話が凄すぎる!!『つかさ』と『かがみ』の誕生日に『こなた』と『みゆき』が来るわけですが・・・
そこで『こなた』がモノマネをするのですが、まさかあんな大御所キャラまで真似るとは!!

「『かがみん』の魅力にまた一つ気付いただけだぞ〜!!」・・・凄すぎです!!

あと、ファンも急上昇ですが『白石 みのる』が私的に気に入っています!!ラッキーチャンネル・・・
あの、いじられ方が見ていて本当に飽きないです!!
「まぁ・・・あきら様はそんな事は言ってないですけどね・・・」
「何それ??もしかして嫌味???あんたの代わりはいくらでもいるんだよぉ・・・」

毎回、あの会話が面白くて、ついつい見てしまいます!!あとEDも回を越すごとに凄くなっている!!
『ドラえもん』と『モンキーマジック』『ドラゴンボールZ』はやりすぎかなぁ・・・流石に・・・

この作品は神としか思えないです・・・


監督が交代した事でらき☆すたの幅が狭くなった

監督が交代した事でらき☆すたの幅が狭くなった
5話から監督が交代したわけですが…見てみて正直がっかりです。山本寛さんの冒険的で攻めの姿勢が気にいってたのに…。
まぁ確かにらき☆すたの様な作品にはあまり向いてなかったのかもしれませんが、5話からの保守的な作りは如何なものかと。
山本寛さんだからこそらき☆すたの世界観を広げていってくれると思っていたので残念です。
DVDの購入は今後の展開次第で決めようと思います。(このまま守りの姿勢で続く様ならレンタル決定です。)
アニメになって色々感じたこと。

アニメになって色々感じたこと。
発表当初は「ゲームの声優さんじゃないんだ」とがっかりしていましたが、今ではすっかり慣れ親しんでしまっている自分がいます。(^0^)/キャハハ。

閑話休題、今回アニメになって「柊かがみ」ちゃんが可愛い子だったんだなあと感じるようになりました。(ファンの方は怒らないでね)

アニメになって台詞に「感情」が加わって、「原作のあの台詞はそういう意味だったのか」と再発見したりして。

そういう意味でもアニメになって良かった。(原作は元々好きだし)





コードギアス 反逆のルルーシュ volume 07 /
まさに「我は王軍、友は叛軍」のストーリー展開の巻です

まさに「我は王軍、友は叛軍」のストーリー展開の巻です
熱烈なファンの多い作品だということはよく分かっていますが、なぜか一番いいところ(と思われる)回だけ見てしまった門外漢としてレビューを書きます。

タイトルロールのピカレスク度が高いとは聞いていましたが、物語のクライマックスへとなだれ込んでいく回であるためか、「うわっ、そこまでやるか!」というダークでクレイジーな濃さは感じませんでした。A.デュマの名作「ダルタニャン物語(鈴木力衛訳)」中に、「我は王軍、友は叛軍」という邦題の巻がありますが、まさにその表現でしか言い表せない(どっちがルルーシュ側でどっちがスザク側にあたるのかは状況によると思いますが)状況。とてつもなく大それた考えを実行し、あるいは関わってしまったハイティーンの剛毅な部分、その裏にある年齢相応のぐらつきみたいなものをうまく絡めて描いています。最も心を許した友人が真の敵(じゃないかもしれないけどこの時点ではそう)という、一番見たくなかった現実が目の前に立ちはだかる回なんだ…と思ってしみじみと見ました。

ほぼ最終章に近いということで「落としどころ」に近づいているのは事実ですが、大人の意見としてはあまりハッピーエンディングを望まないのも事実です。対象年齢が高めの作品でもありますし、主人公2人(ルルーシュだけかなぁと思いましたがやっぱり相方も加えて)は大義と権謀術数のはざまで、重い十字架を背負いながらひたすらに自分たちが目指した道を進んで欲しいと思います。行き着く先に楽園がなくても、です。

ツッコミどころもあげつらえば多々ありますが、ドライブ感と息苦しさのあるストーリーテリングに対してこの評価とします。
動揺と決意の行方

動揺と決意の行方
「無限のリヴァイアス」「スクライド」「プラネテス」「ガンXソード」の
谷口悟朗監督/CLAMPキャラクター原案のTVアニメ
『コードギアス 反逆のルルーシュ』第17〜19話を収録したDVD7巻です。
超大国ブリタニア帝国の侵攻により名前、規律、秩序、誇りなど
存在意義を奪われ、占領地の一つ『エリア11』と化した日本を舞台に、
相対する理想を持つ二人の男の生き様を描いたのが本作。

STAGE17「騎士」★★★☆☆
 ついに暴かれた過去とルルーシュが目撃する真実は後半戦の動乱を予感させます。
 ランスロットの性能とその癖を看破した分析能力と旧日本軍の残党をも取り込む
 彼のカリスマ性が一層際立ったエピソードです。ルルーシュが望み、
 彼女が決めた騎士の生き様がようやく表舞台にあがってきたように感じられます。
ただ戦闘中に躊躇したり、語りでゴマかしたりとちょっと媚びたような描写が残念です。
 
STAGE18「枢木スザクに命じる」★★★★★
 彼女の騎士となったスザクを巡り、二つの勢力は困惑と動乱の渦へ巻き込まれていきます。
 純血以外は排他的にしか見えないブリタニア人の浅ましい民族性も強調されており見応え充分。
 軍事面、技術開発面、政治面にも強力な駒が出揃い、さらなる黒の騎士団の規模拡大を強調しています。
 スザクの心身をさらに追い詰める葛藤のドラマが混迷の濃度を高めており目が離せません。
 でもあいかわらずルルーシュは詰めが甘いですね。個人的にはディートハルトの確実性に一票投じます。

STAGE19「神の島」★★★☆☆
 アヴァロンの空中砲撃直後、なぜか式根島から離れた神根島で目覚めた四人の物語です。
 かなり露骨なファンサービス描写の中、互いを知り、相容れぬ主義をぶつけ合う
 スザクとカレンの対立、ZEROの居ないピラミッド型の組織の脆さを露呈する
 黒の騎士団の内部分裂が見物です。肝心の謎を置き去りにした展開に疑問が残るのが歯痒いです。
 今回ルルーシュに加えて、カレンの詰めの甘さも露呈されていますね。
伏線とか伏線とか伏線とか・・

伏線とか伏線とか伏線とか・・
やっとスザクが敵だとルル様は分かります。おせぇよ。それは良いとして、微妙に伏線が回収され始めます。そういうところのテンポは速いし、分かりやすかったりするので好きですね〜。でもここにきてさらに伏線を張りました。案の定TVでも回収されずに持ち越し。ここは痛いですね。。
さらに、主人公の相手をさらに増やすべき時期ではないのにまた濃いのが・・・いやシュナイゼル好きですけどね。ここのあたりから話の収拾のつけ方に不安を感じ始めました。
まぁだからといって話の魅力自体が薄れているわけではないですし、佳境に入り始めてテンポも一気に速くなるので見ごたえは有ります。
少なくともカレンのサービスショットは。故に星五つ。





銀魂シーズン其ノ弐01 【完全生産限定版】 /
やっぱりか…。

やっぱりか…。
内容は他の方が書かれた通りオリジナルのテコ入れの回が凄いです。
人格壊れたり他のアニメが混ざり過ぎでとにかく壮絶(笑)


ただ表紙は予想通りの結果でした。
多分圧倒的に多い土銀?もしくは銀土好きの投票の賜物でしょうね。

さて二巻はどうなるか…?

『テコ入れ』したくなちゃったYO!!

『テコ入れ』したくなちゃったYO!!
この巻は、ただただ50話に尽きます。
「銀魂アニメオリジナル作品最高傑作」と言って過言ではない出来栄えです。
まだ見ていない方には、50話を見る為だけにでも是非ご購入をお勧めします!

今までアニメだけで満足していたのに、
これを見てしまった後、うっかり原作漫画18巻を一気に集めてしまいました。
お陰で「原作の世界観=なんでもあり?」が
このオリジナル作品の精神的土壌になっていると判りました?。
正直、制作スタッフの高杉並みの破壊的『テコ入れ』に幸あれ!と願わずにはいられない
異色作です。

銀魂に興味のないアニメ好きの方も、最近アニメ事情総まくりで楽しめると思います。

個人的には、桂のラップにツボりまくりでした。


銀魂シーズン其ノ弐第一巻

銀魂シーズン其ノ弐第一巻
この巻には、50話「未定は未定であって決定ではない」、51話「ミルクは人肌の温度で」、52話「人に会うときはまずアポを」、53話「ストレスはハゲる原因になるがストレスをためないように気を配るとそこでまたストレスがたまるので結局僕らにできることなんて何もない」の4話が収録されています。

50話がとにかくすごいです。アニメオリジナルの話なんですが、とにかくパロディだらけの話です。お登勢の案と土方の案には吹きました。特に土方の案は、元の性格とのギャップがすごすぎです。
あと、「ドラゴンブリーピース」はやりすぎです。他のもとにかくやりすぎですよ。でもそこが面白いですww
この会社はすごいですね、本当に。ここまでのパロディを見たのは初めてです。さすがにここまでやると苦情とかもくるんでしょうね・・・。でもそんなのを気にしないでやってしまえる監督の姿勢には感服いたします。
最後の「かんと・・・」の登場には驚きました。エリザベスの中の人ってこの方だったんですね。驚きました。

2年目に突入してさらに勢いを増した銀魂。本当に、面白すぎですこのアニメ。





秒速5センチメートル 特別限定生産版 DVD-BOX /
今までの作品の中で一番好きかな

今までの作品の中で一番好きかな
新海さんは凄いと思った。
最初は「こんな物をひとりだけで作り上げるなんて凄い」と。
つぎは「こんな綺麗な動画を作るなんて凄い」と。
今回は「こんな物語を描ききるなんて凄い」と。

自分はもう主人公の年齢を通り越して、さらに先まで歩いてきてしまったけれど、だからこそ
貴樹の気持が良くわかる。
第一章,二章もとても良いが、そのしっかりとした土台の上に成り立つ第三章は特に素晴らしい。
本来なら他の章と同じ作り方で三章の内容を描くのがアニメーションの王道なのかもしれない
けれど、もしそうしていたら真っ暗ウジウジの内容になってしまうわけで(別な女性と付き合
って、ベッドを共にして…なんて内容はこの物語の中では時間を割いて語る内容では無いと思
う)、時間も無意味に長くなるだろうし、観た後の感想も現在の物とは全く違ったダークなも
のになったのではないだろうか。

それを歌と断片だけで、見ている側に痛いほど内容を共感させてしまうのは素晴らしいやり方
ではないか。
自分はこのやり方を流石新海さんだと拍手したい。
(それによく見ると段々二人の関係が自然消滅してゆき、お互いが少しずつ過去になってゆく
過程が巧みに描かれていて、ついついスローで見直してしまうほど)

今、まだ三章の貴樹にまでたどり着いてない人も、5年後10年後にもう一度見直すと、きっと今
とは違う視点で楽しめるはず。
良い作品は、年齢にあわせて色々違う面を見せてくれるものだと思う。

考えてみると今回の作品もやはり時と人の距離をテーマにしてるんですね。
貴樹くらいの年齢になったら、初恋の人との距離も隣の恒星の距離も大して違わないかもしれ
ないですね。

ほんと色々な人に観て欲しい作品です。
見たままの感想

見たままの感想
際立たせるのは情景、一人称的な語り、次にストーリー、総じて視聴者に一般的な感情移入をいれさせられる可能な範囲内での感情的な移入が伴う。文字どうりに述べるとこのような感じです。
ですが、私はロボットではないので、見たままの感想を言いますと、「せつねえええ」の一言です。この感想の伏線がアニメーションとしての中での現実的ではありえない世界観として描かれていると分かっていても思えるから、これはせこいと感じられる反面、素直に心情的に分かってしまう自分自身に対しても今までの人生を回顧させられるそんな作品です。

切ない恋の物語

切ない恋の物語
人が生きていく中で一度は体験しそうな恋物語がメインですがまずはその映像の綺麗さにビックリ、いままでの作品の中で一番綺麗だと思いました。時間にして1時間の内容ですが見た後の満足感はそれ以上のものだと思います。さて、肝心の本編ですが・・・内容はいってしまえばありきたりなどこかで見たことがあるようなものではありますがなんといえば良いか、見せ方がうまいというか人一人の動きとか表情とかがすごく印象に残りました。
今回は実在する場所をメインとしているので知ってる人にはすごく身近な作品に感じれそうですが(実際の写真と一緒に載せられていましたが遠めに見たらどっちが実写かわかんないかも?)実在する場所を新海さんがアレンジ(雪を降らせたり)しているのでリアルでありながら幻想的な画がとても魅力的です。レンタルなどで見て気に入って購入という手もありますので一度見ることをお薦めします。





らき☆すた 1 限定版 /
フリーダムすぎる!!

フリーダムすぎる!!
まったり、ゆる〜りな女の子の日常会話をのほほんと聞いたり、「こんなのいいの?」っていうほどのパロディなどを見て爆笑したりといろいろ面白い作品です。

この巻ではまだナリを潜めていますが話が続くにつれ凄いことになっていきます。良い言い方をすると進化している(って言えるのかな?)。

かなり値が張りますが手元に置いておきたい作品です。
コレ本当に欲しいの?

コレ本当に欲しいの?
セルフパロディー、居酒屋トーク、他作品を捻りも無くそのまま引用
監督はその域に達していないと5話で降板と良い所無しのこの作品が
何故CDバカ売れDVDもやや売れで版元大勝利になるのか理解できません。
オタクの皆さん見もしない物を買うのはやめて下さい。
CDを何枚も買うのをやめて下さい。そういう行動が
今期見るものねえやにつながるんです。
敷居狭いし値段高すぎ

敷居狭いし値段高すぎ
ほとんどのネタはオタクにだけ受け入れられると思うが
かなりディープなネタもあるので更に深い知識のある人(オタク)じゃないと難しい
あと、どうでもいいけど値段高すぎ
最近買ってるDVDといえばアニメのデスノートを思い出したが
3話収録で3980円というのはかなり評価出来ると思った
逆にこのらきすたは2話収録で6930円
いくらなんでもこの価格設定はアグレッシブすぎるだろ
7〜8年前に買ったKANONのアニメDVDも2話収録で6千くらいだったと思うが
あっちは全7巻でまだマシだった
このらきすたは最後まで集める気になれないな
よほど思い入れのあるオタクを除き
消費者はまずは値段、値段に見合う価値(ボリュームや内容)が
あるかどうかを購入前の検討材料とし重視するだろう
その点からもこのらきすたDVDは値段に見合った価値がないと思う
金銭的な余裕があってもDVDが10巻超えると置き場についても問題が増えて困る
結論としてはDVD1枚に3〜4話収録で出すべき





【完全生産限定版】おおきく振りかぶって- 2 /
お祭り前夜

お祭り前夜
楽しいだよねこの作品、なんか学祭の準備期間のような楽しさがある、原作あり話数も決まってんだろうがアニメオリジナルで日常描いてくれるとね
おおきく振りかぶって DVD第2巻

おおきく振りかぶって DVD第2巻
この巻に収録される4話から、OPの映像が若干変わります。色々なところが少しずつ変わっているので、是非前のOPと見比べてみてください。

田島くんが最高ですね。原作を読んだとき、「バスの中でのあれはアニメじゃ無くなるだろうなぁ」と思っていましたが、アニメでも言ってくれました。
まさか言うと思っていなかったので、吹きました。本当に水島監督はすごいなあ。

そしてこの巻の最大の見所。三橋くんと阿部くんのシーン。
ちょっと泣けました。

そしてこの巻のもうひとつの見所。田島くんの”ステップ”です。
もう、むちゃくちゃかっこいいです。やっぱり田島くん大好きだ。

このアニメを見てると30分があっという間に過ぎてしまいます。試合中は最初から最後まで見てるこっちまで手に汗握ります。
この巻はこのアニメの中での、”起点”とも言うべき話が収録された巻ですので、買っても損は無いと思います。
コンキチ&ナターシャの絵本ナビ

コンキチ&ナターシャの絵本ナビ
夜中の番組なのにこんなにさわやかな野球アニメ、ちょっと
もったいないほど感動をそして野球の魅力を再発見させて
くれます、ハンカチ王子もいいですが、このアニメは野球に
対する尊敬がひしひしと伝わってきます。マンガのファンの
方とは違いこのアニメを通して好きになった親子です。
マンガもいつか読んでみたいです。






天元突破グレンラガン1 (完全生産限定版) /
さすがガイナックスだぜ!

さすがガイナックスだぜ!
これがガイナックスの本気ってやつか。
実に12年ぶりにもなるガイナックスオリジナルの地上波作品。
12年ぶりにもなってか気合の入り方が違う。
原画陣はガイナックスの総力を結集したかのような顔ぶれが揃い踏み。
第一話、吉成耀の十八番の大爆発から幕開けるこのグレンラガン。
無駄に熱いノリ!!ロボ!!そしてお色気!!
見始めたら最後まで目が離せないこと請け合いです。

俺を誰だと思っていやがる!!

俺を誰だと思っていやがる!!
久しぶりに『面白い』と本気で思える作品だと思います。『漢』を感じるアニメだと思いますが、 女の方にも『カミナ』をとてもカッコよく見えると思いますので、これは買って損はないはずです!!
少年はかく成長する・・・

少年はかく成長する・・・
第1話を見損なったので、DVD化を待っていました。
なんだか小賢しいロボットアニメが多い中で、非常に
熱気と突き抜けた勢いを感じさせるのが良いですね。
勿論それだけでなくシモンが成長する過程での、人間関係の
機微がきっちり描かれているのが高く評価出来るでしょう。
確かに初期段階ではあまり出来の良くないエピソードでも
ありましたが、上り調子で改善されていっていると思う。
これも、この作品の勢いの良さですね。
後さりげなく盛り込まれた古今の名作アニメへのオマージュ
も楽しい。





鉄コン筋クリート(完全生産限定版) /
原作も観たくなった!

原作も観たくなった!
ピンポン、青い春、そして本作。
原作はどれも読んだことないけど、これを機会に観たくなりました。
とにかくこの映画面白いです。
シロの声優さんは声優業ではない女優さんだそうですが、めちゃくちゃうまくて脱帽。

原作好きでも…

原作好きでも…
漫画を読むと分かるのですが、原作の松本大洋さんは、シロとクロの住む「宝町」の描写にかなりのこだわりを持っているように思います。例えば建物、街の住人、人々の会話など…
まさかアニメで、ここまで見事にあの「宝町」を再現できるなんて思っていませんでした。この「宝町」だけでも見る価値有りです。
一回目はストーリーを楽しみ、二回目以降は「宝町」を楽しむ…かなり細かい部分まで描かれているので、見る度に新しい発見があります。

声優の方々も、皆さんが言うようにかなりハマっていると思います。原作を何度も読み返している自分でも、違和感無く見る事ができました。特にヘビ役の本木雅弘さん…さすがです。

原作が好きな方に、ぜひお勧めしたいです。

安心あんしん by シロ

安心あんしん by シロ
鉄コン筋クリートを見た。小学生の頃には遊び仲間と学区内の駄菓子屋を流して歩くのが楽しみで級友の町を幾つも回ったものだ。そうした町は自分の庭みたいに思えて子供心に満足感とか優越感を覚えた。映画に登場する少年達を見てそんな事を思った。そして大人達は町の裏社会を掌握して私物化してるその対比が面白い。立場は違えど血生臭い暴力は許されるものでないが人が愛や命の尊さを知るには手っ取り早いのかな。彼らが遭遇する夢のような体験を描写したAnimationは美しくて哀しい‥酔ってしまった。シロの恐るべき笑顔が頭から離れない。





コードギアス 反逆のルルーシュ volume 06 /
ロイドさんの水着姿を見てみたかった

ロイドさんの水着姿を見てみたかった
注目すべきは何といってもピクチャードラマ。
水着シーン満載でおくるクロヴィスランドのプール落成セレモニーのお話です。
エロで殿方を釣る程度だと思っていたら、いや面白い。
エロいんですけどそれ以上に面白い。今までで一番楽しいピクドラでした。

本編はマオ編に突入ですね。
このマオ編は後々の伏線になっているわけですが、23話終了時点でも回収されていない点がチラホラ見受けられます。
そのせいでマオ編はあまり印象がよくありません。
きちんと回収してほしいですね。


その能力は使い方次第か

その能力は使い方次第か
「無限のリヴァイアス」「スクライド」「プラネテス」「ガンXソード」の
谷口悟朗監督/CLAMPキャラクター原案のTVアニメ
『コードギアス 反逆のルルーシュ』第14〜16話を収録したDVDです。
超大国ブリタニア帝国の侵攻により名前、規律、秩序、誇りなど
存在意義を奪われ、占領地の一つ『エリア11』と化した日本を舞台に、
相対する理想を持つ二人の男の生き様を描いたのが本作。

STAGE14「ギアス対ギアス」★★☆☆☆
 もう一人の力の使い手がルルーシュを動揺と困惑の渦に巻き込みます。
 決して強大な敵ではないものの、互いの罪の意識に苛まれた彼女を
 盾にした巧妙な戦い方は思考能力、戦略能力の高いルルーシュの天敵と言えるでしょう。
 彼女と完全に決別し切れない彼の甘さにややイラつきさえ感じてしまいます。

STAGE15「喝采のマオ」★★★☆☆
 C.Cとマオとの過去が描かれる切なさの残るエピソードです。
 彼の能力を逆手にとって、逆に追い詰めるルルーシュの巧みな戦術が唸ります。
 しかし、ここでも最後の詰めの甘さが目立ち、次回に話を引き伸ばしている感が否めません。

STAGE16「囚われのナナリー」★★★☆☆
 死んだはずの彼の策略により囚われの身となったナナリー。
 事態を偶然知ったスザクとルルーシュの共同救出戦線には向かう所敵無し。
 またもルルーシュのギアス使いの巧さが冴え渡る中、最期の置き土産に彼の過去が暴露されます。

またTV放送版とは異なり、DVDでは画面サイズ16:9の
ノートリミングサイズ(フルサイズ)で収録される点にも要注目です。
ただ元々ハイビジョン製作作品ですので、DVDでは本来の魅力は半減してしまっているのが残念です。
質の高いSFロボット学園アニメ

質の高いSFロボット学園アニメ
「今までありがとう」と言って立ち去るルルーシュがすごくかっこよかったです!

面白くてあっという間に時が過ぎていたのですが、どうしても一つ解せない点があります。
それは第14話でルルーシュがギアスの能力を使ってシャーリーの記憶をなくさせる
直前に、シャーリーが「いやー!!」と叫ぶシーンなのですが、シャーリーはいつルルーシュのギアスのことを知ったのでしょう?
仮に百歩譲ってマオがシャーリーに「ルルーシュには相手を思い通りに操れる能力がある」と言うことをあらかじめ教えていたとしても、放心状態のシャーリーがそれを信じるとは思えないし、またルルーシュが相手の目を直接覗き込むことによって、そしてギアスを使ってシャーリーの記憶を奪うことがどうしてあの瞬間のシャーリーに分かったのでしょうか?
細かいことだとは思いますが、見ていて気になったので。

これからの期待をこめて星5つです
amazonを使い倒す
Amazon 売れ筋ランキング
CD・ザ・ベスト10
素敵ワインちゃん
[楽天]水着と浴衣の売れ筋ベスト○○
ようこそ株スクール
[Amazon]あまぞn DVD売れ筋ランキング
[Amazon]あまぞn 腕時計売れ筋ランキング

コメント:
ここまで人気があると一度見てみたくなってしまいますね。ゲド戦記。
posted by はやぶさ じろう at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2007年07月13日

らき☆すた 1 限定版

アニメ
2007年7月13日





ゲド戦記 /
酷評すべきではない

酷評すべきではない
理解力と想像力の無い人には理解できない作品。ただたんに見て楽しむことに重きを置いた人には向いていません。

おしむらくは声優がキャラの感情を表現しきれていないこと。
キャラの心理描写も疑問に思うところも数箇所ありました。


子供が泣いてた

子供が泣いてた
冒頭。廊下で父親をいきなりナイフでグサリ。………え!?なんで?……まぁいいか。逃亡の旅で少女に出会い、少女が歌を歌う。…長い。退屈。いつまで歌ってるんだよ(イライラ)
こんな状態が最後までつづく。試写会で観たが、正直途中で帰りたかった。宮崎駿監督も試写会の途中で席を立った。最後のクライマックスシーンでさえ、わけわかりません。決定的だったのは後ろの席の子供さんが泣いた事。「怖い」「もう見たくない」と最後の魔女との対決シーンでかなり怯えていました。子供泣かしちゃダメだろう。無条件で監督の敗北だよ。
私の中ではとてもよかった。

私の中ではとてもよかった。
ジブリ映画で初めて映画館でみた映画でした。確かに、わかりずらいところもありましたが、私の中ではとてもよかったと思います。声優初挑戦であそこまで役にはまれた岡田さんがとても凄く感じられました。






らき☆すた 2 限定版 /
監督が交代した事でらき☆すたの幅が狭くなった

監督が交代した事でらき☆すたの幅が狭くなった
5話から監督が交代したわけですが…見てみて正直がっかりです。山本寛さんの冒険的で攻めの姿勢が気にいってたのに…。
まぁ確かにらき☆すたの様な作品にはあまり向いてなかったのかもしれませんが、5話からの保守的な作りは如何なものかと。
山本寛さんだからこそらき☆すたの世界観を広げていってくれると思っていたので残念です。
DVDの購入は今後の展開次第で決めようと思います。(このまま守りの姿勢で続く様ならレンタル決定です。)
アニメになって色々感じたこと。

アニメになって色々感じたこと。
発表当初は「ゲームの声優さんじゃないんだ」とがっかりしていましたが、今ではすっかり慣れ親しんでしまっている自分がいます。(^0^)/キャハハ。

閑話休題、今回アニメになって「柊かがみ」ちゃんが可愛い子だったんだなあと感じるようになりました。(ファンの方は怒らないでね)

アニメになって台詞に「感情」が加わって、「原作のあの台詞はそういう意味だったのか」と再発見したりして。

そういう意味でもアニメになって良かった。(原作は元々好きだし)
『真ゲッター』を思わせる展開

『真ゲッター』を思わせる展開
個人的には、二巻目までは『買い』だと思っています。
よもや、監督の交代であそこまで凡庸な内容になるとは、夢にも
思いませんでした。この頃までは、原作に対しての何らかの
『プラスa』があった様に思うのですけれど…。
放送を観られる環境にあって、本当に良かったと心から思って
います。






コードギアス 反逆のルルーシュ volume 07 /
まさに「我は王軍、友は叛軍」のストーリーです

まさに「我は王軍、友は叛軍」のストーリーです
熱烈なファンの多い作品だということはよく分かっていますが、なぜか一番いいところ(と思われる)回だけ見てしまった門外漢としてレビューを書きます。

タイトルロールのピカレスク度が高いとは聞いていましたが、物語のクライマックスへとなだれ込んでいく回であるためか、「うわっ、そこまでやるか!」というダークでクレイジーな濃さは感じませんでした。A.デュマの名作「ダルタニャン物語(鈴木力衛訳)」中に、「我は王軍、友は叛軍」という邦題の巻がありますが、私の中ではまさにその表現しか当てはまらない(どっちがルルーシュ側でどっちがスザク側にあたるのかは状況によると思いますが)イメージです。とてつもなく大それた考えを実行し、あるいは関わってしまったハイティーンの剛毅な部分、その裏にある不安定さみたいなものをうまく絡めて描いています。友人が真の敵(じゃないかもしれないけどこの時点ではそう)という、一番見たくなかった現実が目の前に立ちはだかる回なんだ…と思ってしみじみと見ました。

ほぼ最終章に近いということで「落としどころ」に近づいているのは事実ですが、大人の意見としてはあまりハッピーエンディングを望まないのも事実です。中国文学ではありませんが、大義と権謀術数は背中合わせです。対象年齢が高めの作品でもありますし、主人公2人(ルルーシュだけかなぁと思いましたがやっぱり相方も加えて)は重い十字架を背負いながらひたすらに自分たちが目指した道を進んで欲しいと思います。行き着く先に楽園がなくても、です。

ツッコミどころもあげつらえば多々ありますが、ドライブ感と息苦しさのあるストーリーテリングに対してこの評価とします。
動揺と決意の行方

動揺と決意の行方
「無限のリヴァイアス」「スクライド」「プラネテス」「ガンXソード」の
谷口悟朗監督/CLAMPキャラクター原案のTVアニメ
『コードギアス 反逆のルルーシュ』第17〜19話を収録したDVD7巻です。
超大国ブリタニア帝国の侵攻により名前、規律、秩序、誇りなど
存在意義を奪われ、占領地の一つ『エリア11』と化した日本を舞台に、
相対する理想を持つ二人の男の生き様を描いたのが本作。

STAGE17「騎士」★★★☆☆
 ついに暴かれた過去とルルーシュが目撃する真実は後半戦の動乱を予感させます。
 ランスロットの性能とその癖を看破した分析能力と旧日本軍の残党をも取り込む
 彼のカリスマ性が一層際立ったエピソードです。ルルーシュが望み、
 彼女が決めた騎士の生き様がようやく表舞台にあがってきたように感じられます。
ただ戦闘中に躊躇したり、語りでゴマかしたりとちょっと媚びたような描写が残念です。
 
STAGE18「枢木スザクに命じる」★★★★★
 彼女の騎士となったスザクを巡り、二つの勢力は困惑と動乱の渦へ巻き込まれていきます。
 純血以外は排他的にしか見えないブリタニア人の浅ましい民族性も強調されており見応え充分。
 軍事面、技術開発面、政治面にも強力な駒が出揃い、さらなる黒の騎士団の規模拡大を強調しています。
 スザクの心身をさらに追い詰める葛藤のドラマが混迷の濃度を高めており目が離せません。
 でもあいかわらずルルーシュは詰めが甘いですね。個人的にはディートハルトの確実性に一票投じます。

STAGE19「神の島」★★★☆☆
 アヴァロンの空中砲撃直後、なぜか式根島から離れた神根島で目覚めた四人の物語です。
 かなり露骨なファンサービス描写の中、互いを知り、相容れぬ主義をぶつけ合う
 スザクとカレンの対立、ZEROの居ないピラミッド型の組織の脆さを露呈する
 黒の騎士団の内部分裂が見物です。肝心の謎を置き去りにした展開に疑問が残るのが歯痒いです。
 今回ルルーシュに加えて、カレンの詰めの甘さも露呈されていますね。
伏線とか伏線とか伏線とか・・

伏線とか伏線とか伏線とか・・
やっとスザクが敵だとルル様は分かります。おせぇよ。それは良いとして、微妙に伏線が回収され始めます。そういうところのテンポは速いし、分かりやすかったりするので好きですね〜。でもここにきてさらに伏線を張りました。案の定TVでも回収されずに持ち越し。ここは痛いですね。。
さらに、主人公の相手をさらに増やすべき時期ではないのにまた濃いのが・・・いやシュナイゼル好きですけどね。ここのあたりから話の収拾のつけ方に不安を感じ始めました。
まぁだからといって話の魅力自体が薄れているわけではないですし、佳境に入り始めてテンポも一気に速くなるので見ごたえは有ります。
少なくともカレンのサービスショットは。故に星五つ。





銀魂シーズン其ノ弐01 【完全生産限定版】 /
『テコ入れ』したくなちゃったYO!!

『テコ入れ』したくなちゃったYO!!
この巻は、ただただ50話に尽きます。
「銀魂アニメオリジナル作品最高傑作」と言って過言ではない出来栄えです。
まだ見ていない方には、50話を見る為だけにでも是非ご購入をお勧めします!

今までアニメだけで満足していたのに、
これを見てしまった後、うっかり原作漫画18巻を一気に集めてしまいました。
お陰で「原作の世界観=なんでもあり?」が
このオリジナル作品の精神的土壌になっていると判りました?。
正直、制作スタッフの高杉並みの破壊的『テコ入れ』に幸あれ!と願わずにはいられない
異色作です。

銀魂に興味のないアニメ好きの方も、最近アニメ事情総まくりで楽しめると思います。

個人的には、桂のラップにツボりまくりでした。


銀魂シーズン其ノ弐第一巻

銀魂シーズン其ノ弐第一巻
この巻には、50話「未定は未定であって決定ではない」、51話「ミルクは人肌の温度で」、52話「人に会うときはまずアポを」、53話「ストレスはハゲる原因になるがストレスをためないように気を配るとそこでまたストレスがたまるので結局僕らにできることなんて何もない」の4話が収録されています。

50話がとにかくすごいです。アニメオリジナルの話なんですが、とにかくパロディだらけの話です。お登勢の案と土方の案には吹きました。特に土方の案は、元の性格とのギャップがすごすぎです。
あと、「ドラゴンブリーピース」はやりすぎです。他のもとにかくやりすぎですよ。でもそこが面白いですww
この会社はすごいですね、本当に。ここまでのパロディを見たのは初めてです。さすがにここまでやると苦情とかもくるんでしょうね・・・。でもそんなのを気にしないでやってしまえる監督の姿勢には感服いたします。
最後の「かんと・・・」の登場には驚きました。エリザベスの中の人ってこの方だったんですね。驚きました。

2年目に突入してさらに勢いを増した銀魂。本当に、面白すぎですこのアニメ。





秒速5センチメートル 特別限定生産版 DVD-BOX /
新海監督らしい作品

新海監督らしい作品
ファンタジーやSF的な要素は全く無いが、その代わりに、他のアニメにはない程のリアリティがこの作品にはあると思う。背景はとても綺麗だと思いました。ある意味、実写では表現できないことをアニメで表現していると思う。ストーリーがダメだと言う人もいますが、あえて多くを語らないことによって見た人に考えさせる。考えることで見えてくる何かがあるのではないでしょうかね? 一話と二話は起承転結がしっかりとしているのに対して、三話は起句で終わっているのだと思います。そっから先は見た人の想像でお願いします的な終わり方です。エンディングの演出は新海監督の必殺技的な演出ですね。それを心地良いと感じる人もいれば、ワンパターンだと思う人もいるわけです。どちらにせよ、山崎まさよしさんの曲が無ければこの作品は成立しないと思います。もちろん各所の天門さんの音楽も素晴らしいです。個人的には、期待通りの作品であり、予想通りの作品だった。
自分的には百点!!

自分的には百点!!
映像美はもちろんですが、ストーリーもステキです。

客観的に考えると、誰にでもお薦めできる作品ではないです。
細かい部分が描かれていないストーリー、少ない台詞、時間の短さ。
普段見慣れている映画と比べると、もの足りなさを感じる人がいると思います。

しかし、その足りない部分を各個人がそれぞれの経験や記憶で補完することで
グッと主人公を身近に感じると思います。

ある意味ズルくて卑怯な手法だと思いますが、それが手法だと分かった上でも、
それ以上の感動がありました。

携帯電話が無い時代。
「大人」でない自分を言い訳にした後悔。
「いまさら」と思いつつ「でも、いまなら」と考えてしまう自分。
そして、その想いを強制的に、そして鮮やかに思い出させる「音楽」。

「音楽」を「タイムマシーン」と考えることが、ほぼSF的要素がない今作において、
唯一のSF的トリックだったと思います。

もう一度観たいという思いが強い作品です。
30歳前後の男性には特にオススメします。
ひと恋するはいつも切なきなり

ひと恋するはいつも切なきなり
桜の咲く4月の上旬、平日の最終回、渋谷のシネマライズで単身鑑賞した。
ガラガラの客席で静かに落涙いたしました。滅多にないことだが以後3回劇場に通った。
以後、会う人毎に勧めてまわった。
『騙されたと思って観に行って。傑作だから!』
山崎まさよしの名曲「One more time, One more chance」が効果的にテーマソングとして使われている。
監督が、この楽曲からインスパイアされてストーリーを紡いだことは明かだろう。
さてストーリー。
小学校の卒業と同時に離ればなれになった遠野貴樹と篠原明里。
まだランドセルを背負ってる12歳です、二人は。
特別な想いで文通なんぞするわけです。
男の子の九州転校が決まった中学1年の3月、彼は彼女の住む栃木まで行く決心をする。
その日は、昼過ぎから大雪となる・・・。
貴樹と明里の再会の日を描いた『桜花抄』。ここまでで30分弱。
鹿児島(種子島)で高校生になった貴樹。
彼を懸想する同級生・香苗の視点から描いた『コスモナウト』。これも30分弱。
そして彼らの来し方行く末を無数のフラッシュバックとコラージュで切り取った表題作『秒速5センチメートル』。これが10分弱。
以上、構成上は「a chain of short stories about their distance 連作短篇アニメーション」という形態をとっている。
第一話で一人称で語っていた彼が、第二話では一人称の彼女によって対象として語られ、そして短い第三話では、すっかり成人した彼と彼女を俯瞰し、高らかにテーマソングが流れ、観客の想像力と余韻を刺激して締めくくられる。
ただ待つ人がいる約束の場所へ行くこと、告白できずにいる焦れた日々、そして永遠に巡り逢えない二人。
画面は精巧に再構成され、圧倒的な色彩、そして光と影が登場人物たちの心象とシンクロする。
情感溢れる風景。丹念な日常描写。距離と成長で変質してゆく幼く淡い恋心がリリカルに描かれていた。
しかし、良く考えてみると、視点を変えたようでも、やはりこれは3話とも男性が理想としている人物像なのだ。
1.純真無垢な少年 
2.可愛く健気な少女 
3.翳のあるヒロイックな青年
女性のほうが常に現実的で強靭である。
ラストに賛否あるようであるが、これは甘くノスタルジックな大人のメルヘンだと思う。





らき☆すた 1 限定版 /
おもちゃ箱

おもちゃ箱
作品については人それぞれの感想があるでしょうし、
思い入れの度合いや経緯も違います。
ですので、このレビューではあまり作品内容には触れず、
仕様について述べたいと思います。

ようやくDVD(初回限定版)が届きました。
ハルヒのような限定版だと思っていましたが、届いた物を手にとって驚き。
薄型プラケースが3ケースまとめて紙製スリーブに収まり、シュリンク。
このボリュームで12巻も出るとは…
嬉しくもあり、驚きでもありました。

●1枚目
 2話入った本編+オマケのメインDVD
●2枚目
 劇中挿入BGM+らっきー☆ちゃんねるダイジェスト収録CD
●3枚目
 ミニゲームらき☆すたの森インストールCD−R

どれもなかなか楽しめると思いますし、
オマケとしてはやたら凝っているので、お得感は高いと思います。
おもちゃ箱のような印象を受けました。

さて、あまり述べたくないと言った本編内容ですが、
あらゆる楽しいパロが詰まったユル〜い感じのアニメです。
(同じ角川・京アニ・スタッフ陣ということで引き合いに出しますが)
ハルヒのような魅力があるかというとそれはきっと「違う」と答える方の方が多いでしょうし、
逆にらき☆すたのような魅力がハルヒにあるかというと、きっとそれも「違う」の方が多いでしょう。
楽しいか、心地よいかなどは観た人によって違いますし、
キャラに魅力を感じたり、パロを見つけたりと楽しみ方も様々だと思います。

ただ、賛否両論含め、(特にネット上で)話題性が高いのは事実ですし、
近代のアニメの一つの形というのもまた事実です。

私的にはハルヒもらき☆すたも大好き、☆5つ、出会えてよかったなと思える作品です。
オモシロイっ

オモシロイっ
発売日一日前の今日、メタモハルヒといっしょに届きました。
出してみたら
紙のケースの中にさらに3枚の薄いケースが入っていてそれぞれ1枚ずつディスクが入っていました、
自分としてはハルヒの初回版のような仕様が良かったなぁ
感想は
日常の事柄をネタにゆる〜く、まったりとした感じがオモシロイです
特に記念すべき1話でのチョココロネをどう食べるかなど、いつもあんまり気にしてないせいかけっこう笑えましたぁ
やっぱりDVDは画質と音がスゴク良いですねぇ
特典の「らきすたの森」はキャラクターの操作はCOMがするので、しかもダラダラと遅いのでイライラさせられます、
それでもミニゲームはけっこうオモシロかった、単純なゲームなんですがつい何度もやってしまいます(笑)
ホントに値段は高額だったけど、けっこう満足しています
値段ははるが

値段ははるが
京アニの実力はこの作品でも発揮されている
緩く、そして時にハッとさせる描写もあるのがたまらない。
手抜きが無く、よく作りこんでいる良作
そして声優陣が素晴らしい演技をしていらっしゃる、平野綾さんのハマり役が増えた。






【完全生産限定版】おおきく振りかぶって- 2 /
おおきく振りかぶって DVD第2巻

おおきく振りかぶって DVD第2巻
この巻に収録される4話から、OPの映像が若干変わります。色々なところが少しずつ変わっているので、是非前のOPと見比べてみてください。

田島くんが最高ですね。原作を読んだとき、「バスの中でのあれはアニメじゃ無くなるだろうなぁ」と思っていましたが、アニメでも言ってくれました。
まさか言うと思っていなかったので、吹きました。本当に水島監督はすごいなあ。

そしてこの巻の最大の見所。三橋くんと阿部くんのシーン。
ちょっと泣けました。

そしてこの巻のもうひとつの見所。田島くんの”ステップ”です。
もう、むちゃくちゃかっこいいです。やっぱり田島くん大好きだ。

このアニメを見てると30分があっという間に過ぎてしまいます。試合中は最初から最後まで見てるこっちまで手に汗握ります。
この巻はこのアニメの中での、”起点”とも言うべき話が収録された巻ですので、買っても損は無いと思います。
コンキチ&ナターシャの絵本ナビ

コンキチ&ナターシャの絵本ナビ
夜中の番組なのにこんなにさわやかな野球アニメ、ちょっと
もったいないほど感動をそして野球の魅力を再発見させて
くれます、ハンカチ王子もいいですが、このアニメは野球に
対する尊敬がひしひしと伝わってきます。マンガのファンの
方とは違いこのアニメを通して好きになった親子です。
マンガもいつか読んでみたいです。

絶対買い!な1枚♪

絶対買い!な1枚♪
第3話から第6話までのお話が収録されます。
何と言っても外せないのが第3話。
キャッチャーである阿部君が三橋君と向き合うことで『捕手としての役割』を自覚します。
このシーンは何回観ても心打たれます(*^_^*)
練習試合をする中で、みんなが段々と『仲間』になっていく姿も本当に素敵です♪
1つ1つのお話がとても丁寧に描かれているので、観ている方も目が離せない展開にドキドキします(^-^)
買って絶対損はない作品です(*^_^*)





天元突破グレンラガン1 (完全生産限定版) /
少年はかく成長する・・・

少年はかく成長する・・・
第1話を見損なったので、DVD化を待っていました。
なんだか小賢しいロボットアニメが多い中で、非常に
熱気と突き抜けた勢いを感じさせるのが良いですね。
勿論それだけでなくシモンが成長する過程での、人間関係の
機微がきっちり描かれているのが高く評価出来るでしょう。
確かに初期段階ではあまり出来の良くないエピソードでも
ありましたが、上り調子で改善されていっていると思う。
これも、この作品の勢いの良さですね。
後さりげなく盛り込まれた古今の名作アニメへのオマージュ
も楽しい。
衝撃の第1話冒頭!これに尽きる。

衝撃の第1話冒頭!これに尽きる。
絶句。まさか無量大数という途方もない単位の数がアニメに出てくるとは!
なるほど、こりゃ冗談抜きで「トップをねらえ!」以来の衝撃かも。
しかし第12話までをテレビで見終えた現在の時点でしみじみ思うのは、あの第1話冒頭を最初にしっかり見たかどうかで以後の話すべての満足度が大きく左右されそうだって事。
(あれを見逃した人にとっては現在の展開が早すぎると感じるかも知れないが、私には結構ちょうどいい感じ。それと仮に途中でシモンの醜態を長く見せ付けられたとしても、そこからどのように第1話冒頭のシーンまで雄々しく成長していくか色々想像しやすくなる)

・・・とはいえ、それらを抜きにしてもハッタリの効かせ具合や緩急のつけ方が素晴らしく、ムチャクチャだけど納得してしまう部分がある。
久々に面白い作品だ。この先が楽しみになってきた。
どこか懐かしい

どこか懐かしい
ともかく熱いです。
久しぶりに難しい事なしで熱く楽しいロボットアニメを見た気がします
最近やっていた、エウレカセブン、ファフナー、コードギアスなどただただ難しくして
楽しいものでは決してありませんでした。

こういうロボットもたまにはいいものですね。





鉄コン筋クリート(完全生産限定版) /
かなりクオリティの高い傑作日本アニメ!

かなりクオリティの高い傑作日本アニメ!
原作を全くチェックせず、単なる好奇心から映画館に足を運びました。とにかく、ものすごい複雑なアニメ画には感動しました!細部にわたる全てに、スタッフのこだわりが感じられ、&#34;アニメでしかできないこと&#34;を最大限に生かした、まれに見る傑作だったと思います。最初声優人をざっと聞いた時は、また有名人で売るのか・・・と、正直落胆した部分があったものの、個性豊かな俳優を起用しているので、全く違和感なしに観れました。この部分はかなり大きく、素晴らしいアニメ画のなかに、違和感なしの声優の声がマッチして、感動的なシーンでも純粋に涙が溢れてきました。脚本も、アニメには珍しく、かなり作りこまれていました。クロの暴走や、ヤクザの人情には、とにかく胸が締めつけられるものがあり、単純そうで、実は一筋縄ではいかないストーリーでした。このストーリーは現代に通じる問題も挟まっていると思うので、正直考えさせられた部分もありました。全てを含め、ここまでクオリティの高いアニメは簡単にはできないと思うので、絶対一見の価値ありです。そしてなにより、この映画が日本アニメーションであることが嬉しかったです。

2Dアニメのひとつの到達点

2Dアニメのひとつの到達点
物語冒頭から、舞台となる宝町をそこに飛んでいる一羽のカラスの視点からスピード感溢れるビジュアルで俯瞰していくシーンでまず、アニメとしての完成度の高さが分かります。このアジアンテイストの残る未来でも過去でもない雰囲気の街そのものと、ドライブ感とは、まさに圧巻。手持ちカメラ風映像の斬新さと、まさにカット一つ一つがまるで一枚の完成した絵画のような素晴らしさ。

松本大洋の原作漫画によるストーリーは、二人の内面をかなり特殊な進行により描くものであるから、とっつきにくい部分もあるし、暴力描写も激しいから、子供向きではありません。作品にちりばめられた遊び心とエッジ感を楽める少々ビターな(?)大人向きです。
それでも、テーマはハッキリしています。シロとクロに代表されるように、善と悪、光と影、といった陰陽二元論のような設定。クロはシロがあって初めてクロであり、シロに補完されないと“闇”と化してしまう。「二人一緒じゃないと見つからない」というコピーのとおり、シロとクロがお互いを補ってゆくという部分が強調されていた。誰の中にも強毅と無垢が存在し、そのどちらが欠けても生きてゆけない。シロとクロは人間の強さやもろさを命がけで教えてくれるという感じかな。

前評判どおり声優専門ではないキャストが素晴らしかった。二宮和也も好演なのだけど、蒼井優はホントに凄い。まさに無垢な少年!! 田中泯も渋いし、本木雅弘もまさに怪演でした。伊勢谷友介のヤクザぶりも「嫌われ松子の一生」を髣髴とさせるものでした。

アニメーション、声の演出とともに物語を盛り上げているのがUKテクノデュオPlaid(プラッド)によるBGMも効果的だったことを追記しておきます。 
対極にあるもの

対極にあるもの
光と闇、愛と暴力、疾走感と失速感。
あらゆる対極にあるものが混在する作品です。
ストーリーは疾走感にあふれており、さらりと観る事ができるでしょう。
そして最後には人それぞれに、何かを残してくれる作品です。

原作の雰囲気を無くさず、声優人の力量も◎
劇場でみた後、思わずグッズを買い漁ってしまいました・・・
まだ観てない方は是非。
劇場でご覧になった方も、限定版で補完を。





コードギアス 反逆のルルーシュ volume 06 /
その能力は使い方次第か

その能力は使い方次第か
「無限のリヴァイアス」「スクライド」「プラネテス」「ガンXソード」の
谷口悟朗監督/CLAMPキャラクター原案のTVアニメ
『コードギアス 反逆のルルーシュ』第14〜16話を収録したDVDです。
超大国ブリタニア帝国の侵攻により名前、規律、秩序、誇りなど
存在意義を奪われ、占領地の一つ『エリア11』と化した日本を舞台に、
相対する理想を持つ二人の男の生き様を描いたのが本作。

STAGE14「ギアス対ギアス」★★☆☆☆
 もう一人の力の使い手がルルーシュを動揺と困惑の渦に巻き込みます。
 決して強大な敵ではないものの、互いの罪の意識に苛まれた彼女を
 盾にした巧妙な戦い方は思考能力、戦略能力の高いルルーシュの天敵と言えるでしょう。
 彼女と完全に決別し切れない彼の甘さにややイラつきさえ感じてしまいます。

STAGE15「喝采のマオ」★★★☆☆
 C.Cとマオとの過去が描かれる切なさの残るエピソードです。
 彼の能力を逆手にとって、逆に追い詰めるルルーシュの巧みな戦術が唸ります。
 しかし、ここでも最後の詰めの甘さが目立ち、次回に話を引き伸ばしている感が否めません。

STAGE16「囚われのナナリー」★★★☆☆
 死んだはずの彼の策略により囚われの身となったナナリー。
 事態を偶然知ったスザクとルルーシュの共同救出戦線には向かう所敵無し。
 またもルルーシュのギアス使いの巧さが冴え渡る中、最期の置き土産に彼の過去が暴露されます。

またTV放送版とは異なり、DVDでは画面サイズ16:9の
ノートリミングサイズ(フルサイズ)で収録される点にも要注目です。
ただ元々ハイビジョン製作作品ですので、DVDでは本来の魅力は半減してしまっているのが残念です。
質の高いSFロボット学園アニメ

質の高いSFロボット学園アニメ
「今までありがとう」と言って立ち去るルルーシュがすごくかっこよかったです!

面白くてあっという間に時が過ぎていたのですが、どうしても一つ解せない点があります。
それは第14話でルルーシュがギアスの能力を使ってシャーリーの記憶をなくさせる
直前に、シャーリーが「いやー!!」と叫ぶシーンなのですが、シャーリーはいつルルーシュのギアスのことを知ったのでしょう?
仮に百歩譲ってマオがシャーリーに「ルルーシュには相手を思い通りに操れる能力がある」と言うことをあらかじめ教えていたとしても、放心状態のシャーリーがそれを信じるとは思えないし、またルルーシュが相手の目を直接覗き込むことによって、そしてギアスを使ってシャーリーの記憶を奪うことがどうしてあの瞬間のシャーリーに分かったのでしょうか?
細かいことだとは思いますが、見ていて気になったので。

これからの期待をこめて星5つです
アニメを見て泣いたのは初めてかも

アニメを見て泣いたのは初めてかも
この巻には14話〜16話までが収録されています。ルルーシュとシャーリーの別れ、そしてもう1人のギアス使いマオが登場したり、スザクの過去が明かされたりと、結構重要な話が収録される巻です。ちなみにこの3話は、すべてマオ関係の話です。
14話の、ギアスでシャーリーの自身に関する記憶を失わせたルルーシュの思いに、思わず涙が出てしまいました。ルルーシュの「失くしてから、自分がどれだけ彼女の笑顔に救われてきたかって。もう、あんなふうに口喧嘩することも、笑いあう事もできないんだなって。」というセリフ、そして最後に言った、「今まで、ありがとう」という言葉に、もう涙が止まりませんでした。挿入歌、EDも場面にすごく合っていて、ぐっときました。
シャーリーのことを想いながらも『他人ごっこ』としてシャーリーと接するルルーシュの気持ちは、とても計り知れないものだと思います。いつかまた、笑いあうことができるようになる事を心から願います。

作画が良好ですし、音楽も良い、演出、話の展開もすごく良くて、文句なしの出来です。ルルーシュを始め、キャラクターが皆魅力的で、ストーリーの面白さに拍車を掛けています(私はC,Cが特に好きです)。
結構重要な話が収録された巻ですので、買っても損はないかと思います。
amazonを使い倒す
Amazon 売れ筋ランキング
CD・ザ・ベスト10
素敵ワインちゃん
[楽天]水着と浴衣の売れ筋ベスト○○
ようこそ株スクール
[Amazon]あまぞn DVD売れ筋ランキング

コメント:
面白そうなアニメがゾクゾク登場していますね。
それにしてもジブリ強いなぁ
posted by はやぶさ じろう at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ