2010年07月15日

涼宮ハルヒの憂鬱 ブルーレイ コンプリート BOX (初回限定生産)

涼宮ハルヒの憂鬱 ブルーレイ コンプリート BOX (初回限定生産) [Blu-ray]
角川映画 (2010-10-22)
売り上げランキング: 2
おすすめ度の平均: 4.5
5 嬉しいです。
5 ありえない値段!!
4 発売前にはレビューしない主義なんですが、つい・・・
3 本編だけがいい。
5 まだ予約してないんですが


 

現在1位の商品です。
 
 
あの空前の大ヒットアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」、満を持して
ブルーレイコンプリートBOXとなって登場。
 


◆キャスト
キョン:杉田智和 / 涼宮ハルヒ:平野綾
長門有希:茅原実里 / 朝比奈みくる:後藤邑子
古泉一樹:小野大輔 / 朝倉涼子:桑谷夏子
鶴屋さん:松岡由貴 / 谷口:白石稔
国木田:松元恵 / キョンの妹:あおきさやか
喜緑江美里:白鳥由里 / シャミセン:緒方賢一

◆ストーリー
「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、超能力者がいたら、わたしのところに来なさい。以上。」
高校入学早々、ぶっ飛んだ挨拶をかました美少女…にして校内一の変人、涼宮ハルヒ。普通でいたい現実主義者のキョン(主人公?)だったけど、ちょっとした好奇心が仇になり、ハルヒに巻き込まれてしまった。ハルヒが結成したSOS団(世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒの団)。キョンをはじめ、ただ者でない団員たちを従えた彼女には、本人も知らない重大な秘密があった!?

posted by はやぶさ じろう at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD総合

2010年07月05日

amazon dvd 売れ筋 ランキング

1位 
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 スペシャル・エディション [DVD]
出演: 上野樹里, 玉木宏 監督: 武内英樹



 

2位
劇場版 Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS 〈初回限定版〉[Blu-ray]
出演: 杉山紀彰, 川澄綾子 監督: 山口祐司
 
 

 
 


3位
関パニ vol.1 [DVD] 関ジャニ∞(エイト) (俳優)
 
 

 
 

4位
関パニ vol.2 [DVD]
出演: 関ジャニ∞(エイト)
 

 



5位
関パニ vol.3 [DVD]
出演: 関ジャニ∞(エイト)
 

 
 
posted by はやぶさ じろう at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD総合

2010年07月01日

KinKi Kids concert tour J【初回盤】



■KinKi Kids concert tour J【初回盤】

年末年始恒例となっている東京ドーム公演は、2009年末から行われた「KinKi Kids CONCERT TOUR J」の2010年1月1日の公演で計37公演となり、単独アーティストによる最多公演記録数を更新した。



2010年の4ヶ所10公演のツアー
今回はバンドのメンバーを含めた全員がムービングステージにて移動をして、後方にいるお客さんにもバンドの演奏を近くで見れるような演出がされていたもの。

kinki kids

 
posted by はやぶさ じろう at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD総合

2007年09月01日

売れ筋DVD ステージ 11位から

DVD ステージ
2007年9月1日





キャッツ スペシャル・エディション /
子供のとき見たかった

子供のとき見たかった
こんなすばらしいミュージカル映像
出来たら子供のときに見ておきたかったと思いました

すごい刺激になると思います
内容もしっかりしていて楽しめます
私も廃盤で喉から手が出るほど欲しかったくちなので
手に入ったときは嬉しかったです
是非是非お勧めです!

家族で楽しめるミュージカルです!

家族で楽しめるミュージカルです!
舞台のキャッツしか見た事がなかったので、あの臨場感が映像で出せるのかな…と思っていました。
しかし猫の目線で動くリアルな映像に加えて、今まで近くでは見られなかった猫たちの細やかな動きや、表情・目線などが間近で見れてすごく良かったです。
舞台では全体を見るか単体の猫しか見られなかったところが、全体を見つつも各猫たちの動きも追えるという素晴らしい内容だったので新しい発見もたくさんありました。

題材が身近な猫である事や音楽がすごく良い事もあって、ミュージカル好きな人はもちろんですが、初めてミュージカルを見る方にも楽しめる作品だと思います。
ロンドン版のDVD版でオススメ

ロンドン版のDVD版でオススメ
ロンドン版をLD、DVD用に別途、撮り直したもの。したがって、DVD版と言って良い。SPエディションはおまけも一杯で "Cats Freak" にはナミダもの。"Cats" はもともと詩集なので言葉が素晴らしい。特にロンドン版は歌詞そのものを歌いきっており、ショウとしてのブロードウェイ版と行き方が異なる。随分前にロンドンで見たが、伝統の中の革新、誰も見ようとしなかった分野に目を向けること、びっくりするようなパンク・ロック、そして美術、照明、構成を抑制気味にして声楽を思いっきり全面に出すこと、などが特徴のように思える。英国のミュージカルには英国の雰囲気があふれている。





メリーポピンズ スペシャル・エディション /
画枠サイズ

画枠サイズ
つい最近まで知らなかったのですが、今現在のDVDはビスタサイズになっていますが、実際はシネマスコープサイズだったんだそうです。レーザーディスクが全盛の頃にそのサイズで発売されたようですが、いつの間にかビスタサイズにトリミングされて今に至っています。

いつの日かオリジナルサイズで見てみたいものです。
すごい評価ですが・・・

すごい評価ですが・・・
私はそれほど感動も笑えもしませんでした。
正直言うと、あまり理解できなかった感じです。
もっと、ファンタジーっぽいほうが好みです。
家中が、大砲で揺れるのは面白かったですが。。
あと、若き日のジュリー・アンドリュースが美しいです。
特典映像満載版

特典映像満載版
SPエディションは「ポピンズ」大好き人間が泣いて喜ぶ特典映像がいっぱい。もはや「おまけ」ではありません。「メリーポピンズ」はディズニーの誇りで、現在もなおディズニーランドにそのアトラクションがあり、多くの子供達(私も)がチキチキバンバン(同一テーマ館)に大喜びしています。その語感と同様に、この映画ほど子供の立場になって、子供の耳に入る楽しい音を大切にしたものはありません。今は亡きウォルトのやさしさがそこに残っているようです。残念な点は、字幕が翻訳に走りすぎて、一番大切な「夢」を失っていることです。また、日本語吹き替えはとてもジュリー・アンドリュースの魅力を引き出しているとは思えません。





OUT OF ORDER ~偉人伝心~ /





立川談志 ひとり会 落語ライブ '92~'93 DVD-BOX 第一期 /
今楽しめる立川談志

今楽しめる立川談志
ひとり会のチケットが全く取れないのでこのDVDを見ました。

引きのカメラのピントがあってなかったり、不意にガタついたり
ちょっと気になりますが、話に夢中になってくればそれほどは
気になりません。(もったいないけど)
WO○OW志の輔らくごの 懲りすぎなカメラワークよりはましかも。

2話で1時間前後なのですが、1話に聞き入って時間を忘れると
2話目は短いので「アレ?もう?」という感じになります。
 (ほとんど枕で落語は短かった小三治の高座を思い出しました)
6巻目のまくら特集はちょっと長めでお得。時事ネタと家元のひげ・
髪型の変化に時の流れを感じました。
毎回最後の談志の表情が興味深いです。
待ってました!!

待ってました!!
もはや全盛期を見るにはこれしかない
今の枯れた家元、もがく家元も良いが
映像として我々が見ることが出来る数少ない作品

後期も早く出して下さい






モーツァルト歌劇「フィガロの結婚」K.492 カール・ベーム指揮 ウィーン国立歌劇場日本公演 1980年 /
みんな若くて嬉しい!

みんな若くて嬉しい!
古い映像であるが、懐かしい思いもあって、とっても鮮明に見える。
もう亡くなってしまったプライやポップもとっても若々しく明るく、
またとっても巧い歌を聴かせてくれるし、
かなりの高齢でありながら、長丁場を振り通したベームの姿が見られるのも嬉しい。
保守的でありながらも、とても好感の持てるポネルの演出もしっくりとくる。
大好きなヴァイクルは、少し伯爵のルックスには合わないかもしれないが、
やはり大好きな歌いっぷりで、これもまた嬉しい。
CDだと少し硬質に聞こえ、今まであまり好きではなかったヤノビッツは、
舞台で聴くべき歌手だと実感した。アリアも重唱もとっても巧い。
それと、何せ若くてまだ癖のない歌い方のバルツァにも大感激!
タイムマシーンから飛び出してきたような映像に、
時が経つのも忘れて見入ってしまいました。

唯一残念なのは音場で、マイクから離れるとオフ感が強くなるので、
独唱時などはいいが、重唱ではアンサンブルのバランスが悪くなるのが気になる。
値段がはるのもこのソフトの欠点だと思います。

でも買ってよかったソフトではあると思っています。
特典映像もお見逃しなく

特典映像もお見逃しなく
シュバイツァーいわく「死とはモーツァルトを聴けなくなることだ」
至言です。
この映像を見るとつくづく、「生きてて良かった」と思います。
TV放送を見たころは、まだオペラに今ほどの興味も知識もなかったのですが、とにかく面白かった。バルツァの「肌脱ぎ」のシーンにどきどきしたのを覚えています。
演奏のテンポについて異見があるようですが、たっぷり、じっくり楽しめて、少しも冗長な感じはしません。1973年のグラインドボーンの映像と甲乙つけがたいところですが、イギリス人のユーモアと、本場ドイツ人の感性の違いが楽しめる、といったところで、両方を見比べ、聴き比べるのも、楽しく幸せな体験かも。
美しく古典的な衣装、格調の高い名演

美しく古典的な衣装、格調の高い名演
『フィガロ』のDVD名盤には、(1)グラインドボーン音楽祭、プリチャード指揮、1973、(2)パリオペラ座、ショルティ指揮、1980、(3)ドロットニングホルム宮廷劇場、エストマン指揮、1981、(4)シャトレ劇場、ガーディナー指揮、1993、等がある。中でも(1)(2)は伝説的な名演だが、このベーム盤もそれに劣らない。まず、スザンナのポップ、伯爵夫人のヤノヴィッツは、配役が(2)と同じ。しかも(2)が1980年7月14日のライブで、こちらは同年9月30日のライブ。当日の東京文化会館の聴衆がどれほど感動したかは、鳴り止まぬ万雷の拍手からも分かる。第3幕以降、あの少女顔のポップが黒服に身を包んだしっとりとした美しさは、『フィガロ』上演史でも最高のスザンナだろう。(2)のスザンナより、こちらのスザンナの方が、笑って、はしゃいで、幸せそう。夭折したポップは、かくて永遠のスザンナになった。フィガロのプライも、颯爽として澄んだ声。ベームの指揮はテンポが遅い。だがその分、歌手はじっくり心を込めて歌い、ウィーンフィルの音が、とても優しく美しいので、澄んだ声のアンサンブルとよく調和する。第二幕の重唱は、めったに見られない透明感に溢れている。





タカアンドトシ新作単独ライブ タカトシ寄席 欧米ツアー2006 /
あまり楽しめない

あまり楽しめない
あくまで個人の見解として面白くない気がしました。と、言ってもこのコンビ、実力はあります!!
ボケの連発が好きな方はかなり楽しめますが、正直けっこうグダグダ感があったりします。

トシはツッコミ上手いだけにタカにもっと頑張って欲しい…。
まあ、こんなもんでしょう

まあ、こんなもんでしょう
テレビで見る漫才やコントを見て面白かったので買って見ましたが
期待していたほどの内容ではなかったです。
正直あんまり面白くなかったです。
でも、ランキング11位と18位のネタは未完成ですが
けっこういけてると思いました。
まだ、発展途上の状態だと思うのでのでこれからの
のびに期待したいです。

さすがは全米No.1

さすがは全米No.1
タカトシの様々なタイプの漫才をランキング形式でカウントダウン。ということで、かなり実験的なネタ(おそらく今後、日の目を見ないであろうものも…)もあり、ネタによっては若干スベリ気味な感じだが、タカトシの漫才はアベレージが高いだけにちょっとしたスベリも大スベリに感じてしまうのかも。個人的には20位から11位までのダイジェストが好き。テンポと奇抜さとバカバカしさが見事。
全体を通して見て、やはり最後のネタのタタミコミは最高。ある意味、最後以外の漫才はネタフリに過ぎない(というのは大袈裟だが)。最初に見た時には、思わず親指おっ立てて涙流してしまった。そしてその瞬間タカトシは、僕的ランキングの「漫才」というジャンルでダウンタウンを抜き、歴代No.1になった。

お笑いのネタの多くはネタワレの時点で価値が希薄になるが、芸術的な掛け合い漫才は何度見ても飽きないもの。この「欧米ツアー2006」は正にそれ。「1回見たらお終いだろう」とお笑いのDVDを買うのをためらっている人にもオススメできる。どこまでが計算なのかもわからない、このテンポとライブ感は凄いの一言。
そして、明らかにトシの方が動いているのに、1人汗ダクのタカがせつない。





HITOSHI MATSUMOTO VISUALBUM DVDスーパーBOX /
カリスマの集大成

カリスマの集大成
一番輝いていた時期の一つといっていいこの時期(1998年)の松本人志のビジュアルバムDVDBOX。りんご バナナ 葡萄 そして特典映像がたくさん入ったメロンの4枚組み。基本的な笑いに対する姿勢みたいなものは変わっていないが、どれも1つ1つじっくり観れる。ひとつひとつのコントが割と長いのでちょっとした映画みたいである。私が好きなのは林檎からだとシステムキッチン。これは浜田との二人の長いコントであるが何度みても飽きがこない程の日常間。絶対にこんな人いる!!みたいな不動産屋を松本が演じる。そして古賀。板尾のシュールな笑いがジワジワとくるこのコント。大穴でしょう!!そしてミックス。大阪の昔の夫婦を描いた下品ですが、何か泣けるかもって感じのコント。バナナではマイクロフィルムはおすすめ。私も出前一丁は好きなんです。いきなりダイヤモンドは今田と松本の刑務所の中でコンビを組もうという話。ふつーにM−1で優勝確実の漫才がラストで楽しめます。ほんと笑いに手を抜かない彼の姿勢がみれますね。ゲッタマンでは東野が注目されてますね。ラストは衝撃の展開(途中からわかりますが)葡萄ではなんといっても巨人殺人。ドラマですよコレは!!荒城の月は悲しい物語...この他にも人志ワールド炸裂なんです。
マイナーなお笑いです

マイナーなお笑いです
ごっつでやるコントは大衆向けですが、こちらはコアなファン向けですね。きっと松本さんは自分なりの真の笑いを追求したんでしょうね。たしかに、何度でも見れる作品ではありますが、爆笑するというものではなくクスッと笑ってしまうものが多いかな。
みなさんのコメントの中には、全部面白かったと過剰評価されてる方も多いですが見栄を張って言っている方もおられるかもしれませんねw僕は正直、よく理解できないものもありました。そっちのセンスがある人は理解できるんだと思います。そういうちょっと変わった世界観も楽しめると思います。
観る価値は必ずあり

観る価値は必ずあり
"ガキの使い"や"ごっつええ感じ"などより松本さんの意向が反映されている作品が多いと思います 

レベルが高いといっていいものなのかどうかはわかりませんが、松本さんのセンスが理解できないとしたら、一生かかっても理解できないのかもしれません 
なので個性も強く理解が難しい作品もありますし、無理しても理解できない作品も(松本さんによれば少なくとも一本)あります
また、"テレビで見かける松っちゃんがおもしろくて好き"という方でも、このdvdを素直に楽しめない方はたくさんいるとおもいます

ただ、"松本さんが手がけているんだから全部すごくておもしろいんだ"という感じになってしまうのもよいことではないと思われます

長くなりましたが、見た後はいろいろ考えさせられる充実したdvdで、個人的に言えばとにかくおもしろいです 観る価値はあります





大人計画フェスティバル-今日は珍しく!昨日より珍しく!- DVD-BOX /
確かに珍しい。

確かに珍しい。
改めて大人計画の皆様の才能を見せ付けられる。天は人に一文も二文も与えるものなんだなぁ。





英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ チャイコフスキー:バレエ《くるみ割り人形》全2幕 /
技術&ジャンプ&パホーマンス

技術&ジャンプ&パホーマンス
衣装も舞台もいいと思います。男子のジャンプもなかなかのもの。しかし、クララやこんぺい糖の主役のかわいさや特に年齢が気になる。バレエの技術は高レベルと分かっているのだけど、主役はかわいくないと見る気が失せる…。パリオペラ座バレエ団の眠れる森の美女の主役であるオレリー・デュポンはかわいさ(美人)+技術も兼ね備えていいのだけど眠れる森の美女であってくるみ割り人形ではない。キーロフバレエ団は主役がかわいいが、バレエの技術が足りてない…。結局、ピーターライト版であるこの英国バーミンガムロイヤルバレエ団が妥当かと思われる。
くるみ割り人形初見者におすすめです。

くるみ割り人形初見者におすすめです。
以前ボリショイのくるみ割り人形を見ましたが・・初心者のため、踊りはさておき恥ずかしながらストーリーがいまいち理解できませんでした。しかしこのピーターライト版は、すごく分かりやすくみるみる間に引き込まれていました。ムハメドフさんは以前から知っていましたが、パートナーと踊るムハメドフさんが、あんなにのびのびと生き生きと踊っているのを初めて見た気がします。これも吉田都さんがパートナーだからでしょう。何度見ても・・いや見れば見るほど、鳥肌モノです。
クララが可愛い♪

クララが可愛い♪
バレエは密かにテレビで観て楽しんでいました。けれども関西圏ではなかなか放映が無く、「しびれを切らして」初めて購入したDVDでした。じっくり観たいバレエはい縲怩チぱいあって、迷いに迷った末、吉田都さんに惹かれて購入しました。これにして良かった!
吉田都さんは期待以上にすばらしかった!けれど、もっと期待以上にすばらしかったのがクララ。踊りもすばらしいのですが、なんて感情豊かで愛らしいんでしょう☆そして何度も観ている内に音楽の美しさにうっとりする様になりました。「雪の国」のシーンでは、本当はチュチュを身にまとった幻想的なコールドが観たかったので少々残念ではあったのですが、音楽の美しさと場面の美しさに鳥肌が立ちます。第2部の踊りと音楽は本当に圧巻!です。・・・難を言えばバラの精がドタバタした印象で、好きではなかったですが・・・
全体に解り易いすっきりとした構成で、カメラワークも工夫が成功した感じで、お薦めです!





「眠れる森の美女」プロローグ付3幕 /
デュポンが最高!

デュポンが最高!
オーレリー・デュポンが超かわいいです。テクニックも美しさも演技力も最高です。マニュエル・ルグリのパフォーマンスもすばらしい。この組み合わせはちょっとお宝です。
これこそバレエ!

これこそバレエ!
バレエがパントマイムだということすら知らなかったド素人の私が十分に楽しめ、優雅な気分に浸れた素晴らしい作品だと思いました。
買うきっかけになった他レビューはその通りでした。特にオーレリ・デュポンは本当に素敵で憧れちゃいます。
舞台のセットも衣装も、全てが良いと思います!踊りの難易度はきっとすごいのでしょうね・・・でもそれを感じさせないダンサー達。
私のような初心者の方にも是非オススメです!!
圧巻、パリオペラ座の眠り姫

圧巻、パリオペラ座の眠り姫
この<眠り>の公演映像は、'99年12月27日にL'Opera Paris Bastilleで同作品が上演された際、収録されたものである。振付・演出は故R.Nureyev。彼は、既にNatonal ballet of Canadaの為に<眠り>を製作していたので、L'Operaの<眠り>はこれがベースになっていると思われる。
先ず、僕が感心したのは、17世紀と18世紀の西ヨーロッパの宮廷世界の雰囲気が舞台を支配していると言う事。必ずしも場所を特定し辛いが、一応南フランスをイメージして作られた舞台だろう。この上演時、Nureyevは故人となっていたから、これは精確な時代考証を踏まえたプランを基に舞台美術を造り上げたE.FrigerioとF.Squarciapinoの功績である。Prologue・1幕と2幕・3幕では時代が異なっている事が一目で理解出来る。
この作品の成功の鍵は、何と言っても主人公Princesse Auroreに掛かっている。この公演映像では、エトワールに昇進して間もないA.DupontがAuroreを演じている。先ず、踊り以前に、舞台に登場した時の輝かしいオーラに、目眩めく思いだった。これは彼女の舞台人としての大きな武器である。DupontのAuroreは、王女としての教育・躾をちゃんと受けた気高く誇り高い女性、将来女王となるべき者が持つ威厳の萌芽すら感じさせる堂々たる王女だった。初めて会う求婚者達を前にしても、決して物怖じしない。それと同時に、16歳という年齢設定を十分納得させる役造りもちゃんと為されていて、正しく彼女はAuroreとして舞台に存在していた。Danse Classique pasの技術も完璧、芝居・マイムも表現力豊か。彼女の出る場面は、全て見所である。序でながら、4人の求婚者達は、Rose Adagioのパートナーに留まらず、衣装を含め、夫々に明確な性格を与えられている。彼等の間には、Auroreを巡って緊張関係が走っており、この工夫が平板に流れがちな1幕の前半に良い起伏を齎していた。
Prince Desireを演じたM.Legrisも、王子としての立場を弁えながらも、好奇心旺盛な若々しいDesireを造り上げた。NureyevがDesireに与えた細かく難度の高いPasを良くこなしている。特に、本来2幕1場と2場を繋ぐ間奏曲を用いて、Visionの場面の直前にDesireが踊るMonologue的Variationで、彼の技量の素晴らしさを満喫出来る。
構成面で興味深かったのが、3幕。この幕の冒頭に、楽譜上、Mazurkaの前に書かれているSarabandeが国王と王妃・廷臣達によって踊られ、Divertissementsでも、宮廷に相応しいと思われないDanse caractereの幾つかが割愛され、3幕が、国王の宮廷内の儀式の場面である事を、強く前面に出している。Nureyevの3幕のプランは、この幕を宮廷内で行われるAuroreとDesireの婚礼の儀に徹底させる事であり、実際、観客の意識もそれに集中する。
L'OperaのCorps de balletの素晴らしさは定評のあるところだが、ここでもその評価を裏付ける完璧なアンサンブルを見せてくれる。特に1幕のアンサンブルは、正しく絢爛豪華な踊りの錦織である。
Nureyev版<眠り>は、確かに彼自身の構想で作られているけれども、La fee du lilasをマイムの役に戻したり、1幕冒頭の編み針を巡るエピソードを復活させたりと、Petipaの原典も尊重している。マイムの積極的な活用も効果的である。Nureyev自身の振付ナンバーも多いと思われるが、Petipaの原典を更に効果的にした印象を与えるし、数曲のダンスナンバーの踊られる箇所の変更や割愛も納得がいく。只、最後のApotheoseの割愛には、疑問を持たざるを得ない。やはり、AuroreとDesireeを結び合わせ、善の世界の勝利を実現したLa fee du Lilasの徳を、出演者一同が讃えて、幕を締め括って欲しかった。
posted by はやぶさ じろう at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD総合

2007年08月02日

変化せず

DVD総合
2007年8月2日





Never Ending Wonderful Story【初回生産限定仕様】 /
絶対ほしぃ(>_<)

絶対ほしぃ(>_<)
NEWS復活から初のLIVE DVDは買わなきゃ後悔しちゃう!!!!
各県のドキュメント付きのメンバーの普段が見れるDVD(*^_^*)
絶対にほしい(>_<)(>_<)
NEWSファンは絶対買うべきだと思う(*^^)v

ずっと探してました

ずっと探してました
このDVDをずっとさがしてたのでみつかってとってもうれしかったです
☆待ち望んでた☆

☆待ち望んでた☆
NEWSファンの誰もが待ち望んでいたでぁろぅ感動の復活魂。このコンサートに行けなかった人にゎもってこいの収録内容!たぁくさンの良い曲が収録されてて最高なDVDに仕上がってると思いまぁす☆☆しかも-NEWSゎ久々のLiveDVDなので絶対に買う価値ぁりで-す。





ダイブ・トゥ・ザ・フューチャー、ダブル(複体)、蹴鞠師 スペシャルDVD BOX /
飛・弾・蹴

飛・弾・蹴
スポーツ・サスペンス・アクションの3種類違ったドラマに挑戦!!
普段バラエティなどで面白い関ジャニ∞が真剣に役者として男を魅せます☆





ゲド戦記 /
ゲドの名前をつけないで欲しかった

ゲドの名前をつけないで欲しかった
狂気のゆえに大罪を犯した少年が自分を取り戻す話としてなら、見られないことはありませんが・・・・・
ジブリ独特の美しい色と音とにのって駆け回るのは、アシタカ・ヤックル・クロトワ・荒地の魔女・・・・・ゲドと言うよりもユパ様。
製作者たちは原作を読んでいないのでは?映画化に当り、エピソードに手を加えたり、大事な台詞を他の人物に言わせるのはよくあることですが、これはひどすぎます。
誠実で愛情深いアレンの両親を侮辱し、アレンには親殺しと反逆の罪を負わせて、その未来に王座の代わりに死刑台を与えています。世界の綻びを食い止めようとするゲドの旅は、同時にアレンがアースシーの王となるためのイニシエーションの旅であるのに。
説明もなく登場するテナーは港で待つ大賢人の女で、ではテルーは何?
Earthsea Booksを繰返し繰返し読みました。あの壮大で気高い世界は、生まれた者が生きるとはどういうことで、大切なものは何かを、心の奥底に静かに問いかけてきます。
ジブリに大切なものを踏みつけられた気分です。

自分としては面白かった

自分としては面白かった
予備知識の全く無い状態で観ました。
世間での評価はあまり高くないことは知っていましたが。
内容は均衡という言葉を用いて世界や生き方のありようをやや説教くさく語っていました。
たしかによく分からない点もありましたが、ファンタジーとしてもなかなかに熱い場面もあって面白かった。
キャストも主人公のアレン以外は上手かったのでまあいいでしょう。
全ての作品に言える事なのですが、
世間での酷評は、それはそれとして、あくまで参考という風に考えて一度観てみてはどうでしょう。
価値観は違う。何かを得る人もいるでしょう。
ブルーレイ版お願いします

ブルーレイ版お願いします
ブルーレイ版のゲド戦記が欲しいです。
できれば、ブルーレイ版のもののけ姫と千と千尋も欲しいです。
まあ、赤いの千と千尋は勘弁してください。





Bootcamp Elite Mission One: Get Started /
革新的な有酸素運動と筋トレ

革新的な有酸素運動と筋トレ
1.ウォーキング(有酸素運動)は歩くだけで退屈
2.筋トレ(無酸素運動)は辛くて続かない

そんな方に向いている作品である。
有酸素運動は脂肪を燃やし、筋トレで付く筋肉は基礎代謝を上げる。
”痩せること”を目的とした場合、この2つは必須である。

この作品は、有酸素運動と筋トレ(あくまで軽負荷)が、畳2枚程のスペースで、
楽しく、誰にでもできるようつくられている。(そりゃ売れるわな、よく考えたものだ)
ただ運動がお居留になってる方にはちとキツイので、吐く前に休み休みやることをお勧めする。
チューブはペットボトル等で代用できるし、無くてもいける。
全身くまなく運動が行き渡るようにつくられているので、時間的効率性も高い。

ただ、ビリーのように”ムキムキ”になれるわけではない。(あの身体は高負荷のウェイト
トレーニングが必須)あと、長時間の有酸素運動は、筋肉を落とす効果もあるので現在既に
”ムキムキ”で体重を落としたくない方にはお勧めしない。

この作品は、あくまで”引き締まった身体”を手に入れる為のものである。

このミッション1で慣れて来たら、ミッション2でさらに引き締まって頂きたい。
一ヶ月でウエスト-7センチ!

一ヶ月でウエスト-7センチ!
 週3回程度しかできなかったのに、ウエスト-7センチは自分でも驚きです!運動苦手で、おなか周りの脂肪もとれにくい年頃の私でもこの結果がでました。アップテンポでとても楽しいですから、普段運動不足の方でも続けられるのではないでしょうか。私は負荷はペットボトルに水で始めました。サウナスーツとVAAMで入隊してます。キックやパンチでストレスも解消できて、終わった後は汗びっしょり&気分爽快です。
ちなみに体重は一ヶ月で-2Kg,体脂肪-3%でした。かなりいいですよ!
入門編

入門編
このミッション1は、後にミッション2,3をやるための入門編だと考えていいと思います。
ブートキャンプの基本的な動きを覚えるためのものですね。
全て英語で日本語字幕がありません。ですから時々混乱しますが、まぁ慣れれば大丈夫です。

このミッション1。入門編とはいえ、決して楽な運動ではありません。
普通に汗だくになりますし、筋肉痛にもなります。
ブートキャンプ=エアロビ+筋トレって感じですから。
途中からバンドを使います(バンドを持ってない人は1キロのダンベルなどで代用するといい)が、そうなると結構きつい運動になります。
最初のうちは、休みを入れつつやった方がいいです。運動不足の人は普通に吐きます。
まぁそれだけの負荷がかかる運動ですから、何日も続ける事で当然体はしぼれます。

手ごろな値段&2畳ほどのスペースがあれば家の中で出来るということを考えれば、痩せたいor筋肉を付けたいという人にとっては買って損ではないでしょう。






らき☆すた 2 限定版 /
私的意見として。

私的意見として。
京アニ調子乗りすぎ、DVD価格が高い、原作の雰囲気を再現できていない、監督の交代は失敗etc…。
このように文句を垂れ流しにしている方が多く見られます。確かに納得できない部分も各々あるのだと思いますが…。クオリティが高い作品はそれに満足すれば良い。低い作品はグッズとして割り切るのが大切です。選択権は消費者に委ねられているのだから、高いと思うなら購入を放棄すれば良いのです。
私はこのアニメ自体、好きだと思えますし、クオリティがそこまで低いとは思わない。平野もハルヒ時から声優としての広がりを見せるようになっているし、他の主要キャラもそれなりに存在感を出している。なによりこの作品に対する「愛」があるので購入し続けることに是非はありません。


最後に。自分自身もそうですが、自分の意見が何かを変えられるとは思わないで下さい。自分の意見が変えることが出来るのは、自分が接する周囲以外の他にないのですから。
そこそこ

そこそこ
前半部分のらき☆すたは少々落ち着いている気がします。
原作のネタはいれているもののキャラが同じで別作品と感じてしまいます。

絵はきれいです。さすが京アニといったところでしょうか。よく動きますし。
絵はくずれませんし。
ところどころのネタも見逃せないです。
しかし、2話でこの値段は高いと思うのは私だけでしょうか。。w

文句があるなら見なければいいと思うので、少しでも抵抗がある方は見ないほうが
いいと思います。
私は試しに見てハマった口ですがw
京アニ作品が好きなら見てみることを進めます。
所詮ハルヒの繋ぎか・・

所詮ハルヒの繋ぎか・・
ハルヒネタ多すぎ。
アニメ店長ウザすぎ。
アキラ性格違いすぎ。
らっきーちゃんねる時間の無駄すぎ。
実写EDサムすぎ。


あんま調子のんな京アニ。





ドリフ大爆笑 30周年記念傑作大全集 DVD-BOX (通常版) /
がっかり。。

がっかり。。
そもそも、大爆笑を謳っておきながら、DVD1枚につき全員集合が3話ずつ入っています。。
全員集合のコントなんてものは、懐かしさこそあれ、今見て決して笑えるものではなく
今までの全員集合DVDも見送って来たのですが、万を辞してやっと出た大爆笑DVD!
に全員集合て・・・・。
がっかり。。

雑な商品

雑な商品
コントの内容云々ではなくて、とにかく雑な作りのDVDです。

コントの始めにタイトルのテロップが一切出ません。
色んなコントがダラダラした編集で垂れ流しになっています。

もしものコーナーはメンバー4人分がセットになって成立するのに、ブツ切りになっていますす。

大爆笑に対する思い入れや理解のない製作側のやっつけ仕事によって、貴重なコントの数々が台無しにされています。

3枚組ですが、1枚目を見てうんざりして残りの2枚は見る気になりません。

それでも貴重なドリフの作品ですから、次回作が出ても買うと思いますが。
著作権の壁…

著作権の壁…
みなさんのレビューを一通り見ると、やはりこの手の問題で残念な結果になってるようですね。
「ピンクパンサーのテーマ」の件ですが、これだけに限らず全員集合のDVDも「ロッキーのテーマ」「スターウォーズのテーマ」が使用不可だったので差し替えられています。
みんな有名すぎて収録するのも難しいのでしょうね…。外国の物はかなりシビアな権利書で保護されていますから…。

付け加えて申しますが、以前TVで「大爆笑スペシャル」が放送された折、公開コント「五軒家」(こんなタイトルだったかな?)が放送されましたが、あれがDVDに収録できなかった理由は上に書いたことを踏まえると理解できると思います。





コードギアス 反逆のルルーシュ volume 07 /
オーディオコメンタリー

オーディオコメンタリー
オーディオコメンタリーのメンバーは、ルルーシュ、スザク、カレン、キャラクターデザインの木村さん、副シリーズ構成の吉野さんです。
トークは、普通です。カレンの天然キャラは、面白いです。しかし、周りの方がまじめなので、かなり浮いてます。
オーディオコメンタリーは星3ですが、本編は星5ですヨ。
まさに「我は王軍、友は叛軍」のストーリー展開の巻です

まさに「我は王軍、友は叛軍」のストーリー展開の巻です
熱烈なファンの多い作品だということはよく分かっていますが、なぜか一番いいところ(と思われる)回だけ見てしまった門外漢としてレビューを書きます。

タイトルロールのピカレスク度が高いとは聞いていましたが、物語のクライマックスへとなだれ込んでいく回であるためか、「うわっ、そこまでやるか!」というダークでクレイジーな濃さは感じませんでした。A.デュマの名作「ダルタニャン物語(鈴木力衛訳)」中に、「我は王軍、友は叛軍」という邦題の巻がありますが、まさにその表現でしか言い表せない(どっちがルルーシュ側でどっちがスザク側にあたるのかは状況によると思いますが)状況。とてつもなく大それた考えを実行し、あるいは関わってしまったハイティーンの剛毅な部分、その裏にある年齢相応のぐらつきみたいなものをうまく絡めて描いています。最も心を許した友人が真の敵(じゃないかもしれないけどこの時点ではそう)という、一番見たくなかった現実が目の前に立ちはだかる回なんだ…と思ってしみじみと見ました。

ほぼ最終章に近いということで「落としどころ」に近づいているのは事実ですが、大人の意見としてはあまりハッピーエンディングを望まないのも事実です。対象年齢が高めの作品でもありますし、主人公2人(ルルーシュだけかなぁと思いましたがやっぱり相方も加えて)は大義と権謀術数のはざまで、重い十字架を背負いながらひたすらに自分たちが目指した道を進んで欲しいと思います。行き着く先に楽園がなくても、です。

ツッコミどころもあげつらえば多々ありますが、ドライブ感と息苦しさのあるストーリーテリングに対してこの評価とします。
動揺と決意の行方

動揺と決意の行方
「無限のリヴァイアス」「スクライド」「プラネテス」「ガンXソード」の
谷口悟朗監督/CLAMPキャラクター原案のTVアニメ
『コードギアス 反逆のルルーシュ』第17〜19話を収録したDVD7巻です。
超大国ブリタニア帝国の侵攻により名前、規律、秩序、誇りなど
存在意義を奪われ、占領地の一つ『エリア11』と化した日本を舞台に、
相対する理想を持つ二人の男の生き様を描いたのが本作。

STAGE17「騎士」★★★☆☆
 ついに暴かれた過去とルルーシュが目撃する真実は後半戦の動乱を予感させます。
 ランスロットの性能とその癖を看破した分析能力と旧日本軍の残党をも取り込む
 彼のカリスマ性が一層際立ったエピソードです。ルルーシュが望み、
 彼女が決めた騎士の生き様がようやく表舞台にあがってきたように感じられます。
ただ戦闘中に躊躇したり、語りでゴマかしたりとちょっと媚びたような描写が残念です。
 
STAGE18「枢木スザクに命じる」★★★★★
 彼女の騎士となったスザクを巡り、二つの勢力は困惑と動乱の渦へ巻き込まれていきます。
 純血以外は排他的にしか見えないブリタニア人の浅ましい民族性も強調されており見応え充分。
 軍事面、技術開発面、政治面にも強力な駒が出揃い、さらなる黒の騎士団の規模拡大を強調しています。
 スザクの心身をさらに追い詰める葛藤のドラマが混迷の濃度を高めており目が離せません。
 でもあいかわらずルルーシュは詰めが甘いですね。個人的にはディートハルトの確実性に一票投じます。

STAGE19「神の島」★★★☆☆
 アヴァロンの空中砲撃直後、なぜか式根島から離れた神根島で目覚めた四人の物語です。
 かなり露骨なファンサービス描写の中、互いを知り、相容れぬ主義をぶつけ合う
 スザクとカレンの対立、ZEROの居ないピラミッド型の組織の脆さを露呈する
 黒の騎士団の内部分裂が見物です。肝心の謎を置き去りにした展開に疑問が残るのが歯痒いです。
 今回ルルーシュに加えて、カレンの詰めの甘さも露呈されていますね。





人志松本のすべらない話 其之参 通常盤 /
すべりません!

すべりません!
まぁ色々な意見はあるとは思いますが、動きやリアクションだけで笑いをとるよりも、トークだけでどれだけ人を引き込むか、そこに芸人の腕を見る気がします。

想像力の笑いというか、この手のものは聞き手のセンスと言うものも影響すると思います。
かなりレベルの高い笑いを松本人志がやっている訳で・・・。
 
ドリフターズ等の笑いも大好きですが、それとは全く別のものであり、比較するべきものではないのでしょうか?

分る人だけ見ればよし!
人志松本のすべらない話 其之参  マニアックな笑い

人志松本のすべらない話 其之参  マニアックな笑い
第6弾の「あのすべらない話をもう一度」は内容が同じものがわざわざ収録されているのですが第1弾や2弾を見ている人にとってはあえて見る必要もないほどぐだぐだでした。私は先日放送の「ザ・ゴールデン」までこの番組をすべて見ました。ほっしゃんさんとかはネタで勝負していると思ったので同じ話をすると鮮度が落ちるし、ジュニアや宮川大輔とかもやたらうるさいという風にしか。この間の「アドレな!ガレッジ」のほうが大輔もゴリさんやインパルスの二人同様体を張ってて芸人だと感じました。そういった意味ではこの番組は芸じゃないと思いです悪いけど。本当に面白い番組を知らない文化レベルの低い頭の悪い視聴者はかわいそうです。
この番組はマニアック
ツッコミ

ツッコミ
コレはホントに人を選ぶよ。王道から未公開の下ネタまで楽しめる。でもこの笑いが分からない人は頭が弱いのか…かわいそう(泣)





銀魂シーズン其ノ弐01 【完全生産限定版】 /
時々アニメのほうが観ててラクな時がある・・・

時々アニメのほうが観ててラクな時がある・・・
原作も好きですが、原作の下ネタとか毒が効きすぎててキッツイ表現なんかがさすがにアニメだと緩和されてて、見ててラクだなーと思ってしまうのは私だけでしょうか?
やっぱりか…。

やっぱりか…。
内容は他の方が書かれた通りオリジナルのテコ入れの回が凄いです。
人格壊れたり他のアニメが混ざり過ぎでとにかく壮絶(笑)


ただ表紙は予想通りの結果でした。
多分圧倒的に多い土銀?もしくは銀土好きの投票の賜物でしょうね。

さて二巻はどうなるか…?

『テコ入れ』したくなちゃったYO!!

『テコ入れ』したくなちゃったYO!!
この巻は、ただただ50話に尽きます。
「銀魂アニメオリジナル作品最高傑作」と言って過言ではない出来栄えです。
まだ見ていない方には、50話を見る為だけにでも是非ご購入をお勧めします!

今までアニメだけで満足していたのに、
これを見てしまった後、うっかり原作漫画18巻を一気に集めてしまいました。
お陰で「原作の世界観=なんでもあり?」が
このオリジナル作品の精神的土壌になっていると判りました?。
正直、制作スタッフの高杉並みの破壊的『テコ入れ』に幸あれ!と願わずにはいられない
異色作です。

銀魂に興味のないアニメ好きの方も、最近アニメ事情総まくりで楽しめると思います。

個人的には、桂のラップにツボりまくりでした。







15th L’Anniversary Live /
祝結成15周年

祝結成15周年
凄いですね。セットも凄かった
hydeさんの声も絶好調でした。
本当に華があるバンドです。
いばらの涙やMCとかも収録してほしいな
歴代名曲を味わえると思います
これからも末長く活動してラルク!!
日本からブラジルのFWロナウドが生まれたようなもの。

日本からブラジルのFWロナウドが生まれたようなもの。
日本からラルクのような世界のトップバンドが生まれたということは、サッカーでいえば、日本からブラジルのFWロナウドが生まれたような快挙である。日本のバンドがこれほどまでに世界に拡散していった例は未だない。日本からロナウドが生まれたという事件はこれから日に日にその重大さを思い知らされることとなるだろう。ポケモンの次に世界を席巻することになるであろう日本の文化はラルクの創出する芸術活動である。1997年、東京ドームのコンサートチケットが4分で完売。1999年、2枚同時リリースのALBUM『ark』 『ray』では600万枚のセールスを記録。同年、65万人動員した『1999 GRAND CROSS TOUR』の東京で行われた25万人規模の野外コンサートの模様をアジア最大のネットワーク『チャンネルV』を通じてアジア各国で生中継。2004年、アメリカ ボルチモアのファーストマリナーアリーナで初の海外ライヴを行い、12,000人動員。2005年、『ASIALIVE 2005』では、韓国ソウルのオリンピックパーク・体操競技場、中国上海大舞台で各10,000人を動員。上海では2005年10月に上海公演の模様が現地ネットワークのゴールデンタイムに2時間特番で放映された。2006年、バンド結成15周年記念『15th L'Anniversary Live』東京ドームコンサートは即日完売、2日間で約11万人を動員。そのライブの模様が世界25ヶ国で放映された。2007年には海外フェス『2007 INCHEON PENTAPORT ROCK FESTIVAL』で日本人史上初のヘッドライナーを務める。45歳までに熱狂的で、センセーショナルでドラマティカルなワールドツアーを毎年、いや半年に1回行えば、イチローのように日本のトップであるラルクが世界のトップに駆け上がり、ビートルズを超える世界的伝説バンドになるのも時間の問題である。
期待

期待
どうやら全曲収録してくれるようですね☆☆全曲収録でこの値段はオトクです。絶対買います
amazonを使い倒す
Amazon 売れ筋ランキング
CD・ザ・ベスト10
素敵ワインちゃん
[楽天]水着と浴衣の売れ筋ベスト○○
ようこそ株スクール
[Amazon]あまぞn DVD売れ筋ランキング
[Amazon]あまぞn 腕時計売れ筋ランキング
楽天コスメ・メイク(化粧品)ランキングベスト○○

コメント:
あまり変化はありません。
posted by はやぶさ じろう at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD総合

2007年07月24日

ゲド戦記 /

DVD総合
2007年7月24日





Never Ending Wonderful Story(初回限定版) /
アスタラビスタベイベ☆★

アスタラビスタベイベ☆★
NEWS復帰魂が、ついにDVDに!
CDには収録されていない曲もたくさんありますし、
なんと言っても3時間30分という長い時間
NEWSを見られるのはとっても幸せですよねw
ソロもそれぞれ充実していて何度見ても飽きなさそう!

NEWSファンなら絶対買うべきですねっ^^
未発表曲!!

未発表曲!!
やっとNEWS初のコンサートDVD発売!!たくさんの未発表の曲が入ってて最高★ソロも個性が出ていいけどとくにみんなで歌うSNOW EXPRESSは大好きです♪間奏にある山Pと亮ちゃんのRAPはテンション上がります縲怐・br>
買うべき!

買うべき!
実際、大阪公演を見ました。
初めてNEWSのコンサートに行きましたが、感動の一言でした。
このDVDにはコンサート映像の他にも、各地方のドキュメントも入っているので、いろんなNEWSを見ることが出来ると思います。
NEWS初のライブDVDです。
絶対に買って損はないと思います!!





ダイブ・トゥ・ザ・フューチャー、ダブル(複体)、蹴鞠師 スペシャルDVD BOX /
飛・弾・蹴

飛・弾・蹴
スポーツ・サスペンス・アクションの3種類違ったドラマに挑戦!!
普段バラエティなどで面白い関ジャニ∞が真剣に役者として男を魅せます☆





ゲド戦記 /
ミステリー未満ヒーロー未満

ミステリー未満ヒーロー未満
ミステリーと呼ぶには伏線らしきものは無く、ヒーロー物というにははっきりしない活躍。
悪役は途中からポッと出てきた印象薄、最後の展開は脈絡なしで唐突。
絵も内容も、映画作品なのに連続TVアニメのダイジェスト版という感じ。

それでも楽しめたのは、事前に見聞した酷評のおかげだと思います。
悪いところは無視し、良いところを見つけられました。多分。
中途半端な連中の中途半端な物語、それがこの作品の味わいだと思います。

面白かったです。

面白かったです。
ここの評価は酷評が多くて目を覆ってしまいたくなるのですが、
1本の映画としてはよく出来たものだと思います。

「スタジオジブリ」から出てしまっただけであって、「宮崎吾郎」
としては(しかも1作目!)ちゃんと観れるものになっていて驚きました。
内容はジブリ作品とはかけ離れた、暗く、汚いものですが、
それは今まで宮崎駿監督の出せなかったもので、「子が親と同じものを
作る」なんて期待して観た人にはもったいない映画です。観る前にフィルター
がかかってしまいます。

「ジブリ作品」ではなく、「新人監督」の作品として観て欲しい。評価を
読んで悲しくなってしまいました。

かけ離れてます

かけ離れてます
ジブリ作品、宮崎駿さんの作品はいつ観ても色褪せる事なく、いつ観ても何かを
感じさせてくれるものがあります。
「ゲド戦記」は吾郎さん初監督作品と言うことで劇場に足を運びましたが、正直な感想は
「がっかり」です。ジブリの流れをあえて汲まないのであれば、独立して自分で出して
欲しかった。ジブリの作品は、テーマが重いものだったとしても必ずどこかに
笑い、可愛らしさが存在します。ですが、今回のこの作品全くそういったものが無い。
路線が違うのでしょうか?だったら親の力を借りず、「ジブリ」の名前は
出さないで欲しい。ジブリ作品で唯一DVDを買わなかった作品です、本当にがっかり。
また何度も観たいと思わせる力が無い、魅力が無いです。





Bootcamp Elite Mission One: Get Started /
入門編

入門編
このミッション1は、後にミッション2,3をやるための入門編だと考えていいと思います。
ブートキャンプの基本的な動きを覚えるためのものですね。
全て英語で日本語字幕がありません。ですから時々混乱しますが、まぁ慣れれば大丈夫です。

このミッション1。入門編とはいえ、決して楽な運動ではありません。
普通に汗だくになりますし、筋肉痛にもなります。
ブートキャンプ=エアロビ+筋トレって感じですから。
途中からバンドを使います(バンドを持ってない人は1キロのダンベルなどで代用するといい)が、そうなると結構きつい運動になります。
最初のうちは、休みを入れつつやった方がいいです。運動不足の人は普通に吐きます。
まぁそれだけの負荷がかかる運動ですから、何日も続ける事で当然体はしぼれます。

手ごろな値段&2畳ほどのスペースがあれば家の中で出来るということを考えれば、痩せたいor筋肉を付けたいという人にとっては買って損ではないでしょう。

まさしく『さあ、はじめよう!』

まさしく『さあ、はじめよう!』
 これは、あのTVショッピングのものとは違うようです。再収録/再編集版みたいですね。強度についても総時間は変わりませんが1misson当たりの時間が長くなっていて、1クールが短く設定されています。その分しんどいと思われます。
 しかし、このエクソサイズの真髄が「いかにきつい事を楽しくやるか。」であれば、違いは気にする事も無いでしょう。どう見ても運動の強度で考えると楽ではありません。同じ時間走るのと同程度です。しかし、走るのと比べるとかなり楽しいです。全身まんべんなくリズムに合わせて動かす事が主ですから、やり始めると自然とついていきたくなります。
 最初はバンドなど不要です。久しく運動されていない方であれば、最初はバンドなしでも十分筋肉痛です。異常なほど汗をかくので効果は実感できると思います。とりあえずはこのディスクを続けていって、バンド有りでも筋肉痛が出ないくらいまでやってみましょう。それだけで、十分体は変わっていると思います。それにそこまで行かないとMisson Twoが地獄です。ブートキャンプのためのブートキャンプ、それがこのディスクです。
ビリーバンドが無くても、締まってきてます!

ビリーバンドが無くても、締まってきてます!
続けられるか不安だったので、とりあえず1本を購入。今、2週間ほど毎日続けています。体は締まってきてると実感!二の腕、太ももの裏、ふくらはぎ、腹筋・・・プヨプヨだった肉がピタっと張り付くようで、ラインがスッキリしてきました。私は腰が悪いので負荷をかけるビリーバンドやダンベルが使用できないのですが、それでもそれなりに効果はあると思います☆1つの動作の後に「good job!」とビリーが声を掛けてくれるので、励みになり最後まで続けられます。楽しく続けられるのでおすすめです!





らき☆すた 2 限定版 /
今作も素晴らしい!!

今作も素晴らしい!!
とにかくストーリーが面白かったです!!特に3話の試験合格のご褒美が松下の『3DO』とは・・・
内容もマニアックですがなんと言っても所々であの格ゲーの映像を・・やりすぎだ縲怐I!って思いました・・・

双子の1卵生と2卵生の違いとか普段の会話でも結構、マニーな展開で飽きが来ないです!!

更に4話が凄すぎる!!『つかさ』と『かがみ』の誕生日に『こなた』と『みゆき』が来るわけですが・・・
そこで『こなた』がモノマネをするのですが、まさかあんな大御所キャラまで真似るとは!!

「『かがみん』の魅力にまた一つ気付いただけだぞ縲怐I!」・・・凄すぎです!!

あと、ファンも急上昇ですが『白石 みのる』が私的に気に入っています!!ラッキーチャンネル・・・
あの、いじられ方が見ていて本当に飽きないです!!
「まぁ・・・あきら様はそんな事は言ってないですけどね・・・」
「何それ??もしかして嫌味???あんたの代わりはいくらでもいるんだよぉ・・・」

毎回、あの会話が面白くて、ついつい見てしまいます!!あとEDも回を越すごとに凄くなっている!!
『ドラえもん』と『モンキーマジック』『ドラゴンボールZ』はやりすぎかなぁ・・・流石に・・・

この作品は神としか思えないです・・・


監督が交代した事でらき☆すたの幅が狭くなった

監督が交代した事でらき☆すたの幅が狭くなった
5話から監督が交代したわけですが…見てみて正直がっかりです。山本寛さんの冒険的で攻めの姿勢が気にいってたのに…。
まぁ確かにらき☆すたの様な作品にはあまり向いてなかったのかもしれませんが、5話からの保守的な作りは如何なものかと。
山本寛さんだからこそらき☆すたの世界観を広げていってくれると思っていたので残念です。
DVDの購入は今後の展開次第で決めようと思います。(このまま守りの姿勢で続く様ならレンタル決定です。)
アニメになって色々感じたこと。

アニメになって色々感じたこと。
発表当初は「ゲームの声優さんじゃないんだ」とがっかりしていましたが、今ではすっかり慣れ親しんでしまっている自分がいます。(^0^)/キャハハ。

閑話休題、今回アニメになって「柊かがみ」ちゃんが可愛い子だったんだなあと感じるようになりました。(ファンの方は怒らないでね)

アニメになって台詞に「感情」が加わって、「原作のあの台詞はそういう意味だったのか」と再発見したりして。

そういう意味でもアニメになって良かった。(原作は元々好きだし)





ドリフ大爆笑 30周年記念傑作大全集 DVD-BOX (通常版) /
雑な商品

雑な商品
コントの内容云々ではなくて、とにかく雑な作りのDVDです。

コントの始めにタイトルのテロップが一切出ません。
色んなコントがダラダラした編集で垂れ流しになっています。

もしものコーナーはメンバー4人分がセットになって成立するのに、ブツ切りになっていますす。

大爆笑に対する思い入れや理解のない製作側のやっつけ仕事によって、貴重なコントの数々が台無しにされています。

3枚組ですが、1枚目を見てうんざりして残りの2枚は見る気になりません。

それでも貴重なドリフの作品ですから、次回作が出ても買うと思いますが。
著作権の壁…

著作権の壁…
みなさんのレビューを一通り見ると、やはりこの手の問題で残念な結果になってるようですね。
「ピンクパンサーのテーマ」の件ですが、これだけに限らず全員集合のDVDも「ロッキーのテーマ」「スターウォーズのテーマ」が使用不可だったので差し替えられています。
みんな有名すぎて収録するのも難しいのでしょうね…。外国の物はかなりシビアな権利書で保護されていますから…。

これでは長さんも泣いていることでしょう

これでは長さんも泣いていることでしょう
ドリフ大爆笑のDVD化は、すべてのドリフファンが望んでいたことである。が、
待望のこのDVDはファンの期待を無惨にも裏切る作品となってしまいました。

※他のレビュアーの方の中に、「全員集合」と混同されていて「停電や火事のハプニングが
収録されていない」という意見がありますが、停電や火事があったのは「全員集合」の方で
「大爆笑」とは局も番組も違うので注意が必要です。そもそも「大爆笑」の方は完全に
スタジオ収録のコントであり、原則として公開収録は行われていませんでした。今回の
DVDに収録されている公開コントは、今から12縲・3年前に例外的に「大爆笑」内で収録された
貴重な公開コントの映像です。「全員集合」時代に比べてメンバーの肩の力が良い具合に
抜けた円熟味のある素晴らしいコントです。

それらを収録したこと自体はすばらしいのですが、問題はコントの内容が
大幅にカットされて収録されていることです。いかりや以外の4人が登場するときの
ピンクパンサーのテーマなどはもはや「お約束」の領域であるにもかかわらず
それをカットする編集センスには辟易せざるをえません。
その他の収録コントも大幅カット、名物である冒頭の字幕もなしでは
せっかくの名作も台無しです。

逆に言えば、カットしただけでこれほど面白みが半減するということは
いかに完璧に練り込まれたコントであったかということがよくわかるわけですが。





コードギアス 反逆のルルーシュ volume 07 /
まさに「我は王軍、友は叛軍」のストーリー展開の巻です

まさに「我は王軍、友は叛軍」のストーリー展開の巻です
熱烈なファンの多い作品だということはよく分かっていますが、なぜか一番いいところ(と思われる)回だけ見てしまった門外漢としてレビューを書きます。

タイトルロールのピカレスク度が高いとは聞いていましたが、物語のクライマックスへとなだれ込んでいく回であるためか、「うわっ、そこまでやるか!」というダークでクレイジーな濃さは感じませんでした。A.デュマの名作「ダルタニャン物語(鈴木力衛訳)」中に、「我は王軍、友は叛軍」という邦題の巻がありますが、まさにその表現でしか言い表せない(どっちがルルーシュ側でどっちがスザク側にあたるのかは状況によると思いますが)状況。とてつもなく大それた考えを実行し、あるいは関わってしまったハイティーンの剛毅な部分、その裏にある年齢相応のぐらつきみたいなものをうまく絡めて描いています。最も心を許した友人が真の敵(じゃないかもしれないけどこの時点ではそう)という、一番見たくなかった現実が目の前に立ちはだかる回なんだ…と思ってしみじみと見ました。

ほぼ最終章に近いということで「落としどころ」に近づいているのは事実ですが、大人の意見としてはあまりハッピーエンディングを望まないのも事実です。対象年齢が高めの作品でもありますし、主人公2人(ルルーシュだけかなぁと思いましたがやっぱり相方も加えて)は大義と権謀術数のはざまで、重い十字架を背負いながらひたすらに自分たちが目指した道を進んで欲しいと思います。行き着く先に楽園がなくても、です。

ツッコミどころもあげつらえば多々ありますが、ドライブ感と息苦しさのあるストーリーテリングに対してこの評価とします。
動揺と決意の行方

動揺と決意の行方
「無限のリヴァイアス」「スクライド」「プラネテス」「ガンXソード」の
谷口悟朗監督/CLAMPキャラクター原案のTVアニメ
『コードギアス 反逆のルルーシュ』第17縲・9話を収録したDVD7巻です。
超大国ブリタニア帝国の侵攻により名前、規律、秩序、誇りなど
存在意義を奪われ、占領地の一つ『エリア11』と化した日本を舞台に、
相対する理想を持つ二人の男の生き様を描いたのが本作。

STAGE17「騎士」★★★☆☆
 ついに暴かれた過去とルルーシュが目撃する真実は後半戦の動乱を予感させます。
 ランスロットの性能とその癖を看破した分析能力と旧日本軍の残党をも取り込む
 彼のカリスマ性が一層際立ったエピソードです。ルルーシュが望み、
 彼女が決めた騎士の生き様がようやく表舞台にあがってきたように感じられます。
ただ戦闘中に躊躇したり、語りでゴマかしたりとちょっと媚びたような描写が残念です。
 
STAGE18「枢木スザクに命じる」★★★★★
 彼女の騎士となったスザクを巡り、二つの勢力は困惑と動乱の渦へ巻き込まれていきます。
 純血以外は排他的にしか見えないブリタニア人の浅ましい民族性も強調されており見応え充分。
 軍事面、技術開発面、政治面にも強力な駒が出揃い、さらなる黒の騎士団の規模拡大を強調しています。
 スザクの心身をさらに追い詰める葛藤のドラマが混迷の濃度を高めており目が離せません。
 でもあいかわらずルルーシュは詰めが甘いですね。個人的にはディートハルトの確実性に一票投じます。

STAGE19「神の島」★★★☆☆
 アヴァロンの空中砲撃直後、なぜか式根島から離れた神根島で目覚めた四人の物語です。
 かなり露骨なファンサービス描写の中、互いを知り、相容れぬ主義をぶつけ合う
 スザクとカレンの対立、ZEROの居ないピラミッド型の組織の脆さを露呈する
 黒の騎士団の内部分裂が見物です。肝心の謎を置き去りにした展開に疑問が残るのが歯痒いです。
 今回ルルーシュに加えて、カレンの詰めの甘さも露呈されていますね。
伏線とか伏線とか伏線とか・・

伏線とか伏線とか伏線とか・・
やっとスザクが敵だとルル様は分かります。おせぇよ。それは良いとして、微妙に伏線が回収され始めます。そういうところのテンポは速いし、分かりやすかったりするので好きですね縲怐Bでもここにきてさらに伏線を張りました。案の定TVでも回収されずに持ち越し。ここは痛いですね。。
さらに、主人公の相手をさらに増やすべき時期ではないのにまた濃いのが・・・いやシュナイゼル好きですけどね。ここのあたりから話の収拾のつけ方に不安を感じ始めました。
まぁだからといって話の魅力自体が薄れているわけではないですし、佳境に入り始めてテンポも一気に速くなるので見ごたえは有ります。
少なくともカレンのサービスショットは。故に星五つ。





人志松本のすべらない話 其之参 通常盤 /
すべりません!

すべりません!
まぁ色々な意見はあるとは思いますが、動きやリアクションだけで笑いをとるよりも、トークだけでどれだけ人を引き込むか、そこに芸人の腕を見る気がします。

想像力の笑いというか、この手のものは聞き手のセンスと言うものも影響すると思います。
かなりレベルの高い笑いを松本人志がやっている訳で・・・。
 
ドリフターズ等の笑いも大好きですが、それとは全く別のものであり、比較するべきものではないのでしょうか?

分る人だけ見ればよし!
人志松本のすべらない話 其之参  マニアックな笑い

人志松本のすべらない話 其之参  マニアックな笑い
第6弾の「あのすべらない話をもう一度」は内容が同じものがわざわざ収録されているのですが第1弾や2弾を見ている人にとってはあえて見る必要もないほどぐだぐだでした。私は先日放送の「ザ・ゴールデン」までこの番組をすべて見ました。ほっしゃんさんとかはネタで勝負していると思ったので同じ話をすると鮮度が落ちるし、ジュニアや宮川大輔とかもやたらうるさいという風にしか。この間の「アドレな!ガレッジ」のほうが大輔もゴリさんやインパルスの二人同様体を張ってて芸人だと感じました。そういった意味ではこの番組は芸じゃないと思いです悪いけど。本当に面白い番組を知らない文化レベルの低い頭の悪い視聴者はかわいそうです。
この番組はマニアック
ツッコミ

ツッコミ
コレはホントに人を選ぶよ。王道から未公開の下ネタまで楽しめる。でもこの笑いが分からない人は頭が弱いのか…かわいそう(泣)





銀魂シーズン其ノ弐01 【完全生産限定版】 /
やっぱりか…。

やっぱりか…。
内容は他の方が書かれた通りオリジナルのテコ入れの回が凄いです。
人格壊れたり他のアニメが混ざり過ぎでとにかく壮絶(笑)


ただ表紙は予想通りの結果でした。
多分圧倒的に多い土銀?もしくは銀土好きの投票の賜物でしょうね。

さて二巻はどうなるか…?

『テコ入れ』したくなちゃったYO!!

『テコ入れ』したくなちゃったYO!!
この巻は、ただただ50話に尽きます。
「銀魂アニメオリジナル作品最高傑作」と言って過言ではない出来栄えです。
まだ見ていない方には、50話を見る為だけにでも是非ご購入をお勧めします!

今までアニメだけで満足していたのに、
これを見てしまった後、うっかり原作漫画18巻を一気に集めてしまいました。
お陰で「原作の世界観=なんでもあり?」が
このオリジナル作品の精神的土壌になっていると判りました?。
正直、制作スタッフの高杉並みの破壊的『テコ入れ』に幸あれ!と願わずにはいられない
異色作です。

銀魂に興味のないアニメ好きの方も、最近アニメ事情総まくりで楽しめると思います。

個人的には、桂のラップにツボりまくりでした。


銀魂シーズン其ノ弐第一巻

銀魂シーズン其ノ弐第一巻
この巻には、50話「未定は未定であって決定ではない」、51話「ミルクは人肌の温度で」、52話「人に会うときはまずアポを」、53話「ストレスはハゲる原因になるがストレスをためないように気を配るとそこでまたストレスがたまるので結局僕らにできることなんて何もない」の4話が収録されています。

50話がとにかくすごいです。アニメオリジナルの話なんですが、とにかくパロディだらけの話です。お登勢の案と土方の案には吹きました。特に土方の案は、元の性格とのギャップがすごすぎです。
あと、「ドラゴンブリーピース」はやりすぎです。他のもとにかくやりすぎですよ。でもそこが面白いですww
この会社はすごいですね、本当に。ここまでのパロディを見たのは初めてです。さすがにここまでやると苦情とかもくるんでしょうね・・・。でもそんなのを気にしないでやってしまえる監督の姿勢には感服いたします。
最後の「かんと・・・」の登場には驚きました。エリザベスの中の人ってこの方だったんですね。驚きました。

2年目に突入してさらに勢いを増した銀魂。本当に、面白すぎですこのアニメ。





15th L’Anniversary Live /
なぜラルクはこんなにかっこいいんだろう

なぜラルクはこんなにかっこいいんだろう
まず、簡単に言わせてもらいます。
ラルクアンシエルかっこよすぎです。
このライブは絶対、今までのライブでhydeさんの声が一番調子よく、メンバーの衣装もかっこよく、演出も素晴らしいのものだと思います。
メンバーやスタッフの努力がヒシヒシと伝わってきます。
hydeさんの声もtetsuさんのイントロも、kenさんのギターもyukihiroさんのドラム、
すべてにおいて素晴らしいです。はっきりいって今年の4月にでた2万円のDVDより値段もお得で、とても見るかいがあると思います。
本当に美しいライブです。MCもとてもおもしろいです。(hydeさんが踊りますw)
これだけは買って損はありません。



全てが神。
何もかもすばらしすぎる。

売り上げしか誇れるものが無いカスチルとは天と地の差ですね。


15年に一度のお祭り、日本歴代NO.1ライブ

15年に一度のお祭り、日本歴代NO.1ライブ
2006年、バンド結成15周年記念『15th L'Anniversary Live』東京ドームコンサートは即日完売、2日間で約11万人を動員した模様を収めたライブDVDです。同ライブの模様は世界25ヶ国で放映されました。ラルクは1999年からアジアNO.1バンドでしたよね。1999年、2枚同時リリースのALBUM『ark』 『ray』では600万枚のセールスを記録。同年、65万人動員した『1999 GRAND CROSS TOUR』の東京で行われた25万人規模の野外コンサートの模様をアジア最大のネットワーク『チャンネルV』を通じてアジア各国で生中継。そして2001年に、ラルクは『Clicked Singles Best 13』を発売、アジア8地域15億人を対象に、インターネットでの投票で決めた世界規模のベスト盤であり、アジア全域で14万枚売り上げました。海賊版が出回っていて、物価も違う当時のアジア圏のマーケットで14万枚という数字は驚異の売り上げと言えます。2004年にはラルクはアメリカ ボルチモアのファーストマリナーアリーナで初の海外ライヴを行い、12,000人動員。2005年、『ASIALIVE 2005』では、韓国ソウルのオリンピックパーク・体操競技場、中国上海大舞台で各10,000人を動員。上海では2005年10月に上海公演の模様が現地ネットワークのゴールデンタイムに2時間特番で放映されました。2007年には海外フェス『2007 INCHEON PENTAPORT ROCK FESTIVAL』で日本人初のヘッドライナーを務めるんですよ。日本人が海外フェスのヘッドライナーなんて凄いですよね、しかも有名なMUSEとかが出てるフェスでのヘッドライナーです、このまま45歳までに毎年熱狂的で、劇的で衝撃的なワールドツアーを毎年行えばビートルズを超えるのではないでしょうか。
amazonを使い倒す
Amazon 売れ筋ランキング
CD・ザ・ベスト10
素敵ワインちゃん
[楽天]水着と浴衣の売れ筋ベスト○○
ようこそ株スクール
[Amazon]あまぞn DVD売れ筋ランキング
[Amazon]あまぞn 腕時計売れ筋ランキング

コメント:
ゲド戦記、レビューは賛否両論ですねー
posted by はやぶさ じろう at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD総合

2007年07月12日

ドリフハンパねぇ

DVD総合
2007年7月12日





Never Ending Wonderful Story(初回限定版) /





関ジャニ8 ドラマスペシャルBOX /





ゲド戦記 /
子供が泣いてた

子供が泣いてた
冒頭。廊下で父親をいきなりナイフでグサリ。………え!?なんで?……まぁいいか。逃亡の旅で少女に出会い、少女が歌を歌う。…長い。退屈。いつまで歌ってるんだよ(イライラ)
こんな状態が最後までつづく。試写会で観たが、正直途中で帰りたかった。宮崎駿監督も試写会の途中で席を立った。最後のクライマックスシーンでさえ、わけわかりません。決定的だったのは後ろの席の子供さんが泣いた事。「怖い」「もう見たくない」と最後の魔女との対決シーンでかなり怯えていました。子供泣かしちゃダメだろう。無条件で監督の敗北だよ。
私の中ではとてもよかった。

私の中ではとてもよかった。
ジブリ映画で初めて映画館でみた映画でした。確かに、わかりずらいところもありましたが、私の中ではとてもよかったと思います。声優初挑戦であそこまで役にはまれた岡田さんがとても凄く感じられました。

周りの人はすんごい酷評でした が

周りの人はすんごい酷評でした が
わたしは去年の公開時に映画館でみたのですが、見に行く前に友達などに意味不明やし面白くもないのでやめたら?と
言われたりしました。そこまで面白くないならどんなもんだと妹と二人で見に行きました。で見たあとに
妹と二人で「え?おもしろいじゃん』と顔を見合わせた記憶があります。

私は原作読んでないですし、確かにゲドはあんまり目立たない感じだし、
戦記?といった感じや作品のまとまり若干無理矢理な所もありましたが、
人の心の闇の葛藤や最近のジブリには久しくなかった冒険活劇的な要素も少ないながら含まれていて、
久しぶりにわくわくしたのを覚えています。ただゲド戦記ではない。といわれればその辺りの事はわかりませんが、
映画としては楽しめました。大満足とか、最高とは言えませんが、
個人的に少なくとも千と千尋の神隠しよりはずっと面白いと思いました。ハウルとかもよりも。

吾郎監督、これからはお父さんのイメージや期待、しがらみなんかなんかぶっ飛ばす
自分自信のオリジナリティー溢れる作品を楽しみにしています。
蛇足として物語の筋書き、個人的に昔の漫画シュナの旅を思い出した。関係あるのかな?





Bootcamp Elite Mission One: Get Started /
汗かきますよ縲・br>
汗かきますよ縲・/strong>
リージョンコードは マークがALLでしたのでDVDプレイヤーやPCで問題なく見ることが出来ました。
リズムと掛け声にあわせてうごいていると40分くらいあっという間。そして汗がぶわ縲懊懊怩チとでます。バンドなしでも ちゃんと映像の中にバンドなしの人、ダンベルを使用している人がいて自分で負荷を考えてやっていいんだなぁってことがわかります。
しばらくはバンドなしでやって 体が慣れたらバンドかチューブを買ってみようかな。

体重がガンガン減るというわけではありませんが確実にしまってきています。
うれしいことに体脂肪も低下中。
近頃身体をうごかしていないなぁ とかセットはちょっと。。。という人にはオススメです。
楽しい!汗びっしょりになります!

楽しい!汗びっしょりになります!
運動しなくちゃ!でも、セットを買っても続けられるか自信がなかったので、まずこの単品で試してみることにしました。プレステ2でも、問題なく再生できました。きのう初めてやってみて、普段、運動をしていない私ですが、リズムに乗り遅れつつも、それでも、最後まで続けられました。ビリー達が同じ動きをしながら、かけ声をかけてくれるので意味はわからなくてもやる気になって、まるでフィットネスクラブで仲間と一緒にエアロビとかのレッスンを受けているような感じで楽しいです。普段汗をかかない私でも、途中から滝のように吹き出してきて、デトックス効果もばっちり。トレーニング終了後8時間くらいたっても、まだ体がぽかぽかしていて基礎代謝もあがってる?筋肉痛覚悟していましたが、今日も多少ふくらはぎが痛いくらいなので、運動初心者にもおすすめです。40分くらいで時間もちょうどいいし、これなら続けられそうです。ビリー、サンキュー!
有酸素運動を始めるにはちょうどいい

有酸素運動を始めるにはちょうどいい
今まで全く運動などしていない人には、ちょっときつい部分もあるかもしれませんが、自分の体力に合わせて調整していけば、最後まで(約40分くらいかな)一気に続けられます。動きが空手やボクシングに似たものがあるので、ストレス発散にもなりますよ。音楽もノリがいいし、一緒にやってる仲間もフレンドリーな感じで、楽しいです。





らき☆すた 2 限定版 /
監督が交代した事でらき☆すたの幅が狭くなった

監督が交代した事でらき☆すたの幅が狭くなった
5話から監督が交代したわけですが…見てみて正直がっかりです。山本寛さんの冒険的で攻めの姿勢が気にいってたのに…。
まぁ確かにらき☆すたの様な作品にはあまり向いてなかったのかもしれませんが、5話からの保守的な作りは如何なものかと。
山本寛さんだからこそらき☆すたの世界観を広げていってくれると思っていたので残念です。
DVDの購入は今後の展開次第で決めようと思います。(このまま守りの姿勢で続く様ならレンタル決定です。)
アニメになって色々感じたこと。

アニメになって色々感じたこと。
発表当初は「ゲームの声優さんじゃないんだ」とがっかりしていましたが、今ではすっかり慣れ親しんでしまっている自分がいます。(^0^)/キャハハ。

閑話休題、今回アニメになって「柊かがみ」ちゃんが可愛い子だったんだなあと感じるようになりました。(ファンの方は怒らないでね)

アニメになって台詞に「感情」が加わって、「原作のあの台詞はそういう意味だったのか」と再発見したりして。

そういう意味でもアニメになって良かった。(原作は元々好きだし)
『真ゲッター』を思わせる展開

『真ゲッター』を思わせる展開
個人的には、二巻目までは『買い』だと思っています。
よもや、監督の交代であそこまで凡庸な内容になるとは、夢にも
思いませんでした。この頃までは、原作に対しての何らかの
『プラスa』があった様に思うのですけれど…。
放送を観られる環境にあって、本当に良かったと心から思って
います。






ドリフ大爆笑 30周年記念傑作大全集 DVD-BOX (通常版) /
コントの帝王

コントの帝王
今現在、コント番組は減少傾向にあり、トークを主体としたバラエティ番組が全体を占めています。
数少ないコント番組に目を向けてみても、内容は流行のキャラクターのパロディなどが多いです。
このような番組の欠点は、「ブームが去ると価値が落ちおもしろ味が無くなる」ということです。

ドリフは元々はバンドでしたが、そのキャリアのほとんどを「定番コント」に費やしました。
そしてその内容にもこだわりがあり、「流行」「内輪ネタ」を徹底的に排除し、3歳児ぐらいから
お年寄りまで通用する笑いを求めていました。

特にこの「ドリフ大爆笑」では日常の風景、日本の文化、偉人や歴史、など様々なシチュエーションを
ドリフ、歌手、女優がコントで再現し、視聴者はそれに共感したり、驚かされたり、和まされたりしていました。
そして「もしものコーナー」。番組のトリを任されていた志村けんさんのコントは
他のコントを凌駕しています。
後に志村さんが「コントの帝王」となるのもうなずけます。

コントに命をかけた彼らの軌跡はこの先何年経っても忘れられることはないでしょうし、
まだまだ学ぶことがたくさんあります。
待ってました!

待ってました!
スタジオコントの数々の爆笑を期待しています。
『雷様』や『もしものコーナー』とかたくさんありますが1番見たいのは初期の頃にあった志村けんの今や十八番になった『バカ殿様』。あの頃はいかりやさんが家老役でしたがコシモト役の当時のアイドル歌手と一緒に控える由紀さおりさんと志村けんの『名はなんと申す?歳はいくつじゃ?』縲怐wはい、十八にごさいます縲怐x
この息のあった二人の絶妙なアドリブは最高級に爆笑しました。今の下ネタありなバカ殿よりは遥かに笑えます。ぜひとも収録期待しています。
発売日が待ち遠しい,待望のDVD登場!

発売日が待ち遠しい,待望のDVD登場!
44歳(昭和38年生まれ)の私にとって,ドリフターズといえば「8時だよ!全員集合」で少年期を過ごし,青年期から今日までは「ドリフ大爆笑」_と,
ドリフと一緒に人生を歩んできたといっても,過言ではありません。
(長さんがお亡くなりになって,新録放送はなくなりましたが,CS放送で往年の再放送を観ています)

「大爆笑」は,カメラワーク,画面構成に利のあるスタジオ収録という事もあって,テンポの良い練られたコントには,時空を超えた笑いが堪能できます。
_何回観ても笑えます。 どんなコントが収録されているのか,楽しみで発売日が待ち遠しいDVDです!






コードギアス 反逆のルルーシュ volume 07 /
まさに「我は王軍、友は叛軍」のストーリーです

まさに「我は王軍、友は叛軍」のストーリーです
熱烈なファンの多い作品だということはよく分かっていますが、なぜか一番いいところ(と思われる)回だけ見てしまった門外漢としてレビューを書きます。

タイトルロールのピカレスク度が高いとは聞いていましたが、物語のクライマックスへとなだれ込んでいく回であるためか、「うわっ、そこまでやるか!」というダークでクレイジーな濃さは感じませんでした。A.デュマの名作「ダルタニャン物語(鈴木力衛訳)」中に、「我は王軍、友は叛軍」という邦題の巻がありますが、私の中ではまさにその表現しか当てはまらない(どっちがルルーシュ側でどっちがスザク側にあたるのかは状況によると思いますが)イメージです。とてつもなく大それた考えを実行し、あるいは関わってしまったハイティーンの剛毅な部分、その裏にある不安定さみたいなものをうまく絡めて描いています。友人が真の敵(じゃないかもしれないけどこの時点ではそう)という、一番見たくなかった現実が目の前に立ちはだかる回なんだ…と思ってしみじみと見ました。

ほぼ最終章に近いということで「落としどころ」に近づいているのは事実ですが、大人の意見としてはあまりハッピーエンディングを望まないのも事実です。中国文学ではありませんが、大義と権謀術数は背中合わせです。対象年齢が高めの作品でもありますし、主人公2人(ルルーシュだけかなぁと思いましたがやっぱり相方も加えて)は重い十字架を背負いながらひたすらに自分たちが目指した道を進んで欲しいと思います。行き着く先に楽園がなくても、です。

ツッコミどころもあげつらえば多々ありますが、ドライブ感と息苦しさのあるストーリーテリングに対してこの評価とします。
動揺と決意の行方

動揺と決意の行方
「無限のリヴァイアス」「スクライド」「プラネテス」「ガンXソード」の
谷口悟朗監督/CLAMPキャラクター原案のTVアニメ
『コードギアス 反逆のルルーシュ』第17縲・9話を収録したDVD7巻です。
超大国ブリタニア帝国の侵攻により名前、規律、秩序、誇りなど
存在意義を奪われ、占領地の一つ『エリア11』と化した日本を舞台に、
相対する理想を持つ二人の男の生き様を描いたのが本作。

STAGE17「騎士」★★★☆☆
 ついに暴かれた過去とルルーシュが目撃する真実は後半戦の動乱を予感させます。
 ランスロットの性能とその癖を看破した分析能力と旧日本軍の残党をも取り込む
 彼のカリスマ性が一層際立ったエピソードです。ルルーシュが望み、
 彼女が決めた騎士の生き様がようやく表舞台にあがってきたように感じられます。
ただ戦闘中に躊躇したり、語りでゴマかしたりとちょっと媚びたような描写が残念です。
 
STAGE18「枢木スザクに命じる」★★★★★
 彼女の騎士となったスザクを巡り、二つの勢力は困惑と動乱の渦へ巻き込まれていきます。
 純血以外は排他的にしか見えないブリタニア人の浅ましい民族性も強調されており見応え充分。
 軍事面、技術開発面、政治面にも強力な駒が出揃い、さらなる黒の騎士団の規模拡大を強調しています。
 スザクの心身をさらに追い詰める葛藤のドラマが混迷の濃度を高めており目が離せません。
 でもあいかわらずルルーシュは詰めが甘いですね。個人的にはディートハルトの確実性に一票投じます。

STAGE19「神の島」★★★☆☆
 アヴァロンの空中砲撃直後、なぜか式根島から離れた神根島で目覚めた四人の物語です。
 かなり露骨なファンサービス描写の中、互いを知り、相容れぬ主義をぶつけ合う
 スザクとカレンの対立、ZEROの居ないピラミッド型の組織の脆さを露呈する
 黒の騎士団の内部分裂が見物です。肝心の謎を置き去りにした展開に疑問が残るのが歯痒いです。
 今回ルルーシュに加えて、カレンの詰めの甘さも露呈されていますね。
伏線とか伏線とか伏線とか・・

伏線とか伏線とか伏線とか・・
やっとスザクが敵だとルル様は分かります。おせぇよ。それは良いとして、微妙に伏線が回収され始めます。そういうところのテンポは速いし、分かりやすかったりするので好きですね縲怐Bでもここにきてさらに伏線を張りました。案の定TVでも回収されずに持ち越し。ここは痛いですね。。
さらに、主人公の相手をさらに増やすべき時期ではないのにまた濃いのが・・・いやシュナイゼル好きですけどね。ここのあたりから話の収拾のつけ方に不安を感じ始めました。
まぁだからといって話の魅力自体が薄れているわけではないですし、佳境に入り始めてテンポも一気に速くなるので見ごたえは有ります。
少なくともカレンのサービスショットは。故に星五つ。





人志松本のすべらない話 其之参 通常盤 /
ほっしゃん。のゴミ出しの話に特に注目せよ

ほっしゃん。のゴミ出しの話に特に注目せよ
第5弾のほっしゃん。のゴミ出しの話は死ぬまでに一度は聞いといた方がいいですよ!
初めて聞いた時は小一時間笑いが止まらず腹痛かった。
今も思い出すだけでぷっと笑いがこみ上げる。
他の方の話も全部おもしろいのは言うまでもないっす。
今やM-1王者のチュートリアルの男前の方も出てるけど、
これ出た時はまだM-1王者じゃない時。だけど、やはりおもしろい。

第6弾は総集編的な内容だけど、これは前代未聞な企画で以前のVTRを流すのではなく
以前話した話をもう1度総集編の如く話して思い出すという内容。
あれれ、自分のすべらない話じゃないのに縲怐Hという展開に目が離せない。
関東地方の地上波放送時は、とある影響で途中で放送が切れているので
関東地方の方で全て見れてない方は、全部見れるというだけで買いですよ!





銀魂シーズン其ノ弐01 【完全生産限定版】 /
『テコ入れ』したくなちゃったYO!!

『テコ入れ』したくなちゃったYO!!
この巻は、ただただ50話に尽きます。
「銀魂アニメオリジナル作品最高傑作」と言って過言ではない出来栄えです。
まだ見ていない方には、50話を見る為だけにでも是非ご購入をお勧めします!

今までアニメだけで満足していたのに、
これを見てしまった後、うっかり原作漫画18巻を一気に集めてしまいました。
お陰で「原作の世界観=なんでもあり?」が
このオリジナル作品の精神的土壌になっていると判りました?。
正直、制作スタッフの高杉並みの破壊的『テコ入れ』に幸あれ!と願わずにはいられない
異色作です。

銀魂に興味のないアニメ好きの方も、最近アニメ事情総まくりで楽しめると思います。

個人的には、桂のラップにツボりまくりでした。


銀魂シーズン其ノ弐第一巻

銀魂シーズン其ノ弐第一巻
この巻には、50話「未定は未定であって決定ではない」、51話「ミルクは人肌の温度で」、52話「人に会うときはまずアポを」、53話「ストレスはハゲる原因になるがストレスをためないように気を配るとそこでまたストレスがたまるので結局僕らにできることなんて何もない」の4話が収録されています。

50話がとにかくすごいです。アニメオリジナルの話なんですが、とにかくパロディだらけの話です。お登勢の案と土方の案には吹きました。特に土方の案は、元の性格とのギャップがすごすぎです。
あと、「ドラゴンブリーピース」はやりすぎです。他のもとにかくやりすぎですよ。でもそこが面白いですww
この会社はすごいですね、本当に。ここまでのパロディを見たのは初めてです。さすがにここまでやると苦情とかもくるんでしょうね・・・。でもそんなのを気にしないでやってしまえる監督の姿勢には感服いたします。
最後の「かんと・・・」の登場には驚きました。エリザベスの中の人ってこの方だったんですね。驚きました。

2年目に突入してさらに勢いを増した銀魂。本当に、面白すぎですこのアニメ。





15th L’Anniversary Live /
amazonを使い倒す
Amazon 売れ筋ランキング
CD・ザ・ベスト10
素敵ワインちゃん
[楽天]水着と浴衣の売れ筋ベスト○○
ようこそ株スクール
[Amazon]あまぞn DVD売れ筋ランキング

コメント:
やはりなんといってもドリフでしょう。これを待ち焦がれていた人って少なくないんじゃないですか。
posted by はやぶさ じろう at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD総合