2007年08月27日

地球と宇宙と人体






BBC ウォーキング with ダイナソー ~恐竜時代 太古の海へ /
海の恐怖!

海の恐怖!
昔から恐竜だけでなく、海洋性爬虫類にも大変興味がありましたが、いかんせん専門書も無く映像等も皆無といってよいので残念でならなかったのですが、このdvdが出てると知って即購入しました。結果「スッゲ縲懊€懊€怐I」の一言。海の怪物の中でもひときわ有名なのが出てきますし又、その映像も本物と見まごうばかりの出来栄えです。そして、リアルテイストなだけに、見ていて怖いっす!凄いお勧めであります。
画面に釘付け!

画面に釘付け!
息子が恐竜や深海魚に興味があったので購入しました。が、本人よりも親の私のほうが引き込まれてしまいました。FSXも全く違和感がなく、本当に海のそこに自分も行ったかのような錯覚。また、単なるドキュメンタリー形式だけでなく、ドラマ仕立てになってはらはらする場面もありました。こういうこだわった良質のものが日本でも作られると良いのですが・・・。
見て損はないです。目からうろこです。
本物としか思えない

本物としか思えない
幼いころ恐竜図鑑で見たマニアックな海の怪物たち。
直角貝、甲冑魚、首長竜、巨大サメなどなど、みんな見せてくれます。
水中の特撮は秀逸の一言。
しかも人間や船がこいつらに絡むから、大きさもよく分かる。
ウオーキングの中でもこの「人竜一体シリーズ」は、
終わり方がいたずらっぽいのも特徴。
「あとは皆さんが判断してね」と言わんばかりのエンディングに、
うちのちびたちは「あの後どうなったの?」と質問攻めです。
パパやママがお話を作って聞かせてあげるときっと喜ぶでしょう。





NHKスペシャル 地球大進化 46億年・人類への旅 DVD-BOX 2 /
感動しました

感動しました
この番組、DVDを観て、人間が今なぜ存在するのか。自分がなぜここにいるのか。これから、私たち人間はどうしていけばよいのか。それが何となくわかったような気がしました。今の地球上での営みの中で、人間が支配しているように錯覚していますが、小さな微生物やバクテリアなどのおかげで人間は生きることができているのではないでしょうか。窮屈な人間社会での生活・・・本当に嫌気がさします。しかし、このDVDを観ることで多くのことを考えさせられます。嫌なことがあったりすると必ず観ます。「なんで、こんなちっぽけなことで悩んでいるんだろう」という気分にさせてくれます。これからも、この趣向の番組は作成し続けてて欲しいと思います。
さすがNHKッ!

さすがNHKッ!
大体、10年単位で最新情報を織り交ぜながら、地球誕生から人類誕生への歴史をひもといていく趣向の最新シリーズ。

今回は語りを山崎努さんにして、地球は母ではなく「偉大なる父」だ。と言う観点から歴史をひもといていく番組内容。

ドキュメンタリーはやはり海外のBBCなどに、軍配が上がるかもしれないが、日本だって負けていない。
学校では教えてくれない痒いところまで紹介する、すばらしい番組です。

星4つの理由は、放送をリアルタイムで見ていた人なら分かるでしょう。
真の最終回『人類への旅 そして未来へ』が収録されていないところ。
番組の総集編でありますが、悲嘆に暮れ夜の街に消えていく山崎努さんの背中……。放送のみになってしまったようです。
まいったよ

まいったよ
映像、音楽、内容!!
どれをとっても超最高です。
これを一年かけて放送していたときは
次の回が楽しみで楽しみで仕方ありませんでした。





世界の秘境 ハイビジョン・ミュージアム /
素敵な映像で癒されます

素敵な映像で癒されます
 雄大な自然を『高精細な映像で収録』と言うだけあって、綺麗な映像で
とても癒しの力を感じられる作品でした。

 話には知っていても、実際に見たことは無い……そんな場所や、この
作品で初めて目にする秘境など、雄大な自然は人の心も雄大な気持ちに
させてくれるのだと、感じられる一本。

 私はこの一本を気に入って『天文ショー』や『ハッブル宇宙望遠鏡』
など、外のシリーズも購入しましたが、今のところこれが一番良かった
です。

 購入を迷っている方、買って損は無いと思います。
究極の癒し

究極の癒し
地球にはまだこんなに雄大な自然があるんだと実感させられました。
1つ1つの自然をいろんな角度から撮っています。何回見ても飽きません。
ナレーションやBGMもいいです。ナレーションは勉強になりますね。また消す事もできます。
疲れてる時見るととても癒されます。いつか実際に自分の目で見てみたいと思いました。
これよいですよ

これよいですよ
同じシンフォレストから「世界の空撮」やら「世界遺産アーカイブス」など同系統の作品がありますが、その中では一番良いと思います。<br>遺産などのカテゴリーにとらわれずに、世界中の美しいものが映像化されています。<br>50分程度と短い作品ではありますが、非常に満足できました。





坂口憲二 この夏は忘れない ~俺的地球放浪~ /
ステキな番組でした

ステキな番組でした
ステキな番組です。仕事ばかりしてきた私には、とても刺激的でした。私が今まで観てきたもの、感じてきたこと全てが、ものすごくちっぽけに思えるぐらいの、ステキな体験や出会い等をこの番組では坂口さんが体験しています。坂口さん主演で第二弾の放送をしてほしいと思っています。ぜひオススメですので見てください。
サーフィンは知らなくても♪

サーフィンは知らなくても♪
旅番組としても楽しめる内容だと思います。
サーフィンをする旅でもあるので様々な国の海と景色、地元の人やサーファーの人達との
触れ合いなど楽しんで見ることができました。
作品全体を通してゴージャスな旅ではなく素朴な印象を受けましたが、音楽とナレーションの感じと坂口憲二さんの雰囲気から地味な印象ではないところが気に入ってます。
3枚組みなので割と長いドキュメント作品ですが、各章のシリーズとして見るのには良かったです。

21世紀版「深夜特急」

21世紀版「深夜特急」

テレビ放映の第1回から見続けてきた作品です。

個人的に驚いたことが、自分がパリを旅した数日後にパリに着いていたことです。もう少しで坂口憲二とニアミスするところでした(笑
その事実が判明してから、この作品に運命を感じずにはいられませんでした。(変な意味ではなくて(笑)

作品の感想としては、ありふれたテレビの旅番組とは違い、ありのままの映像・飾らない旅番組である点が良かったです。
ただDVD版は収録時間の制約もあってかかなりの部分が削られていた点が残念でした。内容は非常によかったです。






ハッブル宇宙望遠鏡が見た宇宙 /
惑星、星雲、銀河の美しい画像を堪能できる

惑星、星雲、銀河の美しい画像を堪能できる
カール・セーガン教授の科学TV番組「COSMOS」で育った世代なのですが、このDVDは見ていて本当に飽きません。「カラー版 ハッブル望遠鏡が見た宇宙」「カラー版 続・ハッブル望遠鏡が見た宇宙」「カラー版 ハッブル望遠鏡の宇宙遺産」などの新書でもハッブル望遠鏡の美しい画像写真の数々が楽しめますが、こういう美しい画像はやはりテレビの大画面で楽しみたいですね。同趣旨のDVDとして"Stargaze"シリーズもありますが、そちらは音声解説などがありませんので、その意味で本DVDに軍配が上がります。(なお音声解説はOFF出来ますので、環境ビデオとしても使えますょ。夜、寝付けないときにBGMだけにして流しておくだけで、スーッと寝られそうです。いや、実際寝ました(笑))
収録内容は文句無しですが、できれば冥王星も入れて欲しかったなぁ...惑星の定義から外れたから収録されなかったのでしょうけど。(本DVDで収録されてない内容は先に挙げた新書などをご参考下さい)
ほぼ文句ナシ!

ほぼ文句ナシ!
もともと宇宙モノのDVDはよく買っていますが、このDVDが一番最新映像が多いと思います。個人的にはソンブレロ銀河、触角銀河、車輪銀河は何度見ても飽きないです。






NHKスペシャル 驚異の小宇宙 人体 DVD-BOX /
先人が観ろと勧める理由

先人が観ろと勧める理由
温故知新にしろ、十年以上も前のTV作品...
でもなぜ、ゲーム・ネット世代の先人が、今尚この作品を勧めるのか?
そしてなぜ、DVD-BOX化されるのか?

話は逸れて、意外と知られていないこの作品のトリビア

『作中に出てくるCGの全ての大きさや速度対比は、
各界の有識者による監修を基に、綿密に再現されている』

なぜNHKは今も尚、CGに異常に凝り過ぎる面があるのか?
なぜここまでして、それらの再現性にこだわるのか?


それは単に、NHKの『NHK特集』から『NHKスペシャル』の
変革による批判への一つの返答のみならず、
ジャーナリズムとエンターテイメントの融合を目指した表現

下の カスタマーさん が言われた
『科学番組であるのに実はドキュメンタリー進行』
である今の『NHKスペシャル』の容を創り出した金字塔であり、原点であるからです。

そして、十有余年を過ぎた今でも 改めて観て
人体のすばらしさと畏敬を、少しも色あせる事無く、伝えてくれる作品だからです。


ps. 1本1本 興味がある所を見るのも良いですが、当然 本放送と同じく 1→6 を通して観て、
初めて伝わる物がありますよ。。
医療系の学生さんにも役立ちます!

医療系の学生さんにも役立ちます!
小学生のころ見た時は、ただびっくりしたり、目新しいCGにときめいていましたが、大学生となったいま見直してもとても新鮮です。私は看護学生なのですが、講義の教材として出てきたりもするほど良くできていて、CGの使い方や、合間に入るスタジオでのやり取りも効果的でよく頭に残ります。司会がタモリってのもとっつきやすくていいですね。永久保存する価値ありです!
人体の驚異をCGで解説!!

人体の驚異をCGで解説!!
 平成元年にNHKで放送された番組のDVD版で,人体のまさに驚異とも言うべきしくみを詳細に解説している。6話構成の内第1話は生命の誕生。排卵の瞬間,受精の瞬間,受精卵の卵割,人間への発生過程……。実写版の映像は,どのようにして撮影されたかを考えると「夜も眠れなくなっちゃう。」感動を与えてくれる。また,その映像の美しさは,圧巻である。放送されてからすでに十数年の歳月が過ぎているが,事実はいつになっても古さを感じさせない。最終話は免疫のしくみで,人体に進入してくる細菌等の外敵に立ち向かうミクロの戦士たちの姿が,CGで描かれている。好中球,マクロファージ,B細胞,T細胞,様々なミクロの戦士が自分の体の中で日夜がんばってくれていることを克明に描いている。そして老化と共に自分自身を攻撃し始めるT細胞。人体がまさに驚異の連続であることを教えてくれるDVDである。





Virtual Trip THE MOVIE 地球の大自然 FASCINATING NATURE(ハイビジョンネガテレシネ&5.1chサラウンド・リニューアル版) /
大画面には耐えません・・・。

大画面には耐えません・・・。
大画面のプラズマテレビで見てますけど、正直画質はキツイ。
題材は文句なしですけど、昔の映画みたいに時折黒い線やしみが
現れるのはガッカリ。ハズレを引いた気分です。
美しいの一言

美しいの一言
数々の大自然の映像に思わず息を呑む。<br>アングルも見ていて飽きさせず、<br>見たこともないような映像で、まさにvirtual tripできる。<p>何度も見ることの出来るDVD。<br>音は緩やかなので、飽きたら気に入った音楽に変え<br>映像だけを流していても良い。<p>後悔しなかったオススメの一品。





NHKDVD 水族館~An Aquarium~ 沖縄美ら海水族館 /
行った気分になれます

行った気分になれます
前からここに行きたいと思っているのですが、なかなか実現しません。
なので、このDVDをで行った気分が味わえるかもと思って購入しました。
簡単なナレーションとBGMのみというシンプルなDVD作品です。
魚たちの名前やナレーションをさらに簡素にしたものが字幕として出る
ので、ミュートにしてお好みのヒーリング系音楽と合わせて鑑賞してみ
てもいいかもしれませんね。
行った気分になれましたが、ますます行きたくなってしまいました(;^_^A





ユアン・マクレガー 大陸横断~バイクの旅 /
内容は100点満点ですが

内容は100点満点ですが
日本語訳が残念すぎて星3つにさせていただきました。忠実に訳しているのですがあまりに
忠実すぎて、ユアンやチャーリーの冗談めいた言葉も堅苦しいものになってる気がします。
加えて誤字脱字が目立ちました。先にWOWOWの放送を見たのが悪かったのかも知れません。
タイトルにも書きましたが日本語訳以外は完璧です。1人でも多くの人に見てもらいたいです。
DVDに入っているスタッフインタビューは必見です。
「ユアンはスーパースターなのに本人だけがそれに気付いていない」
「ユアンがいつも笑顔なので非常に過酷な旅だと言う事が画面から伝わらないのが残念」
というコメントには思わず笑ってしまいました。

次のプロジェクト(LongWayDown、LongWayUp?)も始動し始めたようなので今からDVDを楽しみに
しています。誤字脱字を無くすのは当然として、ちょっと崩した感じの翻訳を期待します。
旅に出たくなりました!

旅に出たくなりました!
私的に退屈せずに観れた長編ドキュメンタリーは初めてでした(笑)ユアン好きのせいもあるかもですが……
笑顔もナーヴァスな一面も 全てありのまま映されていてファンは更にユアンの魅力に気付くかも。川越やオフロードを走る映像は迫力満点で、ハラハラドキドキ。更に旅好きの私には色々な国の風景も人々も興味深く大満足な一枚でした。
きっとバイクで旅に出たくなるはず!

きっとバイクで旅に出たくなるはず!
スターウォーズシリーズのユアン・マクレガーと、友人の俳優チャーリー・ブアマンが
ロンドンからニューヨークまで3万2千キロ、115日間のバイク旅行のドキュメンタリー記録のDVD作品。
これを見ればBMWに乗って旅に出たくなるはず!
僕も見た翌日にBMWのディーラーに直接バイクを見に行きました☆
スポンサーを断ったKTM社のポスターを破り捨てて、BMWで成功してやるというシーンがリアルすぎる!
旅の道中で出会う人たちとの交流も素晴らしく、ちょっと漫才のようなユアンとチャーリーのやり取りも面白いです♪






F4 Real Film Collection "Van Ness Wu ヴァネス・ウー" /
本当のヴァネスが少し解りました。

本当のヴァネスが少し解りました。
ヴァネスが、本当に日本が好きで愛してくれていること。まだ、たくさん話してはいないけれど、精神的に彼の苦しかった頃のこと、彼の5年ぶりのアルバムを聞くとすごく良くわかるのだけれど、お母さんへの感謝の気持ち、そして、何よりもダンスと音楽と共にある彼の存在が感じられます。「自分に正直に 後は神にまかせて」この言葉も、心に残ります。音楽又はダンスがなければ生きていけない人には彼の気持ちはとても理解でき共感できます。アルバムは、無理がなく耳に心地よく、癒され、ロックでもあり素晴らしいです。お母さんへの曲の詩は男の子を持つ親として聞くたび、詩を読むたび泣いてしまいます。人間的に、今一生懸命生きているヴァネスが素晴らしい。暖かさをありがとうDUBB
posted by はやぶさ じろう at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ドキュメンタリー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5225595
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック