2007年08月20日

復活か

アニメ・ゲーム
2007年8月20日





circus (DVD付) / FictionJunction YUUKA
約束が…

約束が…
全体的には良いアルバムだと思います。

ただ、曲全体が少しおとなし過ぎなのと「romanesque」のc/wである「約束」が入ってなかったので星4つ。

DVDの内容は大満足です。
一作目より…

一作目より…
今作は知らない曲も多かったせいもあると思いますが、一作目と比べると少し不満…
一作目の雰囲気が好きだったんですが、今作はなんか普通というか…
まさに『circus』

まさに『circus』
待望のFictionJunction YUUKA 2ndアルバム。

今回は新曲が5曲だけということで、
シングルを全て購入済みの自分としては物足りないのではないか
なんて思っていましたが、全くそんなことはありませんでした。

一曲目の「circus」に始まり、楽しい曲、カッコいい曲、切ない曲が
次々と流れていく様は、まさにサーカスのよう。
十一曲目の「焔の扉」でようやく一息つき、最後の「angel gate」では
なんだか幸せな気持ちになれました。

新曲はどれも完成度が高く、特に「ピアノ」は素晴らしいの一言。
歌を聴いて涙を流したのは久しぶりです。
また、シングル曲も"完全版"として収録されていたり、
曲順の影響もあって新鮮な気持ちで聴くことが出来ました。

個人的には前作『Destination』を上回る作品だと思います。
FictionJunction YUUKAを知っている人も知らない人も、
安心して楽しめる一枚ではないでしょうか。





TVアニメ『らき☆すた』EDテーマエンディングテーマ集〜ある日のカラオケボックス〜 / TVサントラ
超嗜好性有りの迷作

超嗜好性有りの迷作
本作は、テレビアニメーション「らき☆すた」のエンディング曲を収録
したものである。当作品のエンディング曲は毎回変化することで話題に
なり、使用曲も聴いたことのある曲が多い。
カラオケボックスで実際起こり得る内容を忠実に再現している。この演
出は気に入るか否かハッキリ分かれると思う。土台のしっかりした一定
以上の質の作品を求める方には購入を控えることを勧める。
本作は大きく分けて2分類される。まずアニメーションのエンディング
に実際使用されたオリジナル版である。演出やエフェクトはそのまま使
用している。もう1つはフルコーラスバージョン。演出は視聴上抑えて
あり(多少ガヤが省略されている)、カラオケボックスで歌っているエ
フェクト(音響効果)もない。音質重視で聴くならこちらで聴こう。
音質は普通。この内容を聴くには十分なクオリティだろう。
本来内容からして評価は星1個であるが、今までこのような内容がなか
ったので、それに敬意を表して星2個としたい。
こなた の 子供っぽい一面が見れて良かったです(;'Д`)ハアハア

こなた の 子供っぽい一面が見れて良かったです(;'Д`)ハアハア
( =ω=.)<私達のカラオケBOXが曲として出たみたいだョ。

(;//Д//)<そうね。なかなかいい感じで収録されてるじゃない。テレビ版のエンディングと
違って、いちおう 全部歌ってるみたいだし・・・

( =ω=.)<そうだョ。かがみのフルメタも収録されてて、お得だネ。

(;//Д//)<あんたのモンキーマジックも、なかなかイケてたわよ・・wwww
いつもは すましてるけど、案外 かわいいじゃないww

( =ω=.)<ううう・・・・

(;//Д//)<これに懲りたら、少しは英語、勉強しなさいよw

('・ω・`)<こなちゃん、私のカラオケ、邪魔しないでね。

(;//Д//)<つかさの時、邪魔しすぎだって。みゆきの時は 借りてきたネコみたいに、じーっと黙ってたのにね・・

( =ω=.)<うう・・・

(;//Д//)<(ちょっとやりすぎたか) ちょ・・こなた・・・泣かないでよ。ごめん

('・ω・`)<・・・・・・・・・・・・・・・・・


( =ω=.)<・・泣いてないョ・・・・。ぐすっ・・・・うっうう

(;//Д//)<ちょ・・こなた・・ごめん 言い過ぎたよ。あやまるからさ・・・

( =ω=.)<ぐすっ・・・かがみの胸・・・思ったよりあるんだネ

(;//Д//)<ちょww あんた・・・何言ってんのョ いいかげんにしなさい

('・ω・`)<・・・・・・・・・・・・・・・
これはドラマCDです。

これはドラマCDです。
こんな巫山戯たアルバムは・・・・ドラマCDだ!!!


・・・以上。

独創性は評価されるべきです。
初めの二曲はカラオケで歌ってみると盛り上がるかもしれませんね。
是非、この順で歌ってみて再現してみてはいかがかと。

ドラマCDとして考えれば面白い試みだと思うので、是非聞いてみてください。






TVアニメ「らき☆すた」OP主題歌 もってけ!セーラーふく / 泉こなた(平野綾)
意見

意見
CDTVなどでも長く見かけました。
批判の声もちらほら。
腐った金金金のアーティストにはいいくすりです
中毒素が溜まって行くような曲。

中毒素が溜まって行くような曲。
最初聴くだけじゃ、なんか普通だな〜おもうが、映像などをみたり何回も繰り返すと病みつきになる。

 

 まぁ、らき☆すたファンとかじゃなきゃ、意味がない。
 
 普通の人が聞いても大抵意味不明の電波ソング。としか思えない。
好き嫌いが多いようですが、

好き嫌いが多いようですが、
私は好きです。
歌詞は意味不明ですが、
息継ぎの間もなくドンドンと流れていく言葉が
私の耳には心地がいいので、よく聞いています。
声優さんの声も可愛いですしね。
なんというか、とっても忙しい曲(のような気がする)なので、
楽しいです。

嫌いだという人は、歌詞に意味が特に無いというところが
気に入らないようですが、
普通のアイドルさんが歌ってる曲で、物語っぽくなってたり、
失恋とか初恋とか友情とか、意味深ぽかったりというのが多いものですが、

案外、ありきたりでうすっぺらだったりw(もちろん全部じゃないですよ)

するものなので、こういう、
意味不明な曲だけど、楽しい曲
というのがあっていいと私はおもいます。





家庭教師ヒットマン「REBORN!」キャラクター総出演アルバム ボンゴレファミリー総登場~死ぬ気で語れ!そして歌え!~ / TVサントラ
買わなくて本当によかった・・

買わなくて本当によかった・・
キャラソンでもドラマCDでもなく中途半端で聴いてて暇でした。
値段が安いのはいいかもしれませんが・・・
キャラソンだと思って買おうとしている人、気をつけてください、歌ではなく名前にもある通り死ぬ気で「語れ」です。
キャラクターが自己紹介、意思などを話します。まぁそれだけです。
キャラに愛があってその声優さんも大好きな人はいいのかもしれませんが。
どうせならドラマCDのほうがよかったのでは・・・と思います。
自分は皆のキャラソンが聴いてみたかったのでとても残念でした。
まぁキャラクター総登場なのでファンには嬉しいのかな・・

聞いてて、楽しい!

聞いてて、楽しい!
キャラソンという名のドラマCD、というふうに聞いていたのであまり期待していなかったのですが、
思っていたより出来が良く、とても楽しめます。

内容は、7人の守護者たちの自己紹介、といったところでしょうか。

キャラの声を崩さずに頑張っているのが、すごくよく出ていると思います。
個人的には、好きですね。

アニメでのセリフがいくつも出てきて、こんなストーリーあったなぁって思い出しました。
アニメ好きの方には、十分楽しめると思います。

欲をいえば、もうちょっと値段張ってもいいので(3,000円くらい?)
もう2,3曲欲しいかなって、思いました。
なので☆4つ。
キャラソン?

キャラソン?
実際キャラが歌ってるのは数曲‥‥というか2曲しかないですが、個人的にすごく楽しめました。人によって感じ方等は違うのでしょうが、この批評の悪さには驚きです。
声優さんもキャラを壊さないように努力されてます。
ただ、後の展開をご存じの方からしたら約4分強の語りは少し飽きるかも;





コードギアス 反逆のルルーシュ Sound Episode 4 / ドラマ
ネタバレ

ネタバレ
まず、王の名前ですがアーサーのことです。皆知らずにいろいろと考えます。カレンはゼロに恋心を…しかし向うは気にしていない様子。かわいそうに。カレンの曲、プラチナ・ソウルは本当に良いです!鳴かない小鳥でいたけど 貴方と共犯者になる
Sound Episode 第4弾

Sound Episode 第4弾
・STAGE 6.113「王の名前」
これは内容は聴いてからのお楽しみだそうです。
・STAGE 15.631「女の斗い」
C.C.VSカレン。黒の騎士団のお話かな?
『女同士の戦いが、これほど過酷なものだとは…。
玉城は葬られ、肝心のルルーシュはというと…!?
ルルーシュたち、そしてニーナまでが…“その”瞬間の目撃者になりうるのか??』
そんな内容みたいです。
・連続ドラマSTAGE 0.533「はじめての友達」
episode1からの連続ドラマ。
前回スザクと兄妹が打ち解けたシーンだったので、さらに仲良くなっているのでしょう。
今回は枢木神社の土蔵が舞台。
日本古来のテーブルゲーム、双六に興じるルルーシュ、スザク、そしてナナリー…。
最上の関係を築き始めていた三人のまぶしすぎる表情を感じてください。





SHAKEII SOUND TRACK / ゲームミュージック
1枚目はいいが2枚目は…

1枚目はいいが2枚目は…
あまりヘビーになり過ぎないようにしつつジャンル分けしているのか、
ユーロビートだかテクノポップだかよくわからなかったり、〜風みたいな
感じになっているものの、曲としては全体的に良く作ってあって満足。
ヒップホップとかレゲエとかジャンル分けせずに聞くのが楽しいと思う。
ラストのメガミックスは圧巻っつうか、かなり作りこんでてオススメ。
インストもクラブ系アルバムを意識した作りで対訳が載っているのもいい。

ただ、難を言うならば、2枚目の作りがひどいといわざるを得ない。
結構いいところでばっさり切られたりMCのテンポ悪かったり、聞き込むにも
完全なBGMとしての用途にも辛い。
申し訳ないが、自分には「ただ切り貼りした印象」がぬぐえなかった。

気に入りました

気に入りました
スロットの音楽なのにノリ、テンポがよかったので購入をしました。
歌詞カードには日本語訳も書いてあり、面白い内容の歌詞もあるので読んでみるのもいいかと思います。
ナディア最高!!

ナディア最高!!
初打ち後にダッシュで購入しました。
やっぱりカッコいいです。
ただ、ナディアの楽曲だけが極端に抜きん出ているような気もします。
FKはかなり良い味出していますが、ボーイは変にキャラ作りすぎて微妙です。

"I Love You Baby" はCDで聴くと、かなり大人な感じで
プレイ中に聴いた時と、少し違った印象を持ちましたが
「YO!YO!YO!」のシャウトは、何回聴いても可愛らしくて好きです。
思っているよりもBPMありそうなので、ワークアウトBGMに使うと、かなりハードそうです。
個人的には "Future.." が一番好きですね。
テンポの割に軽めの楽曲で、耳にも障りませんし
適度なBPMで、長めのワークアウトに最適かもしれません。
"Sense Or Reality" も大人な感じの曲ですが
LiveのBGVでのパラパラが頭について離れません。
そのうち、普通にそこらのクラブでかかったりするんでしょうか?
それくらいのクオリティの高さではあります。





聖戦のイベリア(初回限定盤)(DVD付) / Sound Horizon
ぁたし好きです!

ぁたし好きです!
第一期とか。第二期とか、よくわからないのでそれゎ他のユーザー様に任せます。
それより曲ですけれど。

すごく良かった!

って、ぁたしゎ思います。
特に二曲目の『石畳の緋き悪魔』ゎすごく好みです。
どことなく哀愁が漂う感じで、それでもスローテンポでゎないのでノリも良いですし。
そしてコーラスもすごく綺麗です。
できるならばDVDも見て欲しい。すごく幻想的で、それでいて曲のイメージを忠実に再現!
本当に良かったwww
クオリティ高いですよ!!
メロディーラインとストーリー

メロディーラインとストーリー
私はこのCDを初回版で購入し、DVDもかなり気に入っています。
その理由を少し書かせていただきたいと思います。

私は一期と二期、どちらも大変気に入っています。
それというのも、私は歌唱よりも情景やメロディーラインを気にするからです。
同人CDも含め、SHのメロディーは独特だと思います。
聖戦のイベリアはRevo氏の同人CDからの独特なメロディーをそのまま継承しているのではないでしょうか。
メロディーが好きで気に入っている、またはメロディーがカッコイイ曲が好き、という方には領民でなくともお勧めしたいです。
また、1曲目はIke氏の台詞が絶妙。この調和は、すばらしい! の一言です。

しかし、Elysionなど一期に比べてストーリーはわかりにくいです。
CDのジャンルに「Story」とつくのだから、もう少しわかりやすくしてほしかったと思います。
「情景のわかりにくさ」に☆−1です。

初回限定のDVDでわかったことは、ポストカードのそれぞれのキャラクターがどのボーカルかということ。
やはりストーリーや情景がわからないので、曲を聞きたいだけなら通常版でもいいのではないでしょうか。
しかし、ヴァイオリンソロを見ることができたり、CGが面白かったりと、DVDはDVDで楽しめました。
初回限定版と通常版を両方購入して初めてストーリーがわかるということなので、初回版を購入しても「損はない」と思います。

私個人の意見と少しの好みを含めて☆3つです。
ストーリー性が少ないので、二期より一期の方がが好きな方にはお勧めしません。
しかし、二期のほうが好きな方や、私のようにメロディーが好きだという人にはお勧めです。
評価しにくいです…

評価しにくいです…
あまり聞き込んだファンではありませんが、今回のシングルは買うのをかなり躊躇していました。
ようやく買い今聞いていますが、今までに感じたゾクゾク感がない…。
音を聞いただけで風景が広がってくる感じがなかったです。なんだかがっかり。

クロニクルセカンドの聖戦と死神に近い雰囲気ではありますが、曲数が少ない分詰め込みすぎて説明不足の感が否めません。歌詞が難解になりすぎてないかと。
もともと考察はあまりしないようにしながら聞いていますが、それでもわからない部分が多いです。ちょっと疲れます。

コーラスの日本語も少し気になります。薄っぺらく聞こえて仕方がありません。台詞の英語はとても良かったです、日本語よりも雰囲気がでるかんじがします。

あとは、ボーカル。
あの方が頑張っていらっしゃいますが、プロの方にお任せしてみてもいいんじゃないかと思います。今されていることだけで充分すごいことです、これ以上無理しないでください。

これからまた違う世界を広げていってくれることを期待して、★は3つ。






Perfect-Action~Double-Action Complete Collection~ / TVサントラ
モモタロスがなぁ orz

モモタロスがなぁ orz
全体にはかなりの完成度で買う価値有。
思った以上に凄かった。

一番良いのはなのはやっぱリュウタ!
声と台詞あってるし、ノリいいし。
キンちゃんは似合いすぎてる(けど演歌)
ウラタロスはちょっと高音なのがいつものイメージと違って少し残念。
ココまではいい感じ

でも・・・。
モモタロスバージョンはか〜な〜りキツイ・・・。
あれでは関さんバージョン・・・・。

モモのイメージ丸つぶれ。
まぁ、モモと思わなかったら声も歌もいいんだけどね。

特にキツイのが、モモの台詞入りの所。
台詞と歌のギャップがありすぎ・・・。歌だけのはいいんだけど。

モモ台詞バージョンは残念

久しぶりにキャラソンのCDを買った

久しぶりにキャラソンのCDを買った
野暮ったくないキャラソンと、聴いていて白けないアレンジ違いというものを、私はこのCDで初めて聴いた。
思うにこれは、イマジンと良太郎が同調して、イマジンの個性を尊重し活かしたスタイルで戦闘をするという、本編の特徴を忠実に踏襲した結果できた、稀有なアレンジCDなのだ。

まず、ベースとなる旋律と歌詞。これは、『電王』という作品の根底であるテーマを、キャラソンという手段で表現したものだ。
時間という決して戻ってはこないものへの切なさ、侵してはならないものを侵す敵への憤り、負けてはならない戦闘に赴く者の覚悟などが、精巧に歌にされている。
このベースを踏まえて、モモ・ウラ・キン・リュウに合わせたアレンジに展開していく。ベースが良太郎で、アレンジが憑依イマジンというわけだ。まさに『電王』である。

このベースをいちばん感じ取れるのがモモタロスver.で、モモの圧倒的なパワーとスピードが、聴くだけで目に浮かぶ。ところどころでシャウトするように歌っているのも、アグレッシヴなモモらしい。
ウラタロスver.は、ウラの超然とした強さは確かにあるのに、しかしぱっと聴くと軽妙なリズムでその強さは隠されている。ウラらしいトリッキーなアレンジだ。
キンタロスver.は、先の2曲のスタイリッシュなイメージをがらっと覆すド演歌調だ。だが、それがキンの情に厚いキャラとパワーファイターらしい重厚感とぴったり一致する。
リュウタロスver.は、HipHop調だ。無邪気なくらいダンサブルなのに、サビになると一転してクールなイメージが漂う。これはリュウでなくては歌えまい。

そして、セリフ入りver.で、さらにそれぞれらしさを堪能した後に聴くボーナストラックは、会心の一撃であること請け合いである。
欲を言えば、イマジンの掛け合いがもっと入っていたらよかった。が、こういうものは一撃必殺が美学なのだろう。

イマジンのファンなら必聴のCDである。



少なくとも個人的にはいいんじゃないかな。

完成度も高いかと。





ラジオCD「うたわれるものらじお」Vol.4 / 小山力也/柚木涼香
うたらじ最後のCD…というか二人の旅路

うたらじ最後のCD…というか二人の旅路
柚木涼香さんと小山力也さんの力関係はかなりの変遷を遂げたように思いますが(笑)、今迄うたらじのCDを購入されてきた方なら買われてみては如何でしょうか。
本放送で最終回間際の大御所さんゲストラッシュには驚きました。
今回の特別版CDも楽しみです。
ゆずあればすべてよし!

ゆずあればすべてよし!
特別版らじおもゲストなしの二人っきり!
どんなことになってるのやら。

「ゆずあればすべてよし!」に悶える柚姐は必聴取!





アンインストール / 石川智晶
絶対に買って損は無いです。

絶対に買って損は無いです。
この2曲と石川智晶という歌手を知ったのはアニメを見てからでした、本編は原作を無視したというよりまったく別の物になってしまっている内容で途中から見るのを止めましたがこの曲達に出会えたのは収穫でした。

「アンインストール」は 商業音楽が避けそうな出だしから始まりかなり好印象で、歌詞は本編に登場する子供たちの感情をトレースする内容で、ロボットを操縦する15人のパイロットが辿る運命を表すように「アンインストール」という言葉も15回出てくる、(コーラス等を除く)それもサビ部分の子供たちの切実な想い、どうする事も出来ない憤りを表す歌詞を遮る様に歌われる。

「Little Bird」は「アンインストール」とは対極的でハープ、シンセ、チェロなどビートを除いた最小限のアンサンブル、アレンジに深めにかかったリヴァーブにしっかり乗った石川智晶のボーカルが決して感傷に浸る事無く歌われ、子守唄を歌う様な優しい歌声が栄える。目を閉じ心を開いて聞くとすーっと入ってきて純粋に涙がこぼれてくる、自分的にこの曲にはかなり助けられているのでずっと聞き続けてゆくと思う名曲です。
子供たちの儚い決意。

子供たちの儚い決意。
「ぼくらの」の大ファンとなったきっかけの半分はこの「アンインストール」だと思っています。
この曲は、どこか神秘的でありながら日常的という、絶妙な想像を掻き立てる力があると思います。
それもそのはず。主題歌として採用した「ぼくらの」は、まさに日常世界に異常な世界を持ち込まれた作風なのだから。

当然初聞きは第一話放送OPなのですが、そのあまりの映像と曲の一致に感動し、
何度もOPばかり見てしまいました。
「ぼくらの」は戦闘するごとに一人ずつ子供が死んでいくという重い内容なのですが、
そのルールを「アンインストール」という言葉で置き換えたのは本当に巧いなと思いました。

元々See−Saw時代でも歌手の方は好きだったのですが、この曲のお陰でこれからも次回作に期待できそうです。
鳥肌立つくらいすごいです

鳥肌立つくらいすごいです
この曲はアニメーション「ぼくらの」の主題歌になっていますが、
作品の世界観にとても合っていてすばらしいです。
作品の持つ儚くも強い雰囲気がちゃんと音楽で表現されていて、
曲も歌詞もボーカルも一人で手がけた石川さんは天才だと思いました。
石川さん本人も、「作品にピッタリマッチした納得のいく曲を作れることはめったにないが、この曲は満足できるものになった」とおっしゃっていました。
曲だけを聴いてもすばらしいけれど、「ぼくらの」を読んで(または見て)から聴くと何倍もこの曲のすごさを感じられると思います。
たくさんの人に聞いてほしい曲です。
amazonを使い倒す
Amazon 売れ筋ランキング
CD・ザ・ベスト10
素敵ワインちゃん
[楽天]水着と浴衣の売れ筋ベスト○○
ようこそ株スクール
[Amazon]あまぞn DVD売れ筋ランキング
[Amazon]あまぞn 腕時計売れ筋ランキング
楽天コスメ・メイク(化粧品)ランキングベスト○○

コメント:
アンインストール、またぐいぐいと上がってきましたね。
posted by はやぶさ じろう at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | キッズ・ファミリー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5131659
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック