2007年07月26日

イケメン俳優

テレビドラマ
2007年7月26日





ダイブ・トゥ・ザ・フューチャー、ダブル(複体)、蹴鞠師 スペシャルDVD BOX /
飛・弾・蹴

飛・弾・蹴
スポーツ・サスペンス・アクションの3種類違ったドラマに挑戦!!
普段バラエティなどで面白い関ジャニ∞が真剣に役者として男を魅せます☆





プリズン・ブレイク シーズンII DVDコレクターズBOX2(「明日に向って撃て!」DVD付) /
オマケDVDはナゼヽ(≧▽≦)ノ ブァハハー

オマケDVDはナゼヽ(≧▽≦)ノ ブァハハー
明日に向かって撃て はナゼ付いてきたのかがわかんないです。
影響を受けた作品なのか?
ん縲懊€怐B

本編だけでいいから
もっと値段を下げて出してくれたほうがよかったな縲・

反撃開始!リンカーンの無実を証明できるか!

反撃開始!リンカーンの無実を証明できるか!
主役マイケル役のミラーさんいわく、
BOX2は、リンカーンを不幸のどん底に追いやった政府に
どのような方法で復讐するかをテーマにした話らしいです。
まさに反撃開始!Season2のBOX-1の予告編を見ましたが、かなり面白そうでした!
果たしてマイケルは兄リンカーンの無実を証明できるのか!かなり発売日が待ち遠しいです!
さすが視聴率がよかったからって伸ばして放送しただけある…

さすが視聴率がよかったからって伸ばして放送しただけある…
シーズン1の途中から「あれ」ってところが引っかかるようになってきていたのだが、
やはり最後は中途半端なものでした。
ハゲのおっさんがSONAって言い出したときから、「ん?」と思うようになり、
結末は散々なモノでした。おそらくきりのいいところで終わろうとしすぎて展開が矛盾しだしたのでしょう。
終わり方が製作者でさえわからなかったのだと思います。
その証拠に最後のエピソードで、船から逃げるときなんかは涙ものです。
「おい、まさか、これで終わらせるんじゃねーだろーな…あれ…おい…まさか…あー…やっぱり…。」
でした。過去にとある映画で、合衆国のプレジデントが悲惨な目にあうような映画は、圧力がかかってエンディングが変更されたという話を聞いたことがありますが、こちらも終わりとしてはプレジデントの行き先から目を背けるわけにはいかなかったと思います。
それがあのざまです。この製作者はこんな終わり方をする人じゃないと思いますので何らかの不具合が製作上あったと思わざるを得ません。
最初は面白かっただけに、この終わり方には不快感を覚えます。
シーズン2からこじつけがましい展開が目立つようになりましたが、エンディングはこじつけと矛盾とシュールさの合衆国でした。





花より男子2 (リターンズ) /
宇多田ヒカルも大好きな「花より男子」

宇多田ヒカルも大好きな「花より男子」
前作に引き続き、『リターンズ(2)』もDVDを購入しました。正直、30才を過ぎて学園ドラマにここまでハマってしまうとは、自分自身も少しビックリしてしまいましたが、改めてDVDを観てみるとその理由が良く分かります。とにかく視聴者を引き付けるパワーに満ちている。『Flavor of Life』を歌った宇多田ヒカルさんは、挿入歌のオファーをもらったとき「花男の挿入歌の話がくるなんて、私も出世したな縲怐vと実感したそうです。元々原作の大ファンだった彼女ですが、あの宇多田にそこまで言わせる花男って、やっぱりすごいなぁと思いました。
最高のドラマでした

最高のドラマでした
元々、原作ファンでしたが、ドラマも最高でした。基本は原作沿いですが、原作にはないシーンや、セリフもたくさんあり、結局ドラマにどっぷりとハマっている自分がいました。原作のつくしはもう少しひねくれているし、道明寺ももっと強引ですが、個人的にはドラマのつくしと道明寺が気に入っています!!欲を言えば、原作にはないオリジナルストーリーで、またドラマを復活させてほしいと思うぐらいです。
井上真央だから許される

井上真央だから許される
今更ですが漫画の実写版は難しいです。
誰もが納得のいくぐらいのイメージと実力のある俳優と女優を出演させなければアンチは多くなる
原作のファンなら尚更…
つくし役の井上真央ちゃんは凄いピッタリです!
彼女意外の女優だったら凄い苦情きてそう(笑)真央ちゃん以外につくしを演じれる人はいません

原作を裏切らなかった!という人も多いのでは?





帰ってきた時効警察 DVD-BOX /
復活を望んでいました!

復活を望んでいました!
前作と、同様に笑いがとツッコミどころ満載のドラマです。前作と違うのは前作ではわりと普通の人だと思っていた人たちがこわれてきたところだと思います。三日月が勤務する交通科の人たちもこわれてきてます(笑)つまり、このドラマには普通の人などいないのです!
私もすきです!

私もすきです!
なんか、評価が低い人が多いですが…
全話かなり楽しんで見れました。
「そりゃありえないでしょ!」と思わず裏手で
突っ込みたくなるような殺人事件が起こったり、
こんなコメディーにこんな大物出してていいんですか!?的な
配役がなされてたり、相変わらずやってくれました。
オダジョーはむさ苦しいけどかっこいいし、三日月くんは可愛いし…
おまけに「誰にも言いませんよカード」が付いてるらしいので、星5つです!!
私は楽しめました。

私は楽しめました。
割と酷評されてて驚きました。あれ縲恂ハ白かったのにな縲怩ニ…。求める物が人それぞれですものね…仕方ないですよね。毎回毎回色んな事してるな縲怩ニ感心したし、キャラの個性が強くて皆が満遍なく見せ場があって、やっぱり話の筋より世間?話とかやり取りとかが楽しいんですよ縲怐B私は何度も笑っちゃいました。変な人好きには堪りませんよ。





宮1.5 /
おもしろい!

おもしろい!
ドラマではうかがい知れなかったキャストたちの素顔がみれます。
とにかくチュ・ジフンが面白い!
シンをやってる時には想像付かない彼の意外な本性がみれます。
ひたすらお腹を抱えて笑いました。
「宮」ファンは必須アイテムです!
きっと楽しいですよ

きっと楽しいですよ
『宮』DVD-BOXの映像特典になればいいのになあと願っていた番組です。
今回DVD化されると知り嬉しく思います。
皇太子役のチュ・ジフン氏の飾らない一面がみれて楽しいです。
しかもこのお値段、お買い得ではないかと思います。





フルハウス(フィフス・シーズン)コレクターズ・ボックス /
5歳の娘が大好き

5歳の娘が大好き
NHKでちょうど今放送しているあたりのお話です。
うちの5歳の娘のお気に入り。
家族みんなで楽しめます。
コメディーなんだけど、家族の大切さがちゃ縲怩ニ出てて、
子どもにも安心して見せられます。
待ちに待った双子ちゃんの誕生ですね!
待ってたよ縲・

待ってたよ縲・
フルハウスファンは待望の5ですね(>。<)♪
私もNHKでずっと観ていましたが…DVDは全部集めるつもり(絶対!!)
何時観ても
面白いんだよねぇ☆

サンフランシスコに
行きたくなります(笑)
今見ても面白い

今見ても面白い
かなり昔の作品ではありますが今見ても十分面白いです。今でもNHKでやっていますね。
アメリカのドラマが好きなので結構いろんなのを見るんですがこれは万人受けするタイプの作品です。誰にでも勧められるし家族で見ても笑えるのではないでしょうか。もちろんアメリカンジョークが全く面白く感じない人が見ても駄目でしょうけども。
これだけ時が経っても親しまれてるってのは純粋に凄いと思いますね。





宮 ‾Love in Palace BOX 2[日本語字幕入り] /
トウフ人形も傑作!

トウフ人形も傑作!
皇室ってどんな所?と興味のある方、ドラマ用に作られた世界ではありますが、摩訶不思議で豪華な世界を垣間見ることができます。一方で、現代的かつ現実的な高校生活が描かれており、この2つの世界を行き来するだけでも結構楽しめます。
皇太子妃のチェギョンは、無鉄砲で明朗快活な高校生。でも、ただものではなかった。最初は、大丈夫なのこの子?と思う言動が目につきますが、自分の気持ちに正直にストレートな感情をぶつけるチェギョンに、周りの人々が変わり始めます。
シン、ユル、チェギョンの心の動きが丁寧に描かれており、テレビの公式インタビュー以降は、せつなくて胸がキュンとなる場面満載です。特に、チェギョンがユル君に2500万年後の話をするシーンは涙が止まりませんでした。このシーンを始めとして、良くぞ言った!思うセリフが多く、今までの韓国ドラマと一味違う爽快感が味わえます。
何度も観ちゃいます!

何度も観ちゃいます!
韓流なんて、自分には関係ないと思っていた私が、まさかこんなにハマルとは!クールな皇太子シン君、愛らしい皇太子妃チェギョン、癒し系王子様ユル君、学園のマドンナヒョリン。
素晴らしいセットや衣装が雰囲気を更に盛り上げ、恋の物語が繰り広げられます!とにかく見て欲しい。
女の子なら絶対にハマルこと間違いなし!です。
貴女もチェギョンになってシン君やユル君と恋しちゃおう。
多分あのときだと

多分あのときだと
いつの間に庶民女子と金持ち男子は仲良しグループに?
皇太子を陥れた犯人の処遇は?
陛下は恋心にいつ決別したのか?
冤罪が晴れたシンの立場は?
謎が謎を呼びます。ひとつひとつのシーンはぐっとくるのに細々したところに釈然としないのが残念。
けれど美しい映像やサウンドトラックに軸のしっかりした俳優など総合して(日本だろうと韓国だろうと関係なく)ここ数年かつてないくらいはまりました。
若い主人公たちでしたが皇后様をはじめとしたベテラン俳優たちの競演で作品の質もあがりました。同時にベテランも未熟ながらも真っ向勝負の若手に気合いがはいっていたように感じます。シンがチェギョンにそのひとことがいえたときには嬉しかったし、チェギョン旅立ちの挨拶シーンでは泣きました。
もしも韓国に皇室が続いていたら…というより現代か彼の国に皇室がないことを実感したマカオでのラスト。
しあわせになって欲しかったのでよかったのですが…多分アルフレッドが目を隠しているうちにあんなことになったのは嬉しいエピソードでした…多分あのときだと思うのですが…。





ハゲタカ DVD-BOX /
面白く、且つ、勉強になる

面白く、且つ、勉強になる
企業再生をめぐる人間ドラマである。
昨今外資系ファンドによる企業買収をめぐるニュースが多いが、
わかりやすい外資VS日本みたいな構造ではなく、
果たして外資系ファンドが問題なのか?というテーマを投げながら
具体的にどういった構造になっているのか、
問題の本質を描こうとしており、非常に学ぶことが多い作品である。

また、単純にドラマとしても、それぞれが迫真の演技で
重厚でありながら、テンポ良く進むため、とても楽しめる。

強いて言うと、最後鷲津が妙にいい人な感じがしてしまうところが
若干もったいなかったかな??
もうちょっとアンチヒーローでいて欲しかったかも。

とはいえ、十分に観るべき傑作ドラマだと思う。
DVDならではの楽しみが

DVDならではの楽しみが
たぶん、生まれて初めて釘付けになったドラマです。今年のベスト番組になるでしょう。NHKならではの、企業とのしがらみのなさが、このような良質で見ごたえのある番組をつくったのだと思います。最初、大森南朋さんって誰?銀行員役に柴田恭平さん?って感じでしたが、配役の絶妙さとその演技の深さ、目だけで、口元の少しの開きや背中で語れるすごい役者さんばかりでした。主演の二人の惹きつける演技力だけではなく、松田龍平さんのあの存在感も時代の若者のわからなささと苦悩が伝わってすばらしかったです。栗山千明さんの目の輝きやまばたきがたくさんの気持ちを語っていました。演技派ですね。劇中で語られる言葉の一つ一つが後から沁みる重みのあるものでした。DVDでは、予想外のおまけが付いていて、余韻をひき、さらに新たな含みもドラマにもたせています。買ってからのお楽しみです。
重厚で見応え抜群の人間模様

重厚で見応え抜群の人間模様
 今まで数多くのテレビドラマを見てきた中で、ハゲタカに勝る緊張感をもつドラマはなかった。ストーリの重厚さと豪華キャストが目を釘付けにする。あまりに引き込まれすぎて1話60分を見終えるときにはどっと疲れを覚えたくらい。

 まったく無駄のないセリフ、目だけですべてを物語る演技にハラハラした。特に凄いのはセリフの「間」だ。同じ言葉でもこれほど深みが増すものなのかと感動を覚える。特に大森南朋、柴田恭平の演技力の高さに涙してしまう人は多いと思う。

 私のお気に入りは第4話。菅原文太を交えての3人で魅せる緊迫感に鳥肌が立った。このドラマには一切の恋愛や笑いはないけども、それでも最後に感動で涙することを保証します。

 ちなみに大森南朋のかっこよさに惹かれ、縁無しメガネを買ってしまいました^^。






宮 ~Love in Palace BOX 1 [日本語字幕入り] /
宮を見て皇太子に恋をしましょう!

宮を見て皇太子に恋をしましょう!
24話まで見てから、1話をみるとジフンさんの演技がとてもぎこちなく見えます。一つのドラマの中でこんなにも演技が上達するものかと感心してしまいます。最初見た時は、シン君よりユル君の方が絶対かっこいいと思ったのに、ドラマが進んでいくにつれ、不思議なことにシン君に夢中になってしまいます。ジフンさんの持つカリスマ性は、皇太子という特別な存在を演じるにふさわしく、見事なキャスティングですね。
それから、皇太后様役のキム・ヘジャさんもいい味出しています。癒し系というか、笑顔が本当に素敵で、あんな風にかわいらしく年を取れたらと羨ましく思います。
このドラマの素晴らしさの1つに映像がとても綺麗なことがあります。豪華なセットと衣装が夢の世界に連れていってくれます。
韓国ドラマを見てイライラすることが多かった方、このドラマの皇室に迎合することなく、ストレートな感情をぶつける皇太子妃チェギョンを見ているとスキッとしますよ。

何度も観ちゃう!

何度も観ちゃう!
韓流なんて、自分には関係ないと思っていた私が、まさかこんなにハマルとは!クールな皇太子シン君、愛らしい皇太子妃チェギョン、癒し系王子様ユル君、学園のマドンナヒョリン。
素晴らしいセットや衣装が雰囲気を更に盛り上げ、恋の物語が繰り広げられます!とにかく見て欲しい。
女の子なら絶対にハマルこと間違いなし!です。
貴女もチェギョンになってシン君やユル君と恋しちゃおう。
BOX1はコメディーの要素もふんだんですよ。
一見の価値

一見の価値
とにかく映像が美しい。それだけでも一見の価値あり。「大長今」を知っている人は小ネタにニヤリ、設定にも抵抗なく入っていけます。
チェギョンは当初奇怪な言動がばかりが目につきましたが回を重ねるに連れはまりだします。韓国の衣装がとてもよく似合うしお澄まし洋装もかわいらしい、そして何せあの泣き顔。
愛情いっぱいに育ってきたためいつもその裡に答えがあるシンの言動を理解できず怒ったり泣いたり大忙し、そのくせ彼女に好意を寄せるユルにはどこか鈍感で話がどんどん厄介になっていきます。
シンは本来、繊細で思慮深く相当の自制心を持っているのですがその言動はなにかと誤解を招きがち。モデルがいいのかフリフリシャツやリボンタイなどを着ていても皇族ならばと妙に納得の着こなしぶりにも注目。
チェギョン家族のしつこい位のコミカルぶりに時には救われ皇族大人組の緊迫した台詞の応酬やその裡に隠された感情表現に痺れたかと思えば韓国独自のロジックなのか冗長だったり1話見逃したかいうような唐突な展開もありますが(それでも従来より少ない)それでもなお多くの人々を虜にする魅力を持つ作品でもあります。





のだめカンタービレ DVD-BOX (6枚組) /
これ以上ない見事なキャスティング!

これ以上ない見事なキャスティング!
私は決して若くはない男性である。「のだめ」が少女コミックで話題になっている頃も、
当然ながら見向きもしなかった。
ドラマ化されたときも見るつもりはなかった。
しかしもともとこのコミックのファンである妻が観て、
「音楽がおざなりでなく、クラシックを聴くってこんなにいい気持ちだ、と思わせるから
観るといい!」
と強引に進められ、3回目ぐらいから見始めてハマった。
何より、やはり音楽シーンが丁寧につくられてる。

それとキャスティングのすばらしさだ。それぞれのキャラがピタリとはまっている。
結局、DVD-BOXまで買ってしまった。
普通、ドラマは何度も観たりしないものだが、
もう3、4回は観ただろうか。
飽きないのだ。ストーリー展開も原作に忠実なところが好感が持てる。
よくできています。

よくできています。
 月9なんて見ない私・・・。
しかし「先輩が月曜の9時に合わせて
帰宅しているところ、はじめてみました」とカイシャの後輩に
いわしめたくらいのドラマです。

 個人的に課外活動でクラッシクに携わっているのですが
そうしても、このドラマはとても評価が高いです。

 原作に忠実でありながら、ドラマという制限ある舞台で
巧みに料理されていました。

 上野さんののだめ(衣装がかわいいですね)や玉木氏の千秋をはじめとして、
脇を固める俳優陣の「役」「音楽家」に“なりきっている”
演技が圧倒的。さらに、原作のエッセンスをうまく取り入れ、
それ以上のエンターティンメントを引き出す脚本力も高かったと思います。

 さらには、BGM!全編にクラシックが流れてても古さを感じさせない!
クラシック音楽の普遍性や、質のよさ、表現の高さをしっかり伝えてくれたし、
同時に癒されもし、「ビバ!クラシック」ばりに気分が高揚していたのを覚えています。

 久々に“面白いドラマ”といえましょう!
こんなに楽しい作品に出会えたことを感謝したい

こんなに楽しい作品に出会えたことを感謝したい
女房が薦めるので、昨年のオンエア時、真ん中あたりからみた。
で、作品世界にきっちりはめられて、見てないところをみたくて、DVDの発売を待って買った。

原作の漫画は見ていない。しかし、みる必要を特に感じない。
なぜなら本作のなかで音そのものが占めるイメージがあまりに大きくて、これから原作を見てもこの感動は味わえないだろう、そういう気がするからである。漫画ならではの切れのいいギャグと、音そのものの感動。これが本作の全てであると思う。

そういえばアニメ版もあった。アニメ版はあまりにプアで1話で見るのをやめた。それを考えると、本作に欠かせないもうひとつの魅力は、上野樹里, 玉木宏, 瑛太, 水川あさみ, 小出恵介らの若手俳優陣である。キャスティングがこれ以上ないくらい良い。

連ドラ11作分を土日で見切るのは相当しんどいが、その値打ちは十分にある。音と俳優と青春とギャグ。こんなにバランスのとれた楽しい作品に出会えたことを心から感謝したい。
amazonを使い倒す
Amazon 売れ筋ランキング
CD・ザ・ベスト10
素敵ワインちゃん
[楽天]水着と浴衣の売れ筋ベスト○○
ようこそ株スクール
[Amazon]あまぞn DVD売れ筋ランキング
[Amazon]あまぞn 腕時計売れ筋ランキング

コメント:
プリズンブレイク。いやー面白いです。マジで。
posted by はやぶさ じろう at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4819889
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック