2010年10月23日

アニメ

ランク
1位

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 2 [Blu-ray]

内山昂輝 , 藤村 歩 , 甲斐田裕子 , 浪川大輔 , 池田秀一 ,

(まだレビューはありません)







ランク
2位

魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st<初回限定版> [Blu-ray]

田村ゆかり(高町なのは) , 水樹奈々(フェイト・テスタロッサ) , 水橋かおり(ユーノ・スクライア) , 桑谷夏子(アルフ) , 高橋美佳子(クロノ・ハラオウン) ,

レビュー数
11
レビュー平均得点
4.5

○ 限定版として考えて
レビュー内容: 当方、TVシリーズから観てます。

本映画については、第一期を上手く纏めた上に+αされたストーリーで、作画は高水準。作品としては申し分ないとおもいます。

ただ、初回限定版の特典について不明瞭なところが多く(「他」って書かれてもねぇ・・・)、

★4つにさせていただきました。

違う作品でも特典としてたまに見かけますが「縮刷版劇場パンフレット」ってどうなんでしょう?

パンフレットを購入されていない方には嬉しいかも知れませんが、購入した自分としては特典でもなんでもない不要なものです。

個人的に、特典には非売品や未発表のもので揃えて欲しいと願うのですが。今更ムリなんでしょうね。


○ 誰にも想像できない物語の始まり─プロローグ─
レビュー内容: とらハから、魔法少女リリカルなのはシリーズと見てきており、待望の劇場版に感動と期待と…様々な想いでした。 もちろん、期待通り。 内容に関してはネタバレ考慮で割愛しますが、作画も綺麗になり、アニメーション技術も変わり、戦闘シーンでは、臨場感と迫力のあるスターライトブレイカーは圧巻です。 そして、最後のクライマックス。 泣いて泣いて泣ける所です。 劇場内でも感動を共有しておられる方が大多数でした。 この作品は、総集編という括りは正しくはないかも知れませんが、最低でも無印を見ておくと楽しめるのではないのでしょうか? ────── 物語はここから始まりました。 これから、2nd 3rdと続けば良いですね。 歌詞にもありますが、この作品に出会えたのは“奇跡”なのかもしれません。 リリカルなのは は、みんなが泣いたり笑ったりする、素敵な魔法です。

○ もうちょい設定守って欲しかったなぁ
レビュー内容:
TV版をしっていて、映画を見ましたが

個人的に、おかしな部分があってそれが、気になりだしてから

最後までほとんど守れなかった設定があって



話自体はTVをベースにしているので問題ないのですが、

最初の方に利き手を差し出すシーンでは左をだして居るのに、

途中の戦闘から右利きの撃ち方や、持ち方になっているのが残念でした



最初が間違ってたのか、途中から間違っていたのか分かりませんが

どちら一方で守って欲しい部分でした

○ 燃える!魔法少女
レビュー内容: TVアニメシリーズ「魔法少女リリカルなのは」の第一期をリメイクした映画版!


シリーズファンはもちろんのことなのはを知らなくても楽しめる内容です!

劇場版はバトルがどはでに大迫力になって興奮しますよー。


更にプレシアの心情が詳しく描かれていてTV版とは違った印象を受けました。

ラストの怒涛の展開は感動物です。劇場では涙を流してしまいました…


新世代魔法少女の決定版!
他とは一味違う魔法少女の物語をぜひ見よう。


○ 家でなら泣ける
レビュー内容: 遂に来たBD!劇場版のなのはVSフェイト決戦時に館内がざわめいたのは、今でも忘れられません。特典に関しても、パンフレット手に入らなかったので、嬉しいとこです







ランク
3位

涼宮ハルヒの消失 限定版 (Amazon.co.jp限定スチールブック付き/完全生産限定版) [Blu-ray]

平野綾 , 杉田智和 , 茅原実里 , 後藤邑子 , 小野大輔 ,

レビュー数
43
レビュー平均得点
5.0

○ 楽しみです
レビュー内容: ハルヒはわがままでやんちゃでツンデレで猫みたいな性格なので

飼っているメス猫をみるとハルヒを連想します。

消失は長門がメインだがロッテCMの「アクオ」の黒猫もいうこと

ありません。映画館へ2回足を運びました。

12月18日発売日まで待ち遠しいです。

○ アニメ史に残る傑作
レビュー内容: とにかくいままで見たアニメ映画の中で一番面白かったです。



TV版か原作でこれ以前の部分を見ておくことを強くお勧めします。

楽しさが倍増すること間違いなし。

映画館で4回見たけど、待ち遠しくてしょうがない。

○ ファンブースト
レビュー内容: 原作は1巻のみ読んでいる。

「話題になるほど面白いモンでもないな」というのが自分の感想。

で、映画の感想はというと、

内容的にはネタバレになる為詳しくは語らないが、

全体に流れるテーマは、物静かだった子が実は寂しかったのだということ。

だが、そのテーマを語るには、この作品のハチャメチャ振りが出すぎてあまりに弱い。

同時期期にやったレイトン教授と同じぐらいの面白さって感じだった。

レイトン教授よりも圧倒的に話題になるのは、シリーズを応援しているファンによる思い入れ。



だが、3時間という長丁場をあまりダラけず見せてくれたのはそれなりの物。

コレのみで完結しないのは正直カナリマイナス。

シリーズ物の宿命かもしれないが、もうちょっと充実した終わり方をして欲しかった。

見終わった後満足感があまりなかったのは残念。


○ 斜め歩き
レビュー内容: 映画館で鑑賞した感想は、「ファンなら納得」の出来だと思った。

しかし、どうしても気になったのが冒頭の、きょんが部室まで階段を上るシーン。



アニメーションの作画で、地味なくせに異常に難易度が高い「人物の斜め歩き(しかも階段)」を

こんなに長い尺で見せる演出は、作画者への嫌がらせ以外に効果が思いつかない。



案の定、足の運びに多少の違和感を感じるシーンになってしまっているのが本当に残念…

作画者の苦労と頑張りが滲み出ていて涙を誘うが、冒頭の、このシーンで、この演出者が、

なぜ、こんなカット割りをしたのか?という疑問が、ずっと頭に残ってしまった。



この先のストーリーが、この階段の様にグルグル繰り返すという比喩なんだろうけど、も少し

演出に工夫があれば良かったのに…


○ 至高の作品
レビュー内容: これは「百聞は一見に如かず」という言葉がぴったりです。





しかしこれはいい作品です!!ハルヒシリーズは好きで、特に消失はもっとも好きな作品でした。





そしてこれが映画化ととなれば見に行かなくてはと思い行きましたが、最高でした。



しばらく言葉が出ないくらいです。感涙と言うほかありませんでした。



そしてこれがブルーレイ発売となれば即決でした。発表と同時にアマゾンでまず予約!!





今後もう2〜3枚は買うのは余裕でしょう!!





ファンなら必需品になるでしょう!



ファンでない方はこれを機に見てみてください。見応えやおもしろさ、そして充実感に最後は感動と一気にファンになれます。



これはいい買い物になること確実です!!是非見てみてください!







ランク
4位

劇場版 銀魂 新訳紅桜篇【完全生産限定版】 [DVD]

杉田 智和 , 釘宮 理恵 ,

レビュー数
21
レビュー平均得点
5.0

○ 同じ映画をみに、二度も足を運ぶなんて、初めての経験でした。
レビュー内容: 劇場バージョン。色彩も、大きい画面の銀さんかっこよかった。

銀魂は、心にエネルギーをくれる宝物。



空知せんせい!そしてアニメ制作のスタッフの方々

いつもありがとう。



12月15日が待ちどうし〜い。

○ 遂に…
レビュー内容: このレビューを見た瞬間、 長文ウザいなと思った方はすぐに逃げて下さい。 ストレス溜まってる人が全部読んだら頭爆発するって程なんで… 遂に…劇場版銀魂 新訳紅桜扁が、 D・V・D化だァァァ!!! ヾ(*≧▽≦)ノ イィィヤッホォォォ!! …え〜、今回のDVD化、 劇場版公開について、 私は不満はありません。 星なんて嫌と言うほどあげたいですよ。 ただ一つ不満があるとしたら、 私は4回程映画見に行ったんですが、 その時に貰ったフィルムが全部さっちゃんのだったことぐらいです。 内容は、 TVシリーズの紅桜扁と大して変わらない感じだが実はかなり違っている、 そう思いました。 この映画の監督、高松さんは、「"新訳"は"新しい解釈"という意味で、 "原典は変えない"ということでもある」「原作を改変するのではなくまた新しい切り口で映画化しようということですね」と語っていました。 話の内容は変えず、 その物語の"視点"を変えている、 それがTV版と劇場版の最大の違いだと私は思います。 ちなみに、 映像は全体の半分くらいを一から描き直し、 色、 背景は全てやり直してるので、 TV版とはまた違って、 より綺麗に見えました。 色々長ったらしく説明しましたが、 最後まで読んで下さった方、 目ェチカチカしてません? 大丈夫ですか? 私は1人のファンとして今後の銀魂の活躍、 特に再アニメ化、 DVD特典のフィルムに期待してます。

○ o(*≧∀≦)o
レビュー内容: 待ってましたぁっ(^ ^)
DVDいつ出るんかなぁと思ってたらまさかの年内発売は嬉しすぎます!
映画は2回観に行って 映画を観てますます銀魂が好きになりましたv
本編DVDはもちろん特典が楽しみです(*^-^*)

○ ついに…待ってたぜ(ニッ
レビュー内容: 映画館で見た時の緊迫感をもー一度味わえるなんてよ、マジ嬉しいわ。永久保存版だな、コレ(ニッ

○ ブルーレイは?????
レビュー内容: ブルーレイでと楽しみに待っていましたが、

DVD止まりなのにショックです。(;_;)

なのでまだ購入を迷ってしまう...。

今時ブルーレイを出さないこと自体信じられません。

特に銀魂初の劇場用アニメなのに〜!!!!

今からでも出してほしいです。

なので作品はサイコーですが、☆は3つ。


ランク
5位

けいおん!!(第2期) 4 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]

豊崎愛生 , 日笠陽子 , 佐藤聡美 , 寿美菜子 , 竹達彩奈 ,

(まだレビューはありません)







ランク
6位

劇場版マクロスF〜イツワリノウタヒメ〜 DVD 特典 初回生産限定封入特典「劇場上映 生フィルムコマ」付き

中村悠一 , 遠藤綾 , 中島愛 ,

レビュー数
22
レビュー平均得点
3.5

○ 何だかな〜
レビュー内容:
結局テレビ版同様…世界観も何もワケわからないまま、歌と戦闘で無理やり押しきって謎の感動のパターンだったな



テレビでは伝説のメドレーに騙されて最終回終わったあとは興奮が覚めなかったが…劇場でこれを見た時は茫然としてしまった



まあ本当に新曲も含め歌は良いから、気になった人は見て損はしない…と思う…

○ ( ̄〜 ̄;)
レビュー内容: 歌が素晴らしいですね。
ヒロイン達が可愛いですね。
主人公美形ですね。
映像技術凄いですね。


でも、内容はよくわからないですね。


これが時代か…(笑)



○ 劇場版マクロスFは、本当に凄い。もう別物の新作です。
レビュー内容: 私は、劇場版を見ていないのでこれが初観です。

最初は、ただのTVの総集編を想像していたのですが全くの別物、新作ですね。

もう凄い以外の言葉が浮かびません。映像のクオリティが高く、マクロスならではの歌も最高です。



要らないと思われる部分は、バサッとカット。

ある登場人物が出ないという方もいると思いますが、時間と言う枠の中でカットすることも大事です。

TV版も全て観ましたが、たしかにこれは要らないと思う場面が多々あり、きちんと省いてありました。



後、TVの場面など本当に少しでほとんど新画です。

ストーリーも基本は同じなのかも知れませんが内容が全く違います。

もう一度、新鮮な気持ちで最後まで見入ってしまいました。



完結編がTVと異なりすぎて、どうなるか予想もつかず楽しみです。

○ 買ったけど・・・(劇場版は初見ですw)
レビュー内容:  TV版は一応全話観てました。

編集+新作という情報は知っていましたのでそれほど期待はせずに傍観できたと思います。



での感想ですが極論、河森作品は編集版、新作ともに劇場版には合わないということに落ち着きました。



以前の『愛おぼえていますか』もそうでしたが劣化のしすぎ。

各キャラクターにベクトルを向かせているのはいいんですが説明不足と時間の取り過ぎ。

まぁ2部構成ということで完結版はどうするのかわかりませんがシェリル、ランカの絵の良さだけを鼻先に突きつけられているだけの

ように思えてあまりいい気分で見ることができませんでした。





性格付けもなぜ劇場版だからといって変える必要性があるのかもわかりません。





たしかに絵のクオリティーは良いのは認めますがそれだけのこと。

戦闘シーンも動きが速すぎてよくわからない部分も多々見受けられましたし、バジュラとの絡みなどはカメラが寄り過ぎて

これまたわかりずらかったりと改変のポイントがずれているようにしか思えませんでした。

これが劇場の大きな画面で観た場合を考えると行かなくて正解だったと思いました。



映画として観た場合、少しお客を舐めすぎているように思います。



TVシリーズが面白いと思った分、非常に残念に思いました。



まぁコンサートシーンやシェリル、ランカの絵のみを良しとする人たちには良いかもしれませんがね。




○ 迫力満点!
レビュー内容: 本当は劇場で見たかったのですが、忙しくて身に行けず、DVDを購入することにしました。

TV画面でもすごく迫力が伝わってきました。

特に、シェリルのライブシーンや、もちろん戦闘シーンも3Dで作画されていてとっても迫力がありました!

そして、あいかわらず劇中歌も素晴らしい!

迫力をより一層引き立たせてくれます。



ストーリーでは、ランカがより素直な子になったことや、シェリルにスパイ疑惑がかけられることでアニメとはまた違ったおもしろさが味わえます。

マクロスを知らない人でも、十分に楽しめる内容だと思います。

(でも、知ってたらもっと楽しめますよ)



続編のサヨナラノツバサにも期待したいと思います!


ランク
7位

OVA「とある科学の超電磁砲」[Blu-ray]

佐藤利奈 , 新井里美 , 豊崎愛生 , 伊藤かな恵 ,

(まだレビューはありません)







ランク
8位

トイ・ストーリー ブルーレイ・トリロジー・セット (期間限定) [Blu-ray]

ディズニー

レビュー数
11
レビュー平均得点
4.5

○ パッケージが・・・
レビュー内容: 内容については書くまでもありません。間違いなくピクサー最高作。

BDのみのセットも個人的にはとても嬉しいです。

でも3のパッケージ・キャラクターはどうしてロッツォなんだろう・・・

かわいく見えても一応、悪役ですよね?

そこがとても引っかかってしまいます。

誰がいいかな・・・?と考えたんですが。





アンディ。





子供の頃のアンディでも、高校生になったアンディでもどっちでもいいんですが、そしたら売り上げもだいぶ違う気がするのは私だけでしょうか??

○ 大好きです!
レビュー内容: 1.2ともDVDで持っていますが、3の発売に先駆けてブルーレイの123セットが出るなんてもう最高です!
トイストーリーは大好きなので気が向いたら何度もプレイヤーに入れます。

DVDでも充分映像も綺麗だし音声もバッチリですが、DVDは日々の観賞用に−−−ブルーレイは私にとって永久保存版のつもりで買います。

実家の両親も大好きで、実家にはDVDプレイヤーしかないのも両方揃える理由の一つ。
なので3のDVD+ブルーレイセットも予約しちゃいました。 両親も今までディズニー映画をお子様用…とナメてましたが、一緒に1と2を見て感動していました。

別にお金に余裕がある訳じゃないけど、他の物を我慢してでも、このシリーズは惜しみなく買いたいです!

○ もう少し待ったほうがいいですね
レビュー内容: 何でも来年のカーズ2とスピンオフ作品が同時上映されるらしいので

それも入った完全版のトリロジーを待つのがもっともベストですね。

とてもよい作品なので末永く待とうと思います。

○ 遠〜いストーリー、になっちゃた
レビュー内容: 1・2、そして3の三部作のBDが一纏めになった、特典デイスク付きの期間限定BOX。

懐が許すのなら、是非とも買うべきでしょう!

初代にして、未だCGアニメ最高傑作のトイ・ストーリーがトリロジー・セットで出るとは。

……遂に、「遠〜いストーリー」になってしまった、というわけですなぁ……。


○ 米国版との比較
レビュー内容: この作品はすべてが大好きで、本当に素晴らしい作品です。ピクサーの作品の中でも一番好きです。

本当に思い出があります。今回、私の住む地域では吹き替えしか上映されず、とても悔しい思いをしました。

絶対にトム・ハンクスのウッディーの声が聴きたい!そして、永久にブルーレイの高画質で手元に置いておきたい!



米国版はディスク10枚です。

ディスクはブルーレイ4枚、DVD3枚、デジタルコピー3枚です。デジタルコピーがついているので、iPhoneやiPadでも楽しめます。しかも、かわいいケースに入っています。



字幕と吹き替えはないようですが、自分はあまり気にしないので、保存版として米国版を購入します。

もともと日本人吹き替え嫌いですし。



仕様が米国版と比較するとどうしても、日本版がしょぼく見えます。(しかも期間限定)今気づいたけど、期間限定ってことは、そのうち、米国版と同じ仕様のものを出すつもり??








ランク
9位

美女と野獣 ダイヤモンド・コレクション (期間限定) [Blu-ray]

ディズニー

レビュー数
18
レビュー平均得点
4.5

○ ずっと、待ってました!
レビュー内容: 魔女の呪いで野獣になってしまった、わがままな王子。
美しく、聡明な娘、ベル。
二人が出会った時、運命は動きはじめる−−


有名なDisneyのお伽話です。今まで、昔のDVDはかなり高いお値段で取引されていましたが、今回ブルーレイでやっと手に入れられました。
まず、キレイな映像にびっくり!DVDとは比べものになりませんね。昔のものと、台詞や歌の歌詞が同じなのも安心します。(リトルマーメイドの時はがっかりだったので)
映像特典もたくさんで、美女と野獣ファンならずとも、買って損はないと思います。次は10年後の可能性が高いですし…

美女と野獣の3D映画も見ましたが、DVDの映像が更にすごいことになっているので(!)
是非、映画を見る前にor見た後にもオススメです。

Disney Magicの世界に浸れる、最高の作品です!

○ たしかに不良品
レビュー内容: こちらの評価欄の記事を読み、早速確認したところPS3でも、パナソニックでもシッカリ音跳びしました。マスターに起因する不良に間違いないでしょう。どう対応するのか早速聞いてみます ジャケ柄もシルバー部分が大きすぎてウザいですね。逆にパッとしません。ただし画質は飽きれるぐらい鮮明で、ディズニーアニメーションの質感がよくわかります

○ ジャケが安っぽい…(泣)
レビュー内容: 前のやつでいいのにね。

やっっとでたというのに音とびもするようじゃないですか('・ω・`)


アニメーション映画史上初のアカデミー賞作品賞ノミネート作品ですよ!

じゃなくてももう少し丁寧に商品化すべきではないでしょうか。
作品の評価をさげたくないので☆5つで。

○ 愛の奇跡!
レビュー内容: 美女と野獣は子供の頃から何度見たかわかりません。
大人になった今でも、見終わって思うことは何一つ変わらないんです。
あぁ、なんて素晴らしいんだろう、愛の力ってすごい。

昔ビデオテープが擦り切れるまで大事に見つづけていたのがとても懐かしいです。
大広間でのベルと野獣のダンスシーンは、ブルーレイになってからさらに鮮明で美しく、思い出まで鮮やかによみがえるようです。

何度見ても温かい、そして優しい気持ちになれる、本当に素晴らしいラブストーリーです。

○ レーザーディスクからの移行です。
レビュー内容: レーザーディスクで美女と野獣を持っていました。

そろそろ見やすい媒体で見たいので、どうせならとブルーレイで買いました。



線のフチまでくっきり見えるほど映像が綺麗です。

CGはあまり目立たない範囲で使ってあります。

(でもシャンデリアは一目瞭然です^^;)



音楽も内容も文句なしですし、語りつくされてると思うので映像の感想だけで失礼します。

買って本当に良かったです!

とっても満足してます!






ランク
10位

トイ・ストーリー3 ブルーレイ+DVDセット(ブルーレイケース) [Blu-ray]

ディズニー

レビュー数
4
レビュー平均得点
5.0

○ 優しい切なさ…
レビュー内容: TOY3発表、そして完結と聞いて嬉しい反面、悲しい感じで待ってました。ほんと終わってほしくないシリーズでした。続きがあるんだと自分に嘘つきながらの日々。ただ嬉しいわけじゃない、ただ悲しいだけじゃない、深いストーリー…優しい切なさを大切な誰かと一緒にご覧ください。見終わった後、きっとあなたの心の中はアンディのあの壁紙のような景色になることでしょう。

○ 初ジャケ買い
レビュー内容: 内容は、あまり書いたらネタバレになるので伏せときます。

ただ、3は本当に感動します!見なきゃ後悔します!…ってだけ言っときます。

まぁ、個人的に2のがトイ・ストーリーらしいワクワク感が詰まってて好きかな(^^;)

1は仲間達とウッディのドロドロ感・2はおもちゃの話にピッタリな夢を与えてくれる楽しい展開・3は持ち主とおもちゃの絆の話…ってな感じです。

さて、この3はスーパーセットと、このBlu-rayケース、DVDケースとあります。

どれ選ぶか悩む…内容重視ならスーパーセットだけど。
でも、スーパーセットのジャケが個人的に受け入れられない。

という訳で、初ジャケ買いします(笑)
Blu-rayケースのが、温かみあるジャケでいいもんね!

○ ケースの違いだけです
レビュー内容: ブルーレイケースというのは、

ブルーレイの入れ物の中にDVDも入る構造。

ブルーレイで1〜2を持っていたり、

収納ボックスがブルーレイ専用なら、

こちらをオススメします。



そしてDVDの内容はブルーレイと同じです。

違うのはケースだけなので、重複買いに注意。

○ 「面白い」という一言で済むレベルではなく、とにかく完成度が高い作品
レビュー内容: ピクサーのCGアニメ代表作「トイ・ストーリー」の完結作。

登場人物はこれまでの流れを引き継いでおり、

特に1作目の内容をしっかり振り返っておく方が楽しめるだろう。



長く愛されてきたウッディたちだったが、

持ち主であるアンディがいよいよ大学へ進学することが決まり、

おもちゃを含めて部屋を片づけるところから始まる。



おもちゃたちにとって見捨てられる恐怖や

もう遊んでもらえない寂しさは耐えがたいものらしく、

そこから今回のドタバタが始まっていく。



全体通して非常に完成度が高く、

グラフィック面においては1作目の雰囲気を残しつつも

クマのぬいぐるみの毛並みなど、「人工の毛」の感じが素晴らしい。

ストーリーに関しても冒頭からアクセル全開でサービスし、

中盤以降の盛り上がりぶりは凄まじい。



かわいらしいイメージのある見た目だが、

今作を観て強く思ったのは「大人向けである」ということ。

いろいろな映画のオマージュやブラックなノリも多く、

そういった恐怖感やジョークを正確に感じ取ったり、

おもちゃたちの状況がいかに危険かを理解できるのは

ある程度、年齢を重ねた大人であろう。



そしてアンディと同様、昔大好きだったおもちゃを

いつの間にか片づけてしまった経験がある大人なら

何より強い感情移入ができるだろう。



吹き替えもぴったりだし、劇中の文字まで丁寧に日本語化され、

CGであることを意識せずに純粋に楽しめる。

「面白い」という一言で済むレベルではなく、とにかく完成度が高い作品。


タグ:アニメ
posted by はやぶさ じろう at 10:00| アニメ