2010年07月22日

アニメ






ランク
1位

涼宮ハルヒの憂鬱 ブルーレイ コンプリート BOX (初回限定生産) [Blu-ray]

レビュー数
38
レビュー平均得点
4.5

○ 内容
レビュー内容: 正直ドMアニメです。 これを見て面白いと言う人はかなりドM。私はあのワガママな女に耐えられなかった。キレそうになった。いや、キレたか。あんな自分勝手なやつは我慢ならない。世界が思うようになるってそんな馬鹿な。

○ 嬉しいです。
レビュー内容: 私はアニメ二期本編をほとんど見逃してしまいました。しかしこの商品をみて嬉しさがこみあげてきました。BD再生機器はまだありませんが、急いで買いたいと思っています。

○ ありえない値段!!
レビュー内容: はっきり言わせてもらいます・・・・・

安すぎてもう涙が出るほどありえない値段です!!


だってハルヒ全28話だけでなく激奏と弦奏+予約特典もついてくるんだからハルヒファンは絶対買って損はないと思います!!


てかハルヒファンなら買えよって話!(笑)

○ 発売前にはレビューしない主義なんですが、つい・・・
レビュー内容: 正直なところ、自分には高価ですし、なにより若干興味が冷めていたので買うつもりは全くありませんでした。
ですが、先日「涼宮ハルヒの弦奏」を見てしまって、そしてそれにとても感動を覚えてしまったのです。
今回のBD−BOXには本編はもちろんのこと、その「〜弦奏」も付いているというので、今回、思い切って予約してしまいました。
ほんの少し心配なのは、思いのほかディスク枚数が少ないような気がするので、画面のクオリティは大丈夫なのかな?とは思うのですが、そうは思っても「じゃあ、どのくらいの枚数なら安心なのか」というのは知識として知らないのでとりあえず余計なことは考えないでおこうと思います。
興味が薄れたと言っても、放送当時は(主に1期ですが)取り憑かれたように関連グッズなどを集めました。なので、話の面白さには、満足はしています。
何はともあれ、発売までまだ少々時間があるので、無駄遣いしないように、そして、少しでもお金を貯める努力をしたいと思ってます。

○ 本編だけがいい。
レビュー内容: 「本編だけで、他のディスク要らない」というのが、私の感想であります。というか、消失は、まだでしょうか。







ランク
2位

ワンピースフィルム ストロングワールド DVD 10th Anniversary LIMITED EDITION 【完全初回限定生産】

レビュー数
21
レビュー平均得点
4.5

○ ONEPIECEらしさ!(ネタバレ有)
レビュー内容: 尾田栄一郎先生がアニメ10周年記念ということもあって、ようやく脚本などを手懸けたということで、尾田先生のこだわりが多く出ていると思います。

『仲間』を大切に思うからこそ、どんな逆境にも立ち向かう『麦わらの一味』の戦闘シーンへ入る瞬間が黒服に身を包み『いざ!勝負!』といった感じの迫力あるシーンはもちろん、また進化をとげた動物?達にもこだわりがあるかと思います。
ストーリーは海賊王のゴールドDロジャーのライバルであった金獅子がナミの航海術を欲しい!という目的のため、ナミ以外をSTRONGWORLDとも言える弱肉強食の世界に落とすといったもの。また、その世界では生物は強さを求め進化していき、『強さこそが支配をするための絶対条件』であり、ある意味強さ=権力という世界で、ルフィ達『麦わらの一味』はナミを救えるかっ!というのが焦点になっていると思います。昔も(ココヤシ村)ナミを救うためルフィは頑張るのですが、今回のナミはルフィの力を信じ諦めてないこと、またその世界の人間達も進化をしていくというのがキーポイントではないでしょうか?そして、仲間を取り戻す!と意気込む麦わらの一味は本当に強いと思いました。
ちなみに、私的には映画初登場であるブルックがなかなか良い味を出してるかと。進化生物にある意味無視されるシーンは思わず笑ってしまいました(笑)
ONEPIECEをあまり知らない方でも結構楽しめますし、ONEPIECEをよく知ってる方は尾田先生のこだわりを見て、凄さを再実感できる作品ではないでしょうか?
(映画を見てから結構時間が立っているので矛盾がありましたら申し訳ありません。)

○ 十分楽しめると思うよ!
レビュー内容: 「ワクワクドキドキな少年少女の心に訴える作品を作り上げたかった」(厳密には違うけど内容はこんな感じ)と言っている尾田さんの考えを知りもせずに、原作の奥深さが無いだとか単純で楽しめなかったとか言ってる人が多くて唖然とした。
まぁそういう意味では子供達や素直にワンピースを楽しんだ人達には大好評だったので、尾田さんのやりたかった事は大成功だったんでしょうね!
私自身、子供と一緒に毎回純粋に楽しみながら見てるので、酷評をしている人たちは本当にワンピースのファンなんだろうか?ってちょっと残念な感じですね。

○ ちょっとシラケテしまう。
レビュー内容: ジャンプを買っているのにもかかわらず、12年間、巻の発売日には、必ず買う大好きなマンガです。コンテアニメ版は、あまり見たことがなかったので、(あまり好きでは、ないので)いい機会だし、前売りを購入しました。たしかにふつうに楽しめて面白いし。だが、時間が、映画だけあって、2時間弱で、終わらせなくては、いけないため、ちょっと中途半端に終わってしまってる気がする。この漫画、は、展開が遅く楽しむ漫画の
ためかこう2時間弱でインぺルダウン脱獄者、金獅子のシキが、こうも簡単にやつけられてしまうと、ちょっとシラケテしまう。しかもシキの家来が黒服をきた、男たちというのがいただけない。映画だけあって架空の人物像として見れば楽しいものだが、配布された0巻を見てこの映画を見ると本当に不可解に感じる

○ 新シーン追加決定♪
レビュー内容: 作者の尾田栄一郎さんたっての要望で映画公開時の映像に新シーンを追加する事が決まったそうです。内容や時間は、まだ決まってないようですがファンにとっては嬉しいかぎりです♪あと頼むからEpisode 0を正規発売してくれぇ('Д`)あのクオリティで一般発売してないなんて勿体なさすぎです(;_;)

○ 何も感じず
レビュー内容: 期待が大きかったのか、宣伝がでかすぎたのかわからないが、普通すぎて残念だった。あからさまなギャグも泣かせようとするシーンも何も感じず。







ランク
3位

劇場版 Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS 〈初回限定版〉[Blu-ray]

レビュー数
17
レビュー平均得点
3.5

○ Fateのファンであるなら
レビュー内容: 買いだと思います。

コノ手の映画は既にFateの原作なりテレビを見ていた人を対象にしていると思いますので、一見さんを弾いてしまう造りになってしまっている点については評価を下げる理由にはならないとして星4つです。
緩急を付けた造りにして欲しかったのですが尺の不足からこの映画は常にトップスピードで展開していきます。
諸般の事情が発生する映画においては仕方無かったとしてもBlu-rayやDVD版においてはそういった部分を補完する付け足しを期待していたのですが、ソレが叶わなかったために星5つは控えてみました。

劇場での鑑賞も3回ほどしております。
自分は原作よりも先にアニメから入った人間なのですがテレビの画質などと比べれば映画版のほうがはるかに美麗でありました。
話の展開についてはさすがに尺が不足しているゆえに急速過ぎる印象はありましたがFateの下地が既に頭の中に入っている者を対象にしているのであれば展開が速すぎてついていけないということにはならないと思います。

個人的には18禁にして同時期に上映されていた「りりかるなのは」とは一味違う構成にして欲しかったのですがwこの映画は様々なシーンをそれぞれ印象的に描写し直しているのでそれぞれのファンにそれぞれのお気に入りのシーンが見つけられるかと思います。
型月からファンへの数年遅れの贈り物のようなものです。

○ ローアイアス
レビュー内容: 原作遊済 アニメ観済での感想です。

良点 狂戦士vs剣士 TV版とは違って狂戦士の敏捷さに驚かれた方は多いはず。 弓兵vs士郎 劇場版最大の見せ場ですねエミヤのBGMのタイミングは最高でした。
惜点 狂戦士vs英雄王 イリヤが死ぬシーンはかなり残酷な描写になっていますがバトルをもうちょっと丁寧に演出して欲しかった。 暗殺者vs剣士 最後の燕返しの瞬間は鳥肌ものでしたが尺の都合か戦闘時間がかなり短くなっています。

悪点 弓兵vs槍兵 このシーンはかなり期待していた分残念な結果になりました。戦闘時間は尺の都合で大幅カット、なによりアイアスの演出が原作に比べてかなりというか完全に単調な映像になっています。

削られた点 アニメと被る部分はほぼカットされていました。(始め〜教会)(夜道でのキャスター戦) 完全カットのシーン(日常の会話&コメディ部分)(イリヤの過去)(凛との教室での最後の会話) 日常のシーンが無いからストーリー展開がかなり早いと感じられると思われます。

最後に 初見の人でも楽しめないことはないですが脳内補完がかなり必要になりますので原作遊済の人と観てください。原作遊済の人からは賛否両論でしょうけど私はかなり楽しめました。日常の会話が全く無いことでFateの醍醐味が結構無くなっていますけど原作で補完しましょう。

○ 戦闘シーンが単調
レビュー内容: なんか似たような戦闘シーンばかり
ストレンヂアとかと比べると劣って見えてしまいました
比べる物でもないかもしれませんが

○ 初見でも楽しめたと思います
レビュー内容: 私の場合映画がFateとの出会いでした
映画版→TV版→原作→PS2版→zeroと順当?に染まっています
確かにかなり端折られていますがその分どの場面も高い品質が約束されています
初見の人こそ『映画版』を私は勧めたいです

○ 個人的な感想としては
レビュー内容:
はっきり言って、勿体無さ過ぎる作りになっている気がします。
映像とその技術を見せることに、これだけ力を入れているのに対し、
本来語られるべきことを省きすぎていて、見ていてだんだんとイライラしてきた作品。

尺の制限があったとは言え、原作において物語の進行によっての積み重ねからくる表現がまったく省かれているのが残念。
凛、セイバー、士郎がアーチャーの正体に思い至るまでの過程が唐突過ぎて、
そこまでの過程をどう映像化してくれるのかを楽しみにしていただけに、かなりヘコんだ。







ランク
4位

ワンピースフィルム ストロングワールド Blu-ray 10th Anniversary LIMITED EDITION 【完全初回限定生産】

レビュー数
14
レビュー平均得点
4.5

○ 東映アニメで台無し
レビュー内容: 裏設定が豊富な今作ですが、内容は最強の敵シキを倒そうとするだけの意外と
シンプルな話です。
ですが今回は尾田栄一郎が組んだこともあって世界観やノリは見ててワンピー
スそのものであり、ギャグだけ見てても結構面白いです!
内容を見るだけなら星4つほどあげたいのですが、映画の制作が東映アニメとい
うこともあってバトルシーンが短いです…
ルフィとシキのバトルを今か今かと待ち望んでいたら、たったの5秒ほどのカッ
トでスピーディーなバトル展開は終わったし、その後はひたすらしゃべるシー
ンが入ってきて、全体的にテンポの悪いゆっくりとした感じがしました。
映画なのだからもっとルフィたちが動いて欲しかったです…

○ これぞ『ONE PIECE』の『FILM』
レビュー内容: まずこの映画
タイトルがいいね

前作、前々作と原作の焼き直しと言う明らかな劇場版のネタ切れに対してスタッフもついに原作者を動かし煮え切らない完成度の『アニメのONE PIECE』に喝を入れた作品

原作者も言っているが『少年アニメの映画でみんなが観たいのはお涙頂戴ではなくスカッとする冒険活劇』であると言う点が非常に意識された構成に脱帽である
感動作をボツ扱いにしたのは正解である
(案はこの作品の画集で見られます)

オープニングの海軍本部を飛び去る島々やルフィの滑空するオープニング、ギアとその欠点を描写した一連の初期戦闘など秀逸なシーン構成で仮にONE PIECEを初めて観る人でもすぐに一本の映画として楽しめる作品になっている

またラストにかけてのバトルバトルは歴代の劇場版で最高に熱い!!
正装殴り込みシーンからの麦わら一味は本当にカッコイイ
そして最大のピンチに現れるギア2ルフィとシキのこれまでの作品になかったこの作品ならではの空中戦
あらゆる点が見所

絵もよく動いてさらに崩れない
そして女性キャラクターがめちゃカワイイ(笑)

昨今のアニメに問題となる『無理やりな大根ゲスト』も本当にどうでもいい場所に配置して確かに『出してやった』と言う上手い使い方をしている
そして『演技の出来るゲスト』をボスにした原作者のキャスティングはもう全てをアタマに入れていたからこそ成せる業

通常原作者が原作以外に関わるとルパン三世DEAD OR ALIVEのように失敗することが多いがコレは大手を振って傑作の部類に入る名作

恐らく今後しばらくこの作品を超えるONE PIECEは出ないだろう

○ ワンピース映画最高傑作、麦わらの一味が帰ってきた!
レビュー内容: なかなかDVDの発売が決まらなかった今作がついにDVDとBlu-rayで同時発売!
しかも初回限定版には特典が盛りだくさんのおまけ付きです。

映画前作、前々作と二回続けて原作ストーリーのアレンジ版だったので、楽しかったけど、少し物足りなさを感じていました。

しかし今作は、なんと原作の尾田栄一郎氏自ら指揮を取り、とても見ごたえのある完全新作映画を作ってくれました。
最後のみんなが横一列に並んで登場する場面はカッコよすぎです!


最近はアニメ版の作画が昔と変わってしまって、動き重視だからか顔などがぬめっとしていて一味の雰囲気が原作と違って違和感があるのですが、
この映画では、服装などは全く違うのに、一目見て「麦わらの一味!」という感じが出ていて、それが一番嬉しいです。
製作スタッフのこの映画にかける意気込みが感じられます。

ラスボス役声優の竹中直人さんも、本業ではないにも関わらず、とても素晴らしい演技でした。

ワンピースファンの方はもちろん、これまで見なかった方も是非見て欲しいです。


麦わらの一味を演じている声優の方たちも、とても面白くて楽しい人たちばかりなので、特典映像の舞台挨拶も楽しみです。

○ 間違いなくワンピースフィルム最高傑作!!
レビュー内容: 私は劇場まで足を運び、ストロングワールドを観たのですが、今までのワンピースフィルムの中で、一番面白かったです!!
製作総指揮を尾田先生自らがなさり、金獅子のシキの声優は竹中直人さん。そして主題歌はミスチルという、最強のとりあわせ。
また、尾田先生曰く、「僕はみんなが幸せになれる映画が出来たと思います。なお、今回のお話が、ルフィの17歳最後の冒険となります。何度でも観て下さい。」との事です。
何度でも観ましょう!!

○ 第一話を読んだ後に。
レビュー内容: 私はこの映画を観に行く前にワンピースの第一話を読んでから映画館に足を運んだのですが、なんとも感慨深い視点で観ることができて非常に楽しめました。

第一話の最後で「仲間は10人は欲しい」と言って旅に出たルフィが、この映画の導入部で散り散りになった仲間を探す冒険をしているシーンから始まるので、ごくごく自然なんです。
それでいて10年の変化も色濃く感じさせてくれます。

見せ場である“麦わら海賊団”の敵陣への殴り込みシーンは、まるで第一話でルフィを助けに来た“赤髪海賊団”のシーンを彷彿とさせ、あの少年ルフィも10周年でここまでの仲間を集め、ここまでの風格になったかと思いを馳せながら観ていました。

あの小舟一つで旅に出た少年がこんな場所まできてしまったのか、と。色んな意味で。


週間少年ジャンプの連載を読んでいる方達にとっては、この映画の話が原作のどの部分に組み込んでくる話なのかとか、敵の親玉の強さは半端なんじゃないかとか気になってしまう人も多いようですが、劇場版の企画として幅広い層のターゲットに解りやすく楽しんでもらおうという意図が感じられる作品になっていると思います。

前述のように、第一話を読んだ後にこの映画を観たら非常に感動する楽しみ方ができたので、レビューに記させていただきます。

または、10周年記念で発売されたベスト版CDの特典DVDには原作の第一話にあたるシーンのアニメ版が収録されているので、そちらと続けて観てみるのも面白い楽しみ方なんじゃないでしょうか。

少年達を楽しませたいという尾田栄一郎先生を初め、制作スタッフの方々のエネルギーが存分に詰まった記念作品は是非ブルーレイで、次は20周年記念作品と続けて観てみたいものです。







ランク
5位

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.【初回限定版】 [Blu-ray]

レビュー数
307
レビュー平均得点
4.5

○ ぷはは
レビュー内容: いくらなんでも、映画館の音響設備とご家庭のそれを比べたらいかんでしょ。 ちゃんと5.1chで観れば素晴らしい臨場感を味わえますよ、安心してください。特にIN MY SPIRIT」のシーンではゾクッとなりました。 あと、旧エヴァと比べてしまうのは、エヴァと共に歩んできた私たちにとっては仕方ないことだけれど、どっちの方が優れてるとかじゃないよ。

○ ブルーレイ
レビュー内容: さすがブルーレイ!非常にきれい!早期予約で値段もかなり安くお買い得!
内容もこの「破」からTVとは違う新しい内容になっているので面白いですね!

○ 音の面に不満があります。
レビュー内容: 映像・画質は素晴らしいです。そのクオリティは目をみはるものがあります。
しかし残念ながら、破2.22は音の面で不満点が多々あります。

まず第一の問題は、劇場版から大きく音量バランスを変更したことです。
一番大きい変更点は、BGM音量の低下です。
これは、「家庭環境で台詞を明瞭に聞かせたい」という意図からなのは
わかりますが、この変更により作品の持つ迫力や疾走感がかなり減退する
結果となり残念でした。
また、台詞音量に対し効果音音量が大きすぎるため、ボリューム合わせが
非常に困難になっています(そのためアンプ等で補正する必要がある)。

第二の問題は、序1.11に比べ音質が下がっている点です。これは、ロスレスに
対応していない旧来のAVアンプをお持ちの方や、ヘッドフォンなどで視聴
されている方に顕著に影響があります。
音質が下がった主の理由は、DTS-HDのDTSコア再生の際、データ転送レートが
序1.11に比べ破2.22は約半分(1.5Mbps→768kbps)になっているためです。
なぜこのような不可解な変更をしたのか、理由はよくわかりません。

私自信ヱヴァが大好きで、破2.22が出るのを本当に心待ちにしていましたが、
正直残念な気持ちで一杯です。
音量・音質改善版の発売を望みます。こころからお願いします。

○ アニメ界を牽引する大作!
レビュー内容: エヴァンゲリオンという作品は様々な視点から見ることができるアニメです。
キャラクター、映像、音楽、ストーリー、演出、過去作品のオマージュなど、何度見ても新たな発見があり、多くの人の心の琴線にふれるすばらしい作品です。
それはこの新劇場版でも変わってはいません。
庵野総監督を中心にスタッフが自分たちのやりたいことをTV作品としてではなく、4部作の映画作品として大変盛り上がる作品として仕上げています。


映画では時間のとれるTVシリーズとは違い、心理描写のシーンは少なくなりました。その代わりに、キャラクター自身が他人と積極的に触れ合うというように、自身の心情を吐露しながら互いに向き合って対話しています。このことによりシンジたちが自信を持って行動しており、とても素直になっているなと感じました。旧作では3歩進んで5歩下がるという印象でしたから、この点で違和感を持つ人もいるかもしれないですね。


まだ4部作のうちの2つ目ですので全体の評価はできかねますが、少なくとも最高の形で次回作へ繋げたと思っています。特に破の終盤の展開は、旧作からのファンなら心に響くものがあるでしょう。また、いきなりヱヴァ破を見ようとする人もいるかもしれませんが、できればTV版から順に見ていってください。より破が楽しめるはずです。


旧劇場版では監督自身の正直な気持ちそのままに他人の恐怖や自分自身も含めたオタクへの嫌悪を描いて、一度エヴァンゲリオンは終わりました。ですが、新劇場版でも素直な監督の気持ち、多くの人が楽しめるより面白いものを作りたいという心意気が感じ取れます。
どちらとも監督自身の本音だと思ってます。単に今現在どちらの気持ちが強いのか、という違いだけで。



破の展開、そして予告から次回作ではさらに衝撃のストーリーとなっていることでしょう。
おそらく公開は来年以降ですが、楽しみに待ってます。

○ BGMの調整に疑問
レビュー内容: 映像は文句なし。
ただ、BGMが小さい。小さすぎ。
戦闘シーンの音楽がとても好きだったのですが
映画館では凄い迫力だったのにBDはあまり聞こえません。
2ちゃんねるでも一部議論されているようです。
エヴァは映像だけでなく、音楽も良かったのに
そこだけが残念です。








ランク
6位

Angel Beats!2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

レビュー数
25
レビュー平均得点
3.5

○ 良くも悪くも・・・・・
レビュー内容: 本編に関してはスルーで

キャラコメンタリーをもっと意味のある内容にして欲しいと思う
面白いけど、コメンタリーというよりはドラマCDでやればいいのにと思うような内容ばかり
3巻以降もこのままなのかと思うと次巻を買うのが躊躇われる

ファンなら買って損はないけど得もしない

○ 綺麗で爆笑
レビュー内容: よかったですね〜!
相変わらず作画修正されたブルーレイは素晴らしく綺麗ですし、付属のDVDも感激しました。
キャラコメも許容できる方なら大爆笑だと思います。
岩沢さんのキャラ崩れを嫌がるかたはやめたほうがいいかも(笑)

皆様理解されてるとは思いますが、あくまで全てのレビューは個人の感想なのでレビューは流し見る程度でいいと思います。
私は買ってよかったですし、あたりまえですが酷評してる方もいますからね。
合う合わないはやはり買ってみて判断して欲しいです。

○ 特典について
レビュー内容: 本編の内容については詳しく書かれていた方がいるので私は特典について書きます。
目玉のキャラコメンタリーですがトラックゼロの小説を読んでいたのでなんとなく予想はしていましたがいわゆるシリアス回の3話でこうきたかwって感じでしたね。多少好き嫌い分かれるかもしれませんが1巻のキャラコメを楽しめた人は買って損はないと思います。少なくても私はかなり笑わせてもらいました。
メイキング映像収録のDVDは予想以上に良かったです。40分以上の大ボリュームでアニメ製作の舞台裏や歌手の方のインタビューなどが収録されていて見ごたえありました。楽譜のブックレットは正直ただのおまけなんで無いと思ったほうがいいですね。
1話に続いて気になっていた4話の作画も大分修正されており個人的には文句無しの☆5です。


○ 内容、付属DVDは素晴らしい。キャラコメには失望。
レビュー内容: 一巻、二巻続けて購入しました。

二巻は、三話、四話ともシナリオは良好だったと思います。
三話のガルデモのライブシーン、岩沢の最後の印象的なあの歌と映像、
ここで心を鷲掴みにされました。四話は、あくまで学校生活という
枠組みを意識した話で、かつ日向の過去、彼の消滅?というところを
ギャグで崩すという、シリアスとギャグの組み合わせが良かったです。

楽屋裏やスタッフさんの裏話が好きな自分としては、付属メイキングDVDは
嬉しい特典でした。皆さんがどこにこだわり、どんな気持ちで作っていたのか、
それがこんな長い尺で見られるなんて、某アニメ会社はこれ事態を売ってたり
しますし(非難ではないですがっ;)豪華な特典だと思います。

ただ、キャラのオーディオコメンテータリーには心底がっかりしました。
一巻では、まだギリで許容範囲だったのですが、二巻で正直どん引きです。
コメンテータリーは、ドラマ、映画、アニメなんであれ、その映像を見て、
監督、スタッフ、出演者さん、アニメでは声優さんが「ここはこんな思い出がある」
「ここにはこんな拘りがある」などを聞くのが面白いんだと思います。
それが楽しみでDVD買ってるぐらいなのに、あんな感動させたエピソードバックに
ふざけたミニコント繰り広げられて、何が面白いんですか。
三話は特に酷かったです、岩沢のキャラを完全にぶっ壊して遊んでるだけです。
声優さんが早口でまくしたてて、キャラ壊して、失望の一言でした。
あの感動返せ、マジで。
これでネタとして笑えるんでしょうか、こんなの収録するなら、監督さんや
脚本家の方のしゃべりをバックに入れて下さい。それのほうがもっと実のある話が
聞けます。コントはドラマCDでもラジオの合間でも流せばいい。
三巻は難しいかもしれませんが、せめて四巻以降はもう少しまじめに解説する内容に
して頂きたいです。語りきれなかったエピソードや設定があるのでしょうし、
そういうのをファンは知りたいのだとと思いますから。

○ この映像特典はいらないなぁ…。
レビュー内容: 作品に関しては他の人が語っているので特に書きませんが、
限定で生産で特典と付ける物としてはいささか自己満足な物の様な気がします。
何故第一巻の様な物にしなかったんでしょうかね…?
映像、音楽のこだわり等は言ってしまえば特典なんかで語らなくても、
アニメ作品を作る上ではこだわって当然でしょうし、
作品を見て見ればどこに特にこだわったかは分からなくても、
綺麗だなとか良い音楽だなとかは分かるわけで…。
エピソード1と言う事は当然2もある訳で、
貴重な特典のスペースをまた自己満足ネタで取られると思うとなんかやるせないです。

個人的にはパソコン等で使える壁紙やキャラボイスなどがいいなぁ…。







ランク
7位

風の谷のナウシカ [Blu-ray]

レビュー数
71
レビュー平均得点
3.0

○ テロ
レビュー内容: 金を巻き上げるためだけに作られた犯罪級のゴミ。
これはもはやテロです。

○ 素晴しい作品ですよ。
レビュー内容: レビューをみて余りにも悲しくなったので書かせていただきます。
実際鑑賞しましたが世界観が損なわれず初めてみた時の感動がよみがえりました。
ブルーレイだからすごい綺麗じゃないとといけないんですか?
画質、音声についてはあえてそうしている事の説明があったかと思います。
それを見た上で購入して酷評をしている人は。。。
ブルーレイで作品を発売するのはそんなんに簡単な作業ではないはずです。あとお金もかかります。
それを簡単に手抜きと言っているレビューを見るのが辛いです。
良ければもう少し作品内容についてレビューしてください。
初めて見ようとしている人にネガティブなイメージが付かない事を願います。

○ こんな画質で出されても
レビュー内容: レビューを見て購入を検討しようと思ってましたが・・・
あまりに醜いレビューが多いのでレンタルしてみましたが。。。
これは、酷いですね!

グレインノイズも酷いしシーンで色調がコロコロ変わるのは頂けない。
LD版を持っているので見比べましたがBD版はお話にならないぐらいレベルですね。
逆シャア、パトレイバー、王立宇宙軍等の出来と比べるとあまりに酷すぎます。
購入を検討されてる方は、まずレンタルして画質を確認することお勧めします。
あ、もちろん私は購入は見送りました。

○ こんな物作りで......
レビュー内容: デフレの時代において
足下をみるような価格設定。

仕事内容が伴っていれば納得するが、
パッケージは非常にちゃちく、
画質もブルーレイで出す必要がないほど進歩していない。

ipadなんかにうつつを抜かしている
低俗な連中ですいませんでしたね!
宮崎さん。

私から言わせてもらえばこんな物作りで満足している
宮崎さんと鈴木さんのほうが公然な自慰行為にしか思えません。

もちろん作品は四つ星以上ですが、
我々は6000円もの大金を払い
作品と共に商品を購入するのです。

よく考えてください。
お金を稼ぐのは大変なんです。

○ 参りマスタ…
レビュー内容: DVDを持っていないので購入してみました。ここのレビューでの評価は知ってたが敢えて購入シテミタ。予想通りというか予想のナナメ上をいくというか…
映像:ノイズは少なく良好だが線に統一性が無い。ぼやけたりハッキリしたり、同画面上の複数いる人物が上記のようになってたりすることもあり酷いものです。
音声:モノラルは仕様って事だし仕方がないのだろう。いまなら疑似5.1もあるし問題は無いかも。ただ、新たに再構築するぐらいの意気込みは見せて欲しかったが…外装:他の方々も書いているとおりヒドイ…を通り越してアリエナイorz通常のBDパッケージじゃダメなんですか?って聞きたいぐらいデス。と、まあ突っ込みどころ満載な代物です。DVDを持っているならば必要なさげ。参考になれば幸いです。長文失礼しましたm(__)m


ランク
8位

OVA「とある科学の超電磁砲」[Blu-ray]

(まだレビューはありません)







ランク
9位

けいおん!!(第2期) 1 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]

レビュー数
51
レビュー平均得点
3.5

○ けいおん大好き!でも、高いよ〜
レビュー内容: いや、タイトルどおりです。(笑)
けいおんは1期も2期も好きなんですけれども、いくらなんでもこの価格設定はどうなのかなぁ〜と…ハルヒBDの価格を見てしまうとねぇ。
けいおんの人気からいって、頑張って半額にしてくれれば、購入者は3倍・4倍になるんじゃないかと勝手に思ってしまうんですが、いかがなものでしょうか。

○ ん?
レビュー内容: あのけいおん!の2期シーズンな訳ですが、
1期と比べると印象が物凄く薄く感じました。。。
マンネリっていうやつでしょうかね。
2クールらしいですが、正直見続けるのが辛く感じますね。

○ 話数が増えた第2期だが、1期のヒットの弊害は確かにあります。
レビュー内容: 「けいおん!」第1期のヒットで当然にあると思っていた第2期です。
第1期はとにかく1話から次の話までの時間の経過が早く、文字通り「アッ」という間に1年経過した印象があります。
第2期は2クールになったためか、話数に余裕が出来た分、当然に話の進行スピードが遅くなっています。

第2期開始時で既に唯たち4名は高校3年生に進級し、梓は新2年生になりました。
冒頭は春の新入部員勧誘なんですが、結局のところ新人は加わらず・・・・で軽音部は変わらず5名体制です。

アニメ版のオリジナル部員とか登場させてもよかったのではないかなと残念に思う部分があります。
OP・ED曲も第1期のような衝撃はなく、良く言えば「安定し」悪く言えば「マンネリ化」した感じはします。

第1期では話数の関係でなかなか各キャラにまでスポットライトが当てられなかったのですが、
第2期では澪・律ら個別の主人公の話が振られていたりで、各キャラの掘り下げに移行している印象です。

このまま唯たち4名の卒業までは描かれると思われますが、その後の軽音部は「梓一人」に部員が減少して
またも「廃部」の危機なんでしょうか???

最終回の引きでその辺をどう収集付けるのか気になる前振りが冒頭の「新部員なし」で振られてて、
それで最後まで引っ張る気なのかと心配になってしまいます。

○ 二期
レビュー内容: なんか二期は狙いが見え見えでちょっと違ったかなぁ

一期のテイストに戻してほしいです

○ 面白いが…
レビュー内容: ほのぼのしてて結構面白いと思うけど。

ストーリー性がほとんどないので続きが気にならず。なかなかみるきが起きない。

原作は4コマ漫画ですらっと読めるんすが。アニメになるとちょっと退屈かなぁと。毎週どうしても見たいとは思わない。

でもたまに見るとやっぱり面白い

あとOPとEDはとても良いです大好きです。



ランク
10位

初音ミク/Blu-ray「ミクの日感謝祭 39's Giving Day Project DIVA presents 初音ミク・ソロコンサート~こんばんは、初音ミクです。~」

レビュー数
1
レビュー平均得点
5.0

○ 待ちに待って、やっと・・・・・・・・
レビュー内容: 3月9日は雨も降り本当に寒かった。「昼コンサート こんにちは 初音ミクです。」を見に行ったが、
最高だった。できれば「夜コンサート」も見たかったが、帰らなければならないし、その前にチケット
もないし(笑い)、その内DVDが必ず出ると思い待っていたら、「夜コンサート」が出るという事で
早速予約した。「昼コンサート」との違いを見るのも楽しみだし、何よりあの盛り上がりをもう一度体
験したい。早く出て欲しい、待ちきれないよぅ〜。

内容は有名な曲ばかりなので、皆さんご存じのはず。

それにしても、(現段階で)J-Popランキング4位にランクインとは、ミクファンとして目茶苦茶嬉しい。


妊婦用品
posted by はやぶさ じろう at 13:55| アニメ